[掲示板に戻る]
過去ログ[4]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[589] ヴァイオリンコンチェルトについて 投稿者:りんご22 投稿日:2008/10/22(Wed) 00:01:30
初めまして。りんご22と申します。
ヴァイオリンを習って随分たつので、ヴィヴァルディの
コンチェルトの簡単なものを弾きたいと思っています。
できれば、有名なイ短調、ト短調以外の短調の短いもので
弾き映えのするものに挑戦したいのですが、どなたかご存知ないでしょうか?
よろしくお願いします
[Res: 589] Re: ヴァイオリンコンチェルトについて 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/11/12(Wed) 02:15:14
りんご22さん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

初めてのお書き込みなのに、とんでもない亀レスで驚くやら、呆れるやら、腹がお立ちになるやらだったでしょう。
仕事の関係で申し訳ありません。

サイトにロムしてくださっている皆様、ただいま戻りました!先月25日頃に戻る予定が2週間も延びてしまいました。
ほかのBBSでの宿題もこれからしっかり片付けるつもりですので、またどうぞよろしくお願いいたします。

さて、りんご22さん、
ヴィヴァルディの短調がお好きなのですね。全作品を見渡すと短調は長調に比べてずっと少ないですが、
哀愁や、暗い情熱のほとばしり、癒されない孤独感など、現代を生きる私たちにも共感できる
切々と胸に迫りくる世界が多く、ここにはまるとかなりディープなヴィヴァルディ・ファンになるかもしれません。

有名なイ短調とは、初心者ががかならず弾かされる作品3『調和の霊感』第6番だとすぐわかりましたが、
ト短調とは昔テレビのヴァイオリン教室で取り上げられたことでいっぺんに有名になった作品12第1番のことでしょうか?
(第一番は第二楽章のトゥッティの甘美さは良いとして、全体にソロの動きがもたつき、それほど優れた作品には思えません。
同じ作品12から選ぶなら、初心者にも弾きやすく旋律が美しいという点で、第四番がお勧めなのにと思ったことでした。)
それとも当時の常識派を驚かせた7度の音程の跳躍が第一楽章の冒頭第二小節目から第三小節目にかけてひょいと顔を出す
作品6第一番のことでしょうか?それとも、パクリ専門のあのシェドゥヴィル(犠牲者はヴィヴァルディだけではありません、
ダッラーバコもやられたようです)がヴィヴァルディ作と堂々と偽って世に出した『忠実な羊飼い』(勝手に作品13として)の
第6番で第一楽章のテーマをパクられてしまった作品4『ストゥラヴァガンツァ』第6番のことでしょうか?

ヴィヴァルディはト短調のヴァイオリン協奏曲を21曲書いていますが、非常に味のある作品が多いのが特徴です。
あの『四季』の「夏」も、同じく作品8の第8番もト短調ですし、特に中・後期の作品のRV327、RV330、V331、V333
の4曲は中身の濃い作品です。あいにくRV330とRV333はまだ録音されていませんが。

しかし、それほど難しくなく弾き映えのする短調の作品と言うご要望ですので、次の3曲に絞り込んでみました。
音源もあわせて載せておきますので、ご自身の耳で確かめてからお選びになったらいかがでしょうか。
楽譜はヤマハが扱っていると思いますので、Ricordi社のTomo番号も表示しておきます。でも、もし首都圏にお住まいでしたら、
皆さんに再三再四お勧めしているJR上野公園口駅前の東京文化会館4階にある音楽資料室でA3版1枚30円でコピーするのが、
一番早くしかも経済的です。ただし、こちらの検索はFanna番号ですのでお間違いなく。ヴァイオリン協奏曲はF.Iなので、
受付に楽譜貸し出しを申し込むときの請求番号はAVI(Fanna番号)と書きます。AVはAntonio Vivaldiのイニシャルです。
最初は何か身分証(保険証で可)をお持ちになることをお忘れなく。それがないと資料室に入れません。
2年間有効の入室証を無料ですぐ作ってくれますので、2回目以降は楽です。詳しくは(3828)2111まで。

RV275ホ短調(Tomo484, F.I-220)
音源:ELOQUENTIA[EL 0815] "Vivaldi Concerti per violino" Florian Deuter (vn), Harmonie Universelle
この作品についてはBBS3No.1550「初期ヴァイオリン協奏曲集」でも少し説明しておきました。第二楽章の雰囲気は作品3
『調和の霊感』に近いものがあります。音源には、ARION[ARN 68746]もあるのですが、マルコ・ペドゥローナMarco Pedronaと
Ensemble Guidantusの演奏が余りにもひどく、もしこの作品がお気に召さなかったとしたら、それは作品のせいではなく、
彼らの演奏が原因だと確信をもって言えます。

RV276ホ短調 (Tomo480, F.I-216)
音源:STRADIVARIUS[STR33778]"l'Elite des concertos italiens" Giorgio Sasso (vn) Insieme Strumentale di Roma
これも上の作品と同じく、アムステルダムで他の作曲家の作品と一緒に一冊の楽譜集として出版されたものです。
実は、こCDのタイトルはそのままこの楽譜集の扉を飾っていたものなのです。上の作品と同じく、
作品3『調和の霊感』によく現れる音型やアルペッジョ進行がみられます。

作品9『チェートゥラ』(出版されたほう)第11番ハ短調 RV198a (Tomo133, F.I-58)
音源:VERITAS[724356159426]"La Cetra"Monica Huggett (vn), Raglan Baroque Players
これこそまさに暗い情熱のほとばしりです。高音域のヴァイオリン協奏曲が多い中で、
この作品の第一楽章と第三楽章は徹底してGの開放弦に軸を置いて動きます。

[581] はじめまして 投稿者:alegre 投稿日:2008/09/30(Tue) 21:05:53
 ヴィヴァルディ専門サイトがないかどうか探していて、たどり着きました。お邪魔致します。
 
 私も最近バイオリンを習い始め、ヴィヴァルディを弾くようになりました。弾くのは難しいですが、せっかくレッスンで出会った作曲家の作品を、もっとじっくり味わおうと思い、「四季」やいくつかの協奏曲が入ったCDを買って、毎日聴いています。

 私にとって、ヴィヴァルディを聴くことは素晴らしいストレス解消法となっています。言葉ではうまく表現できないのですが、気持ちの浮き沈みが激しい私と、時に劇的なヴィヴァルディの旋律が、見事にシンクロし、心のしこりが解きほぐされていく感じがするのです。

 まだお邪魔したばかりで、拝見していないところが沢山ありますが、また時間ができた時に、いろんなコンテンツをじっくり読ませて頂きます。失礼致しました。
[Res: 581] Re: はじめまして 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/10/04(Sat) 13:48:05
alegreさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

HNから判断すると、スペイン語かポルトガル語がおできになるのでしょうか。
素人の運営するサイトですが、なるべくいろいろな専門家の書いた情報を集めて資料にするように努めています。

残念ながら、仕事の関係上、都会と田舎の二住暮らしを余儀なくされていて、
移動のたびにヴィヴァルディについて集めた膨大な資料を一緒に持ち運ぶわけにはいきませんので、
作業やレスが滞ったりします。Studi Vivaldianiも2005年度の出版の遅れからか何かとごたついて、
その後の巻もまだ手元にない状況です。定年退職後はサイトに専念できますが、
それまでは不定期に忙しくなりますので、なんとも歯がゆい限りです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[Res: 581] Re: はじめまして 投稿者:alegre 投稿日:2008/10/04(Sat) 19:57:25 <HOME>
 カーザヴェーチャさま、お返事ありがとうございます。
そうでした、イタリア語の心得がおありの方でしたね。申し遅れました・・・私は素人なりにポルトガル語を専門としております。ヴィヴァルディとポルトガルの接点があるのかどうかは、まだわかりませんが、これからいろいろ探っていきたいと思っております。

 蛇足ながら、ポルトガル語翻訳ブログのリンクをはらせて頂いて失礼いたします。数日前の日記でヴィヴァルディのことにも軽く触れております。

 こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
[Res: 581] Re: はじめまして 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/10/05(Sun) 00:36:40
やはり、ポルトガル語がお出来になる方でしたか。ポルトガル語翻訳ブログも拝見しました。
詩歌を翻訳されるだけのお力があるのですね。とても、素人の翻訳とは思えません。

ヴィヴァルディとポルトガルの接点と言えば、作品1のトリオ・ソナタ集第12番の"La Follia"『ラ・フォッリーア』
(日本では『ラフォーリア』と言い慣らされていますが)があります。大先輩のコレッリの作品に倣ったのですが、
この舞曲はポルトガルに生まれて隣国スペインに飛び火してあっという間にイタリアに渡りました。
おそらく、ナポリ王国がスペインの支配下にあったからだと思います。コレッリの活躍したローマと目と鼻の先ですから。

ところで、スペイン語ではこの舞曲はlas foli'asと複数形なのですが、イタリア語では単数形です。発祥の地のポルトガルでは、
スペイン語と同様as foli'asと複数形で使うのですか?しばらく留守にしますので、ご返事は急ぎません。ただ好奇心からです。
では、Ate' breve.

(文字化けを避けるため、アポストロフィをアクセント符号の代わりに用いました。)
[Res: 581] Re:はじめまして 投稿者:alegre 投稿日:2008/10/05(Sun) 13:40:58
貴重な情報ありがとうございます。確かに「folia」という単語は、どこかで聞いたことがあったように思います。ネット辞書や、ネット上でのこの言葉の使われ方を調べた範囲では、ポルトガル語では単数形の方が優勢かな?という感じがします。さぞかし、にぎやかな舞曲なのでしょうね。まだポルトガル本場のものは聴いたことがないので、いつか聴いてみたいものです(ヴィヴァルディのものは、こそこそとyoutubeで鑑賞しました。なかなか優雅でした)。

[574] 弾きやすい短調 投稿者:Tallis 投稿日:2008/09/09(Tue) 10:55:26
お久しぶりです!
最近、ヴァイオリンを音楽の勉強のために独学で始めました。短調の音階練習についてですが何調が一番弾きやすいのでしょうか?よろしくお願いします。
[Res: 574] Re: 弾きやすい短調 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/09/10(Wed) 01:23:56
Tallisさん、お久しぶりです。

ヴァイオリンの独学をお始めになったということは、ハ長調からの音階練習でしょうから、
一番弾きやすい短調は、指のポジションがハ長調のままで弾けるイ短調ということになります。
[Res: 574] Re: 弾きやすい短調 投稿者:Tallis 投稿日:2008/09/10(Wed) 15:37:35
カーザヴェーチャさん、コメントありがとうございます。
イ長調からの練習でした。ヴァイオリンを購入した時に付いてきた簡易なテキストにそう書いてあったもので。この場合は平行調の嬰ヘ短調が指のポジション的には一番弾きやすいということになるのでしょうか?
[Res: 574] Re: 弾きやすい短調 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/09/10(Wed) 18:22:33
どうも奇妙で、にわかには信じられないテキストですね。

ポジション移動で3の指は極めて大事です。ハ長調で音階練習を始めるのは3の位置が4つの弦とも同じだからです。
イ長調の3の位置はG,DではA,Eでよりも半音高い位置になります。これでは、イロハから始める初心者には無意味どころか有害です。

速やかにそのテキストを荼毘に付すと共に、誰か良い先生について演奏法を覚えてください。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロは、楽器の構え方、弓の持ち方を実際動かしながら教わらないと、演奏法が身に付きません。
ピアノ、オルガンなどの鍵盤楽器のように、ドメニコ・スカルラッティではありませんが、猫がその上を歩いたって、
ひとつひとつ正確な音が出るという楽器ではありません。また、ギター、ウクレレ、マンドリンのように、
フレットが付いていませんから、調弦さえ間違えなければ誰でも正確な音が出せるという代物でもありません。

なぜヴァイオリン族の演奏法の習得が大変かと言うと、音はすべて演奏者が作るものであり、
たとえ指が正確な音を出す位置にあっても、弓が正しく使えていなければとんでもない音が飛び出すし、
しかも弓使いによって千変万化の表情を与えていかなければならないからです。

では、良い先生に恵まれることを祈っております。

[569] お久しぶりです 投稿者:木曽のあばら屋 投稿日:2008/08/16(Sat) 09:16:35 <HOME>
こんにちは。お久しぶりです。
毎日暑いですね。
ところで、ナクソスの公式ブログに、こんな涼しげで愉快な記事を見つけました。
   ↓
http://blog.naxos.co.jp/log/eid35.html#sequel
[Res: 569] Re: お久しぶりです 投稿者:tonia_ir 投稿日:2008/08/17(Sun) 20:45:06 <HOME>
私もお久しぶりです。
読んできました、「冷やしヴィヴァルディ」(笑)
でも「夏 第2楽章」って「冷やし」と言うより、
暑くてうだりそうな曲想かと思ってました〜。
他の冷やしヴィヴァルディ曲も家にあるCDで聴いてみます(^o^)
[Res: 569] Re: お久しぶりです 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/09/08(Mon) 20:38:03
木曽のあばら屋さん、tonia_ir さん、そして皆様、

本当にひさしぶりにサイトに戻ってまいりました。
仕事の関係で3ヶ月におよぶ長期の留守になりましたが、
その間、おかしな書き込みは削除してくれるように頼んでありましたので、何とかHPを維持できました。

ナクソスもいろいろと考えるものですね!
「夏」の第二楽章は、とても「冷やし」とは言えませんよね。曲もソネットも。

では、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

[550] はじめまして。 投稿者:マルゴ 投稿日:2008/05/18(Sun) 16:52:34
カーザヴェーチャさま、みなさま。はじめまして。
たまにこのHPをそっと覗かせていただきましては、(家政婦は見た!のように)そっと去っていってた者ですが、もう我慢できないので、お仲間に入れてください。
私は中学一年生のとき音楽の授業でヴィヴァルディの「春」を聴いた瞬間、頭の中に電気が走りました。それから22年、途中ヴィヴァルディのことを忘却していた時期もありましたが、(でも生誕日の3月4日と命日の7月28日はトクベツな思いで過ごしてきました。たとえば「四季」を全曲聴くとか。)最近またまたお熱ポッポッになってまいりまして、幸運にもこの素晴らしいサイト「赤毛の司祭」を見つけ、こっそり見ていたのであります。(気持ち悪くてすみません)
私が学生の頃ヴィヴァルディを勝手に心の中でアイドル化させておりました頃は、器楽曲しか聴いたことがなく、いちおう音楽関係の学校を卒業しておりますが、みんなヴィヴァルディを評価してくれなくて、悲しい思いをしておりました。「ヴィヴァルディが一番好きな作曲家? 珍しい人だね。」と。
わたしも、器楽曲しか知らないときは、「ヴィヴァルディはおんなじ曲ばっかじゃん」と言う人に反論できなかったです。「おんなじでも、こんなに明るく元気になれる曲を書いた作曲家は他におらん! だから好きなんじゃ!!!」とは言ってましたが。
でも今は、宗教曲にオペラに、声楽曲がCDになってますね。それを聴いて、ヴィヴァルディの作風の幅広さに安心し、うれしくなりました。そして、結構わたしは声楽曲の方が好みかも??? 
インターネットって素晴らしいですね。全国にヴィヴァルディのファンの方がこんなにいらっしゃるなんて。(身近にはヴィヴァルディの話題ふれる人が居なくて。)どうかこれからもよろしくお願いいたします。
ヴィヴァルディは大好きですが、詳しくはないので、いろいろ教えてください。今はCD集めまくって聴いて勉強しておりますです。
あと、けっこう好きだった「オーボエ協奏曲ハ長調RV446」が偽作なんて、ガーンガーンガーン。このことはショック!!でした。
突然失礼いたしました。乱文お許しください。
(本日のBGM・オラトリオ「勝利のユディタ」←今日初めて聴きましたがいい曲っすね〜。感激!!)
[Res: 550] Re: はじめまして。 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/05/20(Tue) 00:48:34
マルゴさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

どうぞ、いつでもお好きなときにお書き込みください。誕生日と命日を特別な思いで22年も過ごしていらっしゃったのですから。

的を射たヴィヴァルディの評価というのはなかなか出てこないものですね。一時は意表を突くことだけを目的としたような演奏が流行ると、
「ヴィヴァルディはやっぱ、こうじゃなきゃあ、いいぞ!過激に行け行け!」的な浅薄極まる評価が大手を振ってまかり通ったり、
全作品も知らずに「同じような曲ばかりを書いた」と断言してみたり、対位法の重い頸木からいかに音楽を自由にするかが身上だったのに、
バロック時代の曲だからと対位法的価値観にしがみついて、例えば、「ヴィヴァルディも本気になればこれだけの曲が書けるのだ」という
的外れもはなはだしい幼稚な感想を、高い所から見下ろすいっぱしの理論家気取りで臆面もなく書き連ねてみたり、
ヴィヴァルディの音楽の斬新さを評するのに、どこをどう取り違えたか、ザラザラにささくれ立ったロック音楽になぞらえてみたり、
ヴィヴァルディが冗談で言っていたcoglioneに事欠きません。ヴィヴァルディがバッハを含めて他の作曲家の追随を許さない点は、
繊細さと大胆さの混淆、曲想の瑞々しさと永遠の若い命の息吹にあると思うのですが、その観点に立った論評と言うのは極めて少ないようです

ところで、「オーボエ協奏曲RV446」が偽作であるかどうかについて、まだ断定は下されていません。昨年、リオムがカタログを大幅に加筆修正しましたが、
全体の印象として、作品の真偽に関する見方がかなりゆるくなったと思います。よほどのことがない限り、偽作用のRV Anh.に分類されません。
この曲もそうで、コメント欄に、"Die Echtheit des Werkes wird angezweifelt."(作品の真偽のほどは疑わしい)と書いてあるだけです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[Res: 550] ありがとうございます。 投稿者:マルゴ 投稿日:2008/05/25(Sun) 14:19:42
カーザヴェーチャさま、ありがとうございます。感激です!!さすが!さすがでございます!! ヴィヴァルディの評価、そのとおりだと思います。わたしは、専門的なことはよくわかりませんが、(音楽科をでてるくせに恥ずかしい)ヴィヴァルディの音楽は気さくで、親しみやすく、楽しい、元気になれる。きっとヴィヴァルディも、そんな人だったんだろうなぁ、と思っております。ヴィヴァルディはもっともっともっと評価されるべき音楽家だと思います。
ところで、オーボエ協奏曲RV446は、まだヴィヴァルディの作という可能性は残ってるわけですね???
よかった、うれしいです。あのオクターブの跳躍から始まる第一楽章が、聴いてるだけで楽しくなってきて、初めて聴いたのは中学生のときでしたが、好きなんです。それが偽作の可能性ありとは、ショックだったもので。。。
わたしは、ヴィヴァルディ作と信じて、これからも聴きます。
ではでは、これからも変な書き込みをしてしまうかもしれませんが、どうか相手にしてやってください。どうかよろしくお願いいたします。