ヴィヴァルディ 掲示板 生涯・人間像
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル ブラウン著『ビバルディ』を斬る(3)
投稿日: 2007/04/21(Sat) 01:24
投稿者カーザヴェーチャ

・92ページ2行目:「ヴィヴァルディはサン・マルコ大聖堂の司祭だった」
→ 事実誤認も甚だしいです。ヴィヴァルディは25歳で司祭に叙階されたあと、サン・マルコ大聖堂から歩いて数分のところにある
サン・ジョヴァンニ・イン・オレーオ(またはノーヴォ)教会(ヴェネツィア方言ではザニノーヴォZaninovo教会)で初めてミサをあげました。
つまり、この教会の教区司祭として司祭の道を歩み始めたのであって、サン・マルコ大聖堂の司祭としてではありません。
もし、ヴィヴァルディに持病がなく(「狭心症」、「過呼吸症」はたまた「喘息」か?)、ミサを上げるのに何の支障もなかったら、
そのままザニノーヴォZaninovo教会の教区司祭であったかもしれません。そうなると、たとえパートタイムであっても、
ピエタ音楽院のヴァイオリン教師、さらには協奏曲長になるという道を歩むことができたか、疑問を感じるところです。

 現在、カトリックの司祭は教会や司祭館で暮らす教区司祭と、清貧の誓いをたてて共同生活を送る義務のある修道会司祭に二分されますが、
ヴィヴァルディの時代のヴェネツィアにおけるカトリックの司祭は、まるで東方正教会の司祭のように在俗司祭の存在を認めていたようです。
もちろん、東方正教会の在俗司祭のような妻帯は認められていませんでしたが、平服を着て家族と暮らすことに何の問題もなかったようです。


・96ページ12行目:「イギリス式ビオラ」
→ これはパム・ブラウンの責任ではありません。単なる固有名詞のviola all'ingleseの誤訳というより訳し過ぎで、
アメリカの「藪」大統領、イタリアの「勇者」大統領、ドイツの「炭焼」大統領、フィリピンの「小川」大統領、スペインの「靴屋」首相と訳すのと同類です。
viola all'ingleseはそのまま、ヴィオラ・アッリングレーゼと音写すればよいのです。どのような楽器かと申しますと、
ヴィオラ・ダモーレ(ダモーレの語源を「愛の」とする説と、北アフリカのイスラム教徒である「モーロ人の」とする説があって、
一概に決められません。やはりカタカナで音写するのがよいと思います)と良く似た共鳴弦付きの中型の擦弦楽器ですが、
ヴィオラ・ダモーレよりも共鳴弦の数が二、三倍多く、主要な6本の弦の調弦は低いほうから、レ-ソ-ド-ミ-ラ-レの順です。


・104ページ1〜5行目:「アンナ・ジローと初めて会ったのはマントヴァに赴任した時」、「妹のパオリーナ」
→ アンナが生まれたのは1710年です。本文では、すでに一人前の大人の歌手として書かれていますが、
万が一会ったとしても、せいぜい8歳から10歳のまだ幼い子供でした。それに音楽の勉強を始めたのは12歳になってからで、
それも20歳も年上の異父姉妹のパオリーナに付き添われて、マントヴァを出てヴェネツィアに渡ってからです。


・105ページ11行目〜106ページ3行目:「マルチェッロの『当世風劇場』は、ヴィヴァルディの音楽の弱点である長ったらしいカデンツァや、
台本作家として腕が未熟であることをあざ笑ったものだが、かなりの真実がふくまれていた」
→ カデンツァについてマルチェッロが批判したのは、長々と転調を繰り返しているうちに元の調に戻れなくなることで、
これはヴィヴァルディが残したカデンツァを見れば、まったくあてはまらないことは明白であって弱点でも何でもありません。
むしろ、コンチェルトにカデンツァという形式を導入した音楽史上の業績が評価されています。また、ヴィヴァルディは、
台本作家になったことは一度もありません。『当世風劇場』にかなりの真実が含まれているという舌足らずな書き方をするから誤解が生じるのです。
かなりの真実が含まれているのは、当時のオペラの世界のこと一般であって、ヴィヴァルディに関することではありません。
しかし、そうは読み取れなかったとすれば、パム・ブラウン女史はマルチェッロの卑劣な罠にまんまと引っかかったということです。


・107ページ6行目:「ヴィヴァルディはアマチュア音楽家だった。」
→ ブラウン女史はすっかり混乱しているようです。ヴィヴァルディは最初からプロの音楽家でした。金のためになど作曲しないぞと、
高尚で才ある音楽家を気取っていた(少なくとも自分ではそう思い込んでいた)のは、マルチェッロ自身です。(つづく)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー