ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: ピエタのオルガンとRV584とRV585
投稿日: 2004/10/07(Thu) 23:55
投稿者カーザヴェーチャ

> あのときは何かカーザさんからお叱りを受けた事がきっかけで・・・
 
ハハハハ、もうお忘れください。(^o^)

> RV700番台には未聴の曲が多くて、RV793, RV774, RV775は未聴です。
> CDがありましたらお教えください。

私の知っている限り、どれもまだ未録音です。先が楽しみですね。

> 「カッコウ」(RV335)のオブリガート・オルガンと、
> 作品4「ラ・ストラヴァガンツァ」の通奏低音なのですけれど、
> これらとピエタの関係はどうだったのでしょうか?
> (史料は残っていないのでしょうか)。

直接の史料が残っているのかどうかわかりませんが、「カッコウ」が1723年から1729年の間にピエタで演奏されたとすれば、
昔からある中央聖歌隊席のパイプ・オルガンか、中古のオルガネット(小型オルガン)が使われたことでしょう。

『ラ・ストラヴァガンツァ』の各作品は、出版年(1714年)より以前に作曲されていますから、
もし、通奏低音にオルガンを選べば、1708年に大規模な整備調整を受けてから数年後のパイプ・オルガンか中古のオルガネットだったでしょう。
ただし、この作品集のタイトルページには特別にオルガンを通奏低音にするような指示が書かれていませんので、
ピエタでの演奏でもオルガンがすべて通奏低音を受け持ったとは断言できないでしょう。

> ピエタでは、オルガンの独奏曲や2台のオルガンのため(だけ)の曲というのは、
> (ヴィヴァルディ以外でも)作曲・演奏されなかったのでしょうか?

今のところ聞いたことがありません。

> Coroを辞書で引くと「合唱」と出てきますが、
> Maestro di Coroを「合奏長」と訳すのが正しいのですか?

これは、現代版の辞書にバロック時代のヴェネツィアにおけるcoroの語義が出ていないに過ぎません。

紛らわしいのですが、この時代、coroには「合唱」と「合奏」の両方の意味があって、
たとえばRV581やRV583のように「2つのオーケストラのために」の"オーケストラ"は"coro"で表されます(原語はper due cori)。
その一方、Maestro di Coroは「合唱長」ではなく「合奏長」と訳されますが、実態は合奏と合唱両方を束ねていたからです。
また、Figlie di Coroの"coro"もそれと同じ語義で使われているので、「合奏・合唱団の娘たち」と訳しました。

> figlie di comun の事ですか?
> (私の参考文献は和訳のあるマイケル・トールバット「ヴィヴァルディ」です)

日本語版の『ヴィヴァルディ(上)』では「一般の少女」と訳されていますね。「少女」はおそらくgirlsそのままを訳したのでしょう。
イタリア語のfiglia「娘」にも「若い女」の意味がありますが、構成年齢から言っても、文字通り「娘」と訳しておいたほうが誤解が少ないでしょう。
これもまたまったく紛らわしいのですが、この訳本の底本、BBC放送発刊のVIVALDI(1979)ではなく、
その前年の1978年にオックスフォード大学出版局から出した同名のVIVALDIの改訂増補版(1993年)でもcommonersという訳語を当てていますが、
これはちょっとまずいだろうと思っていました。「一般の娘たち」なら、figlie comuniにとなるからです。
大文字でしかも定冠詞なしですからComun(ヴェネツィア方言で語尾のeが脱落しています)すなわちComuneは、
総称としての中世同業組合の職人グループではないかと思っていました。
彼女たちのことを中心に研究を積み上げてきたミッキー・ホワイトの書いたものを読んで、
彼女たちも工人としてピエタの収入を支ええてきたことがわかり、やはりそうかと思った次第です。
ちなみに、ホワイトは英訳しないでそのままFiglie di Comunを使っています。

> 昔見た映画「野麦峠」の女工さんたちを連想してしまってはいけないのかな?

そんなに悲惨なものではなかったと思いますよ。

> 慈善院付属音楽院の演奏会は有料だったとどこかで読んだ覚えがあります。

どこでお読みになったか思い出されたら是非お教えください。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー