ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ヴィヴァルディ 掲示板 全般
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (100kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

ついに「ピエタ」を舞台に小説が!! 投稿者:カーザヴェーチャ 投稿日:2009/10/14(Wed) 22:47:47 No.823  
すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、9月24日に、ポプラ社から数人の作家の作品を集めた短編小説集、
『ぼくの歌が君に届きますように』が出ました。大島真寿美さんの作品、その名もずばり『ピエタ』が掲載されていますが、
資料の綿密な読み込みをもとに書かれていて、登場人物の背景にある時代考証がしっかりとしている本格的な音楽小説です。

主人公は、ピエタに実在した名ヴァイオリニスト、アンナ・マリーアと、小説のために作られた架空の人物エミーリアで、
ヴィヴァルディの訃報が届いたばかりのピエタを舞台にストーリーが展開していきます。なんとも言えない柔らかなタッチで、
二人の心に今でも生き生きとよみがえる恩師ヴィヴァルディとの心の交流が温かくもほほえましく描かれていて、
読後感のとてもさわやかな作品になっています。ぜひ、ご一読をお勧めします。



昨日は誕生日 投稿者: パール 投稿日:2009/03/07(Sat) 02:35:28 No.619  
こんにちは!
昨日3月4日はヴィヴァルディの誕生日でしたね。1678.3.4生
5日に変わる40分ほど前(午後11時20分)、テレビを視ていたのですが、その中である女性タレントが「今日私の誕生日」と発言した途端、脳に「今日はヴィヴァルディの誕生日」という稲妻が走り、確認したらやはりそうでした。
ここのところ、イタリアのバロックから古典期の作曲家について調べており、ヴィヴァルディからどれくらい後の人か?を中心に生年についてもメモしており、それでタレントの発言に反応したのだろうと思います。
トレッリ(1658.4.22生)のクリスマス協奏曲は、素朴な民謡調が好感もてますね。
ロカテッリ(1695.9.3生)の作品3「ヴァイオリンの技法」全12曲中第1番と第2番は印象に残ります。
第1番の清水が勢いよく噴き出したような溌剌さ、第2番のヴィヴァルディかと思わせる旋律。
イ・ムジチ合奏団 マリアーナ・シルブ(ソロ・ヴァイオリン)で聴きましたが、彼女の演奏テクニックも素晴らしいし、女性らしい優美な“しな”もお見事です。
ベニス・バロックオーケストラとカルミニョーラもCDを出していますが、未聴です。第1番・2番・10番・11番の録音のようです。
第2番の第1曲、演奏開始から25秒後あたり(7小節目ー)が、ヴィヴァルディの何かに似ていると思い考えたところ、ビデオ『バロックの巨匠 ヴィヴァルディ』の冒頭、暗闇の運河をゴンドラが静に流れるように進む場面で流れる曲、歌劇「アルシルダ」序曲(RV700)第2楽章であることがわかりました。印象が似ていませんか?
胸がキューンと締め付けられ、クラクラしました。
ヴェラチーニ(1690.2.1生)の「序曲と協奏曲集」第1・2集(NAXOS)を聴きましたが、音楽に品性の良さを感じ早く「ヴァイオリン・ソナタ」を聴いてみたいものだとCDの到着を心待ちにしています。
ヴィオッティ(1755.5.12生)は、もしモーツアルト(1756.1.27生)がいなかったらモーツアルトの位置にいたのではないかと思いました。生年が1年違いだと音楽もとても似てくるのですね。
同時代の作曲家の同様な例として、レスピーギ(1879.7.9生)とヴェネツィア生まれのジャン・フランチェスコ・マリピエーロ(1882.3.18生)。マリピエーロの曲を聴いていて、レスピーギと同じ響きをもつ部分があり、同時代の為せるところかと・・・。

(このご投稿は、2009/03/05(Thu) 18:59にBBS4に頂いたものですが、内容からよりふさわしいこちらへ移動させていただきました。−管理人)



お手数おかけします パール - 2009/03/07(Sat) 23:51:39 No.622  

カーザヴェーチャさん、お手数おかけします。
このところ迷惑メールが多くて大変ですね。



とんでもない カーザヴェーチャ - 2009/03/09(Mon) 21:10:19 No.627  

パールさん
いつもお書き込みをありがとうございます。また、BBS4では修復作業の不具合から、スレッドの順番の乱れが直らず申し訳ありません。
CDもいろいろと出て、ロムして下さる皆様にお伝えしたい情報がたくさんあるのですが、纏める時間がなくてもどかしい思いをしております。

ご指摘のとおり、迷惑投稿が毎日律儀に寄せられますが、プログラムで送りつけてくるものは、葛の葉さんのご支援で、
自動的にはねつけられるようになりましたが、一回一回スレッドを立ち上げて手書きしてくるものが残ります。
しかし、いい歳をした大の大人がやや歪んだタイプのセックスを選んで、画像とリンク先まで貼り付けて、せっせと書き込む姿は、
滑稽を通り越して悲哀感が漂います。なんという悲しい人生を歩んでいるのでしょう。書き込んでくる輩は、男か女かわかりませんが、
性交渉ができない哀れむべき性的不能者または性交渉があっても快感を得られない不感症患者か(原因は外傷、疾病、ストレス、
性に関わる深い心の傷といろいろ)、あるいはまた、余りの醜さ、貧しさ、変わった性的嗜好などから異性に逃げられてしまい、
結局は妄想の中に生きるしかなく、鬱勃悶々として不満が爆発しそうな毎日を送っている孤独な人間なのではないでしょうか。



今どきの中学校の音楽の教科書にビックリ 投稿者:hyogepi 投稿日:2008/12/20(Sat) 18:36:31 No.595  
中1の息子の音楽の教科書が机の上に投げてあったので、自分が中1のときに、確か、ヴィヴァルディの「春」が教科書に載っていたよなー、と思いながら、見てみました。
 ありました。でも、その内容に、ちょっとビックリ。
ビオンディとエウロパ・ガランテの演奏の様子が見開き写真で、名前入りで紹介されているのです。息子曰く、「教科書の楽譜はホ長調だけど、演奏は変ホ長調だったよ」とのこと。学校では、エウロパ・ガランテの、そうでないとしても、A≒415の一般的バロックピッチでの演奏を授業で聴かせているのですね。
教科書のページをめくって、またまたビックリ。通奏低音やバロック・ヴァイオリンとモダン・ヴァイオリンの違い(弓の形とヴィブラートの使い方の違い)の説明のほか、「冬」の第2楽章のイ・ムジチ合奏団とイングリッシュ・コンサートの聴き比べまで載っていました。



Re: 今どきの中学校の音楽の教科書にビックリ  カーザヴェーチャ - 2009/01/12(Mon) 16:24:58 No.608  

hyogepiさん、明けましておめでとうございます。

>「教科書の楽譜はホ長調だけど、演奏は変ホ長調だったよ」

ピアノをお弾きになるのでしょうか?息子さんは素晴らしい耳の持ち主ですね!
まあ、バロック・ヴァイオリンの演奏を聴かせてくれるのは有難いですが、ご存知のようにバロック時代はピッチが地域によってまちまちでした。
できれば、現代とほとんど変わりないヴェネツィアのピッチA≒440の演奏でお願いしたいですね。



Re: 今どきの中学校の音楽の教科書にビックリ hyogepi - 2009/01/14(Wed) 20:27:40 No.621  

カーザヴェーチャさん、コメントをありがとうございます。
四季のピリオド楽器によるヴェネツィアのピッチA≒440でのおすすめCDを教えていただだければうれしいです。
なお、タルティーニのヴァイオリン協奏曲全集(伊DYNAMIC)に取り組んでいるラルテ・デラルコは、そのタルティーニはヴェネツィアン・ピッチA=442で録音しているのに、管楽器付きドレスデン・ヴァーションの四季はA=415で演奏しています。この辺の事情についても、ご示唆いただけるとありがたいです。(と書いていて、ああ、ドレスデンだからかという気がしてきましたが。)



Re: 今どきの中学校の音楽の教科書にビックリ  カーザヴェーチャ - 2009/01/17(Sat) 00:56:17 No.626  

ヴェネツィアでは、前期バロック時代のオルガンはA=460、 チェンバロの調音がtuono coristaはA=415、
tutto puntoはA=440、mezzo puntoがA=465だったそうです。
ラールテ・デッラールコはヴェネツィアン・ピッチはA=442と定めているようですが、
たいていはA=440かやや上ではなかったかと思います。ヴェニス・バロック・オーケストラはA=440ですので、
カルミニョーラの演奏はいかがでしょうか。



ヴァイオリンコンチェルトについて 投稿者:りんご22 投稿日:2008/10/22(Wed) 00:01:30 No.589  
初めまして。りんご22と申します。
ヴァイオリンを習って随分たつので、ヴィヴァルディの
コンチェルトの簡単なものを弾きたいと思っています。
できれば、有名なイ短調、ト短調以外の短調の短いもので
弾き映えのするものに挑戦したいのですが、どなたかご存知ないでしょうか?
よろしくお願いします



Re: ヴァイオリンコンチェルトについて カーザヴェーチャ - 2008/11/12(Wed) 02:15:14 No.590  

りんご22さん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

初めてのお書き込みなのに、とんでもない亀レスで驚くやら、呆れるやら、腹がお立ちになるやらだったでしょう。
仕事の関係で申し訳ありません。

サイトにロムしてくださっている皆様、ただいま戻りました!先月25日頃に戻る予定が2週間も延びてしまいました。
ほかのBBSでの宿題もこれからしっかり片付けるつもりですので、またどうぞよろしくお願いいたします。

さて、りんご22さん、
ヴィヴァルディの短調がお好きなのですね。全作品を見渡すと短調は長調に比べてずっと少ないですが、
哀愁や、暗い情熱のほとばしり、癒されない孤独感など、現代を生きる私たちにも共感できる
切々と胸に迫りくる世界が多く、ここにはまるとかなりディープなヴィヴァルディ・ファンになるかもしれません。

有名なイ短調とは、初心者ががかならず弾かされる作品3『調和の霊感』第6番だとすぐわかりましたが、
ト短調とは昔テレビのヴァイオリン教室で取り上げられたことでいっぺんに有名になった作品12第1番のことでしょうか?
(第一番は第二楽章のトゥッティの甘美さは良いとして、全体にソロの動きがもたつき、それほど優れた作品には思えません。
同じ作品12から選ぶなら、初心者にも弾きやすく旋律が美しいという点で、第四番がお勧めなのにと思ったことでした。)
それとも当時の常識派を驚かせた7度の音程の跳躍が第一楽章の冒頭第二小節目から第三小節目にかけてひょいと顔を出す
作品6第一番のことでしょうか?それとも、パクリ専門のあのシェドゥヴィル(犠牲者はヴィヴァルディだけではありません、
ダッラーバコもやられたようです)がヴィヴァルディ作と堂々と偽って世に出した『忠実な羊飼い』(勝手に作品13として)の
第6番で第一楽章のテーマをパクられてしまった作品4『ストゥラヴァガンツァ』第6番のことでしょうか?

ヴィヴァルディはト短調のヴァイオリン協奏曲を21曲書いていますが、非常に味のある作品が多いのが特徴です。
あの『四季』の「夏」も、同じく作品8の第8番もト短調ですし、特に中・後期の作品のRV327、RV330、V331、V333
の4曲は中身の濃い作品です。あいにくRV330とRV333はまだ録音されていませんが。

しかし、それほど難しくなく弾き映えのする短調の作品と言うご要望ですので、次の3曲に絞り込んでみました。
音源もあわせて載せておきますので、ご自身の耳で確かめてからお選びになったらいかがでしょうか。
楽譜はヤマハが扱っていると思いますので、Ricordi社のTomo番号も表示しておきます。でも、もし首都圏にお住まいでしたら、
皆さんに再三再四お勧めしているJR上野公園口駅前の東京文化会館4階にある音楽資料室でA3版1枚30円でコピーするのが、
一番早くしかも経済的です。ただし、こちらの検索はFanna番号ですのでお間違いなく。ヴァイオリン協奏曲はF.Iなので、
受付に楽譜貸し出しを申し込むときの請求番号はAVI(Fanna番号)と書きます。AVはAntonio Vivaldiのイニシャルです。
最初は何か身分証(保険証で可)をお持ちになることをお忘れなく。それがないと資料室に入れません。
2年間有効の入室証を無料ですぐ作ってくれますので、2回目以降は楽です。詳しくは(3828)2111まで。

RV275ホ短調(Tomo484, F.I-220)
音源:ELOQUENTIA[EL 0815] "Vivaldi Concerti per violino" Florian Deuter (vn), Harmonie Universelle
この作品についてはBBS3No.1550「初期ヴァイオリン協奏曲集」でも少し説明しておきました。第二楽章の雰囲気は作品3
『調和の霊感』に近いものがあります。音源には、ARION[ARN 68746]もあるのですが、マルコ・ペドゥローナMarco Pedronaと
Ensemble Guidantusの演奏が余りにもひどく、もしこの作品がお気に召さなかったとしたら、それは作品のせいではなく、
彼らの演奏が原因だと確信をもって言えます。

RV276ホ短調 (Tomo480, F.I-216)
音源:STRADIVARIUS[STR33778]"l'Elite des concertos italiens" Giorgio Sasso (vn) Insieme Strumentale di Roma
これも上の作品と同じく、アムステルダムで他の作曲家の作品と一緒に一冊の楽譜集として出版されたものです。
実は、こCDのタイトルはそのままこの楽譜集の扉を飾っていたものなのです。上の作品と同じく、
作品3『調和の霊感』によく現れる音型やアルペッジョ進行がみられます。

作品9『チェートゥラ』(出版されたほう)第11番ハ短調 RV198a (Tomo133, F.I-58)
音源:VERITAS[724356159426]"La Cetra"Monica Huggett (vn), Raglan Baroque Players
これこそまさに暗い情熱のほとばしりです。高音域のヴァイオリン協奏曲が多い中で、
この作品の第一楽章と第三楽章は徹底してGの開放弦に軸を置いて動きます。



はじめまして 投稿者:alegre 投稿日:2008/09/30(Tue) 21:05:53 No.581  
 ヴィヴァルディ専門サイトがないかどうか探していて、たどり着きました。お邪魔致します。
 
 私も最近バイオリンを習い始め、ヴィヴァルディを弾くようになりました。弾くのは難しいですが、せっかくレッスンで出会った作曲家の作品を、もっとじっくり味わおうと思い、「四季」やいくつかの協奏曲が入ったCDを買って、毎日聴いています。

 私にとって、ヴィヴァルディを聴くことは素晴らしいストレス解消法となっています。言葉ではうまく表現できないのですが、気持ちの浮き沈みが激しい私と、時に劇的なヴィヴァルディの旋律が、見事にシンクロし、心のしこりが解きほぐされていく感じがするのです。

 まだお邪魔したばかりで、拝見していないところが沢山ありますが、また時間ができた時に、いろんなコンテンツをじっくり読ませて頂きます。失礼致しました。



Re: はじめまして カーザヴェーチャ - 2008/10/04(Sat) 13:48:05 No.583  

alegreさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

HNから判断すると、スペイン語かポルトガル語がおできになるのでしょうか。
素人の運営するサイトですが、なるべくいろいろな専門家の書いた情報を集めて資料にするように努めています。

残念ながら、仕事の関係上、都会と田舎の二住暮らしを余儀なくされていて、
移動のたびにヴィヴァルディについて集めた膨大な資料を一緒に持ち運ぶわけにはいきませんので、
作業やレスが滞ったりします。Studi Vivaldianiも2005年度の出版の遅れからか何かとごたついて、
その後の巻もまだ手元にない状況です。定年退職後はサイトに専念できますが、
それまでは不定期に忙しくなりますので、なんとも歯がゆい限りです。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



Re: はじめまして alegre - 2008/10/04(Sat) 19:57:25 No.585   HomePage

 カーザヴェーチャさま、お返事ありがとうございます。
そうでした、イタリア語の心得がおありの方でしたね。申し遅れました・・・私は素人なりにポルトガル語を専門としております。ヴィヴァルディとポルトガルの接点があるのかどうかは、まだわかりませんが、これからいろいろ探っていきたいと思っております。

 蛇足ながら、ポルトガル語翻訳ブログのリンクをはらせて頂いて失礼いたします。数日前の日記でヴィヴァルディのことにも軽く触れております。

 こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。



Re: はじめまして カーザヴェーチャ - 2008/10/05(Sun) 00:36:40 No.586  

やはり、ポルトガル語がお出来になる方でしたか。ポルトガル語翻訳ブログも拝見しました。
詩歌を翻訳されるだけのお力があるのですね。とても、素人の翻訳とは思えません。

ヴィヴァルディとポルトガルの接点と言えば、作品1のトリオ・ソナタ集第12番の"La Follia"『ラ・フォッリーア』
(日本では『ラフォーリア』と言い慣らされていますが)があります。大先輩のコレッリの作品に倣ったのですが、
この舞曲はポルトガルに生まれて隣国スペインに飛び火してあっという間にイタリアに渡りました。
おそらく、ナポリ王国がスペインの支配下にあったからだと思います。コレッリの活躍したローマと目と鼻の先ですから。

ところで、スペイン語ではこの舞曲はlas foli'asと複数形なのですが、イタリア語では単数形です。発祥の地のポルトガルでは、
スペイン語と同様as foli'asと複数形で使うのですか?しばらく留守にしますので、ご返事は急ぎません。ただ好奇心からです。
では、Ate' breve.

(文字化けを避けるため、アポストロフィをアクセント符号の代わりに用いました。)



Re:はじめまして alegre - 2008/10/05(Sun) 13:40:58 No.587  

貴重な情報ありがとうございます。確かに「folia」という単語は、どこかで聞いたことがあったように思います。ネット辞書や、ネット上でのこの言葉の使われ方を調べた範囲では、ポルトガル語では単数形の方が優勢かな?という感じがします。さぞかし、にぎやかな舞曲なのでしょうね。まだポルトガル本場のものは聴いたことがないので、いつか聴いてみたいものです(ヴィヴァルディのものは、こそこそとyoutubeで鑑賞しました。なかなか優雅でした)。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso