ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: カルミニョーラのモーツアルトを聴いて
投稿日: 2006/05/05(Fri) 17:30
投稿者パール

カルミニョーラのヴァイオリンの線の細さは、半音の音程の違いをより明確に発音するためなのではないかと思いました。
音程の不正確さが我慢ならないのでないかと。

カルミニョーラが録音しているのは、それなりに考えがあってのことと思いますが、イタリアのヴァイオリニストにとって、モーツアルトとはどういう存在なのでしょう!

アルプスのかなたに湧き出た清冽な泉のような印象でしょうか。
私はモーツアルトを深く探求したことがないのでわかりませんが、ヴィヴァルディの曲にあるような、人間の内面を観察した人間表現ではないように感じます。
人間存在一般ではなく、自分自身を表現したように感じます。
三十代で亡くなっているので、若さの芸術とも言えると思います。

モーツアルトが生誕何年かでさかんに取り上げられておりますが、この書き込みは時期的にたまたま重なっただけで、モーツアルトがテーマではありません。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー