[掲示板に戻る]
過去ログ[4]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[569] お久しぶりです 投稿者:木曽のあばら屋 投稿日:2008/08/16(Sat) 09:16:35 <HOME>
こんにちは。お久しぶりです。
毎日暑いですね。
ところで、ナクソスの公式ブログに、こんな涼しげで愉快な記事を見つけました。
   ↓
http://blog.naxos.co.jp/log/eid35.html#sequel
[Res: 569] Re: お久しぶりです 投稿者:tonia_ir 投稿日:2008/08/17(Sun) 20:45:06 <HOME>
私もお久しぶりです。
読んできました、「冷やしヴィヴァルディ」(笑)
でも「夏 第2楽章」って「冷やし」と言うより、
暑くてうだりそうな曲想かと思ってました〜。
他の冷やしヴィヴァルディ曲も家にあるCDで聴いてみます(^o^)
[Res: 569] Re: お久しぶりです 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/09/08(Mon) 20:38:03
木曽のあばら屋さん、tonia_ir さん、そして皆様、

本当にひさしぶりにサイトに戻ってまいりました。
仕事の関係で3ヶ月におよぶ長期の留守になりましたが、
その間、おかしな書き込みは削除してくれるように頼んでありましたので、何とかHPを維持できました。

ナクソスもいろいろと考えるものですね!
「夏」の第二楽章は、とても「冷やし」とは言えませんよね。曲もソネットも。

では、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

[550] はじめまして。 投稿者:マルゴ 投稿日:2008/05/18(Sun) 16:52:34
カーザヴェーチャさま、みなさま。はじめまして。
たまにこのHPをそっと覗かせていただきましては、(家政婦は見た!のように)そっと去っていってた者ですが、もう我慢できないので、お仲間に入れてください。
私は中学一年生のとき音楽の授業でヴィヴァルディの「春」を聴いた瞬間、頭の中に電気が走りました。それから22年、途中ヴィヴァルディのことを忘却していた時期もありましたが、(でも生誕日の3月4日と命日の7月28日はトクベツな思いで過ごしてきました。たとえば「四季」を全曲聴くとか。)最近またまたお熱ポッポッになってまいりまして、幸運にもこの素晴らしいサイト「赤毛の司祭」を見つけ、こっそり見ていたのであります。(気持ち悪くてすみません)
私が学生の頃ヴィヴァルディを勝手に心の中でアイドル化させておりました頃は、器楽曲しか聴いたことがなく、いちおう音楽関係の学校を卒業しておりますが、みんなヴィヴァルディを評価してくれなくて、悲しい思いをしておりました。「ヴィヴァルディが一番好きな作曲家? 珍しい人だね。」と。
わたしも、器楽曲しか知らないときは、「ヴィヴァルディはおんなじ曲ばっかじゃん」と言う人に反論できなかったです。「おんなじでも、こんなに明るく元気になれる曲を書いた作曲家は他におらん! だから好きなんじゃ!!!」とは言ってましたが。
でも今は、宗教曲にオペラに、声楽曲がCDになってますね。それを聴いて、ヴィヴァルディの作風の幅広さに安心し、うれしくなりました。そして、結構わたしは声楽曲の方が好みかも??? 
インターネットって素晴らしいですね。全国にヴィヴァルディのファンの方がこんなにいらっしゃるなんて。(身近にはヴィヴァルディの話題ふれる人が居なくて。)どうかこれからもよろしくお願いいたします。
ヴィヴァルディは大好きですが、詳しくはないので、いろいろ教えてください。今はCD集めまくって聴いて勉強しておりますです。
あと、けっこう好きだった「オーボエ協奏曲ハ長調RV446」が偽作なんて、ガーンガーンガーン。このことはショック!!でした。
突然失礼いたしました。乱文お許しください。
(本日のBGM・オラトリオ「勝利のユディタ」←今日初めて聴きましたがいい曲っすね〜。感激!!)
[Res: 550] Re: はじめまして。 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/05/20(Tue) 00:48:34
マルゴさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

どうぞ、いつでもお好きなときにお書き込みください。誕生日と命日を特別な思いで22年も過ごしていらっしゃったのですから。

的を射たヴィヴァルディの評価というのはなかなか出てこないものですね。一時は意表を突くことだけを目的としたような演奏が流行ると、
「ヴィヴァルディはやっぱ、こうじゃなきゃあ、いいぞ!過激に行け行け!」的な浅薄極まる評価が大手を振ってまかり通ったり、
全作品も知らずに「同じような曲ばかりを書いた」と断言してみたり、対位法の重い頸木からいかに音楽を自由にするかが身上だったのに、
バロック時代の曲だからと対位法的価値観にしがみついて、例えば、「ヴィヴァルディも本気になればこれだけの曲が書けるのだ」という
的外れもはなはだしい幼稚な感想を、高い所から見下ろすいっぱしの理論家気取りで臆面もなく書き連ねてみたり、
ヴィヴァルディの音楽の斬新さを評するのに、どこをどう取り違えたか、ザラザラにささくれ立ったロック音楽になぞらえてみたり、
ヴィヴァルディが冗談で言っていたcoglioneに事欠きません。ヴィヴァルディがバッハを含めて他の作曲家の追随を許さない点は、
繊細さと大胆さの混淆、曲想の瑞々しさと永遠の若い命の息吹にあると思うのですが、その観点に立った論評と言うのは極めて少ないようです

ところで、「オーボエ協奏曲RV446」が偽作であるかどうかについて、まだ断定は下されていません。昨年、リオムがカタログを大幅に加筆修正しましたが、
全体の印象として、作品の真偽に関する見方がかなりゆるくなったと思います。よほどのことがない限り、偽作用のRV Anh.に分類されません。
この曲もそうで、コメント欄に、"Die Echtheit des Werkes wird angezweifelt."(作品の真偽のほどは疑わしい)と書いてあるだけです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[Res: 550] ありがとうございます。 投稿者:マルゴ 投稿日:2008/05/25(Sun) 14:19:42
カーザヴェーチャさま、ありがとうございます。感激です!!さすが!さすがでございます!! ヴィヴァルディの評価、そのとおりだと思います。わたしは、専門的なことはよくわかりませんが、(音楽科をでてるくせに恥ずかしい)ヴィヴァルディの音楽は気さくで、親しみやすく、楽しい、元気になれる。きっとヴィヴァルディも、そんな人だったんだろうなぁ、と思っております。ヴィヴァルディはもっともっともっと評価されるべき音楽家だと思います。
ところで、オーボエ協奏曲RV446は、まだヴィヴァルディの作という可能性は残ってるわけですね???
よかった、うれしいです。あのオクターブの跳躍から始まる第一楽章が、聴いてるだけで楽しくなってきて、初めて聴いたのは中学生のときでしたが、好きなんです。それが偽作の可能性ありとは、ショックだったもので。。。
わたしは、ヴィヴァルディ作と信じて、これからも聴きます。
ではでは、これからも変な書き込みをしてしまうかもしれませんが、どうか相手にしてやってください。どうかよろしくお願いいたします。

[548] 18世紀の調性とヴァイオリン 投稿者:Tallis 投稿日:2008/05/16(Fri) 12:02:21
はじめまして!Tallisです。鍵盤奏者&作曲家をしています。好みはヴェルサイユ楽派で、クープランやダジャンクールです。ヴァイオリン曲ではヴィヴァルディものでは「調和の霊感」、コレッリでは全曲、奇才ヴェラチーニものも気に入っています。

17〜8世紀の器楽はヴァイオリン中心の時代とよく聞きます。
さて、なぜロ長調、変イ長調、嬰ハ短調、変ロ短調の楽曲が見当たりませんがなぜ書かなかったのでしょうか?
[Res: 548] Re: 18世紀の調性とヴァイオリン 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/05/17(Sat) 00:37:18
Tallisさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

標題は18世紀の調性とヴァイオリンとのことですが、ロ長調、変イ長調、嬰ハ短調、変ロ短調のどれをとってもその作品がないのは、
18世紀の作品かどうかという問題ではなく、G,D,A,Eの4本の弦が全体の響きを支配する楽器の特性にあると思います。
ピアノのように鍵盤をたたけば音が出ると言う楽器との決定的な違いがそこにあります。音色こそヴァイオリンにとっての命ですから。
もちろん、これらの調も弾けるように教則本で音階練習をしますが、それは曲の途中で転調しても正確な音程がとれるようにするためで、
最初からヴァイオリンのためにわざわざこの調性で作曲するほどの意味はないのではないでしょうか。ただ、その不自然さが面白いと、
ショスタコーヴィッチが嬰ハ短調で、ウォルトンが変ロ短調で書いたりしていますが、他の調性に比べるとかなり特殊です。
ましてや、ロ長調や変イ長調のヴァイオリン協奏曲など聞いたことがありません。
では、これからもどうぞよろしくお願い致します。
[Res: 548] Re: 18世紀の調性とヴァイオリン 投稿者:Tallis 投稿日:2008/05/19(Mon) 14:20:44
コメントありがとうございます。
手持ちのヴァイオリンやヒントをもとに考察させていただきましたがどうやらロ長調、変イ長調、嬰ハ短調、変ロ短調は開放弦が極端に少なく、弦の共鳴もしませんでした。音色がこもっていて、暗く音量が小さい気がしました。
そして開放弦が最も多く弦の共鳴度が高い調はニ長調で、逆に副三和音の五度が多く共鳴する調はヘ長調でした。
ニ長調は音色が明るく大きくてダイレクトな響き弾きやすい調で、ヘ長調はなんとなく優しく柔らかな響きでした。しかし、決して弾きやすくはありませんでした。おかげさまでとても有意義な研究結果が得られました。
日常殆ど使わない漢字でも学校で漢字練習をさせられるように全ての調を使って書くわけではないのですね。
ハープシコードでトッカータやファンタジアを弾く事が好きな私が本能的に響きの悪い三和音から弾き始めたがらないのとなんか似てます。

[541] FIVE CENTURIES OF MUSIC IN VENICE 投稿者:テレゼッタ 投稿日:2008/02/24(Sun) 01:02:17
こんばんは!
久しぶりの書き込みです。ヴィヴァルディ&ヴェネツィア病は治りません。(笑)

今日は古書店で、カーザさんが参考資料であげられている
FIVE CENTURIES OF MUSIC IN VENICE:H.C.Robbins LANDON
の翻訳本「ヴェネツィアと音楽」を見つけたので買ってきました。
写真が豊富で絵画もたくさん出ているので、ヴェネツィア好きには楽しめます。
ヴィヴァルディに関する記述は、それ程多くなく、内容も半端な感じですが、一般的な本よりは良いかと思いました。
その後に書かれたヴィヴァルディ本は、信憑性が低いのですね...
[Res: 541] Re: FIVE CENTURIES OF MUSIC IN VENICE 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2008/02/24(Sun) 02:12:18
ランドンのこの本は、きれいな図版が本当に豊富で、ページをめくっているだけで楽しくなりますね。

>その後に書かれたヴィヴァルディ本は、信憑性が低いのですね...

残念ながら、ヴィヴァルディ・ファンとしては皆さんにお勧めしかねる本です。

>ヴィヴァルディ&ヴェネツィア病は治りません。

この病、はっきり申し上げて、まず治るという見込みはありません(Incurabile)。
神のお慈悲(Pieta)にすがって、少しでも多く接することでしか渇望は癒されません。
ということは、救いはZattereとSan Zaccariaをヴァポレットで往復することにあるようです。

ときどきブログをロムさせていただいております。チェロの腕前がめきめき上達しているようで何よりです。
[Res: 541] Re: FIVE CENTURIES OF MUSIC IN VENICE 投稿者:テレゼッタ 投稿日:2008/02/25(Mon) 23:53:58
カーザさんの処方箋のとおり、最近はzattereに宿をとり、Pieta詣でをしております。最近、ヴェネツィアでは船よりも徒歩です。だいぶ道もおぼえたので、がしがし歩いています。

>チェロの腕前がめきめき上達しているようで何よりです。
まだまだ初心者です...初心者ながらもRV406の勉強を始めました。この掲示板でも、この曲をお好きな方がいらしたと思うのですが、素敵な曲です。お手本のイルジャルディーノ&コワンのようには弾けませんが、がんばります。

Eulenburgの楽譜が手元にあるのですが、Ricordiのスコアも取り寄せることにしました。
[Res: 541] Re: FIVE CENTURIES OF MUSIC IN VENICE 投稿者: カーザヴェーチャ 投稿日:2008/02/27(Wed) 23:36:11
スコアからパート譜を作ると良い勉強になりますね。

ところで、荒唐無稽なアメリカ映画『カサノヴァ』はごらんになりましたか。最後の大団円で追っ手が、サン・マルコ広場からカサノヴァを追っかけてきて、
サンタ・マリーア・デッラ・サルーテの前の広場でチャンチャンバラバラやるのですが、テレゼッタさんがピエタからザッテレまで歩かれるルートが彼らが通った道です。
すごい心臓の持ち主たちですよね!!あの頃はアッカデーミア橋は架かっていませんでしたから、大運河を泳いで渡るしかないのですが、
服がぬれていないところを見ると、トゥラゲット(渡し舟)を雇って渡っている間に呼吸を整えたのかもしれません。
それとも、広場に出る手前の木の小橋も当時は架かっていなかったので、それを作っている間に服が乾いたのかもしれませんね。
とにかく大変なはちゃめちゃぶりで、ヴェネツィアを知っている人間をたっぷり楽しませてくれます。詳細はBBS2No.1337をお読みください。

[535] TITO MANLIO 投稿者: 投稿日:2008/01/05(Sat) 22:25:24
昨年夏TITO MANLIO RV738
と言うヴィヴァルディの1719年作のオペラを買いました。
CPOです。
店員曰く、大変珍しい作なので今買わなければ!!!