ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^7: カルミニョーラのモーツアルトを聴いて
投稿日: 2006/06/02(Fri) 22:18
投稿者パール


カーザヴェーチャさん、詳しく解説下さりありがとうございました。
使用楽器はモダン改変のヴァイオリンですか・・・。

音楽之友社から出ている『作曲家別名曲解説ライブラリー 第21巻ヴィヴァルディ』14頁に、ヴィヴァルディの演奏を実際に聴いた人の感想を、かぎ括弧で載せています。
「・・・かれは、弓のための余地がなくなるのではないかと思われるほどおさえ指をブリッジに近づけて奏したのである。彼は4本の弦を残らずこのようにして演奏した。しかも模倣を織り込みながら、信じられないほどの速さで奏したのである・・・。」

当時、ヴィヴァルディの使用したヴァイオリンはバロックヴァイオリンでしょう。
バロックヴァイオリンは指板が短かいですね。ブリッジ(駒)近くまで弦を押さえたということは、指板のないところを押さえて奏したわけですね。すごいですね。

後期の作品は構成がかなり自由になっているとのことですが、それが、楽想をつかみにくい原因だということは、漠然と感じてはおりました。
私はまだ後期のヴィヴァルディの境地が理解できていません。やっと中期まで辿り着いたところなのかと思います。
中期までにあれだけの名曲を作っているのですから、後期にどんな世界が現出するのか実に楽しみです。

カルミニョーラは、神経質と大胆と両方もっている人のように私には見えます。
どんな批評家にも一点の批評も許さない、完全さをもって演奏に臨んでいるように見えます。
その意味でカーザヴェーチャさんのカルミニョーラの演奏論は納得できます。

ただ、私は楽譜を見て演奏を確認するまでには至っていないので、その辺は音高生や音大生におまかせします。
演奏をCDで聴いて、耳になじんでから楽譜をたどるのがやっとです。
楽譜だけではとても音楽になりません。

まだ知らない後期の作品を楽しみにしたいと思います。
ありがとうございました


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー