ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: ヴィヴァルディ時代のヴェネツィアの工房
投稿日: 2006/06/11(Sun) 22:13
投稿者カーザヴェーチャ

パールさん、わざわざ印刷までしていただいて、恐縮しております。
でも、私は音楽大学の教師ではなく、畑違いの1ヴィヴァルディ・ファンに過ぎませんので、どうぞよろしく。

> いろいろな人物がヴェネツィアに集まってきていて、歴史に輝く一時代が創られる時は、多くの人物が集められるのですね。

本当にそうですね。一つの動きが他の動きを誘発して、それが一箇所に集中すると求心力を生み、
さらに多くの動き呼び込むという歴史のうねりをつくづく感じます。

名工がヴェネツィアに惹きつけられたのは、そこがイタリアのみならずヨーロッパ音楽の一大中心地であり、
弦楽器のための作品を核として新しい息吹を常に発信し続ける都だったからでしょうが、
当時の政治情勢がそうさせた場合もありました。それがクレモナとの関係です。

「ヴェネツィアのピエトロ・グアルネーリ」を生んだ名工の家グアルネーリ家は、ピエトロの祖父アンドレアAndrea Guarneri(1626-98)が
ニッコロ・アマーティNiccolo Amati(1596-1684)の弟子となり、やがてアマーティ系の工房を立ち上げたのが始まりでした。
アンドレアには二人息子がいて、上の息子はピエトロ・ジョヴァンニPietro Giovanni Guarneri(1655-1728)と言い、
同名の甥と区別するために、移り住んだ町の名に因んで「マントヴァのピエトロ・グアルネーリ」と呼ばれています。
下の息子はジュゼッペ・ジョヴァンニ・バッティスタGiuseppe Giovanni Battista Guarneri(1666-1739または40) で、
ジュゼッペ・ジョヴァンニ・バッティスタには息子が三人いましたが、一番上の息子のアンドレア・バルトロメーオ(1691-1706)は
わずか15歳で他界してしまい、二番目の息子「ヴェネツィアのピエトロ・グアルネーリ」ことピエトロ(1695-1762) と、
三番目の息子「グアルネーリ・デル・ジェズGuarneri del Gesu(イタリア語の発音はジェズー)」こと
バルトロメーオ・ジュゼッペBartolomeo Giusepe Guarneri(1698-1744)がグアルネーリ家を継ぐことになります。

さて、そんな中、ヨーロッパはスペインの王室の血が絶えたことにより、次の王位継承者を巡って、
フランス、オーストリア、イギリスが三つ巴の戦を展開するスペイン王位継承戦争(1701-13)へと突入していきます。
クレモナは1525年以来スペイン領でしたが、この戦争の勃発によりフランス軍が進撃してきて1702年に町は戦場と化し、
1707年にスペイン軍が去るまで戦火はくすぶり続けました。スペイン軍と入れ替わりに入ってきたオーストリア軍は、
市のコンサート・ホールを閉鎖してしまい、これがグアルネーリ家にとって大打撃となります。
さらに追い討ちをかけたのが、オーストリア軍による占拠と共に堰を切ったように流入してきた
オーストリア領内産のもっと安い弦楽器でした。特に盛んだったのがドイツ東部ザクセン州の町
マルクノイキルヘンで、そこには30もの工房がありました。パリやロンドンでの工房の数が15、クレモナが8でしたから、
いかに大量生産できたか想像するに余りあります。

ピエトロの父親のジュゼッペ・ジョヴァンニ・バッティスタは、1715年に、1000帝国リラを借入して
傾きかけた家運を盛り返そうとしたのですが焼け石に水でした。二人の息子のうち上のピエトロはその2年後に
ヴェネツィアに移りましたが、下の息子のバルトロメーオ・ジュゼッペは結婚してクレモナに踏みとどまり、
のちに鬼才パガニーニが手にすることになる名器『カンノーネ』Cannoneを世に出したのでした。1743年のことです。
現在、この楽器はジェノヴァ市が所有しています。

追記:申し訳ありませんが、上の.571で、2箇所タイプミスがありました。
「I Solisti Italianiの」が「Italianoの」に、「ニッコロ・アマーティNiccolo Amati」が
「 ニコロ・アマーティNicolo mati」になっておりましたので、
お手数ですが訂正のほどお願い申し上げます。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー