ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ヴィヴァルディ 掲示板 全般
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

作品目録について 投稿者:名無し 投稿日:2011/11/25(Fri) 20:21:00 No.1027  
カーザヴェーチャ様、作品目録の更新、大変おつかれさまでした。
RV780のチェンバロ協奏曲が誤解と判明したという残念な発見もあるようですが…。
けれども、新たに発見された曲もいくつかあるようで、非常に興味深いです。



Re: 作品目録について カーザヴェーチャ - 2011/11/26(Sat) 12:46:48 No.1028  

ありがとうございます。何かミスでもありましたら、ご遠慮なくご指摘ください。
RV760以降が出てから、この数年であっという間にRV800台となり、ついにはRV816に達しましたが、
中にはRV780のような例もあったり、別のバージョンで残っていたり、どこかパートが欠けているなどの問題があったり、
リオムからサルデッリに実質上指揮権が移ったとは言っても、なかなかAnh.が取れなかったりと、
さまざまな紆余曲折がありますが、それがまたかえって謎解きのようで面白いと思います。



Re: 作品目録について 名無し - 2012/07/20(Fri) 00:44:07 No.1041  

作品目録から除外されたチェンバロ協奏曲RV780について教えてください。
RV546の楽譜に「またはチェンバロ」という楽器指定の書き込みがあり、これがRV780のもととなったと聞きます。
Jean-Marc Labylle指揮 Collegium Orpheusが演奏によるアルバム「Concerti per varii strumenti」では、
RV546のソロをヴァイオリンとチェンバロで演奏してるようです。
したがって、前述の書き込みは、二声のソロをチェンバロのみで演奏するという意図ではなく、
片方のソロをチェンバロで演奏するという意図だった、と今回判明したということなのでしょうか?
ちなみにこのアルバムに収められている協奏曲ですが、通常は取り上げられることない異稿が含まれており、興味深いです。



Re: 作品目録について カーザヴェーチャ - 2012/07/22(Sun) 13:27:24 No.1043  

タルボット(2011)によると、ヴィヴァルディの時代には、「チェンバロ」という用語が二通りの意味で使われていました。
RV273『秋』の第二楽章の"il cembalo arpeggiato"(チェンバロはアルペッジョで)や、他の作品の"senza cembali"(チェンバロなしで)
のような場合は、文字通り楽器そのものを指しましたが、その一方では、楽器に関わらず、単に通奏低音しか意味していませんでした。
RV546の楽譜の冒頭に自らの手でが書き込んだ"Il Primo di Ripieno si cava dal Principale o Cembalo"も実は後者の例であって、
(伴奏部の第一ヴァイオリンは主奏ヴァイオリンまたはチェンバロから)ではなく、(伴奏部の第一ヴァイオリンは主奏ヴァイオリン
または通奏低音から)、つまり、(主奏ヴァイオリンまたはスコアの一番下の通奏低音の低音部から適宜音型を拾え)という指示を
与えているに過ぎません。ところが、リオムはそれを楽器編成の指示と読み違えてしまい、あった筈の「チェンバロ協奏曲」を
再現しなければという使命感から、RV546「ヴァイオリンとチェロ・アッリングレーゼのための協奏曲」をもとにRV780の楽譜を起こし、
オックスフォード大学出版会から出版してしまったというわけです。そのようなわけで、この曲にチェンバロが加わるとすれば、
それはあくまでも通奏低音としてであり、独奏楽器として加わることは決してなかったということになります。

>ちなみにこのアルバムに収められている協奏曲ですが、通常は取り上げられることない異稿が含まれており、興味深いです。

ご指摘は、RV548「ヴァイオリンとマンドリンのための協奏曲」のことかと思います。ライナーノーツでトゥサン・ロヴィコは、
後にタイトルのマンドリンがオーボエを表すHaub.に書き換えられたが、もともとはヴァイオリンとマンドリンのためのものだったということは
半世紀も前から周知のことなのに、誰も原曲どおりに演奏しようとしなかったので、あえてアルバムに入れたと述べています。
とは言え、(今日では、ヴァイオリンのヴィブラートと同様当たり前になっているマンドリンのトレモロ奏法は、当時はあり得ないので)
どうやって長い音を演奏したのか不可解で、RV425「マンドリンのための協奏曲」やRV532「2つのマンドリンのための協奏曲」と比較しても、
本当にマンドリンを念頭に作曲したのか疑問をぬぐいきれないと言い添えています。

その点、このジャン=マルク・ラヴィーユ指揮コレギウム・オルフェウスのアルバム(Pierre Verany:PV700034)から3年後の2004年に録音された、
アルフレード・ベルナルディーニ指揮ゼーフィロによるアルバム(naive:OP30409)でライナーノーツを担当したルイ・T・ヴァトワソンは、
作曲年代から見て、おそらく、ピエタ音楽院のオーボエの名手、「オーボエのスザンナ」と、ヴァイオリンの愛弟子アンナ・マリーアの二人を念頭に、
この作品は書かれたのだろう、ともっと踏み込んだ推論をしています。トリノに保管されている自筆譜を調べたわけではないので、
確かなことは分かりませんが、リオムのカタログにもタルボットの本にもSVにも、マンドリンからオーボエへのタイトルの書換えについて
特別な注釈がありませんので、トゥサン・ロヴィコのいう「半世紀以上」の無視が一体何なのか、気にはなります。

ところで、「ゼーフィロ」という演奏団体名ですが、誰が言い始めたのか、「ゼフィーロ」という読み方がなかなか改まりませんね。
これはまずいと思っても、わが身の安全を考えて上司の過ちを指摘しない「ムラ社会日本」の真骨頂ですね。
「ヴェネシアーナVenexiana(ヴェネツィアの女)」を「ヴェネクシアーナ」と誤読するのは、ヴェネツィア方言を知っている人が
少ない現状を考えれば宜なるかなですが、誰でも知っているナポリ民謡『サンタ・ルチア』の歌詞の二番の冒頭、
"Con questo zeffiro cosi soave"を聞けば、アクセントの位置は一目瞭然です。ナポリ方言("Stu viento frisco
fa risciatare")ではなく、イタリア語の歌詞です。音楽に関わることなのに、業界人として国際的に恥ずかしくないのですかね。
ま、いつまでもたっても内向き志向でいて、「ガラパゴス」という進化論がらみの仇名まで頂戴してもなお、
四方を海に囲まれた「ムラビト」は車座の内側しか見ようとせず、「え、何それ?」と痛痒感じないのでしょうね。



Re: 作品目録について 名無し - 2012/07/23(Mon) 00:05:33 No.1046  

とても詳しいご回答、ありがとうございました。
頭のもやもやがすっきりしました。
学者も読み間違えをすることがあるのですね。

それから、マンドリンの演奏ではよく耳にするトレモロ奏法は、バロックよりも後の時代に生まれていたのですね。
知りませんでした!

ところで、作品目録のRV 576の曲名中の「2本のリコーD-ア」はタイプミスだと思いますが…



Re: 作品目録について カーザヴェーチャ - 2012/07/24(Tue) 01:48:44 No.1047  

名無しさん、

Referencesの作品目録のRV576のタイプミスをご指摘いただきありがとうございました。
早速訂正いたしました。これからもお気づきの点がありましたら何卒よろしくお願いいたします。



ヴィヴァルディの胸像 投稿者:ペパーミント 投稿日:2012/05/10(Thu) 19:36:55 No.1034  
こんにちは。
5月7日に、ヴェネツィアのブラーゴラ教会にヴィヴァルディの胸像が設置されたと聞き感激しています。
確か、ヴェネツィアに彼の像はなかったように思います。

明日は、ラジオドラマ『ピエタ』も最終回ですね。こんなタイミングにこのような情報を得られて、こちらに書き込めるなんて最高です!



Re: ヴィヴァルディの胸像 カーザヴェーチャ - 2012/05/13(Sun) 13:44:08 No.1035  

ペパーミントさん

これは初耳です!ホットなニュースをありがとうございます。一昨年訪れたときは胸像どころか、
肖像画1枚も架けられていなかったのが、やっと例のヴィヴァルディ本人かどうかはっきり
分からないボローニャに伝わる若い音楽家の肖像画のレプリカが架けられたようです。

大理石の胸像が設置されたと言うニュースは、地元紙のIl Gazzettinoにはなく、
Silete Ventiという演奏団体のホームページのイタリア語版のfacebookに、
ニュースとしてちょこっと載っているだけですが、ペパーミントさんはどこでお知りになったのですか?



Re: ヴィヴァルディの胸像 ペパーミント - 2012/05/13(Sun) 20:19:09 No.1036  

facebookで情報をシェアしてくれた方がいらっしゃって、それで知ることが出来ました。

そのSilete Venti という演奏団体が、除幕式のときに演奏したのではないかと思います。



Re: ヴィヴァルディの胸像 カーザヴェーチャ - 2012/05/13(Sun) 21:54:41 No.1037  

なるほど、やはりそうでしたか。

2004年に結成されたこの演奏団体には、まつながあやこさんとまつだやよいさんとおっしゃる二名の
日本人ヴァイオリニストが加わっていることに時代を感じますね。現地の本場の環境の中で
日本のアーチストが活躍されていると思うと、それだけで思わず頬が緩むほど嬉しくなります。
これからの活躍が大いに期待されます。日本公演の予定はないのでしょうか?

それにしてもfacebookの情報網の広さと伝達の早さには舌を巻きます。いろいろな知人からも
参加するように勧められているのですが、個人情報確保の点でどうしてもまだ及び腰でいる状態です。

ところで、胸像はどの肖像画を土台にしているのでしょうか。正確さという点から言えば、
できればReferencesの「肖像画」でもご紹介した、10年ほど前にモスクワの国立プーシキン美術館で発見された
ゲッツィによるプロフィールを基にしていると良いのですが。ぜひ見てみたいものです。



Re: ヴィヴァルディの胸像 テレゼッタ - 2012/06/24(Sun) 02:41:59 No.1038  

まつながあやこさん、
たぶんイタリアで活動されている松永綾子さんだと思います。
今はイルジャルディーノ・アルモニコにも参加されいています。本当に日本人若手演奏家として頼もしいです。

同じく欧州で活動している日本人のお仲間とのアンサンブル
Ricreation D'arcadia のコンサートが6月29日初台の近江楽堂にて開催されます。
今回はナポリの音楽を取り上げるようです。
こちらのアンサンブルも実力者揃いで素敵なので是非聞いてみてください。欧州では評価の高いアンサンブルです。

この夏、ヴェネツィアに行くので胸像のレポートをしたいと思います。すでにヴェネツィアは暑いようですね。



Re: ヴィヴァルディの胸像 カーザヴェーチャ - 2012/07/03(Tue) 22:11:29 No.1039  

テレゼッタさん、お書き込みがあったのに今まで気が付かず、失礼致しました。
そうですか。松永綾子さんはイル・ジャルディーノ・アルモニコでもご活躍なのですね。
ますます嬉しくなります。今、手持ちのCDを調べたところヴィヴァルディ関係では、
2年前にリリースされたRV729『離宮のオットーネ(オットー大帝)』にお名前が載っていますね!

その前年の2009年には、バルトーリと"Sacrificium"というカストラートのための作品だけを
集めたCDをリリースしていますが、集められた曲のため息の出そうな美しさとは対照的に、
分厚い中身は、当時使われていた手術道具の写真入りで、去勢についてながながと、
微に入り細を穿った解説が続くうえ、古代の石像に白塗りのバルトーリの頭部を載せた
合成写真から受ける印象もあり、同性として聴いているうちに何か「痛い、痛い」気分がしてくる
妙ちきりんなアルバムです。ま、これには参加していらっしゃらないのでホッとしました。

夏のヴェネツィア便りを楽しみにしております。実は、ペパーミントさんが、ご親切にもサイトのメールに
サン・ジョヴァンニ・イン・ブラーゴラ教会での序幕式と胸像の写真をたくさん送ってくださったのですが、
何度試してもどうしてもアップロードができなくて、大変申し訳なく思っております。



Re: ヴィヴァルディの胸像 ペパーミント - 2012/07/05(Thu) 23:58:51 No.1040  

そうなんです。残念ながらアップロードできませんでした。

胸像は、ヴィヴァルディの洗礼証明書?(だと思います)の額の上に設置されています。
もしも写真をごらんになりたい方は、カーザヴェーチャさんにメールでお問い合わせになれば、返信メールに添付してくださると思います。
そのようにお願いしてもよいでしょうか、カーザヴェーチャさん?

それにしても、あれは合成写真なのですね!?バルトリの変身だと思い込んでいました。この間も、CDショップですごいメークだなあと手に取って見ていました(未入手です)。

テレゼッタさんのヴェネツィア便り楽しみにしています。



Re: ヴィヴァルディの胸像 カーザヴェーチャ - 2012/07/22(Sun) 14:29:59 No.1044  

>そのようにお願いしてもよいでしょうか、カーザヴェーチャさん?

どうぞ、どうぞ。casaveciabox@yahoo.co.jpまでご遠慮なくお仰せ出でください。

それはそうと、ユーロは11年ぶりの最安値95円台になりました。ヨーロッパにいらっしゃる方は笑いが止まらないと思います。



明けましておめでとうございます 投稿者: カーザヴェーチャ 投稿日:2012/01/01(Sun) 22:12:29 No.1032  
皆様、明けましておめでとうございます。

昨年はサイトを留守にすることの多い一年でしたが、今年もなるべく書き込むよう努めて参りますので、
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

幸多き年でありますように、またヴィヴァルディ・ファンにとって楽しい年となりますよう祈念いたします。



芸術新潮11月号ヴェネツィア特集 投稿者:ペパーミント 投稿日:2011/11/16(Wed) 18:51:36 No.1025  
芸術新潮11月号はヴェネツィア特集です。
ヴェネツィアの聖堂・宮殿・美術館等の写真、絵画満載です。地図もあり旅行される方に役立つのではないでしょうか。
ピエタ教会(聖堂)のティエポロの天井画も載っていて、ヴィヴァルディのことも少し書かれています。
でも、この記事を読むとヴィヴァルディが今の現存するピエタ教会で活躍していたと思ってしまう方もいらっしゃるのではと少し心配です。(紙面の都合もあったのでしょう)
ティエポロとピエタ会の関係も興味深く読みました。



Re: 芸術新潮11月号ヴェネツィア特集 カーザヴェーチャ - 2011/11/23(Wed) 11:58:20 No.1026  

毎度のことで恐縮ですが、レスが遅くなり申しわけありません。芸術新潮11月号は、皆さんもぜひお手元に置かれることをお勧めします。

現在、江戸東京博物館で開催中の「世界遺産ヴェネツィア展」は12月11日に閉幕し、その後、愛知、宮城、愛媛、京都、広島と、
順々にまわって開催されていきます。東京から広島まで1年と2ヶ月の長旅ですので、その間にヴェネツィアを訪れた人は、ガイドブック片手に
コッレール博物館やカ・レッツォーニコ(レッツォーニコ邸)に行っても、「なあんだ、肝心のアレがない」と落胆することでしょう。

カタログ二種類と公式MOOK(magazine+bookの和製英語で日本の出版界しか通用しないのに、なぜかアルファベットなのが不思議)一冊、
その他ヴェネツィアに関わるいくつかの書籍が会場出口で販売されていますが、絵画と建築に絞り込んだ記述とグラフィック紙の質の良さでは、
この芸術新潮11月号はまさに瞠目に値します。ヴィヴァルディに関してはほんの数行ですが、簡にして要の記述でなかなか好感がもてます。
ただし、ペパーミントさんのご指摘のとおり、これでは今の教会で活躍していたと勘違いされますね。ヴィヴァルディの時代のピエタ教会は、
間口10メートル、奥行き20メートルの本当に小さな教会で、ベンチが内側の壁に沿ってしつられられていました。聴衆はそこに腰掛けて、
上の聖歌隊席で演奏されるヴィヴァルディの音楽を、まるで天から降り注ぐ音楽のように聴いていたのでした。

この展覧会は本当にすばらしく、美術品に限らず、ヴェネツィア共和国時代の歴史や貴族から市民にいたる人々の生活文化がわかる
三次元的な展示となっていて飽きることがありません。さらにヴェネツィアに関連したトーク・イベントや講演、コンサート、映画上映会と
いかにもヴェネツィアを思わせる豪華な催しが目白押しですので、真正ヴェネツィア病患者としては二回も行きましたが、できれば、
会場が他の町へ移ってしまう前に、もう一度行ってこようかと思っています。

ところで、公式MOOKとしてカタログに並べて売られている「別冊家庭画報」では、ヴィヴァルディについて見開き1ページを使っているのに、
その記述内容たるやデタラメの書き放題です。あるいはイタリア在住の著者の手を離れた原稿に、日本の編集者が訳も分からぬまま
バッサバッサと勝手に手をいれた挙句の果ての姿なのかもしれませんが、これは資料を付けて出版社に抗議しなくてはと、ただいま
手紙を準備中です。早ければ、明日の午前中にも投函する予定でおります。



Re: 芸術新潮11月号ヴェネツィア特集 カーザヴェーチャ - 2011/12/07(Wed) 18:08:22 No.1029  

公式MOOK「別冊家庭画報」(世界文化社)のヴィヴァルディのページを担当された方から、誠意あふれる返信を頂きました。
記事をお書きになった在伊ライターの池田匡克氏にも私の手紙をお見せになったそうで、増刷の折には指摘した箇所はすべて
訂正するとの内容で、まずは安堵しました。お手紙によると、この記事の下地となったのは、過去の「家庭画報」の記事である
「ヴェネツィア音楽紀行」のヴィヴァルディの項で、それを再びこの別冊に採録したいとお思いになったのは、大島真寿美さんの
『ピエタ』をお読みになってからだそうです。やはり、なかなかの名作ですね。そう言えば、大島さんの『ビターシュガー』が、
NHKの夜のドラマとなって、10月18日から毎週火曜日に10回連続で放送されていますが、皆さんお気付きになりましたか?



Re: 芸術新潮11月号ヴェネツィア特集 ペパーミント - 2011/12/10(Sat) 00:50:20 No.1030  

「別冊家庭画報」は読んでいませんが(ヴィヴァルディがデタラメに書かれているのを読むのはちょっと挫けますので。
「スターバト・マーテルは創作ですから楽しみましたが)、
訂正するとの誠意ある対応に安堵しています。
『ビター・シュガー』、来週から見てみたいと思います。TV番組表を調べると、
味のある俳優さんの名前が並んでいましたので見応えがありそうで楽しみです。
私は、この秋に出た大島さんの『やがて目覚めない朝が来る』の文庫版を読み終えたところです。
大島真寿美さんご自身があとがきで書かれている「哀しさと美しさ」と温かさに満ちた素敵な小説でした。



Re: 芸術新潮11月号ヴェネツィア特集 カーザヴェーチャ - 2011/12/12(Mon) 00:31:54 No.1031  

大島さんの小説の温か味には格別なものがありますね。
「ビター・シュガー」も女性の心をしっかりつかんで離さないのではないでしょうか。



スターバト・マーテル(スカルパ) 投稿者:テレゼッタ 投稿日:2011/09/27(Tue) 23:05:16 No.1013  
ティツィアーノ・スカルパ著「スターバト・マーテル」
の中山エツコさん訳による日本語版を読みました。

カーザヴェーチャさんは原書でお読みになってますよね。
CD付きだったとのことですが、後書きにある著者のお勧めの録音のCDだったのでしょうか?日本語版には付いていなかったので、聞いてみたい気がします。

内容ですが、私には少し重すぎました。
「ヴェネツィアの光と影」の影を描いた作品のようです。
好みから言えば大島さんの「ピエタ」の方が何倍も好きです。まぁ、テーマがあまりに違うのですが...
みなさんの感想はいかがでしょうか。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) ペパーミント - 2011/09/29(Thu) 16:13:52 No.1014  

テレゼッタさんこんにちは。
「スターバト・マーテル」読みました。
私のまわりにはこの本を読む人がいないようなので、話題を共有できて嬉しいです。

はじめはやはり、主人公の重く深い孤独の「闇」が続き、暗いと思いました。
現実のだれにも心を開くことなく、暗闇のなかで絶望的な思いをめぐらせつづける主人公が、「アントニオ神父」とその音楽に出会い、
最終的に、絡まりもつれていた彼女の生命力が、一本の矢のようになって外へとほとばしり出る。

神父唯一人に理解される主人公、そして神父との間に生じる、ほのかなもの・・・。
二人のやり取りを私は繰り返し読むことでしょう。その都度違った風に読み取れるのかもしれません。
繊細に揺れる主人公の姿が少女らしくいじらしい。彼女の語る「内部の音楽」にも興味が湧きます。

「ピエタ」と「スターバト・マーテル」、私の中では全然違ったものではなく、繋がっているように思います。
(ピエタが舞台だからでしょうね‐テレゼッタさんのおっしゃるような《光と影》でしょうか?)

ピエタのオーケストラの演奏会や練習場面が多いところ、(強烈な演奏・音楽の描写がすごいと思いました。
それも私がいつも作曲の動機を考えてしまう「四季」が詳しくあって・・・オーケストラの初練習の場面など実に興味深く)、
孤独な少女の思いと成長(単なる成長とはいいたくありません)を綴り続けているところなど、
私はこの「スターバト・マーテル」の方が好きかもしれないです。
(現時点の段階では、まだまだ読み方が足らない部分もあるかと思いますが‐どちらにしても贅沢な選択肢ですね。)

それから、「ピエタ」と違って、ヴィヴァルディがここではひたすら強く描かれていることがなんだか印象的でした。

作者のあとがきも良かったです。
「最近、何人かのイタリアまた外国の作家たちが、ヴィヴァルディをめぐる歴史小説を書いている」とあり、
それに加え日本では「ピエタ」も出版されましたので、共時性を持って注目を浴びているのは面白いことだと思います。

また、「今を持ってアントニオ・ヴィヴァルディを軽い作曲家と考える人がいる。」ともありますが、
そういう人たちにもぜひ、この小説を読んで頂きたいものです。

添付のCDに収録されているという作品、私も興味があります。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) テレゼッタ - 2011/09/30(Fri) 22:38:47 No.1015  

ペパーミントさん、
早速の感想をありがとうございます。

やはり、読み方はそれぞれなので自分以外の方の感想を聞くことも大事ですね。
ペパーミントさんのご意見から私には見えていなかった一面が見えた気がします。
もう一度読んでみようと思いました。

ヴィヴァルディの音楽は同じ曲、演奏者でも聞く人によってそれぞれに違う印象や想いを抱かせるところがあると思います。
ヴィヴァルディやピエタの女性達の生き方に関しても、同じ資料を基にしていても違う物語が見えてくるのでしょうね。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) 畑野こいも - 2011/09/30(Fri) 22:40:17 No.1016  

こんばんは○。お久しぶりです。

「スターバト・マーテル」は、以前伯母と従姉から送ってもらった朝日新聞のBe on Saturdayでスカルパさんのインタビューを読んだ時から気になっていて、「いつか日本でも発売されないかなぁ…」とずっと思っていました(このBe on Saturdayのことは前に書き込みしましたね)。ついに日本でも出版されたこと、とても嬉しいです。

本の方はテレゼッタさんのこの書き込みを見た次の日、早速書店に行って買ってきました。今一生懸命読んでいるところです。内容的に深く、難しい所もあるので、しっかり考えながら丁寧に読みこんでいかないといけない作品だと感じています。あせらずゆっくり読んでいこうと思います。
主人公の気持ちや考えていること、やっていることは何となくわかります。何だか自分にも重なる部分があったりして、共感しています。

私も、大島真寿美さんの「ピエタ」とこの「スターバト・マーテル」はつながっているように感じます。『ヴェネツィアの光と影』で言うなら、『光』サイドが「ピエタ」で、『影』サイドが「スターバト・マーテル」であり、二つで一つのように思います。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) ペパーミント - 2011/10/01(Sat) 18:45:16 No.1017  

畑野こいもさん、こんにちは。お久しぶりです。
Be on Saturdayの記事、こちらで話題に上りましたね。あのときはお知らせいただいてありがとうございました。
記事に「複数の日本の出版社から翻訳の申し出がある」とあったものの、日本語版の出版を知ったのは先週はじめで、それまで全く知りませんでした。
そういえば、『ピエタ』出版のときも突然のニュースで、嬉しい驚きでした。

テレゼッタさんのおっしゃるように、同じ資料がありますね。『ピエタの小さな博物館“アントニオ・ヴィヴァルディ”』も含めて・・・。
イタリアと日本、男性と女性という違いもありますが、作家さんお二人は同世代で一歳違いというのも興味深いです。

私がこちらのサイトに初めて訪れてからまだ3年もたっていないのに、その間にヴィヴァルディの登場する小説が国内で2冊も出版され、日本語で読めてほんとうにラッキーなことだと感謝しています。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) カーザヴェーチャ - 2011/10/08(Sat) 00:21:58 No.1018  

長く留守をしておりましたが、皆さんはときどきロムをしていてくださったのですね。ありがとうございます。
留守の間に重要なCDやDVDが次々と出ましたが、これもひとつひとつきちんとご紹介しなくてはと思っております。
それに、早いもので1年近くも前になるヴェネツィア小旅行の続きも書き込んでいきますので、乞うご期待。

さて、2009年のストレーガ賞受賞作、ティツィアーノ・スカルパの『スターバト・マーテル』の翻訳が出ましたね。
原書を読んだときに、こんなグロテスクな展開の作品が日本の読者に受け入れられるだろうか、それにもまして、
作者の想像の産物に過ぎないとは言え、ヴィヴァルディを決して好意的に描いていない小説をヴィヴァルディ・ファンは
すんなり受け入れるだろうかと疑問を感じていましたが、ヴェネツィア大学講師であり翻訳家でもある中山エツコさんの
手馴れた訳は、原作のファンタジーの世界がもつ雰囲気をよく伝えていて、ヴィヴァルディの奇矯な行動よりも、
ヒロインの心の内面に自然に焦点が合うようにした作者の意向をうまく反映したものになっています。
ですから、読者の反応は意外と良いかも知ません。

あとがきで作者がみずから手の内を見せているように、もともと「年代上の錯誤に満ち満ちている」作品ですが、
特に次の点が史実とは異なります。当時の実際のピエタや「合奏・合唱の娘たち」や町の人々の様子について
書かれた資料を丹念に読み込み、消化した上で書かれた大島真寿美さんの『ピエタ』と比較してみると、
興味が尽きないと思います。
i)1階にトイレがあった。→当時はまだ今のようなトイレはなく、ベッド下のおまるや尿瓶、あるいは王侯貴族なら、
真ん中がくりぬかれ下におまるを置く仕組みの、洋式便器の前身である椅子で用を足していました。
したがって、「便所の汲み取り」もありません。
ii)女子しかいない。→ピエタは男の子も受け入れていました。(あの建物には数百人以上の子供や大人たちが
生活していたのです。)

ところで、弘法にも筆の誤りと言うか、河童の川流れと言うか、usignolo(ウズィニョーロと読みます)を「ウグイス」と
訳していますが、正しくは「サヨナキドリ」で、英語の「ナイチンゲール」にあたります。外見はほんとうに良く似ていますが、
声もさえずり方も違いますし、学名もスズメ目ウグイス科の「ウグイス」がCettia diphoneであるのに対して、
スズメ目ヒタキ科の「サヨナキドリ」はLuscinia megarhynchosです。学名を見てわかるとおり、この二つは別種の鳥です。
ヴィヴァルディのアリアにはusignoloや定冠詞の付いたl'usignolo(ルズィニョーロ)が良く出てくるので注意が必要です。
実際の鳴き声は以下のサイトで聞けます。
//digilander.libero.it/verdecammina/usignolo.htm

原書にはCDは付いていなくて、送られてきたのはおそらく盲人用と思われる(というのはジャケットの片面に大きな点字が
ついているので)朗読シリーズのCDでした。作者のスカルパ自身朗読家でもあるせいか、ベテラン女優が朗読する
イタリア語の美しい響きを聞いていると、まるでこの作品が最初から朗読されることを前提に書かれたのではないか
とさえ思えてくるほどです。作品は74のトラックに分けられ、全部聞くには4時間18分かかりますが、すべてのトラックに
曲の断片が挿入されているわけではありません。ジャケットに特段の記載はありませんが、選曲に当たっては作者の
スカルパが関わったのではないかと思われます。一応ご参考までに、音楽が流れるトラックすべてと、中島さんの翻訳の
該当箇所、使われている曲を下にまとめました。数字はトラックの番号です。なお、CDには演奏者の名前はおろか
曲名も書かれていません。

1.『冬』第一楽章出だし。本の題名、出版社、朗読の紹介。続いてRV556「2本のオーボエ、2本のクラリネット、
2本のリコーダー、2つのヴァイオリンとファゴットのための協奏曲 ハ長調」『聖ロレンツォの祝日のために』第二楽章
導入部の通奏低音をクラリネット独奏で。朗読のはじまり。

8.作品3『調和の霊感』の11 第三楽章。p.20「この世に、わたしほど一人きりの・・・」

13.作品10の4 第一楽章。p.33「この光景に立ち会ったとき、・・・」

23.RV644 オラトリオ『蛮族の王ホロフェルネスを討伐した勝利のユディータ』から合唱"Mundi Rector de Coelo
micanti"「輝く天にましますこの世の支配者よ」の後半部分、"In Juditha tua legi dicata"「御身に身を捧げし
ユディータは」を二重唱で。p.50「私たちが演奏するもののすべてが・・・」

26.RV40チェロ・ソナタホ短調 第一楽章。p.54「ときどき、ジュリオ神父はわたしたちのことを・・・」

34.RV419チェロ協奏曲イ短調 第三楽章。p.66「夕食の後、シスター・テレーザに・・・」

47.RV425マンドリン協奏曲ハ長調 第一楽章。p.91「シスター・テレーザに呼ばれ・・・」

57.『秋』第一楽章。最後のほうのラルゲット。p.112「新しい教師兼作曲家の審査を・・・」

60.『春』第一楽章。p.120「今日、練習のときに、・・・」

61.『夏』第三楽章。p.124「神父は四つの詩を・・・」

67.RV600『ラウダテ・プエリ・ドミヌム(主のしもべたちよ、ほめたたえよ)』から第二曲"Sit nomen Domini "
(主の御名の讃えられんことを)。p.144「寝ないのかね?」

69.『秋』第一楽章。p150「貴族たちが訪れ・・・」

70.RV3ヴァイオリン・ソナタ ハ長調 第三楽章。p.155「お母様、アントニオ神父は・・・」

72.作品3『調和の霊感』の11 第二楽章。p.160「見なさい、よく見なさい」

74.RV608『ニスィ・ドミヌス』(主が家を建てられるのでなければ)から第4曲"cum dederit dilectis suis somnum"
(主、慈しみ給う者に眠りを与え給うときに)p.165「お母様、あなたに手紙を書くのも・・・」。朗読の終了。
RV621『スターバットゥ・マーテル』(母は悲しみにありし) 



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) 名無し - 2011/10/17(Mon) 00:17:04 No.1019  

この物語には、四季に加えて、オラトリオ"Juditha Triumphans"も出てきますが、
このオラトリオの演奏の模様が以下のサイトにアップされていますので参考までに。

//liveweb.arte.tv/fr/video/Judith_Triomphante_Vivaldi_festival_Beaune/

2011年7月、フランス、ボーヌのフェスティヴァルで演奏されたものだそうです。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) カーザヴェーチャ - 2011/10/19(Wed) 00:35:13 No.1020  

名無しさん、よく見つけましたね!ありがとうございます。画質も音質もすばらしいですね。何とかダウンロードして保存しようとしましたが、
今のところうまく行っていません。でも、今日の時点でも、あと106日と7時間つながっていると書いてありますので、何とか保存の方策を考えようと思っています。
折角なのでDVDにしてくれたら、一番ありがたいのですが・・・。

このHPはフランス語版とドイツ語版だけで英語版がなく、動画の下の解説が気になる方もいらっしゃると思いますので、拙訳を張っておきます。

「イタリア人指揮者フェデリコ・マリーア・サルデッリと、氏が創設したオーケストラ、モード・アンティクォが、(4つあるオラトリオのうち)
今日まで伝わる唯一のオラトリオである『勝利のユディータ』をひっさげてボーヌに戻ってきた。聖書のユディータの物語はよく知られている。
進軍中のアッシリア王ネブカドネザルの軍隊が、いざ征服せんとベツレヘムの町を包囲する。ユダヤの若き寡婦ユディータは、
アッシリアの征服者に慈悲を請い求める。征服者が彼女に夢中になると、彼女も恋をしたようなふりをする。宴会の馳走をむさぼり、
ワインをしこたま飲んだホロフェルネスがまどろむや、ユディータは寝首を斬り落とし、敵陣を抜け出て首尾よくベツレヘムに凱旋する。

『勝利のユディータ』は、ヴェネツィアのオスペダーレ・デ・ラ・ピエタの有名な若い娘たちのために作曲された。この作品の特徴は、
合唱と合奏の堂々としたスタイル、独創的な転調の技法、大胆な半音階的なハーモニーにある。非常に生彩のあるオーケストレーションにより、
主だった人物のアリアが見事に描かれている。たとえば、ユディータのアリア、"Veni,veni, me sequere fida"(来て、来て、こっちよ。大好きな頼もしいアブラ)では
キジバトを絶妙に模し、"In somno profundo"(深き眠りに)では致命的な恐ろしい行為を告げる。ヴァガウスのアリア"Umbrae carae, aurae adoratae"
(親愛なる陰よ、敬愛する風よ)と"Armatae face et anguibus" (松明と蛇を武器に)はヴィヴァルディの最高傑作の部類に入る。」



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) ペパーミント - 2011/10/19(Wed) 19:31:43 No.1021  

ユーチューブにもありましたよ。

※以前のは両方削除されたようなので、新しく貼り付けます。(6月19日追記)

www.youtube.com/watch?v=jMC8VJQmwag&feature=my_liked_videos&list=LLZAfoSz3hGLCvy39KPFQkfw

ヴェニス・バロック・オーケストラのも見つかりました!

www.youtube.com/watch?v=GjtXB6K0XbA&feature=relmfu

"Veni,veni..."は、やはりいい曲で大好きです。
以前、カーザ・ヴェーチャさんにお願いして訳していただきました。(BBS2 No: 2091)
その節は本当に有難うございました。
女性同士の友情が描かれたアリアは、珍しいでしょうか。
小説にこの曲について書かれたところがあると思いますが・・・。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) カーザヴェーチャ - 2011/10/19(Wed) 22:32:33 No.1022  

ペパーミントさん、どうもありがとうございます!Youtubeでただいま順調にダウンロードして保存中です。
それに、マルコンのヴェニス・バロック・オーケストラのものまで見つけてくださり大感謝です。こちらも保存します。

男同士の友情なら『オリンピアーデ』第一幕のメガクレのアリア"Superbo di me stesso"(誇りに満ちて)などがありますが、
確かに、女同士の友情を歌ったアリアは珍しいかもしれませんね。

小説では、新しい管楽器を持ってきて、ユディータとのデュエットをマルタに歌わせようとした箇所でしょうか。
もちろん『勝利のユディータ』にはデュエットはないので、これはスカルパの創作ですが、「新しい管楽器」というあたり何となくそう思わせますね。



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) ペパーミント - 2011/10/20(Thu) 22:53:52 No.1023  

カーザヴェーチャさん、どういたしまして。
こちらこそ朗読CDの曲目をありがとうございました。

例の箇所ですが、
『新しい管楽器を持ってきて、ユディータとデュエットさせることを考えつきました。その役を歌うマルタは、それを・・・』
とありますので、ユディータ役のマルタと「新しい管楽器」とのデュエット(?)ということではないでしょうか?



Re: スターバト・マーテル(スカルパ) カーザヴェーチャ - 2011/10/24(Mon) 20:06:01 No.1024  

ペパーミントさん

週の後半から留守していたので確認が遅れて申しわけありません。さっと該当箇所の翻訳を読んだため早とちりしました。
そうです。ペパーミントさんのご指摘のとおり、新しい楽器とのデュエットです。時間に追われて書き込んではいけませんね。

おかげさまで、マルコンのほうもダウンロードして保存しました。ありがとうございます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso