ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル ヴァイオリン協奏曲ホ短調 RV278
投稿日: 2004/12/11(Sat) 12:46
投稿者キアレッタ

感想です。

第1楽章。激しいですね。
戦乱や戦火のようなものを連想します。
ミサイルや銃ではなく、弓矢や槍ですけれど。
燃え上がった家々の炎に巻き上げられた灰が、風に乗って舞い続けるような・・・。

第2楽章。ふと「聖なる墓」(RV169)が聴こえたような気がしました。
でももっとやり切れない切なさを感じます。
夕暮れの風が、乾いた砂にサラサラと触れてゆく・・・。

第3楽章。私は再生と希望を感じます。
地が裂けて山の形が変わってしまおうとも、
家々が燃え灰になってしまおうとも、
生まれ育った故郷が破壊されてしまおうとも、
人々は強い。きっと生き抜く。

そういう、物語を感じる曲です。
私は特に第3楽章が好きです。

ところで、昨日、「アルシルダ」も入手しました。
まだ全然聴いていません。
きゃああ(嬉しい悲鳴)、どうしましょ。(^o^)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー