ヴィヴァルディ 掲示板 全般
[トップに戻る] [掲示板に戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント(No.590)の関連スレッドを表示しています。 ]

ヴァイオリンコンチェルトについて 投稿者:りんご22 投稿日:2008/10/22(Wed) 00:01:30 No.589  
初めまして。りんご22と申します。
ヴァイオリンを習って随分たつので、ヴィヴァルディの
コンチェルトの簡単なものを弾きたいと思っています。
できれば、有名なイ短調、ト短調以外の短調の短いもので
弾き映えのするものに挑戦したいのですが、どなたかご存知ないでしょうか?
よろしくお願いします



Re: ヴァイオリンコンチェルトについて カーザヴェーチャ - 2008/11/12(Wed) 02:15:14 No.590  

りんご22さん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

初めてのお書き込みなのに、とんでもない亀レスで驚くやら、呆れるやら、腹がお立ちになるやらだったでしょう。
仕事の関係で申し訳ありません。

サイトにロムしてくださっている皆様、ただいま戻りました!先月25日頃に戻る予定が2週間も延びてしまいました。
ほかのBBSでの宿題もこれからしっかり片付けるつもりですので、またどうぞよろしくお願いいたします。

さて、りんご22さん、
ヴィヴァルディの短調がお好きなのですね。全作品を見渡すと短調は長調に比べてずっと少ないですが、
哀愁や、暗い情熱のほとばしり、癒されない孤独感など、現代を生きる私たちにも共感できる
切々と胸に迫りくる世界が多く、ここにはまるとかなりディープなヴィヴァルディ・ファンになるかもしれません。

有名なイ短調とは、初心者ががかならず弾かされる作品3『調和の霊感』第6番だとすぐわかりましたが、
ト短調とは昔テレビのヴァイオリン教室で取り上げられたことでいっぺんに有名になった作品12第1番のことでしょうか?
(第一番は第二楽章のトゥッティの甘美さは良いとして、全体にソロの動きがもたつき、それほど優れた作品には思えません。
同じ作品12から選ぶなら、初心者にも弾きやすく旋律が美しいという点で、第四番がお勧めなのにと思ったことでした。)
それとも当時の常識派を驚かせた7度の音程の跳躍が第一楽章の冒頭第二小節目から第三小節目にかけてひょいと顔を出す
作品6第一番のことでしょうか?それとも、パクリ専門のあのシェドゥヴィル(犠牲者はヴィヴァルディだけではありません、
ダッラーバコもやられたようです)がヴィヴァルディ作と堂々と偽って世に出した『忠実な羊飼い』(勝手に作品13として)の
第6番で第一楽章のテーマをパクられてしまった作品4『ストゥラヴァガンツァ』第6番のことでしょうか?

ヴィヴァルディはト短調のヴァイオリン協奏曲を21曲書いていますが、非常に味のある作品が多いのが特徴です。
あの『四季』の「夏」も、同じく作品8の第8番もト短調ですし、特に中・後期の作品のRV327、RV330、V331、V333
の4曲は中身の濃い作品です。あいにくRV330とRV333はまだ録音されていませんが。

しかし、それほど難しくなく弾き映えのする短調の作品と言うご要望ですので、次の3曲に絞り込んでみました。
音源もあわせて載せておきますので、ご自身の耳で確かめてからお選びになったらいかがでしょうか。
楽譜はヤマハが扱っていると思いますので、Ricordi社のTomo番号も表示しておきます。でも、もし首都圏にお住まいでしたら、
皆さんに再三再四お勧めしているJR上野公園口駅前の東京文化会館4階にある音楽資料室でA3版1枚30円でコピーするのが、
一番早くしかも経済的です。ただし、こちらの検索はFanna番号ですのでお間違いなく。ヴァイオリン協奏曲はF.Iなので、
受付に楽譜貸し出しを申し込むときの請求番号はAVI(Fanna番号)と書きます。AVはAntonio Vivaldiのイニシャルです。
最初は何か身分証(保険証で可)をお持ちになることをお忘れなく。それがないと資料室に入れません。
2年間有効の入室証を無料ですぐ作ってくれますので、2回目以降は楽です。詳しくは(3828)2111まで。

RV275ホ短調(Tomo484, F.I-220)
音源:ELOQUENTIA[EL 0815] "Vivaldi Concerti per violino" Florian Deuter (vn), Harmonie Universelle
この作品についてはBBS3No.1550「初期ヴァイオリン協奏曲集」でも少し説明しておきました。第二楽章の雰囲気は作品3
『調和の霊感』に近いものがあります。音源には、ARION[ARN 68746]もあるのですが、マルコ・ペドゥローナMarco Pedronaと
Ensemble Guidantusの演奏が余りにもひどく、もしこの作品がお気に召さなかったとしたら、それは作品のせいではなく、
彼らの演奏が原因だと確信をもって言えます。

RV276ホ短調 (Tomo480, F.I-216)
音源:STRADIVARIUS[STR33778]"l'Elite des concertos italiens" Giorgio Sasso (vn) Insieme Strumentale di Roma
これも上の作品と同じく、アムステルダムで他の作曲家の作品と一緒に一冊の楽譜集として出版されたものです。
実は、こCDのタイトルはそのままこの楽譜集の扉を飾っていたものなのです。上の作品と同じく、
作品3『調和の霊感』によく現れる音型やアルペッジョ進行がみられます。

作品9『チェートゥラ』(出版されたほう)第11番ハ短調 RV198a (Tomo133, F.I-58)
音源:VERITAS[724356159426]"La Cetra"Monica Huggett (vn), Raglan Baroque Players
これこそまさに暗い情熱のほとばしりです。高音域のヴァイオリン協奏曲が多い中で、
この作品の第一楽章と第三楽章は徹底してGの開放弦に軸を置いて動きます。

- Joyful Note -
Modified by isso