ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ヴィヴァルディ 掲示板 全般
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

無題 投稿者:いつかわひくぞう 投稿日:2019/02/21(Thu) 19:34:25 No.1121  
(BBSはテーマごとのスレッドになっておりますので、新たにスレッドを立てさせていただきました。どうぞ、悪しからず‐管理人カーザヴェーチャ)
こんにちは。初めて書きさせていただきます。もうヴィヴァルディを聞き始めて相当の年数が経ちました。イムジチやパイヤールなどを聴いていたときにブリュッヘンと18世紀Oの人達の「作品10、原典版」と言う演奏(CD)に遭遇し、以来ピリオド楽器演奏でしかヴィヴァルディは聴かなくなりました。
そんな折、あるCDで楽譜が「マンチェスター手稿譜による」と言うのが有りまして改めてヴィヴァルディの生涯について調べました。(失われた手稿譜は、今更今から読む次第ですが)
赤毛の司祭の一生は意外とドラマティックでなんかモーツアルトとかぶってしまいました。失意のうちに遠くブレンナー峠の向こうで天国に召されたのですね。私の今の愛聴盤は、作品3の5番(3楽章)ダントーネ盤です。他にも沢山ありますが‥。
又にします。



Re: 無題 カーザヴェーチャ - 2019/02/21(Thu) 19:45:13 No.1123  

いつかわひくぞうさん、初めまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

当サイトのBBSはそれぞれ分野ごとになっております。また、スレッドもテーマごとになっておりますので、
何卒ご理解の上、お楽しみいただければ幸いです。

ヴィヴァルディの生涯に付きましては、Referencesの「出生から永遠の旅立ちまで −ヴィヴァルディの足跡を追い求めて−」
もぜひご覧ください。では、これからも、どうぞよろしくお願い致します。



サルデッリ著「失われた手稿譜 」 投稿者:ペパーミント 投稿日:2018/03/06(Tue) 23:05:23 No.1101   HomePage
フェデリーコ・マリア・サルデッリ氏の書いたミステリ小説が日本で出版されるようです。
タイトルは『失われた手稿譜(ヴィヴァルディをめぐる物語)』。
ミステリ・SF・ホラー・ファンタジー専門の出版社東京創元社から3月23日発売。

日本で翻訳され出版されるかもしれないニュースはだいぶ前に掴んでいましたが、本当なのかな?と信じられませんでした。
ですが、今さっきこの情報を発見したばかりで驚いています!



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 カーザヴェーチャ - 2018/03/07(Wed) 12:33:11 No.1102  

ペパーミントさん
いつもホットなニュースをありがとうございます!いよいよ日本語訳も出ましたね。

先日、サルデッリ氏のフェイスブックで、スペイン語版が出て、その紹介がスぺインのテレビ番組で取り上げられたというので、
早速、テレビ局の録画で、評論家と思しき人物の短いながらも要領よくまとめたレポートを見たばかりでした。
それがもうすでに足元の日本で翻訳され、今月下旬に出版されるとは、まことに嬉しい限りです。

関口英子さんと栗原俊英さんの共訳のようですが、お二方ともベテラン中のベテランですので読んでみるのが楽しみです。
特に、日本の一般の読者にも物語の背景が分かりやすいようにするには、60数か所の著者による注釈では足りないでしょうから、
たくさん訳注を書かなければならなかったことでしょう。ご苦労のほどが偲ばれます。著者自身があとがきで述べていますが、
登場人物の会話以外はすべて史実に基づいているということですので、膨大な楽譜群が大きな散逸や破損もなく今日まで伝わったのが、
いかに幸運であったかを、つくづく身に沁みて思う内容です。ヴィヴァルディ・ファンにはぜひ一読をお勧めしたいです。

ただし、お断りしておきます。物語の主人公はヴィヴァルディがこの世に残した楽譜です。ヴィヴァルディの没後に楽譜に関わった、
あるいは関わったと思しき人物、例えば、大運河に面した高級マンションに日々やって来る借金取りの罵声におびえながら、
ひたすら兄アントニオの帰国を待ちわびていた二人の老いた妹、貴族を侮辱したかどで国外追放となるも、赦免後に帰国し、
理髪師の親方として名士の仲間入りをした甥っ子などは登場しますが、ヴィヴァルディ自身は、すでに亡くなっていたので、
最初から最後まで、ただの一度も登場しません。



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 池之端のヴィヴァルディ好き - 2018/03/10(Sat) 19:05:03 No.1103  

素晴らしい情報ありがとうございます。
史実に基づいてヴィヴァルディの楽譜が如何にして今日に伝わったか辿り、ヴィヴァルディ関係者も登場して動いて話して、しかもミステリー仕立て、こんな小説があったとは夢にも思っていませんでした。著者は、かのサルデッリ氏とのことで、何がなにやら嬉しい混乱状態になってます。充実が予想される訳注も注目です。早速アマゾンで予約しました。



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 カーザヴェーチャ - 2018/03/31(Sat) 00:13:54 No.1104  

皆様はもうお読みになったでしょうか。手慣れたお二方の共訳だけに本当に読みやすく、原文の息遣いがそのまま伝えわってきます。
ただ・・・いろいろと思い悩みましたが、どうしても訂正が必要な個所があり、また、異なる文化と歴史を持つ国の作品を読むには、
訳注がぜひ必要ですが、この作品はヴィヴァルディ研究の第一人者が書いたものですので、行間に織り込まれた意図や思い入れなどを
十分汲み取って読者に提供するのも訳注の持つ大切な役目だと思います。

そう考えまして、僭越ながらBBS3にスレッドを立ててそちらに何回かに分けて書き込むことにいたしました。すでにお読みの方にも、
これから手に取られる方にも、読書の一助となれば幸いと存じます。明日からスタートします。



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 ペパーミント - 2018/06/10(Sun) 23:06:08 No.1107  

こんばんは。
投稿してから3か月もたってしまいました…

本は3月発売日に手元に届き、数日で読みました。
本を手にしたときはほんとに嬉しかったです。
サルデッリの書いた本を日本語で読めるなんて、めったにないことではないでしょうか。なんだか奇跡のよう♪
一体どういう経緯で、こうなったのか? 訳者あとがきを読んで、多くの方のご尽力があった様子に、これもまたひとつの「物語」なんだろうなと感慨深いものがあります。


「生者の歯ぎしり」のところはほんとに訳がわからなかったですが、カーザヴェーチャさんの書かれたBBS3を読んで納得しました。

単に過去の事実を記述したものを読むより、ノンフィクション・ミステリ小説として読む方が、まるでその時代・場面を目の前で見ているようで面白く・・・こういう手段で多くの情報をシェアしてくれたサルデッリは本当に凄いと思います!


ジェンティーリ教授の最後の図書館のシーンを読んで、〈フォア=ジョルダーノ・コレクション〉とそれに張られたマウロ君とレンツォ君の顔写真を見たくなり探してみました。こちらで見ることができます。

ttp://www.studiocrisostomi.it/index.php?option=com_content&view=article&id=228&Itemid=338

ttp://www.ilmondodegliarchivi.org/rubriche/in-italia/520-l-approdo-inaspettato-i-manoscritti-torinesi-di-antonio-vivaldi-una-mostra-racconta-la-storia-sorprendente-delle-carte-vivaldiane


ところで、サルデッリ自身のあとがきに、「とこしえに記憶され」は、RV597『幸いなるかな』の第9曲となっていますが、第6曲ではないでしょうか?



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 カーザヴェーチャ - 2018/06/12(Tue) 14:10:45 No.1108  

お久しぶりです。時間がたつのは早いものですね。ペパーミントさんからの情報のおかげで出席できた、トリノのアントニオ・
ヴィヴァルディ・フェスティヴァルからもう1年以上経ってしまいました。スレッドに一か所不具合が生じたため、ご報告の一つが
丸ごと消えてしまいましたので、目下、更に詳しい内容も加えて、改めて書き込む準備をしています。

今回はフォア=ジョルダーノ・コレクションへのアクセスの情報をありがとうございます。皆さんもきっと感謝されていると思います。
下の段のアクセス先では、夭折した二人の男の子の写真を蔵書票としたものが掲載されているだけでなく、自筆譜の訂正
箇所が掲載されていて、そこにヴィヴァルディの性格の一部が垣間見えるようで、とても興味深いと思います。

ところで、ご質問の件ですが、『ベアトゥス・ヴィル』は、冒頭の合唱部のテーマが、リトルネッロの原型と言われるグレゴリオ聖歌の
書法のアンティフォーナのように、各節の間で繰り返し歌われます。RV597では、”Paratum cor”(その心は主に寄り頼みて)と
”Peccator videbit(悪しき者はこれを見て怒り)の間だけはこのテーマが繰り返されません。繰り返しの部分を勘定に入れると
全14曲となり、“In memoria aeterna”(正しき者はとこしえに記憶され)は第9曲目にあたります。リオムのカタログの番号付けも
この方法で行われていますが、レコーディングに際して間が空かないように、同じトラックに続けて録音していますので、見かけは
第6曲目のようになっています。

このテーマを最初に聴いた時の心洗われるような感動は、今でも鮮やかに覚えています。調べたところ、RV597はLPからの
CD化を含めて、ミッシェル・コルボ、ヴィットリオ・ネグリ、ジェフリー・スキッドモアと続いた後、長いこと録音されていないので、
そろそろ新録音が出ないものかと期待しています。



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 ペパーミント - 2018/06/12(Tue) 19:15:38 No.1109  

お久しぶりです。
‟In memoria aeterna”、第9曲目ということ納得しました。ありがとうございます。Beatus virのテーマが何度も出てくるのが印象的です。

この小説を読みながら、RV597(私も小説19ページでこれを見たとき一瞬戸惑いましたが…)をコルボのとネグリのを聴いていました。意外と最近の録音はないのですね。

マウロ君とレンツォ君の写真は、小説でジェンティーリ教授が心配していたように政府によって撤去されなかったようですね。よかった〜〜



Re: サルデッリ著「失われた手稿譜 」 いつかわひくぞう - 2019/02/21(Thu) 19:38:07 No.1122  

(ご投稿の内容から、こちらに移動させていただきました。どうぞ、悪しからず。−管理人カーザヴェーチャ)
こんにちは。このサルデㇽリ氏‥、どこかで引っ掛かっていたのですが、モードアンティコと聞いて思い出し、我が家のCDラックにコレㇽリの作品6が有るのを思い出しました。このCDは普通の弦楽合奏にオーボエとトランペットを追加したバージョンです。(弦楽合奏版も録音したらしいですが未入手)
TACTUS盤ですが今はNAXOSに変わってますね。残響が多い(まさにそう言うシチュエーションのための編曲?)ので、私の再生装置ではやや聴きづらい…。そう言えばヘンデルの作品6もオーボエ追加バージョンがありましたね。かのヴェンツィンガー大先生の録音でした。てなことで。



《四季》の成立過程など 投稿者:ratsmusicus 投稿日:2017/05/04(Thu) 18:10:41 No.1082  
こんにちは。はじめて書き込みさせていただきます。本来はBBS2の内容になります。

《四季》についてですが、作品が超メジャーなのに対して、その成立過程はあまり語られてないというか、知られていないように思います。

《四季》の作曲の契機や成立過程、また《四季》という標題の由来について、ご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。



Re: 《四季》の成立過程など カーザヴェーチャ - 2017/05/05(Fri) 00:24:13 No.1083  

ratsmusicusさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

今、BBSが部分的にうまく作動できない状態でお迎えして、大変申し訳なく思っております。

ご質問には、きちんとお答えしたいと思いますので、しばらくお時間を頂ければ幸いです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



Re: 《四季》の成立過程など ratsmusicus - 2017/05/07(Sun) 18:30:40 No.1084  

カーザヴェーチャさん、どうもありがとうございます。
特に急ぎませんので、ご無理のない範囲でよろしくお願いします。



Re: 《四季》の成立過程など カーザヴェーチャ - 2017/05/15(Mon) 03:12:05 No.1087  

どうも大変長らくお待たせいたしました。

 『四季』を含む12曲の曲集が作品8として出版されたのは1725年12月の末で、出版社はアムステルダムのミッシェル=シャルル・ル・セーヌでした。
12月14日付のオランダの新聞『ガゼット・ダムステルダム』に出版の広告が掲載されましたが、ヴェルサイユ宮廷を中心にパリの人士の間では、
作品3『調和の霊感』への高い評価に加え、1723年からヴェネツィア共和国駐在大使を務めたジェルジュ伯ジャック=ヴァンサン・ランゲからの
最新音楽情報で、新作品集が待望されていたそうです。文芸誌の『メルキュール・ド・フランス』1725年10月号に大々的に掲載された
ランゲ伯爵からの便りによると、9月5日に挙行されたルイ15世とポーランド王女マリア・レシチニスカ(フランス語名マリー・レクザンスカ)の
結婚を記念した祝賀会が、1週間後の9月12日にヴェネツィアのフランス大使公邸で催され、ヴィヴァルディの二声のセレナータRV687『グローリア
(栄光)とイメネオ(祝婚歌)‐雲上のわが王宮より‐』が上演されました。伯爵はヴィヴァルディをヴェネツィアで最も有能な作曲家だと断じています。

 『春』『夏』『秋』『冬』の四部作(これに触発されたハイドンと違って、『四季』という呼称は献辞の中以外ヴィヴァルディは用いていません)が
作曲時期については、作品8の献呈先であるヴェンツェル(チェコ語名ヴァーツラフ)・フォン・モルツィン伯爵(1675-1737)への献辞から、
1725年以前に作曲されたことが読み取れます。「この拙い曲集の中に、すでに長きにわたり閣下のご寵愛を忝のう致しております『四季』が
含まれていることに驚き遊ばせませぬよう請い願い上げ奉ります」と一言断っているからです。ただし、いつ作曲したかまではわかりません。
当時は作品が完成した折に日時を記入する習慣がなかったからです。しかし、現代科学の力を借りれば、楽譜の大きさや紙の質、
五線の入れ具合、製造場所などから、同種の楽譜に書かれたオペラ作品を手掛かりにして、おおよその作曲年が割り出せます。

『四季』の現存する手書きの楽譜は自筆譜ではなくすべて筆写譜です。印刷に回した自筆譜が残っていないのは、著作権の発想がなかった当時、
別に珍しいことではありませんでした。『春』はイギリスのマンチェスターとパリに、『夏』はマンチェスターとジェノヴァとスウェーデンのルンドに、
『秋』と『冬』はそれぞれマンチェスターに伝わっています。このうちパリに伝わる筆写譜は、1739年にパリでル・クレルク社がアムステルダムの
ル・セーヌ社の版をほぼそのまま再出版した印刷譜の筆写譜で、ジェノヴァとルンドの筆写譜は間違いが多いのが特徴だそうです。
しかし、なぜイギリスのマンチェスターなのか不思議にお思いになるかもしれませんので、その辺の経緯について簡単にご説明いたします。

これらの楽譜の所有者はピエトゥロ・オットボーニ (1667-1740)というヴェネツィア出身の枢機卿で、法王に次ぐ高位聖職者を務めるかたわら、
芸術家の一大メセナとして活躍し、その邸宅は音楽のみならず絵画や文芸の一大サロンとなり、ヘンデルやスカルラッティ親子も出入りしていました。
1723年と1724年にローマを訪れたヴィヴァルディにとっては有力なパトロンでしたし、枢機卿が一時ヴェネツィアへの帰国を許された1726年には、
ヴィヴァルディをはじめ数人が共同でセレナータRV Anh.117『救われたアンドゥロメダ』を作曲して献呈しています。しかし、当然、メセナとしての
出費たるやすさまじく、1740年に亡くなった際には遺産のほとんどを借財の返済に充てなければならないほどでした。枢機卿が所有していた
ヴィヴァルディの作品について言えば、12曲のヴァイオリン・ソナタ集のほかに、『四季』をはじめとする12曲のヴァイオリンおよびその他の楽器のための
協奏曲を所有していましたが、興味深いことにすべて標題付きです(RV90、RV95、RV234、RV253、RV270、RV294、RV572、RV763)。
これらの楽譜を買い取ったのは、『メサイア』をはじめヘンデルのオラトリオのリブレット作者として有名なジェンネスの友人で、
ヴェネツィアをよく訪れていたホールズワースというイギリス人でした。彼はヴィヴァルディの大ファンであるジェンネスを大喜びさせたかったそうです。
1773年にジェンネスが亡くなると、これらの楽譜は、他の楽譜やヘンデル・コレクションと共に、従兄弟であるエールズフォード伯
ヘンネイジ・フィンチの手元に移ります。1918年に伯爵が亡くなると、遺産はヘンデルの伝記作家であるニューマン・フラワーが買い取り、
1964年にフラワーが亡くなった後、マンチェスター市が楽譜を買い取って市立図書館の所蔵にしたというわけです。

さて、ヴィヴァルディの標題音楽への傾倒は1710年代半ばから顕著となり、1720年代初頭にピークを迎えて、1730年代に入ると次第に消えます。
実際、第5番『海の嵐』と第7番は1716年から1717年にかけて、第8番、第10番、第11番は1718年から1720年にかけて、
第9番は1720年ごろに作曲された作品です。『四季』は、おそらく1710年代半ばに作曲されたのではないかと考えられています。
その理由は、『春』で小鳥がさえずりを交わす場面が、1716年に上演されたオペラRV700『ポントス女王アルスィルダ』の
第二幕第九場でバルザーネが歌うアリアを彷彿とさせるからです。

では、どこで作曲されたのか?ヴェネツィアにもジュデッカ島という一大農地がありますが、おそらく演奏旅行やオペラ上演のため
陸地部(テーラ・フェルマ)の町を訪れる道中で見聞きしたことがベースになっているのかもしれません。

最後に、これは是非訴えたいことですが、『四季』には鳥の鳴き声や犬の吠え声、雷鳴など「描写」音楽の色彩の濃い個所もありますが、
ほとんどは「標題」音楽だということです。そこに描かれるのは自然の風景というよりも、自然の様々な局面を前にした人間の体の動きや
心のあり様です。その意味では、ソネットは場面の想像に役立つというメリットがある一方で、あまりにもそこに注目してしまうと、
心理描写を見過ごしてしまうというデメリットがあるのも忘れてはならないと思います。



Re: 《四季》の成立過程など ratsmusicus - 2017/06/05(Mon) 22:26:27 No.1093  

カーザヴェーチャさま
このたびは、大変詳しいご回答を頂き、ありがとうございました。貴重なお時間を使っていただいたのだと思います。
また、お礼が遅くなりまして、大変失礼いたしました。

マンチェスターの筆写譜は、それをもとにホグウッドが校訂した楽譜がベーレンライターから出ていることは知っていましたが、そういった経緯でマンチェスターにあったということは知りませんでした。

また、『ポントス女王アルスィルダ』のアリアとの類似や、自然の風景というより、それを目にした人間の心の動きを描いているというご指摘、非常に興味深く読ませていただきました。

簡単ではありますが、御礼申し上げます。
このたびは、どうもありがとうございました。



祝 生誕340周年 投稿者:ソロの魅力 投稿日:2018/03/04(Sun) 15:13:35 No.1099  
本日は、ヴィヴァルディ生誕340周年です。思い起こせば今から40年前の生誕300周年には世界各国で彼の生誕を祝ったものでした。(世界初録音やオペラのコンサート等)それから40年の間に新発見の曲が矢継ぎ早に発見されレコーディングやコンサートが行われました。まだまだヴィヴァルディ熱は冷めやらぬようです。10年後の生誕350年のメモリアルイヤー今から楽しみです。


Re: 祝 生誕340周年 カーザヴェーチャ - 2018/03/04(Sun) 22:02:13 No.1100  

そうでしたね。私が初めてヴェネツィアを訪れたのがその翌年で、まさに後の祭り。とても悔しかったのを覚えています。
ソロの魅力さんがおっしゃる通り、10年後が楽しみですね。どんな祝典が待っているのでしょうか。
ところで、1797年に野蛮なナポレオン軍によってヴェネツィア共和国が滅ぼされるまで、ヴェネツィア共和国の暦は、
古代ローマ時代から続く3月を年の初めとする暦でしたので、当時の感覚ではヴィヴァルディは正月四日生まれということになります。
1678年3月4日は金曜日でしたが、不思議なことに亡くなったのも1741年7月28日の金曜日でした。



東京で18世紀ヴェネツィアのランチを 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2018/01/19(Fri) 21:54:50 No.1098  
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(アルテスパブリッシング、2016年)の著者で、世界各地で活躍中の
チェンバロ奏者の渡邊温子さんが、『歴メシ!──世界の歴史料理をおいしく食べる』(柏書房)の著者、
遠藤雅司氏と組んで、「『歴メシ!』でめぐるヨーロッパの古都」という全6回の企画をスタートさせました。
内容は音楽とトークを楽しみながら、再現された当時の料理を味わうというものです。第1回目のテーマは、
18世紀のヴェネツィアで、ヴィヴァルディの音楽も流れるようです。日時は1月28日の12時半から3時までです。

会場は毎回、世田谷区にある松本記念音楽迎賓館(ttp://ongakugeihinkan.jp/)で、30名限定です。
地理的に申しますと、小田急線の成城学園前駅と田園都市線・大井町線の二子玉川駅を結ぶ線の
3分の1ほど二子玉川駅寄りにあります。静嘉堂文庫をご存知でしたら、そこから割と近いところにあります。

詳しくは、以下のアルテスパブリッシングのサイトをご覧ください。そちらから、お申し込みになるためのサイトや
渡邊温子さんのブログにアクセスできます。私も家内と一緒に申し込みました。
ttps://artespublishing.com/news/events/180128_ongkugeihinkan_kogakukoto/

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso