ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.896)の関連スレッドを表示しています。 ]

ヴィヴァルディのお誕生日に♪ 投稿者:ペパーミント 投稿日:2010/03/07(Sun) 13:20:06 No.896  
3月4日のGoogleのトップページには、四季のデザインされたヴァイオリンのロゴと、「アントニオ・ヴィヴァルディの誕生日」とありましたね。きっと、たくさんの人の頭の中に、『四季』のメロディが流れたことでしょう。

私がはじめて『四季』を聞いたのは、小学生のときでした。「春」を聞き、なんて気持ちのよい音楽だろう〜と思いました。それからあらゆるところで、『四季』は流れていました。卒業式や、オリンピックのフィギュアスケートのバック(「冬」には氷の上で滑ってしまう表現があるのでぴったりですね?(笑))などなど。

『四季』のCDをはじめて手に入れたのは、14・5年前のことでした。TVの対談番組に、イ・ムジチ合奏団が出演していて、「秋」を演奏し、第3楽章があまりに軽快でたのしくてCD店に走りました。CDを聞いた私は、詩(ソネット)がついていたり、風の描写が恐ろしいくらいに激しく、『四季』って思っていたより簡単なものではないんだなあと感じました。

そのずっと後になって『調和の霊感』が、自分の内側の琴線にふれて、そこからヴィヴァルディのファンになったわけなんですが、そこから、また『四季』を聞き、楽譜を買ってソネットの注釈を読んでみたりもしました。とにかく自由で革新的、ユニーク、限界を超えての表現に挑戦しようとしている天才の姿を見せつけられているように感じます。あるいは、自然界の精霊たちがヴィヴァルディをして大気やみずみずしい自然を湛える母なる地球への自然・生命賛歌を詠わせたのかも・・・とも。

多くの人に『四季』が愛されているのはそういう精神を喚起させる助けになるからかもしれない、とも・・・(なんといってよいのか分かりません、私にはまだ語ることができないのかもしれませんが)いずれにせよ、人類の偉大な遺産であることには間違いないでしょう。

ヴィヴァルディが『四季』を書いた最大の動機は何なのか、作曲しているときどんな様子だったのか・・・興味は尽きません。

そして、協奏曲集『四季』がこの世になかったとしたらどんなに淋しいことでしょう・・・世界は、ちょっぴり暗いかもしれない・・・なんて、考えていた、ヴィヴァルディのお誕生日なのでした・・・。



Re: ヴィヴァルディのお誕生日に♪  カーザヴェーチャ - 2010/03/14(Sun) 04:46:22 No.900  

ペパーミントさん、

ヴィヴァルディの誕生日のために、ご自身の思い出を含めて素晴らしい頌歌を書いてくださりありがとうございます。

『四季』と言えばヴィヴァルディ、ヴィヴァルディと言えば『四季』というぐらい定着してしまいましたね。

もう何度も聴かされてウンザリだという人もいるかも知れません。どんな名曲だって繰り返し聴かされていれば、
またか、もういいよ、となるのは当たり前の話です。でも、時おり聴き返してみると、やはり名曲だなあと思います。
どこにも押し付けがましいところがなく、いつまでも瑞々しい輝きに満ちたこれだけの作品を、ヴィヴァルディをおいて
あの時代のほかの誰に書けたでしょうか。バッハ?とんでもない。ヘンデル?無理です。テーレマン?まさか。

ところで、とても嬉しいことがありました。あのうっかり古新聞で出してしまった"be on Saturday"が手に入りました。
販売店に無理を承知で頼み、神奈川県下を八方手を尽くして探してもらったところ、二部残っていると判明。
感謝感激雨霰。恐れ入谷の鬼子母神で、早速届けてもらって読みましたが、これはピエタ教会について
ちょっと書いておかないと誤解する人が出るのではないだろうかと思いました。

ピエタ教会については後日書き込むことにして、ここでは、『四季』について触れた部分で少し訂正しなければ
ならない箇所について述べます。

記事を書いたのは、高校はトリエステ近郊の村にあるインターナショナル・スクールを卒業し、ロンドン大学政治
経済学科を出た才媛、郷富佐子さん。岩波新書から『バチカン』という労作が出ているのでご存知の方も
いらっしゃるかもしれません。要するに、若いうちは少女たちに囲まれていたヴィヴァルディも、晩年は流行遅れで
人々に忘れ去られ、哀れウィーンで客死。粗末な葬式であの世へ旅立ったという、かなり検証の余地がある
ステレオ・タイプを、相も変らず焼き直しているに過ぎないのですが、そんな仕掛けにも気が付かないまま
一気に読ませてしまう文章力はさすがです。また、旅の案内にも心憎いばかりの配慮がなされています。

しかし、おそらく限られた時間内でインタビューをし、用意された資料にざっと目を通しただけで書いたのでしょう。
思わぬところで話がこんがらがっています。それは『春』と他の作品の関係です。冒頭部分が、少し前に作曲した
『勝利のユディータ』で使われたのが引用されている、とありますが、『春』と多少関係があるのはユディータの
アリア、"Vivat in pace, et pax regnet sincera"(平和に生きよ。また真の平和が支配するように。)で、
『春』の冒頭ではなく第三楽章です。ただし、引用などではなく、トゥッティの主題のヒントになった程度です。
冒頭つまり第一楽章の出だし部分を引用したのは、ずっと後の1726年に作曲したオペラRV709『テンペーのドリッラ』
の冒頭の合唱曲"Dell'aura al sussurrar"(そよ風のささやきに)です。たぶん編集するうちに変になってしまったのでしょう。

そもそもこの記事が書かれたのは、ティツィアーノ・スカルパの『スターバット・マーテル』がイタリア最高の文学賞
である第63回ストゥレーガ賞を受賞し、その作品にはヴィヴァルディが登場するからのようです。この小説は
音楽CD付きとのことで、早速イタリアに注文しました。もう発送したとのことで到着を楽しみにしています。



Re: ヴィヴァルディのお誕生日に♪ ペパーミント - 2010/03/19(Fri) 16:24:49 No.904  

カーザヴェーチャさん、「素晴らしい頌歌」とは〜〜。どうもありがとうございますm(__)m

3月4日の誕生日にむけて何か書き込みをしようと考えてました。ほかに企てていたこともあったのですが、googleのトップページに四季のアレンジされたヴァイオリンのロゴが出ていたので『四季』について書こうと思って・・・、でもあまりに大きな材料で・・・、で、素直に思ったことなどを書いてみました。

(それにしても、ヴィヴァルディが好き、と言えば必ず「四季?」と、まるでヴィヴァルディが『四季』しか作ってないかのような言い方に、ほかにもいっぱいありますよ。。と答えるのですが・・・。)

もう少し。何度目かの『四季』でいろいろ理解できるようになりました。あのヴィオラは犬の鳴き声だったのかとか、あのピッチカートはほんとに雫の音みたいだとか(冬の第2楽章大好きです)、酔っ払いの千鳥足・居眠り、そして私が面白いと思ったのは、「夏」の鳥たちの声が、Carmignolaの演奏ではっきり聞き取れたこと、バードウォッチングをちょっとする私はキジバト(ヤマバト)の鳴き声が好きで・・・時々鳴き返すくらい(笑) あの、趣はあっても決して華麗ではないキジバトの声を〔まど・みちおさんが詩『ヤマバト』で、「あんなにがんこに 大昔からのなまりで」 なんて表現されていますが、そういう声を〕ヴィヴァルディも聞いていて、曲に取り入れたんだな〜と親しみを感じます。『四季』はユーモアに富んでいるし、あたたかいですね。

ヴィヴァルディの作品の持つ輝き。
光や色彩についてよく考えます。例えば絵画では、日光の弱い国ドイツのデューラーや、イギリスのターナーがヴェネツィアを旅し影響を受けたり、ゲーテはイタリア・ヴェネツィアを旅した後 色彩論を著したそうですし(いえ、イタリア紀行すら読んでないです・・・)無学な私ですが、少しずつ楽しみながら考えていきたいと思っています。

- Joyful Note -
Modified by isso