[リストへもどる]
新着記事

タイトル室内楽のコンサート
記事No2317   [関連記事]
投稿日: 2018/09/17(Mon) 12:11
投稿者カーザヴェーチャ
来る9月29日に、古楽器によるヴィヴァルディの室内楽のコンサートが、東京オペラシティ3階の近江楽堂で開かれます。

演奏団体は横浜をベースとして全国で活躍中のクラングレーデで、今回はオール・ヴィヴァルディ・プログラムです。
演奏のきわめて難しいバロック・ファゴットも加わるので聴きものです。演奏曲目は以下の通りです。

室内協奏曲 ハ長調 RV 88
室内協奏曲 ニ長調 RV 92
チェロ・ソナタ ホ短調 RV 40
室内協奏曲 ト短調 RV 105
室内協奏曲 ニ長調 RV 95「ラ・パストレッラ」
ヴァイオリン・ソナタRV 758 イ長調(マンチェスター・ソナタ集より)
室内協奏曲 ニ長調 RV 94

チケット購入など詳しい情報は以下の日本チェンバロ協会のサイトをご覧ください。(なぜ、こんなに長いのかよくわかりません)
ttps://japanharpsichordsociety.jimdo.com/2018/07/30/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-vol-19-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3-%E5%AE%A4%E5%86%85%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E3%81%AE%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%BF-%E4%BC%8A%E8%97%A4%E4%B8%80%E4%BA%BA/

タイトルRe^2: ヴィヴァルディ・フェスティヴァル(完)
記事No2316   [関連記事]
投稿日: 2018/09/07(Fri) 22:53
投稿者カーザヴェーチャ
池之端さん、温かいお言葉をありがとうございます。

報告の話が、ところどころで食い意地の張った話になり、申し訳ありません。イタリアはやっぱりご飯もお菓子も美味しいので、
つい脱線してしまいました。それと、日本人の西洋に対する思い入れの強さ、例えばロマン満載のケーキの命名などに
あふれ出ていますが、西洋が「ハレ」ではなくただの「ケ」である西洋では、何事もきわめてあっさりとしています。
そうした、日本側の思い入れと現地の現実の落差がたまらなく面白いと感じていて、筆が走ってしまいました。

mosconi「アオバエ」かmossolin「ブヨや羽虫」か、ずっと感じていた疑問をしかるべき機会に吐露できたのは、
本当に幸運でした。若ければ物怖じしたかもしれませんので、歳を重ねるメリットに鉄面皮があるかもしれません。

タイトルRe: ヴィヴァルディ・フェスティヴァル(完)
記事No2315   [関連記事]
投稿日: 2018/09/06(Thu) 13:47
投稿者池之端
ずいぶんと遅くなりましたが、ヴィヴァルディ・フェスティヴァル報告の第4回、最終回もたいへん興味深く読ませていただきました。
NAIVEのオルランド女史によれば秋までに10CDリリースしたいとのことで、嬉しく思いますが、もう秋なので遅れそうな気配濃厚です。
食事時の苦労話、パニーニ店での緊張感は身に沁みます。その分、洋ナシとパイナップル入りチョコレートパイとの邂逅は、救われた気分になります。
緊張感といえば、mossoni版ソネットの出典に関する質問です。専門色の濃い質疑応答が交わされる中、ただ一人の東洋人であるカーザヴェーチャさんが、満場音を立てて振り返って見つめる中、アオバエでなくブヨオリジナル説を開陳するシーンには感動すら覚えました。ヴェネツィア語に関する専門知識も駆使するカーザヴェーチャさんの面目躍如と思います。
ヴィヴァルディファンの一人として、ヴィヴァルディ・フェスティヴァルの全容に触れることができまして、嬉しく思います。ご報告感謝いたします。

タイトルRe^5: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2314   [関連記事]
投稿日: 2018/09/03(Mon) 21:14
投稿者カーザヴェーチャ
>ピゼンデルのオリジナルも収録してくれると嬉しいのですが!

ピゼンデルのイ短調の協奏曲自体がまだレコーディングされていないのではないかと思いますので、
ぜひ原曲と聴き比べてみたいものですね。

タイトルRe^2: 『失われた手稿譜』への補助 (完)
記事No2313   [関連記事]
投稿日: 2018/09/03(Mon) 20:55
投稿者カーザヴェーチャ
それは痛み入ります。苦労の甲斐がありました。出版社にも脚注をまとめてプリントアウトしたものを送りましたが、
とっくに忘れたころに、この本を担当なさった編集者からご丁寧な返信を頂きました。訳者のお二人にもお見せになったそうで、
版を重ねる折りは参考にしたいとのことでした。

タイトルRe: 『失われた手稿譜』への補助 (完)
記事No2312   [関連記事]
投稿日: 2018/09/03(Mon) 13:11
投稿者池之端
カーザヴェーチャさんの一連の補助をまとめて印刷して『失われた手稿譜』に挟んでおります。充実の脚注が付いて、思い入れの深い一冊となりました。遅れ馳せながら、ありがとうございます。

タイトルRe^4: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2311   [関連記事]
投稿日: 2018/09/03(Mon) 13:04
投稿者池之端
池之端です。仕事が繁忙になって、ROM専になっていました。
この新譜は楽しみです。収録曲をReferencesの器楽作品リストでチェックしました。コンチェルト、グラーツ・ソナタもそうですが、ヴィヴァルディがピゼンデル作品をどう変えるかとても気になります。ピゼンデルのオリジナルも収録してくれると嬉しいのですが!

タイトルRe^2: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2309   [関連記事]
投稿日: 2018/08/28(Tue) 20:11
投稿者カーザヴェーチャ
通りすがりさん、ありがとうございます。

おかげ様で、収録された曲が分かりました。ヴィヴァルディの作品は、ヴァイオリン協奏曲RV208、 RV226(世界初録音)、
RV311(世界初録音)とヴァイオリン・ソナタRV4(世界初録音?)、RV17(世界初録音?)、RV37の計6曲、それにピゼンデルの
ヴァイオリン協奏曲イ短調のヴィヴァルディの手が加わったアレグロの1楽章ですね。これは本当に待ち遠しいです。

グラーツで発見されたことからグラーツ・ソナタと名付けられた5曲のソナタには、Referencesの作品目録の備考に
記したように、チェロのパート譜が紛失してしまっているのですが、オリヴィエ・フーレが様々な経験から再現した楽譜が、
マドリーのアルス・アンティクワArs Antiqvaからすでに出版されています。今回の録音にもそれが用いられたようです。

タイトルRe: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2307   [関連記事]
投稿日: 2018/08/27(Mon) 22:13
投稿者通りすがり
> ところで、リオハでの古楽週間で取り上げられるピゼンデルのヴァイオリン協奏曲には、良き師であり友人であった
> ヴィヴァルディが、ピゼンデルのために手を加えた跡があるそうで、まことに興味が尽きません。パン・クラシックスの
> ホームページには、今回リリースされる新譜の標題に+pisendelの文字があり、ひょっとしたらと期待してしまいます。

下記ページにCDの情報があり、ジャケット写真をクリックすると4曲目に「rev. by vivaldi」の文字があります。期待大ですね。

ttps://www.jpc.de/jpcng/classic/detail/-/art/antonio-vivaldi-violinkonzerte-rv-208a-226-311/hnum/8698867

タイトルオペラと器楽曲の新譜登場
記事No2306   [関連記事]
投稿日: 2018/08/21(Tue) 21:59
投稿者カーザヴェーチャ
しばらくこれと言った新譜が出ませんでしたが、急に重なるようにオペラと器楽曲それぞれに新譜が出ます。

1つは、イタリアのダイナミックDYNAMICからリリースされるオペラ、RV728『オルランド・フリオーソ』です
(DVD盤[DYNDVD37803]、ブルーレイ盤[DYNBRD57803])。2017年8月に開催されたイタリア南部のヴァッレ・
ディートゥリアValle d’Itria音楽祭での上演を収めたライブ録画で日本語字幕付きです。ファソリス率いる
イ・バロッキスティによる演奏で、オルランド役はソニア・プリーナ、アンジェリカ役はミケーラ・アンテヌッチ、
アルチーナ役はルチーア・チリッロです。フェニーチェ劇場との共同制作ということですので、かなり豪華な
舞台が期待できそうです。CDだけでなく、最早若い人の知らない遺物となったレーザー・ディスクも含めて、
『オルランド・フリオーソ』のリリースは、今回のDVDで5作目になります。

もう1つは、夏になると王族や富豪たちが集まり、その開放的過ぎる姿をパパラッツィが追うことでタブロイド誌の
売り上げが伸びるので有名な、スペインのリゾートの島、イビサ出身の女流ヴァイオリニストで、ムジカ・アルケミカ
MUSIca AlcheMIca(この大文字と小文字の奇妙な取り合わせが何を意味するのか良くわかりませんが)の指揮者、
リナ・トゥル・ボネットゥによる、ヴァイオリン協奏曲とソナタ集” Il Grosso Mogul-violin Concertos, Sonatas+pisendel”が
スイスのパン・クラシックスPan Classicsからリリースされます[PC10391]。収録曲については現時点では不明ですが、
パン・クラシックスのホームページによると、標題曲のほかに、世界初録音のRV226とRV311「トロンバ・マリーナ風
ヴァイオリンのための協奏曲」、それにグラーツ・ソナタと呼ばれるヴァイオリン・ソナタ3曲が収められるようです。
RV226は初心者向けに作曲された可能性のある、技術的にきわめてやさしい曲です。第三楽章の最後でほんの数小節
サード・ポジションが要求されるだけで、あとはすべてファースト・ポジションで弾けます。ポジションの移動も、
その直前に1拍の休止があるので、初心者には安心です。ダブルストップも本当に簡単で、無理なく演奏できます。
ピッツィカートの伴奏による第二楽章のメロディーは、なかなか魅力的なので、そこが選ばれた理由かもしれません。
RV311も楽譜を持っていますが、こちらはあのざらざらした音色を楽しむための、どちらかというと際物的な作品です。

それとは別に、来たる9月6日に、スペインを代表するワインの名産地リオハRiojaで、リナ・トゥル・ボネットゥと
ムジカ・アルケミカが、第20回ログローニョ古楽週間(9月3日〜6日)のとりを務めて、ヴィヴァルディの作品のみの
コンサートを開きます。プログラムによると、冒頭のRV725『オリンピアーデ』のシンフォニーアに続いて、RV226
「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」、ピゼンデルの「ヴァイオリン協奏曲イ短調」,RV414「チェロ協奏曲ト長調」と演奏され、
休憩の後にRV311「トロンバ・マリーナ風ヴァイオリンのための協奏曲」とRV208「グロッソ・モグール」が演奏されます。

ところで、リオハでの古楽週間で取り上げられるピゼンデルのヴァイオリン協奏曲には、良き師であり友人であった
ヴィヴァルディが、ピゼンデルのために手を加えた跡があるそうで、まことに興味が尽きません。パン・クラシックスの
ホームページには、今回リリースされる新譜の標題に+pisendelの文字があり、ひょっとしたらと期待してしまいます。

なお、リオハで開催されるログローニョ古楽週間に関心をお持ちの方は、以下のサイトにアクセスしてみて下さい。
ttp://www.culturalrioja.org/actividades/2018/semana-de-musica-antigua-de-logrono