ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ヴィヴァルディ 掲示板 全般
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

BBSがすべて回復しました!! 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2017/06/30(Fri) 21:01:44 No.1097  
5日前にBBS4までの回復をお知らせしましたが、IT界の神が、
ついに、全てのBBSを回復させて下さいました。
これからはテーマごとにお書込みをお楽しみいただければ幸いに存じます。



RV583 チャッコーナ 投稿者: 投稿日:2017/06/29(Thu) 20:42:42 No.1096  
(BBSの回復に伴い、申し訳ありませんが、お書込みはBBS4に移動させていただきました。)−管理人 カーザヴェーチャ


お詫びとお願い 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2017/05/02(Tue) 03:32:09 No.1081  
実は、今まで気が付かなかったのですが、BBS2〜BBS5が管理人がftpからアップロードする以外の方法では書き込めない状況になっております。
また、そうして書き込んだ新規記事にもNEWのタグが付かない状況です。原因究明までしばらく時間がかかりますので、修復が済むまでは
レスをいただく場合には、まことにご面倒で申し訳ありませんが、このBBS1をお使いいただき、標題にBBS何番のNo.xxxxについてとお書きいただければ幸いです。
なお、分野の別なく、新規のお書込みにも当面はBBS1をご利用願います。回復次第ふさわしいBBSへ移動させていただきます。
たびたびご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。



BBS4まで復旧しました! カーザヴェーチャ - 2017/06/26(Mon) 22:01:37 No.1095  

長らくご迷惑をおかけしておりましたが、IT界の神が再び降臨してくださり、BBS4まで見事復旧いたしました。
BBS5は少々時間がかかりそうですので、もうしばらくお待ちください。



《四季》の成立過程など 投稿者:ratsmusicus 投稿日:2017/05/04(Thu) 18:10:41 No.1082  
こんにちは。はじめて書き込みさせていただきます。本来はBBS2の内容になります。

《四季》についてですが、作品が超メジャーなのに対して、その成立過程はあまり語られてないというか、知られていないように思います。

《四季》の作曲の契機や成立過程、また《四季》という標題の由来について、ご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。



Re: 《四季》の成立過程など カーザヴェーチャ - 2017/05/05(Fri) 00:24:13 No.1083  

ratsmusicusさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

今、BBSが部分的にうまく作動できない状態でお迎えして、大変申し訳なく思っております。

ご質問には、きちんとお答えしたいと思いますので、しばらくお時間を頂ければ幸いです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



Re: 《四季》の成立過程など ratsmusicus - 2017/05/07(Sun) 18:30:40 No.1084  

カーザヴェーチャさん、どうもありがとうございます。
特に急ぎませんので、ご無理のない範囲でよろしくお願いします。



Re: 《四季》の成立過程など カーザヴェーチャ - 2017/05/15(Mon) 03:12:05 No.1087  

どうも大変長らくお待たせいたしました。

 『四季』を含む12曲の曲集が作品8として出版されたのは1725年12月の末で、出版社はアムステルダムのミッシェル=シャルル・ル・セーヌでした。
12月14日付のオランダの新聞『ガゼット・ダムステルダム』に出版の広告が掲載されましたが、ヴェルサイユ宮廷を中心にパリの人士の間では、
作品3『調和の霊感』への高い評価に加え、1723年からヴェネツィア共和国駐在大使を務めたジェルジュ伯ジャック=ヴァンサン・ランゲからの
最新音楽情報で、新作品集が待望されていたそうです。文芸誌の『メルキュール・ド・フランス』1725年10月号に大々的に掲載された
ランゲ伯爵からの便りによると、9月5日に挙行されたルイ15世とポーランド王女マリア・レシチニスカ(フランス語名マリー・レクザンスカ)の
結婚を記念した祝賀会が、1週間後の9月12日にヴェネツィアのフランス大使公邸で催され、ヴィヴァルディの二声のセレナータRV687『グローリア
(栄光)とイメネオ(祝婚歌)‐雲上のわが王宮より‐』が上演されました。伯爵はヴィヴァルディをヴェネツィアで最も有能な作曲家だと断じています。

 『春』『夏』『秋』『冬』の四部作(これに触発されたハイドンと違って、『四季』という呼称は献辞の中以外ヴィヴァルディは用いていません)が
作曲時期については、作品8の献呈先であるヴェンツェル(チェコ語名ヴァーツラフ)・フォン・モルツィン伯爵(1675-1737)への献辞から、
1725年以前に作曲されたことが読み取れます。「この拙い曲集の中に、すでに長きにわたり閣下のご寵愛を忝のう致しております『四季』が
含まれていることに驚き遊ばせませぬよう請い願い上げ奉ります」と一言断っているからです。ただし、いつ作曲したかまではわかりません。
当時は作品が完成した折に日時を記入する習慣がなかったからです。しかし、現代科学の力を借りれば、楽譜の大きさや紙の質、
五線の入れ具合、製造場所などから、同種の楽譜に書かれたオペラ作品を手掛かりにして、おおよその作曲年が割り出せます。

『四季』の現存する手書きの楽譜は自筆譜ではなくすべて筆写譜です。印刷に回した自筆譜が残っていないのは、著作権の発想がなかった当時、
別に珍しいことではありませんでした。『春』はイギリスのマンチェスターとパリに、『夏』はマンチェスターとジェノヴァとスウェーデンのルンドに、
『秋』と『冬』はそれぞれマンチェスターに伝わっています。このうちパリに伝わる筆写譜は、1739年にパリでル・クレルク社がアムステルダムの
ル・セーヌ社の版をほぼそのまま再出版した印刷譜の筆写譜で、ジェノヴァとルンドの筆写譜は間違いが多いのが特徴だそうです。
しかし、なぜイギリスのマンチェスターなのか不思議にお思いになるかもしれませんので、その辺の経緯について簡単にご説明いたします。

これらの楽譜の所有者はピエトゥロ・オットボーニ (1667-1740)というヴェネツィア出身の枢機卿で、法王に次ぐ高位聖職者を務めるかたわら、
芸術家の一大メセナとして活躍し、その邸宅は音楽のみならず絵画や文芸の一大サロンとなり、ヘンデルやスカルラッティ親子も出入りしていました。
1723年と1724年にローマを訪れたヴィヴァルディにとっては有力なパトロンでしたし、枢機卿が一時ヴェネツィアへの帰国を許された1726年には、
ヴィヴァルディをはじめ数人が共同でセレナータRV Anh.117『救われたアンドゥロメダ』を作曲して献呈しています。しかし、当然、メセナとしての
出費たるやすさまじく、1740年に亡くなった際には遺産のほとんどを借財の返済に充てなければならないほどでした。枢機卿が所有していた
ヴィヴァルディの作品について言えば、12曲のヴァイオリン・ソナタ集のほかに、『四季』をはじめとする12曲のヴァイオリンおよびその他の楽器のための
協奏曲を所有していましたが、興味深いことにすべて標題付きです(RV90、RV95、RV234、RV253、RV270、RV294、RV572、RV763)。
これらの楽譜を買い取ったのは、『メサイア』をはじめヘンデルのオラトリオのリブレット作者として有名なジェンネスの友人で、
ヴェネツィアをよく訪れていたホールズワースというイギリス人でした。彼はヴィヴァルディの大ファンであるジェンネスを大喜びさせたかったそうです。
1773年にジェンネスが亡くなると、これらの楽譜は、他の楽譜やヘンデル・コレクションと共に、従兄弟であるエールズフォード伯
ヘンネイジ・フィンチの手元に移ります。1918年に伯爵が亡くなると、遺産はヘンデルの伝記作家であるニューマン・フラワーが買い取り、
1964年にフラワーが亡くなった後、マンチェスター市が楽譜を買い取って市立図書館の所蔵にしたというわけです。

さて、ヴィヴァルディの標題音楽への傾倒は1710年代半ばから顕著となり、1720年代初頭にピークを迎えて、1730年代に入ると次第に消えます。
実際、第5番『海の嵐』と第7番は1716年から1717年にかけて、第8番、第10番、第11番は1718年から1720年にかけて、
第9番は1720年ごろに作曲された作品です。『四季』は、おそらく1710年代半ばに作曲されたのではないかと考えられています。
その理由は、『春』で小鳥がさえずりを交わす場面が、1716年に上演されたオペラRV700『ポントス女王アルスィルダ』の
第二幕第九場でバルザーネが歌うアリアを彷彿とさせるからです。

では、どこで作曲されたのか?ヴェネツィアにもジュデッカ島という一大農地がありますが、おそらく演奏旅行やオペラ上演のため
陸地部(テーラ・フェルマ)の町を訪れる道中で見聞きしたことがベースになっているのかもしれません。

最後に、これは是非訴えたいことですが、『四季』には鳥の鳴き声や犬の吠え声、雷鳴など「描写」音楽の色彩の濃い個所もありますが、
ほとんどは「標題」音楽だということです。そこに描かれるのは自然の風景というよりも、自然の様々な局面を前にした人間の体の動きや
心のあり様です。その意味では、ソネットは場面の想像に役立つというメリットがある一方で、あまりにもそこに注目してしまうと、
心理描写を見過ごしてしまうというデメリットがあるのも忘れてはならないと思います。



Re: 《四季》の成立過程など ratsmusicus - 2017/06/05(Mon) 22:26:27 No.1093  

カーザヴェーチャさま
このたびは、大変詳しいご回答を頂き、ありがとうございました。貴重なお時間を使っていただいたのだと思います。
また、お礼が遅くなりまして、大変失礼いたしました。

マンチェスターの筆写譜は、それをもとにホグウッドが校訂した楽譜がベーレンライターから出ていることは知っていましたが、そういった経緯でマンチェスターにあったということは知りませんでした。

また、『ポントス女王アルスィルダ』のアリアとの類似や、自然の風景というより、それを目にした人間の心の動きを描いているというご指摘、非常に興味深く読ませていただきました。

簡単ではありますが、御礼申し上げます。
このたびは、どうもありがとうございました。



RV 827 "Laetatus sum"「私は喜んだ」について 投稿者:瓶覗 投稿日:2017/05/19(Fri) 00:19:53 No.1089  
こんにちは。赤毛の司祭サイト再開に小躍りしていた、瓶覗と申します。
いつもヴィヴァルディへの愛の詰まったお話をうきうきしながら拝見しております。

標題についてですが、RISMのwebサイトに上がっていたニュースに驚き、書き込みをさせて頂きました。
Yet another misattributed (and rediscovered) Vivaldi work in Dresden
ttp://www.rism.info/en/home/newsdetails/article/2/yet-another-misattributed-and-rediscovered-vivaldi-work-in-dresden.html#sthash.R89Q0BTq.dpuf

英語が不得手なため詳しい事まで理解に至っておりませんが、ガルッピ作と思われていた楽曲がヴィヴァルディの作品として認定され、
新たにRV.827が付番されたように読み取れます。

4/25付の新しい情報のためか、検索エンジン等でRV.827について調べても他に情報が得られず、非常に気になっている次第です。
この件について、詳細をご存じでしたら是非ご教示頂きたく思っております。

どうぞよろしくお願い致します。



Re: RV 827  通りすがり - 2017/05/20(Sat) 17:57:59 No.1090  

横から失礼します。

ニュースに掲載されている画像の引用元のサイトに楽譜がアップされていました。
合唱のための作品のようです。

ttp://www.imslp.org/wiki/Laetatus_sum_in_C_major,_RV_827_(Vivaldi,_Antonio)



Re: RV 827  カーザヴェーチャ - 2017/05/21(Sun) 01:55:01 No.1091  

瓶覗さん、お待たせしました。
通りすがりさん、日本語版からのアクセス情報もお知らせいただき、ありがとうございます。

記事の内容をかいつまんでご紹介すると、以下の通りです。

 ドイツ学術振興会の後援を受けた、ドレスデンの宮廷に伝わる楽譜をデジタル化して、作品ごとに五線紙の透かしと
筆写者のIDを含め書誌学的な記述を行うという一大研究プロジェクトが2016年に完了し、膨大な数の作品にアクセスして、
短時間で比較研究することが可能になりました。タルボットはそれを利用して、1990年代の初めから指摘されていた、
ザクセン州立図書館兼ドレスデン工科大学図書館(SLUB)が所蔵するガルッピ作とされてきた一連の筆写譜の詩篇が、
実はヴィヴァルディの後期(1730年以降)の作品だったという点に、改めて正面から取り組むことにしたのです。

 実際、研究者らの努力により、1992年にBeatus vir、2003年にNisi Dominus、2006年にDixit Dominusおよび
Lauda Jerusalemが、ガルッピではなくヴィヴァルディの作品であることが明らかとなりました。この辺の経緯については、
BBS2のNo.1999の「Re3:ぼくの歌が君に届きますように」でも取り上げましたので、そちらも併せてご覧ください。
作曲者名が違っていたのは他でもない、当時ヴェネツィアで有名だった筆写譜屋、イゼッポ・バルダンの悪巧みによる、
ということが21世紀に入ってわかりました。まさに3世紀を隔てた悪事露見です。もともとハイドン研究者の間では、
バルダンは作曲者名を故意と思えるほど取り違えると悪評が高いのですが、ヴィヴァルディ作をガルッピ作としたのは、
1750年代末か1760年の初頭に、ザクセン=ポーランドの宮廷からバルダンに最新の宗教曲、それも主にガルッピの作品を、
急遽納入するようにという注文が舞い込みました。ところが手元にはお望みのガルッピの作品がなかったために、
在庫の中から他の作曲家の作品を選んで、ガルッピ作と偽って納入するという手抜きを行ったのです。では、原譜は
どこから入手したかというと、どうやらバルダンのもとで一時期働いていたヴィヴァルディの二人の甥が提供したようです。

 タルボットが語るところによると、今年2017年の3月半ば、ドイツ語でいうところのEinfall(思い付き、ひらめき)があり、
上述の四作品が同じ筆写者により同じ透かしの五線紙に写されているので、他の筆写譜の中に同様のものがあれば、
その中にもヴィヴァルディの作品が埋もれている可能性があると踏みました。こうしてガルッピ作という筆写譜56曲を選び、
そこからガルッピらしくなくヴィヴァルディ作と思しき作品をあぶりだしました。1時間半かけて調べ上げた結果、
ハ長調のLaetatus sum(わたしは喜んだ)がヴィヴァルディ作ではないかとの感触を得て、ただちにイタリア・アントニオ・
ヴィヴァルディ協会発行の学術誌Studi Vivaldianiの編集委員らにPDFとタルボットが清書した楽譜とコメントを送って、
意見を求めたところ、肯定する内容の返信が次々と来て話はとんとん拍子に進み、RV827が割り振られる運びとなりました。

 4月半ば現在、RV827は急ピッチで出版の準備がなされているそうです。タルボットはこの顛末を2017年度か2018年度の
Studi Vivaldianiに寄稿する予定だそうです。同名の作品がすでにRV607として存在しますが、RV827は他の同種の
ヴィヴァルディの作品と比べるとやや長く、形式の上でもより複雑だとのことで、CDになるのも意外と早いようです。

これでまた一つ、ファンとして楽しみが増えましたね。



Re: RV 827  瓶覗 - 2017/05/21(Sun) 14:42:46 No.1092  

カーザヴェーチャさん、詳細を教えて頂きましてありがとうございます。
また、通りすがりさん、IMSLPの楽譜情報をありがとうございます。
早速、初めの数小節を弾いてみました。全曲通して聴ける日が楽しみです。

説明頂いた内容を踏まえて、改めてRISMの記事に目を通して見ました。
タルボット氏の興奮が伝わってくるようで、こちらもワクワクしてきます。

イゼッポ・バルダンによる作曲者騙りには思わず閉口するものの、彼がヴィヴァルディの作品をガルッピ作と偽ったことが
その作品が後世へ残った所以なのかもしれない…と思うと、有り難いような不思議な感覚があります。
同じような手法でヴィヴァルディの作品が掘り起こされそうな予感がして、期待が膨らみます。
紛失・散逸した作品も少なくない中、こうして新たにヴィヴァルディの作品が発見される事は非常に嬉しいです!
その事実が、私に生きる喜びを与えてくれます。
出版・CDのリリースも早々に行われそうとのこと、これからが楽しみです。

お二方とも、貴重な情報をご教示頂きましてありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso