[リストへもどる]
新着記事

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(完)
記事No2304   [関連記事]
投稿日: 2018/06/27(Wed) 21:33
投稿者カーザヴェーチャ
午後の部のとりを務めたのは、ヴァイオリニストであると同時にミラノ大学で音楽史を担当している
チェーザレ・フェルトナーニCesare Fertonani准教授でした。

話が後先になってしまいましたが、昼食を終え、食後の散歩をしてもまだ時間にゆとりがあったので、
古風な趣のある喫茶店に入ったところ、縦長のガラスのショーケースで出番を待っている、楚々とした
佇まいのパイ菓子が目に入り、カップッチーノとあわせて注文しました。上品な香りとほどよい甘さが
素晴らしく、女主人を呼んで菓子の名前をたずねると、嬉しそうな顔で自慢気に教えてくれましたが、
「洋ナシとパイナップル入りチョコレートパイ」と、材料の名前そのままなので、拍子抜けしました。
こうした食後の幸福感に満ちて早めに会場に戻ると、なんと舞台の上ではヴァイオリンとチェンバロが
作品2第1番のリハーサルをしていて、これは午後の講演も期待できるとわくわくしてきました。

さて、それぞれの講演の内容をかいつまんでご報告すると、一番手のファンナ氏は、父親が楽譜の出版に
いかに心血を注いだかについて、様々なエピソードを織り込んで語りました。演題は「ヴィヴァルディ
研究の現状」でした。まず、ヴィヴァルディがまだ一部の学者にしか知られていなかった時代の例として、
非常に古い録音の『四季』を会場に流しました。そのあまりにもおどろおどろしい演奏に会場が度肝を
抜かれていると、
「これが当時の演奏解釈で、カゼッラCasellaの指示に従ったまでだ。彼は楽章をほかの曲から移して、
勝手にシャッフルしたりするなど、何かと問題が多かった」とのことでした。
それまでカゼッラと言えば、ヴィヴァルディ復活の恩人の一人というイメージがあったので、なるほど
真相は当事者や関係者に聞いてみなければわからないものだと、改めて思いました。
「フォア=ジョルダーノ・コレクションの立役者の一人、ジェンティーリ教授はユダヤ人であるため、
トッリ氏一人が手稿譜と奮闘することになった。その成果をマイクロフィルムに収める作業は、父と
エフリキアン氏が担当した。二人とも休日も返上してトリノまでフィアットで通ったが、これが大変な
ボロ車で、30キロ走るごとにエンジンが止まる。そのたびにエフリキアン氏が車の下に潜り込んで、
調整しては走ったという。二人はリコルディ社に出版を持ち込んだが、快諾を得たものの、実際に
出版が始まったのは、第二次世界大戦後の1947年3月だった。年に25冊のペースで進め、77年に
器楽作品の出版が終わり、78年から声楽作品の出版が始まった。校訂者のマリピエロ氏の性格は
カゼッラ氏とは正反対で、原典尊重主義を貫く肖像写真通りの厳格な人物で、アーゾロのご自宅に
遊びに行っても愛想笑い一つしない人だと子供心にも印象深かった」とのことでした。

多少、情報を補いますと、アンジェロ・エフリキアンAngelo Ephrikian(1913-82)は、ヴェネツィアの
北にあるトレヴィーゾの町に、イタリア人の母とアルメニア人の父の間に生まれたヴァイオリニスト
兼指揮者兼作曲家で、戦後、イタリアで初めて室内合奏団を創設したことでも広く知られています。
リコルディ社のヴィヴァルディ全集には校訂者としても名を連ねています。

ジャン・フランチェスコ・マリピエロ Gian Francesco Malipiero(1882-1973)は、モンテヴェルディ全集の
出版を手がけただけでなく、ヴィヴァルディの再評価に与って余りある人で、1947年から始まった
リコルディ社のヴィヴァルディ全集の器楽曲の校訂者として先頭に立って活躍しました。ヴィヴァル
ディへのオマージュとして1952年に『ヴィヴァルディアーナ』を作曲しています。

アルフレード・カゼッラAlfredo Casella(1883‐1947) は、トリノ出身のピアニスト兼作曲家です。
ヴィヴァルディの音楽をこよなく愛して(ただし、彼流の愛し方で)、1939年の9月には、シエナで
「ヴィヴァルディ週間」を主宰しています。マリピエロと大変仲が良かっただけでなく、スペインの
ファジャ(日本ではファリャの読み方が一般的ですが)とも親交がありました。

二番手のブロヴァー=ルボフスキー女史の英語の演題は、「ヴィヴァルディのスタイルと文化的背景」で、
due venti(2つの風)をキーワードに、ヴィヴァルディの長調と短調が交差する作曲技法を、ティエポロを
初めとする当時のヴェネツィア派の画風に関連付けました。女史によると、
「2つの風とはヴェネツィアを吹き抜ける2つの季節風、夏のシロッコsciroccoと冬のボラboraであり、
ティエポロの作品に見られる白雲の横に真っ黒な雲を配する画風に通じる。これは陰影(女史はshade
という言葉を充てました)によって奥行きを出すための画法で、18世紀初頭から18世紀半ばにかけての
ヴェネツィア派の特徴といえる。ヴィヴァルディの長調と短調の交差も時代背景として相通じるものがある」
というのが女史の説です。多少牽強付会と言えなくもない論法に耳を傾けながらも、目はスクリーンに
映し出された『四季』のソネットの一部に吸い寄せられました。『夏』の第二楽章で、牧童がうるさく
飛び交うハエや小虫のせいでまどろむこともできないという場面です。そこにはmosconi(ハエ)
ではなくmossoniという文字がはっきり書いてあったのです。おかげで、このあと身の程も弁えず、
蛮勇をふるう羽目になりました。

三番手のポッツィ氏の講演は、記譜法と演奏の際の装飾法に関するもので、演題は「ヴァイオリニストの
ヴィヴァルディ:その痕跡と即興の伝統ならびに音楽」でした。スクリーンにコレッリからタルティーニに
至るさまざまな装飾法を映し出しながら、伝統の技法について詳しく述べ、一例としてヴィヴァルディの
作品2第1番の全ての楽章のダ・カーポ部分に装飾を加えたものを、若手のヴァイオリニストのパオラ・
ネルヴィと同じく若手のチェンバロ奏者のジョルジョ・タバッコを舞台に呼んで演奏を聞かせました。
実際の演奏は弓使いもわかるので、これぞまさに音楽関係の講演会らしいと嬉しくなりました。

午後の部最後のフェルトナーニ准教授の演題は、「文学作品に登場するヴィヴァルディ」でしたが、
さほど面白くなかったのか質疑応答の時間が待ち遠しかったのか、あまり記憶に残りませんでした。

講演がすべて終了した段階で、午前と午後の部を含めて質疑応答の時間となりました。質疑応答は
かなり専門的色合いの濃いものだったので、少々気が引けましたが、ここで質問を我慢しては、遠路
トリノまで来て千載一遇のチャンスを逃すに等しいと思い、勇気を奮って手を挙げました。東洋人は
私一人でしたので、みんなの好奇心溢れる視線を時折感じていましたが、この時は会場がざっと音を
立てるほど振り返って見られ、気圧されそうになりました。ブロヴァー=ルボフスキー女史を指名して、
先ほどのソネットの出典はどこか、mosche, e mosconi(ハエとアオバエ)としている出版譜が多いが、
ヴィヴァルディが昆虫マニアだったとは考えられず、これはmosche, e mossolin(ハエと羽虫やブヨ)
だったのを、ヴェネツィア語を知らないオランダの出版社が、原譜の筆記体をmossoniと誤読して印刷したが、
のちに誰かがこうした単語はイタリア語にないというので、s とcだけが違うmosconiというイタリア語に
改めたのではないかと思う。その辺のことを調べたいので、先ほどスクリーンに映し出されたソネットの
出所をお教えいただけないかと尋ねました。すると、「どこからダウンロードしたか覚えていない」と英語で
答えが返ってきました。イタリア語は聞いて理解できても話すのは苦手なようなので、英語に切り替え、
何とか探す手立てはないかと尋ねたところ、「ウェブで根気よく探すしかない、自分もたまたま開いた
ページをコピーして来たただけなので」、とのことでした。それでも、講演会終了後にわざわざ名刺を
持って私の席まで来てくれました。また、トリノ大学の大学院で言語学を専攻しているという会場スタッフも、
連絡先を教えてほしいとやって来たので、決して無駄な質問ではなかったのだろうと胸をなでおろしました。

夜9時からジュゼッペ・ヴェルディ音楽院で『勝利のユディタ』の上演があるので、それまでに、
今回の旅の楽しみの1つである、1858年創業のチョコレート菓子の老舗、バラッティ・エ・ミラノ
Baratti & Milanoで、腰が抜けるほどおいしい、クネーズィ・アル・ルムcuneesi al rumをたっぷり
買い込んで、妻への土産にしなければなりません。前日はここのカフェ・ストリコCaffe Storicoで、
ホット・チョコレートにリキュールを溶かし込んだチョッコラート・クラッスィコ・ラティファー
cioccolato classico ratifaを、19世紀の面影を色濃く残す店内で、夢見心地で味わいましたが、
この日は夕食前なので諦めました。買ってから気が付いたのですが、席が満席の場合、膝の上に
置かなければならなくなるが、溶けないだろうかと不安になり、一旦ホテルに引き返すことしました。
そのため、レストランでゆっくり食事する時間が無くなったのは失敗でした。

会場の音楽院は同名の有名なものがミラノにありますが、あちらは国立でこちらは公立なので、
大したことはあるまいと高を括っていたのですが、これがとんでもない誤算で、さすが芸術を
生み続けてきた国だけのことはあり、しかも、ここはサヴォイア王家の古えの都トリノです。
それは贅沢な造りのホールでした。演奏会式の上演で、指揮はルベン・ヤイス、ユディタ役は
マッツカート、ヴァガウス役はジャッケロ、ホロフェルネス役、アブラ役、オツィアス役は、
カルザニーガの一人三役、合唱はヴィオレ・サバウデ・デル・コンセルヴァトリオ・ジュゼッペ・
ヴェルディ(ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院サヴォイア王家のすみれ合唱団)とアッカデーミア・
ステファノ・テンピア・合唱団、合奏はイ・ムジチ・ディ・サンタ・ペラージア(聖ペラージアの
音楽家たち)・バロック合奏団でした。驚いたことに、コンサート・マスターはカザッツァでした。
なかなか素晴らしい演奏で、メリハリの利いたダイナミックな合唱が印象的でした。不思議なのは、
全曲を終えたのに、観客も明らかに全曲が終わったとわかっているのに、誰一人拍手しないのです。
バロック時代、あるいはそれ以前からの伝統に従い、教会では演奏や歌唱が終わっても拍手はせず、
その代わりに意思表示として咳をするという規則が、300年以上守られているとすれば凄い話です。

こうしてあっという間の4日間、一日2万5千歩前後のペースで歩き回ったトリノ滞在は無事終了し、
幸福感に包まれて、朝の高速鉄道『赤い矢』(Frecciarossa)に乗り込み、一路『赤毛の司祭』
(il Prete Rosso)の故郷ヴェネツィアを目指しました。右手の車窓には、林も野も萌え出る新緑が
一面に広がり、春の到来を寿いでいるのに、左手の車窓には、ゆるやかな丘の稜線の上に真っ白な
ドロミテ山脈が峩々とそびえ立ち、居座る冬の厳しさを見せつけているという、なんとも不思議な
景色を心ゆくまで楽しむことができました。

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(4)
記事No2303   [関連記事]
投稿日: 2018/06/26(Tue) 01:32
投稿者カーザヴェーチャ
フェスティヴァル滞在三日目は、国立トリノ大学図書館内のヴィヴァルディ・ホールで、「ヴィヴァルディの
全季節−批判的研究と演奏上の慣行から見た作曲家」という統一テーマのもとに、間に昼食の休憩を
はさんで、午前9時15分から午後1時と午後3時から6時の二部に分かれて講演が行われました。

実は今回参加した一番の楽しみが、この錚々たるメンバーによる研究発表に近い内容の講演でした。
ところが、ホテルの朝食があまりにも美味しくて出発が遅れ、かなり早足で会場に向かったものの、
会場に着いた時には、最初の講演が終わろうとしているところでした。面目ありません

発表の順に演者を紹介しますと、一番手は、ハッセの生涯と作品やバッハのカンタータに詳しい、
トリノ大学のラファエッレ・メッラーチェRaffaelle Mellace助教授で、演題は「ペルシアの王室、
すなわち18世紀イタリア・オペラに見る変容」でしたが、上に書いた理由で聞き逃しました。

二番手は、Referencesの参考文献に挙げてありますが、『18世紀ヴェネツィアのオスペダーレでの
音楽活動』(2006)の著者で、詩歌やオペラの脚本の研究が専門である、ノヴァーラにあるグイド・
カンテッリ音楽院のピエル・ジュゼッペ・ジッリオPier Giuseppe Gillio教授で、演題は「ヴィヴァルディ
のリブレットが持つ形式上のいくつかの局面について」でした。『グリゼルダ』(1735)を例に取り上げ、
他の作曲家も取り上げているアリアが、歌う場面や歌手の技量や好みなどによって、歌詞がいかに
微妙に変化するかについて述べました。

三番手は、イタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会の編集委員で、『ヴィヴァルディのティト・マンリオ』
(2014)の著者で音楽学者のアレッサンドロ・ボリンAlessandro Borin氏でした。ボリン氏はリコルディ社が
ヴィヴァルディの作品を出版する際の校訂者もつとめています。しかし、残念ながら、ヴェネツィアでの
用事が予定通りに片付かず、急遽、欠席となりました。その旨を伝える司会のアルベルト・ルッツィーニ氏の、
まるで身内の一人が何か困ったことをしでかしたかのような、済まなそうな表情と口調が面白かったです。

午前の部のトリは、naiveの主任ディレクターで、ヴィヴァルディ・エディション「ピエモンテの宝」を、出版
当初からリードしてきたスーザン・オルランドSusan Orlando女史でした。

午前の部で面白かったのは、とりをつとめたオルランド女史の昨今のヴィヴァルディ・エディションの動向と
今後のリリースの予定に関わる話でした。女史の話をまとめると次のようになります。

「今までオペラ作品16アルバムを含む54アルバムをリリースしてきた。ベースとなっているのは、音楽学者の
アルベルト・バッソ氏が10グループに仕分けた工程表だが、現在、ファゴット協奏曲集第4集で止まっている。
その理由の一番は、MP3でダウンロードする販売方法が世界的に主流となってきたことだ。業界最大手の
Belice Digital Distributionからもこうした販売方法のオファーがあったが、Naiveとしては、あと25アルバムを
リリースしたいと思っている。その中の3アルバムはオペラに充てる予定だ。まだきちんと公表できないが、
秋までには10CDをリリースしたいと思っている」とのことでした。

この名字からしてヴィヴァルディの作品と浅からぬ縁を感じさせるオルランド女史の発表の最後に、司会の
ルッツィーニ氏から、秋口には (RISM : Repertoire International des Sources Musicales国際音楽資源目録)に、
何らかの動きがありそうだという、ちょっと期待を抱かせる発言がありました。RISMは様々な分野の音楽の
主題の冒頭を集めた膨大な作品目録です。楽器編成や楽譜を所蔵している機関など、楽譜に関する情報が
すべて網羅されていますので、興味がおありの方は、以下のサイトまでどうぞ。ttp://www.rism.info/home/

昼休みは2時間半もあったので、どこか適当な店で日替わり定食でも、と思ったのですが、トリノは外国人
向けの観光都市ではないので、旅人がふらっと入れるような店が見当たらず、この時ほど地元に知り合いが
いないのを悔やんだことはありませんでした。歩けど歩けど、いかにも高級そうなレストランか、客も経営者も
貧しい移民と一目でわかる喰い物屋しか目に入りません。ようやく明るい感じで土地の人が気軽に使っていそ
うなパニーニの店を見つけて入りました。ただ、おしゃれ過ぎて、客のほとんどが若い女性のため、変な緊張を
強いられました。

午後の部の一番手は、イタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会のフランチェスコ・ファンナFrancesco Fanna
会長で、お父さんのAntonio氏が創設者です。フランチェスコ氏とメールのやり取りをしたことはありますが、
お顔を拝見したのは初めてでした。育ちの良い坊ちゃんがそのまま初老を迎えたような雰囲気で、アイボリーの
スーツがよく似合う、ソフトな話し方をする人でした。

二番手は、名前から見ておそらくロシア系イスラエル人と思しき、ベラ・ブロヴァー・ルボフスキーBella Brover-
Lubovsky女史で、トリノ大学に留学の経験があるにもかかわらず、イタリア語はあまり得意でないと、開口一番、
それだけたどたどしく言うと、あっという間に英語に切り替えてしまいました。会場からは驚きとも抗議とも
とれる大きなため息が上がりましたが、英語に堪能らしい司会のアンナ・コルトゥラートAnna Colturato女史が
通訳するわけでもなく、そのまま講演が続いたため、途中退席する人が何人かいました。この辺の率直な行動が、
いかにもイタリアらしくて好感が持てます。日本なら、こういう事態に直面すると、わかってもわからなくても、
じっと我慢して席をたたないことでしょう。中には、ハ、ハ〜ン、ウン、ウンと、時おりまわりを見回しながら、
これ見よがしに必要以上に頷く人がいるかもしれません。もっとも、イスラエル人女史の話す英語はロシア語
(たぶん)訛りがひどい分、大変聞き取りやすい英語で、彼女なりに必死だったことでしょうが、前もって
イタリア語で作った原稿を読み上げても良いので、留学先だった国に対して英語は、ちょっと礼を失したかも
しれません…。

三番手は、このサイトの参考文献にも挙げてありますが、『アントニオ・ヴィヴァルディ』(2007)の著者である、
カラブリア大学のエジディオ・ポッツィEgidio Pozzi教授でした。ひょっとしたら、脚注の分量のほうが本文より
多いのではないかと思わせるほど、細かな字でびっしりと書き込んだ注釈が随所にちりばめられた、607ページに
及ぶ大著の著者らしく、神経質そうな表情で、ときどき浮かべる微笑みも、これはサービスだというような感じの、
学者然とした雰囲気の持ち主です。(続く)

タイトル『失われた手稿譜』への補助 (完)
記事No2302   [関連記事]
投稿日: 2018/06/05(Tue) 01:28
投稿者カーザヴェーチャ
211ページ、最後から2行目。

・ヴィヴァルディが所有していたヴァイオリンです。

ヴィヴァルディ・ファンにとっては大変興味深い点なので訳注がほしいところです。
このヴァイオリンは、ムッソリーニが所有していたヴァイオリンの1挺で、2014年5月12日にロンドンの
ボナムスオークションで約15万ポンド(約18万ユーロ)の競り値が付けられたのですが買い手がつかず、
同じ年の10月29日、再び出品されたもののやはり買い手がつかず、そのまま売り手の手元に戻されました。
ヴァイオリンの胴の内部に貼られたレッテルには、ニコロ・アマーティ、1646年とありますが、鑑定の結果、
製作者は息子のジローラモ(ジェローニモ)で、制作されたのは1695年頃だそうです。

この音楽界にセンセーションを巻き起こした「発見」をしたのは、RV809とRV820のヴァイオリン・ソナタを
発見して出版にまで至らせた、「アントニオ・ヴィヴァルディ」イタリア室内合奏団の創設者で指揮者であり、
ピアニスト、チェンバロ奏者、作曲家を兼ねるロベルト・アッレーグロと、音楽学者のヴィットーリア・
アイカルディの二人でした。なお、どんなヴァイオリンかご覧になりたい方は、以下の『ラ・プロヴィンチャ・
パヴェーゼ』誌(2017年5月10日付)のウェブ版の記事にアクセスしてみてください。
ttp://laprovinciapavese.gelocal.it/tempo-libero/2017/05/10/news/da-mortara-rintracciano-il-violino-
di-antonio-vivaldi-1.15317802?ref=search

史実と違うのは、1930年11月27日付のトリノ版『スタンパ』(第6ページ)によると、ローマでムッソリーニに
献呈したのは、トッリ、ジェンティーリ、ジョルダーノの三人ではなく、トッリとジョルダーノの二人でした。
ユダヤ人のジェンティーリは謁見の員数に含まれていなかったのです。おそらく、差別が嫌いなサルデッリが、
いたわりの気持ちから創作したのかもしれません。


212ページ、12行目

・リコルディ社から刊行された楽譜

ここは、わざとぼかした書き方になっていますが、この謁見で献呈されたリコルディ社による初めての出版譜は、
ヴィヴァルディの作品ではなく、フォア・コレクションを構成するヴィヴァルディ以外の多くの作曲家の一人、
ストラデッラの”La forza dell’amor paterno” (父親の愛の力)でした。リコルディ社がヴィヴァルディの作品を
出版し始めたのは、戦後の1947年になってからのことです。


214ページ、7行目。

・クアットロ・カンティ → クアットロ・カンティ通り

正式名称はクアットロ・カンティ・ディ・サン・フランチェスコ通りです。長いので原文も約めてありますが、
突然、「クアットロ・カンティに出た」と言われても、読者はまごつくばかりです。


251ページ、最後から2行目。

・ただちにアウトへ → ただちに掘り出せ

原文では英語のdig outが使われていて、意味的に前段の近くのビーナス(ウェヌス)の庭園につながります。
日本語の「アウト」という外来語は、「外へ」ではなく「だめ」という意味で使われるのではないでしょうか。


253ページ、12行目。

・『ヴァイオリンと三つのエコーヴァイオリンのための協奏曲』 → 『ソロ・ヴァイオリンと、遠くのこだま用の
ヴァイオリンのための協奏曲』

原文はConcerto(協奏曲) Con(〜を伴う) Violino Principale (ソロ・ヴァイオリン) et(と) altro (ほかの)
Violino(ヴァイオリン) per(〜のための) eco(こだま) in lontano(遠くの)なので、どこから3という
数字が入ったのか不思議です。こだまが3回も繰り返したのでは、冗長な曲になってしまったことでしょう。


258ページ、最後の行。

・黒シャツ隊

学校で現代史をきちんと教えていないため、訳注がないとわかりにくいかもしれません。創設者ムッソリーニを
党首とする、国家ファシスト党の民兵の制服です。ファッショfascioはもともとイタリア語で「束」を意味します。
全体主義を標榜するのにこれ以上うってつけの言葉がないせいか、そのまま英語に入ってファシズムとなりました。


260ページ、3行目。

・トポリーノ

フィアット社が1936年から約20年間生産した、ネズミの頭を思わせる形の500tの車名とすぐにわかる人は
かなり自動車に詳しい人ではないでしょうか。現代のイタリアではトポリーノとはミッキーマウスのことです。


277ページ、5行目。( )はルビ。

・具現(リアリゼーション) → 数字付き和音の音符化(リアリゼーション) 

通奏低音の音符に、その音に基づく和音の構成音の音程を数字で示すことが普通に行われていたので、
不慣れな現代の演奏家のためには、実際の和音や旋律を記譜する必要があり、そのことを述べています。


308ページ、最後から6行目。

・ピーター・ライオム → ペーター・リオム

すでに(4)で書きましたが、デンマーク人Peter Ryomの原音に近い表記はピーダ・リューオムですが、日本では
ドイツ語読みのペーター・リオムが定着しています。
小学校では外国語教育を行うとあるのに、いつのまにやら、外国語教育とは英語教育だと限定されていることを
誰も不思議に思わないのが不思議ですが、何もかも英語読みでは、日本から三毛猫が消えマイク猫だけになります。

なお、ヴィヴァルディのヴァイオリンに関しては、以下の記事を参照しました。ただし、これは前記二人の説で、
学問の世界では、ヴィヴァルディの所有だったのをどう判定したかについて、状況証拠以外の論拠がないため、
まだきちんと認められていないようです。
ttp://www.adnkronos.com/intrattenimento/spettacolo/2017/05/06/violino-mussolini-violino-vivaldi-
scoperta-due-musicologi-italiani_6codI3B2BnztIrAaTfFXvL.html
ttp://www.ilgiornaleditalia.org/news/la-nostra-storia/887735/Il-violino-di-Mussolini-era-quello.html
ttp://laprovinciapavese.gelocal.it/tempo-libero/2017/05/10/news/da-mortara-rintracciano-il-violino-
di-antonio-vivaldi-1.15317802

途中少し間が空きましたが、以上が『失われた手稿譜』の補助の全てです。多少お役に立ちましたでしょうか。

タイトル『失われた手稿譜』への補助(12)
記事No2301   [関連記事]
投稿日: 2018/05/17(Thu) 00:55
投稿者カーザヴェーチャ
140ページ、2行目。

少なくともスカルラッティの名前は知っていても、ドゥランテやカンプラとなると首をかしげる
読者のためにも、ここは訳注が必要ではないでしょうか。

フランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755)。ナポリ楽派創始者と言われ、宗教曲や声楽曲を
中心に器楽曲もかなり残しています。ルソーは自著『音楽辞典』(パリ、1762年)のなかで、
「ヨーロッパ、いや世界でもっとも偉大な和声の大家」と絶賛しています。父親がバッハの
弟子だったドイツの作曲家ゲルバー(1746‐1819)も、自著『新版音楽家の歴史と伝記に
関する百科事典』(1790、1792)の初版では、和声家筆頭をドゥランテではなく、アレッサンドロ・
スカルラッティだとするハッセの意見を紹介しながらも、改訂版(1812、1814)では、ハッセの
辛口批評をルソーや、音楽史家で作曲家のバーニー(1726-1814)らの称賛に替えてしまい、
ドゥランテをナポリ楽派の創始者と認めています。

アンドレ・カンプラ(1660- 1744)。フランス歌劇の改革に貢献した作曲家で、リュリとラモーの
間の世代に属します。オペラの世界だけでなく、ルイ15世治世下の王立音楽アカデミーや
ヴェルサイユの宮廷礼拝堂でも活躍しました。


147ページ、9行目。

・テアトロ・ディ・トリノ → トリノ劇場

なぜカタカナにしたのかよく分かりません。トリノ・レージョ劇場と間違われるのを心配した
のかもしれませんが、この個所では、だれが出資したのかまでを詳しく述べているので、
訳注を付ければ済むのではないでしょうか。

トリノ劇場は、1857年創建のスクリーベ劇場が、何十年も経営難に苦しんでいたのを、
フィアット副社長グアリーノが出資して建物の装いを新たにし、名前を改めて1925年に
再出発させたものですが、グアリーノの金融帝国が瓦解し、わずか5年で幕を閉じました。
その後、1942年から43年にかけての連合軍による度重なる空爆で、建物は周りの壁を
残すだけの廃墟となってしまいました。


149ページ、1行目。

カルドゥッチと聞いて、ああ、あのカルドゥッチかと思う読者は、相当イタリア文学に詳しい
方だと思います。ここにもぜひ訳注がほしいところです。

ジョズエ・アレッサンドロ・ジュゼッペ・カルドゥッチ(1835‐1907) は、1906年にイタリア人で
初めてノーベル文学賞を受賞した、国民的詩人と認められた詩人です。


152ページ、13行目。

・正気を失ったオルランドを見つめる樵のように、

ルドヴィーコ・アリオスト(1474-1533)の『オルランド・フリオーソ』(1516)(狂えるオルランドが
日本での定訳)を基にした脚本で、ヴィヴァルディは1714年に2本(RV 819、RV 727)、
1727年に1本 (RV 728)オペラを作曲しています。ヴィヴァルディはRV728の第二幕で、
恋慕う相手が結婚し、森の中の木に新婦として新郎と共に名前を彫ってあったのを見つけ
怒り狂うオルランドに、長大なレチタティーヴォをあてて悲痛な心の内を語らせています。
サルデッリ自身も、このRV728を2008年にcpoから三枚組CDでリリースしていますので
[cpo77095-2]、ヴィヴァルディつながりの譬えを持ち出したのでないでしょうか。

タイトルRe^5: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2300   [関連記事]
投稿日: 2018/05/08(Tue) 01:07
投稿者カーザヴェーチャ
> 数百もある協奏曲には唯一のものは無かったということなのでしょうか?
>それとも協奏曲の方には言及していないだけなのでしょうか?

ここで言っているのは、宗教曲とオペラに関しては、わずかの例外を除いて、フォア・ジョルダーノ・コレクションにしか
残されていないということで、協奏曲については何も触れていません。

いくつかの例外というのは、宗教曲とカンタータで、例えば、比較的最近までガルッピ作と思われていた
RV795「ベアトゥス・ヴィル」RV803「ニスィ・ドミヌス」RV807「ディクスィットゥ・ドミヌス」はドレスデンに、
RV595「ディクスィットゥ・ドミヌス」とRV610b「マニフィカト」はプラハに、RV617「サルヴェ・レジナ」は同じく
チェコのブルノにあります。モテットでは、RV624 「カーレ・ローゼ・レスピラーテ」はロンドンに、RV627 「イン
・トゥルバート・マーレ」とRV632 「スム・イン・メディオ・テンペスタトゥム」は ドレスデンに、RV634 「ヴォス
・アウレ・ペル・モンテス」はアッシジにあります。カンタータにも同じことが言えます。

一方、器楽作品にも、このコレクションにしか伝わっていないものがあります。例えば、通奏低音はオプションの、
2つのヴァイオリンのためのソナタRV68 、RV70、 RV 71 、RV 77や話題に出た弦楽合奏曲のRV167などがそうで、
かなりの数になります

> いつか3度目の正直でヴィヴァルディ詣でをしたいと思っています。

ぜひ、いらっしゃってください。

タイトルRe^4: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2299   [関連記事]
投稿日: 2018/05/06(Sun) 19:41
投稿者池之端
> このアルバムに関する試聴では、NPOのThe Baroque Music Foundation(バロック音楽財団)の以下の
> ホームページで、RV167の第1楽章とRV118の第1楽章だけですが、試聴できます。RV167の第1楽章の
> テーマは、ヴァイオリン協奏曲RV222の第三楽章の第一主題と同じです。ただし、RV167は変ロ長調で
> 出だしの音がファなのに対して、ニ長調のRV222はラが出だしの音なので、少し低めの印象があります。

実はCD第1曲目RV167を試聴した時、通奏低音群による洒落た前奏におやっと思っていたら、さんざん話題にしていたRV222の第3楽章テーマが鳴り出して魂消ました。

その紹介していただいたバロック音楽財団のホームページにTHE STORY OF THE VIVALDI EDITIONというのがあって、今更ながらですが、NAÏVEのVIVALDI EDITIONってそういうものだったのかと知りました。
ところで、気になったことがあります!
その第2パラグラフなのですが(以下のとおり)、
Known as the Foà and Giordano collection, after the donors who made the purchase possible, this assemblage of music scores contains nearly 450 works by Vivaldi: hundreds of concertos for various instruments and much vocal music, both secular and sacred. With few exceptions, it is the only source we have of his sacred music and operas, and until recently much of this music had never been heard by today’s public.
これによると、フォア・ジョルダーノ・コレクションには数百の協奏曲と多くの声楽作品が含まれていて、わずかの例外を除いて、宗教曲とオペラのスコアはこのコレクションのものが唯一である、と読めるのですが、数百もある協奏曲には唯一のものは無かったということなのでしょうか?それとも協奏曲の方には言及していないだけなのでしょうか?


> ・オルランドです。また、このホームページのヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸を描いた絵の右から
> 二番目のオレンジ色に見える建物が、当時のピエタ慈善院です。現在はメトロポール・ホテルとなっていて、
> 入り口の列柱は今でもホテルのロビーで使われています。

私は、以前に2度ほどヴェネツィアをふらふら(文字通り!)したことがあるのですが、当時はヴィヴァルディの偉大さに気づいておらず、いつか3度目の正直でヴィヴァルディ詣でをしたいと思っています。

タイトル『失われた手稿譜』への補助(11)
記事No2298   [関連記事]
投稿日: 2018/05/05(Sat) 23:33
投稿者カーザヴェーチャ
121ページ、5行目から6行目。

・スペインや両シチリア王国にまで

ヨーロッパの王家の歴史は複雑に絡み合っているので、できれば訳注で簡単に説明してあると読者は助かります。

スペインはゲルマン系西ゴート王国の末裔であるトラスタマラ→オーストリアの分家であるハプスブルグ→
フランスの分家であるブルボンと王家が変わり、ブルボン本家はフランス革命で消滅しましたが、分家のほうは、
スペイン王家として今日まで引き継がれています。

一方、ナポリとシチリアはトラスタマラ朝末期にスペインの属国となり、代々分割相続する形で、スペインの
ハプスブルグ家へ引き継がれます。スペイン王位継承戦争(1701-14)の結果、スペインの王室が
ハプスブルグ家からブルボン家に変わると、1735年にスペイン王の第5子カルロス公がナポリとシチリア
両方の王になり、両シチリア王国が誕生します。しかし、1759年に異母兄のスペイン王が死去し、
このカルロス公がカルロス3世(1759-88)としてスペインの王位を継ぐことになり、両シチリア王国を
再び切り離して、二人の息子をそれぞれナポリ王とシチリア王として即位させました。

実は、このパルマ公国を統治していたのも、スペイン王位を継承する前のカルロス公でした。母親の実家が
パルマ公国を統治するファルネーゼ家で、男子相続が途絶えたため、カルロス公が公位を継いだのです。
やがてナポリとシチリアの王位を継ぐ際に、パルマをオーストリアのハプスブルク家に譲渡しましたが、
オーストリア継承戦争の結果パルマを再び手に入れます。1748年に弟のフィリッポが公位を継ぐことになり、
パルマにもブルボンの分家が立つことになりました。122ページの9行目で、パルマ公国のデュ・ティロ侯爵が、
カノニチ司祭に「ブルボン家に様々な形で尽くして」と言った背景には、こうした歴史の流れがあったのです。

余談ですが、スタンダールの代表作『パルムの僧院』のパルムとは、パルマのフランス語名です。


121ページ、11行目。

・カノニチ司祭

マッテオ・ルイジ・カノニチは、1727年にヴェネツィアで生まれ、16歳で両親の出身地であるボローニャで
イエズス会士になり、その後、修辞学や哲学を修め、1757年にパルマで司祭となると、1761年から67年まで
貴族の子弟のための寄宿学校でアカデミクスacademicus(学問の師)となります。とにかく大変な収集家で、
パルマでは本とメダルを収集しましたが、1768年にイエズス会がナポリとパルマで弾圧を受けた際に没収され、
ボローニャに逃れていたカノニチには、ほんのわずかな礼金が払われただけでした。ここからがこの小説と違う
ところですが、1773年にさらにイエズス会に弾圧が加わると、ヴェネツィアに退いて、今度はコインや彫像、
出版本、写本などを、フィレンツェ、ローマ、ナポリまで足を延ばして集めます。ヴェネツィアでごっそりと
入手したのが、ヤコポ・ソランツォの蔵書でした。


121ページ、最後から9行目。

・知識人アカデミー → 貴族アカデミー
・家庭教師 → 学監 

原文のAccademia dei NobiliのNobiliは「貴族」で「知識人」ではありません。元来アッカデーミアとは、
選り抜きの知識人の集まりなので、「馬から落馬」のように意味が重複してしまいます。カノニチはパルマで
上に書いたように貴族の子弟を集めた寄宿学校に奉職していたので、ここでは原文のprecettoreは
「家庭教師」ではなく「学監」の意味です。もっとも、サルデッリの勘違いか意図なのか分かりませんが、
カノニチの個人的な称号のacademicusをアッカデーミアと結びつけています。史実はAccademia dei Nobili
ではなく、convitto dei nobili(貴族の寄宿学校)の一角にあったAccademia degli Scelti(選良アカデミー)です。

ここでは、以下のサイトを参照しました。
ttp://www.treccani.it/enciclopedia/matteo-luigi-canonici_(Dizionario-Biografico)/
ttp://www.librideipatriarchi.it/canonici-matteo-luigi-gesuita-e-bibliofilo/
ttp://bav.bodleian.ox.ac.uk/news/hebrew-manuscripts-from-the-canonici-collection-at-the-bodleian


121ページ、最後から3行目。

・ドゥカーレ宮殿 → 公爵邸

ややこしいのですが、ドゥカーレducaleには「duca(公爵)の」という意味と、「(ヴェネツィア共和国または
ジェノヴァ共和国の)doge(統領)の」という二つの意味があります。日本では「パラッツォ・ドゥカーレ」や
「ドゥカーレ宮殿」というと、もっぱらヴェネツィアの統領宮を指すようなので、この個所は、パルマ公国の
君主である公爵の屋敷と訳したほうが紛らわしくないのではないでしょうか。


122ページ、最後の行から123ページ、最初の行にかけて。( )はルビ。
・劇場前の石を敷き詰めた道(サリッザーダ・デル・テアトロ) → テアトロ通り

ヴェネツィアでは「道」の呼び方がさまざまだという話を(1)で書きましたが、今日、サリザーダは単なる
「通り」という意味でしかありません。18世紀には、この通りに面してサン・べネト劇場がありましたが、
20世紀の初めに「ロッシーニ座」という映画館となりました。21世紀に入ると複合商業施設化が始まり、
それまでスクリーン1つの映画館だったのが、2012年に3つのスクリーンを持つシネコンに生まれ変わり、
名前もチネマ・ロッシーニから新たにムルティサーラ・ロッシーニとなりました。

タイトルRe^3: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2297   [関連記事]
投稿日: 2018/05/05(Sat) 00:13
投稿者カーザヴェーチャ
これはまた最新情報をありがとうございます!それもドイツのサイトという意外なところからで驚きです。

ナイーヴ(naive classique)はこの頃はホームページよりも、フェイスブックに力を入れているようですが、
ザトゥルンのようにかなりの収録曲が視聴できる用意はないようです(生憎と私のPCでは聴けません)。
その代わりに、ごく短い動画ですが、アッカデーミア・ビザンティーナのリハーサルの様子と、ダントーネの
インタビューを上げています。インタビューは「テンペのドリッラ」を指揮したファソリスのも聞けます。

このアルバムに関する試聴では、NPOのThe Baroque Music Foundation(バロック音楽財団)の以下の
ホームページで、RV167の第1楽章とRV118の第1楽章だけですが、試聴できます。RV167の第1楽章の
テーマは、ヴァイオリン協奏曲RV222の第三楽章の第一主題と同じです。ただし、RV167は変ロ長調で
出だしの音がファなのに対して、ニ長調のRV222はラが出だしの音なので、少し低めの印象があります。
ttp://baroque.thevivaldifoundation.org/

ところで、この財団のトップは、長年ヴィヴァルディ・エディションを担当してきた最高責任者のスーザン
・オルランドです。また、このホームページのヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸を描いた絵の右から
二番目のオレンジ色に見える建物が、当時のピエタ慈善院です。現在はメトロポール・ホテルとなっていて、
入り口の列柱は今でもホテルのロビーで使われています。

タイトルRe^2: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2296   [関連記事]
投稿日: 2018/05/01(Tue) 21:09
投稿者池之端
この5月にAccademia Bizantina/ Ottavio Dantoneと、Alessandro Tampieriによる
Vivaldi: Concerti Per Archi III e Concerti Per Viola D'amore
2枚組がリリースされます。ビオンディじゃありませんでした。
https://www.saturn.de/de/product/_accademia-bizantina-dantone-ottavio-tampieri-aless-vivaldi-concerti-per-archi-iii-concerti-per-viola-soloinstr-cd-2413898.html#technische-daten
で一部試聴できます。

タイトル『失われた手稿譜』への補助(10)
記事No2295   [関連記事]
投稿日: 2018/04/27(Fri) 03:09
投稿者カーザヴェーチャ
91ページ、本文1行目。( )はルビ。

・フランス通り(コルソ・フランチャ) → フランス大通り(コルソ・フランチャ)

コルソcorsoはトリノやミラノでは大通りを表します。固有名詞化しているのでルビ付きなのは納得です。


92ページ、最後から5行目。

・コンメンダトーレ、 → コンメンダトーレ受勲者の

イタリアの勲位についてはすでに(7)で書きましたが、なかなか慣れないものです。読点「、」で続けるよりも、
きちんと「受勲者の」と補ったほうが、読者に親切ではないでしょうか。


94ページ、最後から2番目。

・カトラリー → スプーンやナイフ・フォーク類

cutleryという語がいつ外来語として定着したか分かりませんが、国語辞典でもあまり出て来ない単語です。
巷ではカラトリーと言い間違えることもあるとか。何よりも読者になるべくわかりやすい言葉に言い換えたほうが、
親切ではないでしょうか。


104ページ、6行目。

・濃い緑色を帯びた → 濃い緑色を帯びたように見える

濃い緑色を帯びた顔色では修道院長は爬虫類ということになってしまいます。日本人にはピンと来ませんが、
15世紀の絵画では、薄いピンクがかった肌の色を浮き立たせるため「ヴェロネーゼの緑」を背景に置いたそうです。
その背景の緑色がそのまま肌の色にうつったように見えるほど、顔色がどす黒く見えたということだと思います。