ヴィヴァルディ 掲示板 生涯・人間像
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル ブラウン著『ビバルディ』を斬る(2)
投稿日: 2007/04/14(Sat) 16:33
投稿者カーザヴェーチャ

・41ページの絵:「ピエタでの演奏会」
→ ヴェネツィアのクェリーニ・スタンパーリア財団所蔵のこの絵は、18世紀後半に活躍した画家、ガブリエル・ベッラ(1730-99)の
"La cantata delle orfanelle per i Duchi del Nord"(北の大公夫妻のための孤児たちによるカンタータ)です。
場所はピエタではありませんし、ほかのどの慈善院でもありません。慈善院では、演奏者や歌手の顔が直接見えないように、
演奏ボックスは鉄格子に覆われていましたが(鉄格子というと牢獄みたいですが、素敵なデザインを施した飾りつきの格子です)、
この絵では、腰から上が丸見えです。おそらく、四つの慈善院のいずれかから「合奏・合唱の娘たち」(全員が孤児ではありませんでしたし、
中年の女性もいます。念のため)を呼んだのでしょう。この頃の慈善院付属音楽院は経営が悪化していたようで、
ヴィヴァルディの頃の盛期と比べて、綱紀もゆるくなっていた可能性があります。

 北の大公夫妻とは、ロシアのエカテリーナ2世とピョートゥル3世の間に生まれたパーヴェル1世(1762−1801)とその王妃のことで、
二人は1782年1月にヴェネツィアを私的に訪問しています。この絵は、その折に開催されたカンタータの夕べの様を描いたものです。
服装もバロック時代とは随分違います。ところで、ガブリエル・ベッラという画家は初耳という方が多いかと思いますが、
実は、カルミニョーラとソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカが出した、RV581『聖母被昇天の祝日のために』や
RV212『1712年、パドヴァの聖アントニオの聖なる舌の祝日のために』などを含む宗教的色彩のあるヴァイオリン協奏曲を集めた
<<Concerti per le solennita>>というアルバム[DIVOX:CDX79605]のジャケットを飾っている絵の作者だと言えばお分かりでしょう。
ジャケットの絵のタイトルは"Sposalizio alla Salute"(サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会での婚礼)です。
この絵も、サンタ・マリーア・フォルモーザ教会のすぐ近くの、クェリーニ・スタンパーリア財団で見ることができます。


・44-45ページの絵:「外国からヴェネツィアに到着した貴族一行」
→ ヴェネツィアに馬車とは!!海上都市のヴェネツィアと5キロほど先の陸地が線路用の低い鉄橋でつながったのは1931年のこと。
それから数年後に、ファシストの親玉で自らを、ヴェネツィア共和国のド−ジェdoge(総督、統領)にあたる、
「ドゥーチェduce(統領)」という時代がかった尊称で呼ばせたムッソリーニが、線路に平行する自動車道を建設しました。
ヴェネツィアで一番広い空間であるサン・マルコ広場でさえ、万が一馬車を持ち込めたとしても、回廊から先には進めないことは、
映画の質に比べると情けなくなるほど超豪華で、時代考証どころか地理的考証もメチャクチャなアメリカ製映画『カサノバ』を
彷彿とさせます(そのはちゃめちゃぶりについては、BBS2のNo.1337のスレッド「カサノバ」をご覧ください)。
この絵の中の登場人物に、バウタと呼ばれるヴェネツィア独特の絹の黒い頭巾と一緒に被る白い仮面をしている人が何人か描かれているので、
ヴェネツィア共和国の陸地側の大きな町、たとえばパドヴァかヴェローナあたりの貴族の館かもしれません。


・46ページ:「1705年のトリオ・ソナタ集出版まで、ヴィヴァルディは教会音楽しか作曲しなかった。」
→ これも、いったいどこから持ってきた話なのでしょうか。ヴィヴァルディが教会音楽の作曲を任されるようになったのは、
1713年に合奏長のガスパリー二が突然ピエタを辞してローマに向かってしまい、困り果てた理事会が、
後任が見つかるまでヴィヴァルディに宗教曲の作曲も依頼してからです。しかし、臨時の仕事とは言え、
その素晴らしい出来栄えに、1719年に合奏長の後任がカルロ・ピエトゥロ・グルアに決まった後も、
外部から宗教曲の作曲が依頼されるようになりました。また、グルアが1726年に死去してから
後任にジョヴァン二・ポルタが決まるまでの二ヶ月弱の期間と、このジョヴァン二・ポルタもピエタを去り、
次の合奏長が見つかるまでの1737年から39年までも、ピエタ音楽院は、ヴィヴァルディを頼みの綱としたようです。
合奏長はトップに君臨するポストですから、協奏曲長という特別なポストよりも名声上ずっと魅力的なはずですが、
ヴィヴァルディは合奏長の地位を求めた形跡がありません。おそらくフル・タイムで縛られるのを厭ったのでしょう。
職場の先輩であり、ヴィヴァルディをピエタのヴァイオリン教師に推挙してくれた恩人であるフランチェスコ・ガスパリー二(1668-1727)は、
合奏長を務めつつサン・カッスィアーノ劇場でオペラを12年もかけてきたので、サンタンジェロ劇場などでオペラの世界に関わるのは、
いっこうに問題がありませんでしたが、天才的ヴァイオリニストとして各地へ演奏旅行に行くことを切望されていた身としては、
フル・タイムで縛り付けられるのは真っ平御免だったのでしょう。


・68ページ、2行目〜4行目:「オペラに手を染めたが、興行師としての神経をすり減らす仕事で体調を崩し、1年足らずで手を引いた。」
→ 興行主(興行師と訳していますが、それではイベント屋となってしまいます)の仕事は、ブラウンが書いているように、
作曲家としてアリアとレチタティーヴォの作曲をすれば済む話ではなく、キャスティングから、その世話、入場券の手配、
わがままなスターたちの要望を聞き入れてアリアの曲だけでなく詩句まで書き直したり、彼ら彼女らの持ち歌だといえば、
他の作曲家のアリアも入れ込まざるを得なかったり、脚本家との打ち合わせがあったり、リハーサルを繰り返したり…。
挙句の果て興行に失敗すれば負債を背負い込みますから、それはもう神経がすり減ります。しかし、それで体調を崩したなど、
一体どこから持ってきた話なのでしょう?

 ヴィヴァルディが1737年11月16日にベンティヴォーリョ侯爵に宛てた手紙の中で、自分は生まれつき蒲柳の質で、
普段は家に籠もっていて、「胸の狭さ」という持病のため歩くことも適わず、ゴンドラか馬車を使わなければ
外出は無理だと述べていることから、またもや詩人の想像の翼を大いに羽ばたかせたのでしょう。

 まず、この手紙は何を一番伝えたったかったかということと、そのときのヴィヴァルディの年齢を考慮しなければなりません。
フェッラーラでオペラをかけようとしたところ、ヴィヴァルディが司祭なのにミサをあげず、歌手のアンナ・ジローと親しいという理由で、
ヴィヴァルディのフェッラーラ入りをルッフォ枢機卿が禁止したという青天の霹靂の知らせが、教皇特派使節を通じてヴェネツィアに届きます。
そこを何とかしてもらいたいと、フェッラーラの有力貴族であるグィード・ベンティヴォーリョ侯爵に救いを求めたのが、この手紙です。
蒲柳の質だから、演奏旅行や興行旅行には身の回りの世話を焼いてくれる女性たちの存在が必要で、その中の一人がアンナ・ジローで、
しかもそのアンナには常に姉のパオリーナ(手紙では年齢差はおろか名前も出てきませんが、アンナより二十歳も年上の姉です)が一緒で、
下司の勘繰りをされるような怪しい関係ではないということを行間に滲ませています。身の回りの世話は男だっていいではないか、
下男や騎士の従僕の例だってある、と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、「病人の世話は看護婦の勤め」という考えは、
リチャード・ゴードンRichard Gordonがその著"The Alarming History of Medicine"(Sinclair-Stevenson Ltd, 1993.
---邦題『歴史は病気でつくられる』、時空出版、1997)で述べているように、ナイチンゲールの時代に至るまでも無論のこと、
つい最近までヨーロッパに広く浸透していた常識でした(そのくせ、治癒に当たる女医の出現を伝統的に拒否した歴史があり、
牛痘法で有名なジェンナーでさえ、ひとり娘が医学生になるより、彼女の葬列で墓場に向かったほうがましだと泣いて嘆いたそうです)。
そんなわけで、いかに体が弱ったかを強く訴えたのでしょうが、この時代の書簡では大げさな表現が当たり前だったことを割り引く必要があります。

 古い文献に当たるときに特に注意しなくてはならないのは、その文献が書かれた当時の習慣をよく弁えておく必要があるということです。
たとえば、日本の近世の歴史記録として、1809年から49年までに林大学頭(述斎)を総裁に、家康から家治までの治世を編年体で記述した、
幕府編纂の『徳川実記』がありますが、幕府にとって都合が良いように書かれている部分もあり、額面どおりに読み取ることなく、
『御実記』自体が典拠とした『柳営日次記』や『柳営日録』、『御日記』(柳営とは将軍の居場所を表す中国語で、日本では幕府を意味しました。
将軍を唐名で大樹、その下の御三卿と尾張・紀伊家当主を亜相、さらに下の水戸家当主を黄門と称するのと同じです)と比較検討したり、
時には、大名・旗本が家祖から当主までの事跡を系図の形で記述して幕府に提出したのを基に編纂した『寛政重修諸家譜』を参照したりと、
その扱いには慎重が上にも慎重を期すのと同じです(そこまで、きちんと調べて書いている時代小説家がどれほどいることでしょう。
それなのに次々と出版されテレビ・映画化されて、ゆがんだ江戸時代観が形成されていくのですから、たまったものではありません)。

 閑話休題。当時のヴェネツィアでは、どの邸宅も運河に面して表玄関があり、ゴンドラが着くと両開きの扉を開けて、
ゴンドラをそのまま漕ぎ入れさせました。ゴンドラを降りた客が階段を上って扉を開ければ、そこは高い天井の一階ホールです。
屋敷によっては出たところが中庭に通じる構造になっているところもありますが、中庭が表の路地(時には広い通り)に
面しているところに設えられている立派な門は裏門なのです。ですから、ゴンドラを利用するのは何も病弱な人に限りませんでした。
馬車については言わずもがなでしょう。それに、この手紙を書いたときのヴィヴァルディはすでに59歳で、
この4年後に内臓疾患でウィーンで客死します。そのヴィヴァルディも、ピゼンデルが師事したころの1716年から17年にかけては、
ピゼンデルと一緒にサン・マルコ広場を散策していたではありませんか。しかもピゼンデルを犯人と見間違えた秘密警察の尾行に気が付いて、
自分と一緒に直ちに家に引き返そうと小声で伝えています。当時、ヴィヴァルディ一家が住んでいた家は、
サン・マルコ大聖堂を裏手に回ったところにある、サンティ・フィリッポ・エ・ジャコモ広場に面していましたから、
追っ手から一刻も早く逃れるために、数分間は足早に歩いたことになります。このときは38、9歳で、
ブラウンが言うオペラから手を引いた1715年は、この事件よりも1、2年も前のことですから、もっと元気だったでしょう。

 そして、何よりも、オペラから1年足らずで手を引いたという話自体がとんだ嘘っぱちだということを示しているのが、
ほかならぬヴィヴァルディのオペラ上演の業績です。この1715年にRV724『皇帝になったネロ』を、
翌1716年にRV700『ポントゥス女王アルスィルダ』とRV706『愛と憎しみに打ち克つ貞節』を、
続く1717年にはRV737『ティエテベルガ』を、1718年にはRV699『エジプトの戦場に赴くアルミーダ』を上演しています。

 しかも、ヴィヴァルディが1715年にオペラを上演していたことを伝える目撃証人がいるのです。
それは、フランクフルト・アム・マインから旅行でやって来た音楽愛好家の建築家、ウッフェンバッハです。
パンシェルルはOffenbachとしていますが、Johann Friedrich Armand von Uffenbachの誤りです。
1715年2月4日に、ウッフェンバッハはサンタンジェロ劇場に行き、ヴィヴァルディがオペラを指揮しているのを見ているのです。
自分自身が素人のヴァイオリニストだった彼は、弓と駒の間にほとんど指が入らないほどの高音域で、
四本の弦を使って急速なパッセージを弾くヴィヴァルディの超絶技巧に目を丸くしています。(つづく)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー