ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.873)の関連スレッドを表示しています。 ]

見つけました! 投稿者:畑野こいも 投稿日:2010/01/18(Mon) 19:48:23 No.864  
こんばんは!

今、発売中の扶桑社から出ている旅行雑誌「amarena(アマレーナ)」2・3月合併号を読んでいます。特集がヴェネツィアだったので手に取ったのですが、ページをめくっているときに思わぬ発見がありました。

20・21ページ、大運河の見開き写真の真ん中あたりに、晩年のヴィヴァルディがヴェネツィアを去る直前まで住んでいた家が写っています。カーザヴェーチャさんがReferencesで書かれている、ヴァポレットの「リアルト」という停留所のすぐ近くにある家です。
写真自体、とてもきれいで見入ってしまいます。

この「amarena」2・3月合併号ですが、付録に「歩くヴェネツィアマップ」まで付いているんです。ピエタ教会だけでなく、ヴィヴァルディが洗礼を受けた教会や司祭を勤めていた教会、住んでいた家があるあたりの場所まで詳しく載っていて、しかも大判でとても見やすいです。私はまだ現地には行っていませんが、この地図を見ながら歩いたら、多分目的どおりに歩けるのではないかと思ってしまいました。
他にも、カーニヴァルや主な見所、美術などについて、美しい写真と共に説明が詳しく書かれていて、ヴェネツィアが大好きな方にはたまらない雑誌になっているなと思いました。

今書店に行けば、旅行関係の雑誌のコーナーあたりに置いてあると思います。ぜひご一読をおすすめします。



Re: 見つけました! カーザヴェーチャ - 2010/01/19(Tue) 12:56:13 No.865  

畑野こいもさん、

貴重な情報をありがとうございました。早速、本屋に走ったのですが、
今、仕事の関係で都会ではなくとんでもないド田舎にいるため、町でも一番大きな書店にいったのにありませんでした。
取り寄せに二、三日かかるそうです。(涙)手に入り次第レス致します。取り急ぎお礼を申し上げます。



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/01/24(Sun) 15:49:45 No.869  


こいもさん、雑誌の情報ありがとうございました。

私も買って、読みました!写真きれいですね。
20,21ページの見開き写真の真ん中あたりの、どの建物なんですか?ヴィヴァルデイの住んでいたのは?わからないので、教えてください。

返信、遅くなりました。



Re: 見つけました!  カーザヴェーチャ - 2010/01/25(Mon) 01:20:48 No.871  

畑野こいもさん、

いやあ、驚きました!いえ、雑誌の素晴らしさよりも何よりも、畑野こいもさんの地図や写真を読み取る能力にです。
男と女のそれぞれの欠点を面白おかしく描いた『話を聞かない男、地図が読めない女』という本がありますが、
畑野こいもさんにはまったく当てはまりません。脱帽です。

Referencesの『出生から永遠の旅立ちまで −ヴィヴァルディの足跡を追い求めて−』(4)少年期から青年期へ、
を読みながら付録の地図を目で追って行くと、司祭になって最初にミサをあげた教会、サン・ジョヴァンニ・
イン・オレーオ(またはノーヴォ)教会、つまりザニノーヴォZaninovo教会に確かにたどり着けます。
この雑誌の地図では「サン・マルコ寺院」と太く書かれている文字に直角に交わるC.d.Chiesaという文字が、
Referencesに書いたCalle drio la chiesa(教会裏通り)の省略形で、これが手がかりになったと思います。
この通りの名前の最後あたりにあるのがその教会です。

また、ヴェネツィアを去るまで(まさか二度と帰って来なくなるとは思いもしなかったでしょう)住んでいた家は、
(7)初老期から老年期へ、を読み、写真と地図と見比べながら目で追えば、見開きの真ん中の
やや小さいほうのヴァポレットの停留所の前の建物だと言うことが分かります。ただ、ペパーミントさんが
おっしゃるように、そこに並んでいるどの家かまでは、実際に歩いてみないとお分かりにならないと思います。
そこで、お教えしますと、ピンク色の3階建ての建物です。下がアーチで(ソートポルテゴと呼ばれる通路です)
イタリアの国旗が飾ってある白い大きな建物から右に数えて2番目の建物です。お分かりになりましたか。
おそらくここの2階部分だったのではないかと思います。当時、ヴィヴァルディと一緒に住んでいたのは、
父親と未婚の妹のマルゲリータとザネータでした。一説によると1731年には一時的に弟のランチェスコも
住んでいました。年間の家賃は青年期に住んでいた家の倍にあたる136ドゥカートでした。

ちなみに、天国の道の写真が出ていますが、リアルト橋近くの住居に引っ越す前に住んでいた家は、
ちょうど写真右のページの分かれ目で切れている部分あたりにある紅殻色の建物です。

バウタと呼ばれる黒い絹の頭巾を被り石膏の白い仮面を付け、三角帽子に黒いマント姿の写真がありますが、
これがヴィヴァルディの時代に貴族が身分を隠して、リドットなどで遊ぶ時にしていた格好そのものです。
もっともヴェネツィアっ子の友人の画家に言わせると、当時は仮面をかぶったまま飲食したり、
恐ろしく細長いパイプをくわえたりしたので、鼻の下の部分は現在のものよりも短かったそうです。
私もヴェネツィアに住んでいたときは、これとまったく同じ衣装を一式買い込み、カーニヴァルの一週間、
同じく時代衣装を着て仮面を着けた家内と毎日町をゆっくり散策したものでした。
統領宮(ドゥカーレ宮殿の)近くの、ちょうど雑誌の122ページで赤いドレスのモデルが立っているあたりで、
中身が日本人とは知らずに、イタリアのテレビ局が私の格好を撮らせてくれと頼んできました。
3分ほど撮影していましたが、結局最後まで日本人と気が付かず、丁重に礼を述べて去っていきました。
あとで家内と二人で大笑いしたものです。

ところで、「サン・マルコ寺院」はないですよね。仏教ではないのですから「サン・マルコ大聖堂」です。



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/01/29(Fri) 15:18:44 No.873  

途切れとぎれですみません。

私も、あの見開き写真を見て、ヴィヴァルディの住んでいた建物が写っているのが判ったこいもさんは、かなりの方だと思いました。

Referencesの、カナレットの絵のカーザヴェーチャさんの説明、「柱廊のある建物の二軒右どなり」で、あのピンクの建物かな?と思ったんですが、確信をもてなかったのでおききしました。ヴィヴァルディの家を二軒も見られました!教えていただきありがとうございます。

サンマルコ大聖堂。35ページのカーニヴァルの人々の後ろの写真と、カナレットの描いたものとを見比べ、あのアーチ型の入り口の上の半円形の部分の宗教画が何百年も同じなんだな〜と感心しました。メンテナンスしながらとはいえ....。

写真家 篠 利幸著の『ヴェネツィア』(ダイヤモンド社 地球の歩き方)をご存知ですか? これにもたくさんきれいな写真載っていますよ。わかりやすい地図も載っています。ブラ−ゴラ教会の写真も、また、そことピエタ教会に取り付けられているヴィヴァルディの石板の写真もあって感激しました! 
ソートポルテゴも通ってみたい!でも写真でガマンです...。


ところで、最近よく近くの海岸通りの遊歩道へ行くのですが、とてもリラックスできます。(ボーッと放心状態の時も..。)
水のそばってそういう作用あるんでしょうね?
ヴェネツィアは水の都、その上、車もバイクも自転車も通らないなんて、心地良いんでしょうね〜。

ヴェネツィアを、以前、書かれていた、映画「カザノヴァ」みたいなのでなく(もちろん見ましたが)、芸術家にインスピレーシォンを与える神秘的な魅力に満ちた街として描いてほしい、そういう映画を見てみたいものだと思っています。



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/01/29(Fri) 21:34:02 No.874  

すみません。
私の話が何だか矛盾しているようですので、付け加えさせていただきます。
私の見ているカナレットの画集には、「ヴェネツィアのリアルト橋」も、「リアルト橋東側からフォスカリ邸まで...」も載っていません。
どちらもまだ見たことがなくて、わかりませんでした。



Re: 見つけました! 畑野こいも - 2010/02/03(Wed) 13:57:18 No.876  

こんにちは。返信がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。

やっぱり私が思っていたとおりで良かったんですね!
私も「見開きの真ん中のやや小さいほうのヴァポレットの停留所の前の建物」で「ピンク色の3階建ての建物。下がアーチで(ソートポルテゴと呼ばれる通路です)イタリアの国旗が飾ってある白い大きな建物から右に数えて2番目の建物」だと考えていたのですが、やはり確証が持てなかったので、具体的にどの建物であるかは最初のコメントには書きませんでした。カーザヴェーチャさんのお返事を読んで、「あの建物で良かったのだ」とはっきりわかりました。

カーニヴァルでのエピソード、私も大笑いしてしまいました(笑)。
バウタに白い仮面、三角帽子に黒マントというファッションは私も好きなのですが、やっぱり実際に現地ですると地元の方と間違われてしまうんでしょうか。

「地球の歩き方」シリーズは私も大好きです。ヴェネツィアのだけではなく、他の本もよく読んでいます。



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/02/05(Fri) 14:50:45 No.880  


バウタに白い仮面、三角帽子に黒マントでは、全身かくれてしまいますものね。その上、もしも、カーザヴェーチャさんが、流暢なイタリア語で撮影の許可をされたとしたら...。それはもう正体はわからないでしょう。
それこそが、カーニヴァルの醍醐味なのでしょうか。

そういえば、もうそろそろカーニヴァルのシーズンですね。

とてもヴェネツィアまで行けないという方、神戸元町でこんな写真展が催されていますので、関西方面の方で興味のある方は、ぜひご覧になればと思います。
私も楽しみにしています。
   
   ↓↓↓           
マルコ・マイアンティ写真展
www.paxrex.jp/artist/marco_maianti/works.html



Re: 見つけました! カーザヴェーチャ - 2010/02/14(Sun) 00:09:43 No.883  

長らくご無沙汰をしておりました。

篠さんは、実は個人的に存じ上げている方なのですが、一昨年に出した『ヴェネツィア』は、
ヴェネツィアに惚れ込んで、何年も通い詰めたフォト作家篠利幸のライフワークの一里塚のような作品で、
画面や構成の美しさは言うまでもなく、被写体となっている現地の飲食店従業員の表情からも分かるように、
ヴェネツィアという土地だけでなくそこで働く人々への深い愛情を感じさせる温かみのある本です。

マルコ・マイアンティの被写体は、どれも完全に現代のファンタジーなのですが、
まるで時代衣装であるかのように思わせてしまうところにヴェネツィアの町のすごさがあります。



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/02/15(Mon) 03:28:14 No.884  

カーザヴェーチャさんは篠利幸さんとお知り合いだったので
すね。
篠氏の『ヴェネツィア』はおっしゃるとおり、現地の人たちの活き活きしたなごやかな表情が捉えられているし、全体的にとても丁寧に作られているようで温もりが感じられます。写真も二重の虹が教会の上にかかっているのや、P2〜3のゴンドラの動きの感じられるもの、運河の水面に朝の日光が写ったもの、etc...素晴らしく、はじめは感嘆しつつ見ていました。素敵で感じの良い本なので、手元に置いてよく見ています。お店の記事はまだ全部は読んでいませんけども。

カーニヴァルの写真展へ行ってきました。幻想的でしたが、やはり実際に参加してみないと・・・わからないと思いました。



Re: 見つけました! 畑野こいも - 2010/02/16(Tue) 18:11:14 No.885  

こんにちは!
ようやく余裕ができたので、今日は本を一冊紹介したいと思います。私はその本を読んで、ヴィヴァルディが晩年住んでいた大運河沿いの家を地図上で発見しました。
その本とは…

「ナショナルジオグラフィック海外旅行ガイド ヴェネツィア編」(アーラ・ズウィングル著 日経ナショナルジオグラフィック社)

とにかく、「これ以上詳しいヴェネツィアの本はないのでは!?」と思うほど詳しい本です。ヴェネツィアの歴史や文化、料理、今現在抱えている問題のことなどが詳しく書かれているだけでなく、主な見所についても、各地区ごとに地図と文章でかなり細かく説明されています。

ヴィヴァルディが晩年住んでいた家は、P47から始まる「大運河」の項を読み、P58-59、P72-73、P93に載っている地図を見て探し、発見しました。
また、ヴィヴァルディが洗礼を受けたサン・ジョヴァンニ・イン・ブラゴーラ教会や生家があるバンディエラ・エ・モーロ広場、サンティ・フィリッポ・エ・ジャコモ広場、サン・ザッカリーア教会、司祭になって初ミサを捧げたサン・ジョヴァンニ・イン・オレーオ(またはノーヴォ)教会、ピエタ教会はP99-120の「カステッロと東地区」の項とP110-P111の地図を見て見つけました。P108-P111の散策ガイド「水辺を歩く」では、それらの場所を回るための詳しい道順も図と文章で説明されています。

この本には、ヴィヴァルディについての説明ももちろん書かれています。ただ、カーザヴェーチャさんの説明と違うところが結構あるのですが…。
5年前に出版された本なので、大きい書店か図書館に行かないとなかなか見つからないと思いますが、おすすめです。ぜひ読んでみて下さい!

カーザヴェーチャさんとペパーミントさんのコメントを楽しく読んでいます。「ヴェネツィア」気になります。今度チェックしてみますね。


それにしても…。「ぼくの歌が君に届きますように」の「ピエタ」もそうですが、最近ヴィヴァルディを取り上げたものを目にする機会が増えてびっくりしています。
2010年1月23日付の朝日新聞の土曜別冊「be on Saturday」の「うたの旅人」では、ヴィヴァルディがとても大きく特集されています。ピエタ教会の内部や大運河が大きな写真で出ていて、ヴィヴァルディの伝記(「6人兄弟の長男」という説明以外に間違いは見あたりませんでした。本当は9人兄弟の長男ですよね)やピエタの小さな博物館についての説明も詳しく載っています。大運河の写真には、あのヴィヴァルディが住んでいた家も写っていました(そのことについては、説明なしだったのが残念)。イタリアのアントニオ・ヴィヴァルディ教会のファンナ会長さんや指揮者のサルデッリさん、それにヴィヴァルディが登場する小説「スターバト・マーテル」(この小説、気になります)を書いたティツィアーノ・スカルパさんのインタビューも載っています。
実はこの特集、3日前に伯母と従姉から新聞をプレゼントされて初めて知りました。我が家では朝日新聞は取っていないので、伯母と従姉が知らせてくれなければ永遠に知らないままだったと思います。伯母と従姉にはとても感謝しています。


最後に一つ、嬉しい報告をさせて下さい。
以前、BBS2の書き込みで「所属する合唱団で、ヴィヴァルディの『グローリア』RV689を演奏することになりました」旨書きましたが、なんともう一曲することになりました!私は二つの合唱団に入っているのですが(どちらもアマです)、一方の合唱団では「グローリア」を、もう一方の合唱団では「マニフィカト」RV610を演奏します。今、みんなで一生懸命譜読みと音取りをしています。
「グローリア」と「マニフィカト」。どちらも、私にとっては楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えてきた、思い入れの深い曲です。歌っていると色んな思いが込み上げてきて、嬉しいのを通り越して泣きそうになることもあります。同じ年に両方歌えるなんて、本当に夢みたいです。

長々と失礼しました。「グローリア」と「マニフィカト」の練習、がんばります♪



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/02/17(Wed) 02:53:36 No.886  

畑野こいもさん、まず「グローリア」と「マニフィカト」両方歌われるとのこと、本当に良かったですね!おめでとうございます!陰ながら応援しています。

それに、ヴィヴァルディに関する情報も飛び交い、じつに楽しいですね!(^^)

実は、私も朝日新聞にヴィヴァルディの記事が載っていて、次に会うとき持って行くから・・・と友人がメールをくれて、どんな記事かな?と思っていたんですが、それのことなんでしょうねきっと!以前、朝日新聞を取っていたので、土曜の別刷りのはどんなのか分かります。こいもさんのお話だと、かなり詳しいようですね。私もはやく読みたいです。

篠氏の『ヴェネツィア』はおすすめです。ヴェネツィアを旅されるかたには、絶対に役立つと思います。

こいもさん、いろいろ教えてくださってありがとうございます!



Re: 見つけました!  カーザヴェーチャ - 2010/02/17(Wed) 12:01:34 No.887  

畑野こいもさん、
貴重な情報をどうもありがとうございます。そうでしたか。そんな本が出ていたのですね。
つい、ヴィヴァルディ関係の文献ばかり漁っていて、ほかが見えていませんでした。
ありがとうございます。この本はジュンク堂にも在庫がありませんでしたが、
幸いアマゾンで見つけて早速注文しました。明日には届くようです。
便利な世の中になりましたね。私の説明といくつかズレがあるとのことですが、
私のほうにミスがあれば直ちに訂正します。情報は常に正しくを心がけていますので。

『マニフィカート』は大好きな作品です。ヴィヴァルディ自身もお気に入りだったようで、
作曲から20年にわたっていろいろと手を加えていて、RV610に関してはほかにもRV610aとRV610bの
2つのヴァージョンがありますし、1739年にはピエタの5人の歌手たちのために実名入りで、
華麗な独唱曲を残しています。こちらのヴァージョンはRV611 として分類されています。
当時、広く流布していた作品で、ゼレンカも筆写譜を持っていました。とくに合唱曲の
"Et misericordia ejus"(その憐れみは)の得も言われぬ美しさにはほれぼれとします。
この曲は高校生のころヴィヴァルディにのめり込むきっかけとなった曲の1つです。
そのときの印象は、静謐な中に夕闇が次第に濃くなっていく情景で、のちに『マニフィカート』は
夕べの祈りに歌われる賛歌だということを知り、ずっと後世の異国の異教徒の心にも
夕暮れの情景を思い起こさせるヴィヴァルディの絵画的というよりもむしろ想念的は描写力に
改めて感嘆しました。ヴェネツィアに住んでいたころ、観光客が激減する冬の夕方になると、
部屋の窓から夕闇に浮かび上がるサン・マルコ大聖堂の十字架の付いたキューポラと
隣の鐘楼のシルエットを、この合唱曲を聴きながら飽かず眺めたものです。
ただ、ときどきマルコ・ポーロ空港を発着する飛行機が小さく見えて、「そうだなあ。
もうヴィヴァルディの時代にいるんじゃないよね」と現実に引き戻されましたが…。

そうそう、朝日新聞をとっていながら、大変な失敗をしてしまいました。仕事の関係で
二住生活を送っているため、新聞は自宅でしかとっていません。信じられないでしょうが、
田舎にはそもそも夕刊がないからです。びっくりして新聞社に訊ねたところ、昔は夕刊があったが、
読者から夕刊は要らないからその分毎月の購読料を安くしてくれと言われて廃止したとのことで、
またまたびっくり仰天。ほかの新聞社も同じ事情で夕刊をやめたそうで、まさに下流デフレスパイラルです。
そのため、仕事から自宅に戻ったときは、たまっていた新聞を整理して記事を切り抜いているのですが、
邪魔なのは分厚い折込広告です。勢い余って土曜日の「be on Saturday」もエイヤッと
古新聞として出してしまったのです。まさかヴィヴァルディを扱っていたとは知りませんでした。
ファンとして嬉しいやら悔しいやら…。



Re: 見つけました! 畑野こいも - 2010/02/19(Fri) 19:15:45 No.890  

>ペパーミントさん
その記事で絶対間違いないと思いますよ。

その新聞のことなのですが、上で書いたものの他にもう一つ間違いがありました。ピエタ慈善院付属女子音楽院の生徒たちについて、「少女たち」と書かれていた点です。
カーザヴェーチャさんによれば、ピエタの「合奏・合唱の娘たち」のメンバーは「10代の少女もいたけれど、むしろそれよりも年上の大人の女性の方が多く、メンバーの平均年齢も30歳よりも40歳に近いものだった」ということでしたよね。

この二つ以外には、記事のヴィヴァルディの伝記の部分には決定的な間違いはなかったように思いました。ヴィヴァルディを紹介するものとしては、今までで一番の記事だと思ったくらいです。



Re: 見つけました! 畑野こいも - 2010/02/19(Fri) 19:33:38 No.891  

>カーザヴェーチャさん
「マニフィカト」ですが、私はRV610とRV610a、RV611を全曲収録したCDを持っています。先日、その3曲を合唱団のみんなに聴かせたら、すごく喜ばれました。とても嬉しかったです。
また、RV610とRV610a、RV610b、RV611の違い(合唱や合奏の編成や曲の構成など)についても、団の連絡網の一斉メールで質問した方がいました。私が詳しい答えを書いたメールを流したら、びっくりされてしまいました(「おもしろい話をありがとう」と)。カーザヴェーチャさんの今回のコメントでさらに詳しいことを知ることができ、とても感謝しています。ありがとうございました。

RV611の独唱アリアはどれも素晴らしいですよね。私も大好きです。
RV610bだけはまだ聴いたことがありません。今、CDを探しています。

今、「グローリア」RV589と「マニフィカト」を練習していますが、「ヴィヴァルディのことを知らない方が本当に多いなぁ」といつも思います。「四季」以外の曲を、そして特に声楽曲、宗教音楽を知らない方がものすごく多いです。仲間の中でも、知っている・歌ったことがある方は自分を含め数えるほどしかいません。
今度、みんなに今回の新聞記事を見せようと思っています。そして、このホームページのこともそのうち紹介できればと思っています(「インターネットの掲示板」というとあまり良いイメージを持っていない方もいると思うので、どういう言い方をすればよいのか迷っていますが)。



Re: 見つけました! ペパーミント - 2010/02/19(Fri) 20:08:50 No.892  

朝日新聞の「うたの旅人」ヴィヴァルディの、読みました。
うたの旅人シリーズは、毎回、心に余韻が残るように書かれていると思いますが、
この回も・・・。

小説「スターバト・マーテル」の作者の言う、
「彼の楽譜には少女たちの名前が書き込んであり、
愛情を持って接したことがわかる。
『君たちは幸せな出生ではなかったかもしれないが、負けるな。
私が音楽という希望を与えよう』と伝えたのではないか。
そう想像すると、明るい『四季』の旋律も、違って聞こえてくる」
(偶然、カーザヴェーチャさんが、上で、
5人の歌手の実名入りの『マニフィカート』について書かれていますね。)

これを読んで、あらためてじーんときました。
やっぱり、ヴィヴァルディは、彼女たちを輝かせていた・・・。
その輝きは、どれだけ時間が経っても失われず、
彼の音楽は現在もこれからも輝き続けるのだと思います。
『四季』しか知らない(私もそうでした)人たちもこれを読むと、
上にあるように少し違って聞こえるかもしれませんし、
ヴィヴァルディについて、ああ、こういう人だった...
と知るよい機会になるかもしれません。
こいもさんもおっしゃるように、ヴィヴァルディの音楽が
あまり知られていないこと、私も残念に思います。

マニフィカ−トは、3種CDを持っています。
ヴィヴァルディのファンになりたての頃、NAXOSのVIVALDI SACRED MUSIC 3 で、
マニフィカ−トRV610/611,キリエ RV 587,サルヴェ・レジナRV 617,等、
「ヴィヴァルディの宗教音楽ってなんて美しいんだろう!」と毎日聞きほれてました。
私もあのRV611の独唱曲は大好きです。

ところで、ピエタ教会についてですが、記事に
「『完璧な音響はビバルディの発想と助言による』との石碑がある」
とあるのですが、私はまったく知りませんでした。ヴィヴァルディの死後建てかえられたということで、
そうだとは思っていませんでした。

- Joyful Note -
Modified by isso