ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^6: カルミニョーラのモーツアルトを聴いて
投稿日: 2006/05/15(Mon) 06:09
投稿者ripieno

パールさんの疑問ももっともな事だと思います。しかし、億単位の楽器をバロック時代のセッティングに戻す事はかなり勇気がいることと思います。チェロの例なのですが、ヨーヨーマが自ら所有するストラディバリの楽器を一部バロック時代のセッティングに戻して録音した例はあります。
ストラディバリやガルネリは製作当時から高価な楽器ではありましたが、改変による効果がより大きかったためにより他より価値が高まったのかもしれません。また音が違うのは前述した通り楽器だけでなく弓や奏法によるところも大きいと思います。
ヴィヴァルディがクレモナの職人たちと交流があったかどうかは知りませんが、カーサヴェーチャさんならご存知かもしれません。ただ彼らは存命中から高名な職人だったので知っていたとは思います。ヴェネツィアにもトノーニやゴベッティやゴフリラーといった製作家の銘器が存在しますので使ったとしたらこちらかもしれませんが。
なお、経年変化等で演奏に適さなくなった楽器を製作当初の形に戻して博物館に飾っている例はあります。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー