ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: RV247とRV248はイスラム音楽風?
投稿日: 2008/02/23(Sat) 21:58
投稿者メカパンダ

カーザヴェーチャ様
いつも拝見させていただいております。
RV247の録音で紹介されているサッソのCD、ヴィヴァルディのコンチェルトでは久々に繰り返して聴くほど気に入っていて、BBS3に書き込もうかなと思っていましたらカーザヴェーチャ様が先に紹介されたので便乗してここに足跡残そうと思いました。
このCDは様々なスタイルのヴァイオリンコンチェルトを1枚に凝縮した、サッソの選曲のセンスが光る一枚です。これを聴けば例の「1曲のコンチェルトを500回書いた」発言が如何に根拠の無い無責任発言かよく解ります。
RV247の件は、この書き込み見るまでは気が付きませんでした。ヴィヴァルディのフーガは結構いびつな主題のものが多いようなイメージがありましたので全く聴き流していたのですが、改めて聴いてみるとなるほどなぁ。。。と目(耳?)から鱗です。
サッソの録音は1パート一人の透明感のある演奏で、最近はこういうスタイルに耳が慣れてきているので心地よいです。同じく少人数のスタイルのソナトーリ(以下略)の官能的な響きに比べると、随分塩味の効いた演奏ですが。
サッソの団体は他にもアルビノーニの作品2、トレッリの作品5のCDも出ていて、あまり一般的ではない作品を優れた演奏で出してくれるのでこれからもとても期待している団体です。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー