ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: RV278!!
投稿日: 2004/12/10(Fri) 12:39
投稿者カーザヴェーチャ

キアレッタさん、無事入荷おめでとうございます。
録音も古く、演奏方法も現代のバロック音楽の潮流とは多少異なりますが、
それはそれとして、作品そのものを味わっていただければ、と思います。
BBS4へのお書き込み、楽しみにしております。
TAXさんも、またぜひご感想をお寄せください。(^^)

なお、何のことかお分かりにならない方のために、
BBS1の過去ログ4ページRES164を以下にコピーしておきます。
「TAXさん、
TAXさんがおっしゃている、ヴィヴァルディの曲に感じる「破滅の美学」が何を指しているのか、
いろいろとお書き込みを読ませていただいているうちに、分かりかけてきたような気がします。
ひょっとしたら、私が曲によって感じる「癒されようのない寂寥感」に近いものなのかもしれません。
試しにと言っては何ですが、ヴァイオリン協奏曲RV278[NOVALIS:150.715.2]をお聴きになって
ご感想をいただければと思います。この曲はスタイルから見てかなり後期の作品と思われますが、
全楽章を通じてこの「癒されようのない寂寥感」に満ち満ちていると思うからです。
ちょっと手に入りにくいかもしれませんが、カメラータ・ベルンにフューリの独奏というアルバムで、
ややアップテンポとは言え、なかなか聴かせる演奏です。」


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー