[リストへもどる]
新着記事

タイトルブラウン著『ビバルディ』を斬る(完)
記事No857   [関連記事]
投稿日: 2007/04/21(Sat) 20:53
投稿者カーザヴェーチャ
・110ページ〜111ページ「肖像画」
→ ゲッツィの戯画が白黒反転しているのはご愛嬌としても、その左の、作品8の刊行にあたり楽譜集に入れた、
ラ・カーヴ作の銅版の肖像画に彩色してあるのはいただけません。当時は油彩画を基に銅版画を作製したのですが、
そのオリジナルな油彩画がいまだ発見されていないのに、一見油彩画風に着色するとは、
いくら「理想化された」とキャプションに入れたところで著者の自己満足に過ぎず、読者にはその真意が伝わりません。
また、111ページのミラノに伝わる「伝ヴィヴァルディ肖像画」に1723年と勝手に年号を入れていますが、
これはゲッツィの戯画が描かれた年で、それは白黒反転していても戯画をよく見れば判ることです。
この油彩画を45歳の時の絵だとしていますが、どう見てもせいぜい三十代前半の青年ではないでしょうか。


・113ページ1〜5行目:「1725年は、『四季』という傑作が誕生した年だ。」
→ 『四季』が書かれたのは1715年頃で、筆写譜で出回っていました。
当時は筆写譜の出回り具合を見てから出版する慣行でしたが、ブラウンはそのことすら知らないで、
この入門書を書いたということになります。


・116ページ9行目、117ページ1行目:「ハチ」
→ ソネットには、「ハチ」という生き物は出てきません。昆虫について書かれているのは
第二楽章の"E de mosche, e mossoni il stuol furioso!です。mossoniがmosconiになっている場合が多いのですが、
それでは「ハエmoscheとアオバエmosconiのすさまじい群れ」になってしまい、
ヴィヴァルディがハエの種類にこだわるほどの昆虫マニアだったという証拠がない限り、
ここは常識的に考えて、ヴェネツィア方言で「羽虫やブヨ」を表すmossolinが転記ミスでmossoniとなり、
印刷の段階でmosconiとなったと解釈したほうが文意によりふさわしいと思います。
いずれにしろ、「ハチの大群」とは、どこをどう訳したのか首をひねるばかりです。
第二楽章のソネットの大意は、「牧童の不安が的中して、遠くに稲妻が走り雷鳴も轟き始め、
おまけにハエや羽虫、ブヨがぶんぶん飛び回って、疲れ果ててまどろもうにも、それどころの話ではない」です。

 実はこのサイトのソネットの訳詩も、以前のものを引き継いだままの形なので、大変気になっております。
そのうちに、なるべく原文の意味が忠実に反映されるよう全文を改訳する予定ですので少々お待ちください。


・138ページ1行目:「晩年はウィーンに定住するつもりだった」
→ なぜ手持ちの楽譜をピエタに安く買い取らせまでして、あわただしくウィーン行きを決めたのか、
まだ不明な部分が多くて、定住するつもりだったという結論に達した研究者もまだいません。


・139ページ1〜2行目:「カール6世亡き後、ドレスデンに向かったようだ。」
→ これも、ブラウンの勝手な想像です。


・139ページ7行目:「貧窮のうちにウィーンで亡くなった」
→ 年代記作家グラデニーゴが、手書きの『追悼記』に、「往時は富豪の生活をしていたが、
最期は貧困のうちに死んだ」という道学者めいた文章を書き込んだのが事の発端ですが、
彼が貧困の判断とした19グルデン45クロイツェルという葬儀代金は、近年の研究によると、
ごくあっさりした葬儀を行った場合の普通料金だったことが明らかになっています。
つまり、夏の盛りに内臓疾患で客死した異国の音楽家を弔う料金としては決してケチった金額ではありません。
実際、死後5日目の8月2日付けのウィーンの新聞、『ヴィーネリッシェス・ディアリウム』に短い訃報が出ていますが、
そこには道学者的な関心を呼ぶ内容の記事は見当たりません。

投宿先も、それまでヴィヴァルディのオペラを6本上演したケルントナー・トア劇場が用意した作曲家用の宿舎で、
不動産的価値の高い建物でした。その間、ヴェネツィアではヴィヴァルディの老いた姉妹が、
リアルト橋近くの高級マンションで留守を守っていましたが、毎月の家賃は勿論ヴィヴァルディが払っていました。
そんなわけで、貧困という言葉の入り込む余地がないのです。ヴィヴァルディの訃報がウィーンから届いた後、
老姉妹はマンションを手放すことになり、公証人に家財の財産目録を作成させていますが、
マンションの主が旅先で金に困って送金が絶えたとか、預金が底をついて何かを売り払ったという形跡もありません。

「栄枯盛衰」や「おごる平家は久しからず」という言葉が大好きな私たち日本人は、
この言葉に仏教的な「有為転変」や「無常」を感じ取るよりも、やっかみに裏打ちされた「ざまあみろ」という、
テレビのワイドショー的な野次馬根性から来る小気味よさを感じているのではないでしょうか。
それと同じ心で、事の真偽を確かめることもなく、グラデニーゴの道学者的な見解が、
本や雑誌やウェブ上で飽きることなく再生産されているのです。


・139ページ13行目〜140ページ1行目:「葬られた貧民病院の共同墓地は道路になった」
→ 劇場が用意してくれた4階建ての広々とした建物は、1876年に道路拡張のために取り壊されましたが、
ヴィヴァルディが葬られた市民病院付属の貧民墓地は道路にはなっていません。
ウィーン工科大学の敷地の一部になっています。


・140ページ11行目:「葬儀に付き添った6人の少年聖歌隊員の一人はハイドンだった。」
→ やや離れたところにあるザンクト・シュテファン教会の少年聖歌隊に、ハイドンが一員として在籍していましたが、
ヴィヴァルディの葬儀に付き添ったというのは詩人ブラウンの美しい作り話です。


以上、こまごまと見てきましたが、こうした内容の本が、どのような判断基準により日本図書館協会選定図書および
全国学校図書協議会選定図書となったのか、摩訶不思議としか言い様がありません。

タイトルブラウン著『ビバルディ』を斬る(3)
記事No856   [関連記事]
投稿日: 2007/04/21(Sat) 01:24
投稿者カーザヴェーチャ
・92ページ2行目:「ヴィヴァルディはサン・マルコ大聖堂の司祭だった」
→ 事実誤認も甚だしいです。ヴィヴァルディは25歳で司祭に叙階されたあと、サン・マルコ大聖堂から歩いて数分のところにある
サン・ジョヴァンニ・イン・オレーオ(またはノーヴォ)教会(ヴェネツィア方言ではザニノーヴォZaninovo教会)で初めてミサをあげました。
つまり、この教会の教区司祭として司祭の道を歩み始めたのであって、サン・マルコ大聖堂の司祭としてではありません。
もし、ヴィヴァルディに持病がなく(「狭心症」、「過呼吸症」はたまた「喘息」か?)、ミサを上げるのに何の支障もなかったら、
そのままザニノーヴォZaninovo教会の教区司祭であったかもしれません。そうなると、たとえパートタイムであっても、
ピエタ音楽院のヴァイオリン教師、さらには協奏曲長になるという道を歩むことができたか、疑問を感じるところです。

 現在、カトリックの司祭は教会や司祭館で暮らす教区司祭と、清貧の誓いをたてて共同生活を送る義務のある修道会司祭に二分されますが、
ヴィヴァルディの時代のヴェネツィアにおけるカトリックの司祭は、まるで東方正教会の司祭のように在俗司祭の存在を認めていたようです。
もちろん、東方正教会の在俗司祭のような妻帯は認められていませんでしたが、平服を着て家族と暮らすことに何の問題もなかったようです。


・96ページ12行目:「イギリス式ビオラ」
→ これはパム・ブラウンの責任ではありません。単なる固有名詞のviola all'ingleseの誤訳というより訳し過ぎで、
アメリカの「藪」大統領、イタリアの「勇者」大統領、ドイツの「炭焼」大統領、フィリピンの「小川」大統領、スペインの「靴屋」首相と訳すのと同類です。
viola all'ingleseはそのまま、ヴィオラ・アッリングレーゼと音写すればよいのです。どのような楽器かと申しますと、
ヴィオラ・ダモーレ(ダモーレの語源を「愛の」とする説と、北アフリカのイスラム教徒である「モーロ人の」とする説があって、
一概に決められません。やはりカタカナで音写するのがよいと思います)と良く似た共鳴弦付きの中型の擦弦楽器ですが、
ヴィオラ・ダモーレよりも共鳴弦の数が二、三倍多く、主要な6本の弦の調弦は低いほうから、レ-ソ-ド-ミ-ラ-レの順です。


・104ページ1〜5行目:「アンナ・ジローと初めて会ったのはマントヴァに赴任した時」、「妹のパオリーナ」
→ アンナが生まれたのは1710年です。本文では、すでに一人前の大人の歌手として書かれていますが、
万が一会ったとしても、せいぜい8歳から10歳のまだ幼い子供でした。それに音楽の勉強を始めたのは12歳になってからで、
それも20歳も年上の異父姉妹のパオリーナに付き添われて、マントヴァを出てヴェネツィアに渡ってからです。


・105ページ11行目〜106ページ3行目:「マルチェッロの『当世風劇場』は、ヴィヴァルディの音楽の弱点である長ったらしいカデンツァや、
台本作家として腕が未熟であることをあざ笑ったものだが、かなりの真実がふくまれていた」
→ カデンツァについてマルチェッロが批判したのは、長々と転調を繰り返しているうちに元の調に戻れなくなることで、
これはヴィヴァルディが残したカデンツァを見れば、まったくあてはまらないことは明白であって弱点でも何でもありません。
むしろ、コンチェルトにカデンツァという形式を導入した音楽史上の業績が評価されています。また、ヴィヴァルディは、
台本作家になったことは一度もありません。『当世風劇場』にかなりの真実が含まれているという舌足らずな書き方をするから誤解が生じるのです。
かなりの真実が含まれているのは、当時のオペラの世界のこと一般であって、ヴィヴァルディに関することではありません。
しかし、そうは読み取れなかったとすれば、パム・ブラウン女史はマルチェッロの卑劣な罠にまんまと引っかかったということです。


・107ページ6行目:「ヴィヴァルディはアマチュア音楽家だった。」
→ ブラウン女史はすっかり混乱しているようです。ヴィヴァルディは最初からプロの音楽家でした。金のためになど作曲しないぞと、
高尚で才ある音楽家を気取っていた(少なくとも自分ではそう思い込んでいた)のは、マルチェッロ自身です。(つづく)

タイトルブラウン著『ビバルディ』を斬る(2)
記事No855   [関連記事]
投稿日: 2007/04/14(Sat) 16:33
投稿者カーザヴェーチャ
・41ページの絵:「ピエタでの演奏会」
→ ヴェネツィアのクェリーニ・スタンパーリア財団所蔵のこの絵は、18世紀後半に活躍した画家、ガブリエル・ベッラ(1730-99)の
"La cantata delle orfanelle per i Duchi del Nord"(北の大公夫妻のための孤児たちによるカンタータ)です。
場所はピエタではありませんし、ほかのどの慈善院でもありません。慈善院では、演奏者や歌手の顔が直接見えないように、
演奏ボックスは鉄格子に覆われていましたが(鉄格子というと牢獄みたいですが、素敵なデザインを施した飾りつきの格子です)、
この絵では、腰から上が丸見えです。おそらく、四つの慈善院のいずれかから「合奏・合唱の娘たち」(全員が孤児ではありませんでしたし、
中年の女性もいます。念のため)を呼んだのでしょう。この頃の慈善院付属音楽院は経営が悪化していたようで、
ヴィヴァルディの頃の盛期と比べて、綱紀もゆるくなっていた可能性があります。

 北の大公夫妻とは、ロシアのエカテリーナ2世とピョートゥル3世の間に生まれたパーヴェル1世(1762−1801)とその王妃のことで、
二人は1782年1月にヴェネツィアを私的に訪問しています。この絵は、その折に開催されたカンタータの夕べの様を描いたものです。
服装もバロック時代とは随分違います。ところで、ガブリエル・ベッラという画家は初耳という方が多いかと思いますが、
実は、カルミニョーラとソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカが出した、RV581『聖母被昇天の祝日のために』や
RV212『1712年、パドヴァの聖アントニオの聖なる舌の祝日のために』などを含む宗教的色彩のあるヴァイオリン協奏曲を集めた
<<Concerti per le solennita>>というアルバム[DIVOX:CDX79605]のジャケットを飾っている絵の作者だと言えばお分かりでしょう。
ジャケットの絵のタイトルは"Sposalizio alla Salute"(サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ教会での婚礼)です。
この絵も、サンタ・マリーア・フォルモーザ教会のすぐ近くの、クェリーニ・スタンパーリア財団で見ることができます。


・44-45ページの絵:「外国からヴェネツィアに到着した貴族一行」
→ ヴェネツィアに馬車とは!!海上都市のヴェネツィアと5キロほど先の陸地が線路用の低い鉄橋でつながったのは1931年のこと。
それから数年後に、ファシストの親玉で自らを、ヴェネツィア共和国のド−ジェdoge(総督、統領)にあたる、
「ドゥーチェduce(統領)」という時代がかった尊称で呼ばせたムッソリーニが、線路に平行する自動車道を建設しました。
ヴェネツィアで一番広い空間であるサン・マルコ広場でさえ、万が一馬車を持ち込めたとしても、回廊から先には進めないことは、
映画の質に比べると情けなくなるほど超豪華で、時代考証どころか地理的考証もメチャクチャなアメリカ製映画『カサノバ』を
彷彿とさせます(そのはちゃめちゃぶりについては、BBS2のNo.1337のスレッド「カサノバ」をご覧ください)。
この絵の中の登場人物に、バウタと呼ばれるヴェネツィア独特の絹の黒い頭巾と一緒に被る白い仮面をしている人が何人か描かれているので、
ヴェネツィア共和国の陸地側の大きな町、たとえばパドヴァかヴェローナあたりの貴族の館かもしれません。


・46ページ:「1705年のトリオ・ソナタ集出版まで、ヴィヴァルディは教会音楽しか作曲しなかった。」
→ これも、いったいどこから持ってきた話なのでしょうか。ヴィヴァルディが教会音楽の作曲を任されるようになったのは、
1713年に合奏長のガスパリー二が突然ピエタを辞してローマに向かってしまい、困り果てた理事会が、
後任が見つかるまでヴィヴァルディに宗教曲の作曲も依頼してからです。しかし、臨時の仕事とは言え、
その素晴らしい出来栄えに、1719年に合奏長の後任がカルロ・ピエトゥロ・グルアに決まった後も、
外部から宗教曲の作曲が依頼されるようになりました。また、グルアが1726年に死去してから
後任にジョヴァン二・ポルタが決まるまでの二ヶ月弱の期間と、このジョヴァン二・ポルタもピエタを去り、
次の合奏長が見つかるまでの1737年から39年までも、ピエタ音楽院は、ヴィヴァルディを頼みの綱としたようです。
合奏長はトップに君臨するポストですから、協奏曲長という特別なポストよりも名声上ずっと魅力的なはずですが、
ヴィヴァルディは合奏長の地位を求めた形跡がありません。おそらくフル・タイムで縛られるのを厭ったのでしょう。
職場の先輩であり、ヴィヴァルディをピエタのヴァイオリン教師に推挙してくれた恩人であるフランチェスコ・ガスパリー二(1668-1727)は、
合奏長を務めつつサン・カッスィアーノ劇場でオペラを12年もかけてきたので、サンタンジェロ劇場などでオペラの世界に関わるのは、
いっこうに問題がありませんでしたが、天才的ヴァイオリニストとして各地へ演奏旅行に行くことを切望されていた身としては、
フル・タイムで縛り付けられるのは真っ平御免だったのでしょう。


・68ページ、2行目〜4行目:「オペラに手を染めたが、興行師としての神経をすり減らす仕事で体調を崩し、1年足らずで手を引いた。」
→ 興行主(興行師と訳していますが、それではイベント屋となってしまいます)の仕事は、ブラウンが書いているように、
作曲家としてアリアとレチタティーヴォの作曲をすれば済む話ではなく、キャスティングから、その世話、入場券の手配、
わがままなスターたちの要望を聞き入れてアリアの曲だけでなく詩句まで書き直したり、彼ら彼女らの持ち歌だといえば、
他の作曲家のアリアも入れ込まざるを得なかったり、脚本家との打ち合わせがあったり、リハーサルを繰り返したり…。
挙句の果て興行に失敗すれば負債を背負い込みますから、それはもう神経がすり減ります。しかし、それで体調を崩したなど、
一体どこから持ってきた話なのでしょう?

 ヴィヴァルディが1737年11月16日にベンティヴォーリョ侯爵に宛てた手紙の中で、自分は生まれつき蒲柳の質で、
普段は家に籠もっていて、「胸の狭さ」という持病のため歩くことも適わず、ゴンドラか馬車を使わなければ
外出は無理だと述べていることから、またもや詩人の想像の翼を大いに羽ばたかせたのでしょう。

 まず、この手紙は何を一番伝えたったかったかということと、そのときのヴィヴァルディの年齢を考慮しなければなりません。
フェッラーラでオペラをかけようとしたところ、ヴィヴァルディが司祭なのにミサをあげず、歌手のアンナ・ジローと親しいという理由で、
ヴィヴァルディのフェッラーラ入りをルッフォ枢機卿が禁止したという青天の霹靂の知らせが、教皇特派使節を通じてヴェネツィアに届きます。
そこを何とかしてもらいたいと、フェッラーラの有力貴族であるグィード・ベンティヴォーリョ侯爵に救いを求めたのが、この手紙です。
蒲柳の質だから、演奏旅行や興行旅行には身の回りの世話を焼いてくれる女性たちの存在が必要で、その中の一人がアンナ・ジローで、
しかもそのアンナには常に姉のパオリーナ(手紙では年齢差はおろか名前も出てきませんが、アンナより二十歳も年上の姉です)が一緒で、
下司の勘繰りをされるような怪しい関係ではないということを行間に滲ませています。身の回りの世話は男だっていいではないか、
下男や騎士の従僕の例だってある、と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、「病人の世話は看護婦の勤め」という考えは、
リチャード・ゴードンRichard Gordonがその著"The Alarming History of Medicine"(Sinclair-Stevenson Ltd, 1993.
---邦題『歴史は病気でつくられる』、時空出版、1997)で述べているように、ナイチンゲールの時代に至るまでも無論のこと、
つい最近までヨーロッパに広く浸透していた常識でした(そのくせ、治癒に当たる女医の出現を伝統的に拒否した歴史があり、
牛痘法で有名なジェンナーでさえ、ひとり娘が医学生になるより、彼女の葬列で墓場に向かったほうがましだと泣いて嘆いたそうです)。
そんなわけで、いかに体が弱ったかを強く訴えたのでしょうが、この時代の書簡では大げさな表現が当たり前だったことを割り引く必要があります。

 古い文献に当たるときに特に注意しなくてはならないのは、その文献が書かれた当時の習慣をよく弁えておく必要があるということです。
たとえば、日本の近世の歴史記録として、1809年から49年までに林大学頭(述斎)を総裁に、家康から家治までの治世を編年体で記述した、
幕府編纂の『徳川実記』がありますが、幕府にとって都合が良いように書かれている部分もあり、額面どおりに読み取ることなく、
『御実記』自体が典拠とした『柳営日次記』や『柳営日録』、『御日記』(柳営とは将軍の居場所を表す中国語で、日本では幕府を意味しました。
将軍を唐名で大樹、その下の御三卿と尾張・紀伊家当主を亜相、さらに下の水戸家当主を黄門と称するのと同じです)と比較検討したり、
時には、大名・旗本が家祖から当主までの事跡を系図の形で記述して幕府に提出したのを基に編纂した『寛政重修諸家譜』を参照したりと、
その扱いには慎重が上にも慎重を期すのと同じです(そこまで、きちんと調べて書いている時代小説家がどれほどいることでしょう。
それなのに次々と出版されテレビ・映画化されて、ゆがんだ江戸時代観が形成されていくのですから、たまったものではありません)。

 閑話休題。当時のヴェネツィアでは、どの邸宅も運河に面して表玄関があり、ゴンドラが着くと両開きの扉を開けて、
ゴンドラをそのまま漕ぎ入れさせました。ゴンドラを降りた客が階段を上って扉を開ければ、そこは高い天井の一階ホールです。
屋敷によっては出たところが中庭に通じる構造になっているところもありますが、中庭が表の路地(時には広い通り)に
面しているところに設えられている立派な門は裏門なのです。ですから、ゴンドラを利用するのは何も病弱な人に限りませんでした。
馬車については言わずもがなでしょう。それに、この手紙を書いたときのヴィヴァルディはすでに59歳で、
この4年後に内臓疾患でウィーンで客死します。そのヴィヴァルディも、ピゼンデルが師事したころの1716年から17年にかけては、
ピゼンデルと一緒にサン・マルコ広場を散策していたではありませんか。しかもピゼンデルを犯人と見間違えた秘密警察の尾行に気が付いて、
自分と一緒に直ちに家に引き返そうと小声で伝えています。当時、ヴィヴァルディ一家が住んでいた家は、
サン・マルコ大聖堂を裏手に回ったところにある、サンティ・フィリッポ・エ・ジャコモ広場に面していましたから、
追っ手から一刻も早く逃れるために、数分間は足早に歩いたことになります。このときは38、9歳で、
ブラウンが言うオペラから手を引いた1715年は、この事件よりも1、2年も前のことですから、もっと元気だったでしょう。

 そして、何よりも、オペラから1年足らずで手を引いたという話自体がとんだ嘘っぱちだということを示しているのが、
ほかならぬヴィヴァルディのオペラ上演の業績です。この1715年にRV724『皇帝になったネロ』を、
翌1716年にRV700『ポントゥス女王アルスィルダ』とRV706『愛と憎しみに打ち克つ貞節』を、
続く1717年にはRV737『ティエテベルガ』を、1718年にはRV699『エジプトの戦場に赴くアルミーダ』を上演しています。

 しかも、ヴィヴァルディが1715年にオペラを上演していたことを伝える目撃証人がいるのです。
それは、フランクフルト・アム・マインから旅行でやって来た音楽愛好家の建築家、ウッフェンバッハです。
パンシェルルはOffenbachとしていますが、Johann Friedrich Armand von Uffenbachの誤りです。
1715年2月4日に、ウッフェンバッハはサンタンジェロ劇場に行き、ヴィヴァルディがオペラを指揮しているのを見ているのです。
自分自身が素人のヴァイオリニストだった彼は、弓と駒の間にほとんど指が入らないほどの高音域で、
四本の弦を使って急速なパッセージを弾くヴィヴァルディの超絶技巧に目を丸くしています。(つづく)

タイトルパム・ブラウン著『ビバルディ』を斬る
記事No851   [関連記事]
投稿日: 2007/04/02(Mon) 00:22
投稿者カーザヴェーチャ
長らくお待たせしました。いよいよ『〜を斬るシリーズ』の始まりです。本文をそっくり抜き書きすると、
著作権法に触れる恐れがありますので、該当ページと行を示し、本文の趣旨を記述してあります。

第一回目の今回は、パム・ブラウン著『ビバルディ』(橘高弓枝訳、偕成社、1998年。原書は1992年。)を斬ります。
すでに古典となってしまい、入手不可能と言われる、マルク・パンシェルル著『ヴィヴァルディ−生涯と作品』
(早川正昭・桂誠共訳、音楽之友社、1970年。原書は1955年)と、ロラン・ド・カンデ著『ヴィヴァルディ』
(戸口幸索訳、白水社、1970年。原書は1967年)に代わって、現代人にも入手しやすい図書とみなされているようです。
実際、日本図書館協会選定図書、全国学校図書館協議会選定図書に指定されています。ということは、
たいがいの学校の図書室や、自治体の図書館に備わっている可能性が高いということで、
年端もいかない無垢の読者に対して誤った記述を提供することは、よりいっそう罪が重いと言えます。
指摘箇所があまりにも多く、1スレッドの容量におさまりませんので、分けて書き込みます。


・14ページ、5〜6行目:「ヴィヴァルディが7歳の頃には理髪師でなくなり、サン・マルコ大聖堂オーケストラの
ヴァイオリニストとしての収入で家計を支えていた。」
→ 父親は、アントニオが7歳の時に、サン・マルコ大聖堂の総督用礼拝堂付き合奏団の一員に迎えられましたが、
初任給は年俸15ドゥカート、4年後に昇給したとは言え、それでも25ドゥカートという非常に低い収入で、
長子アントニオの他に娘二人と生れたばかりの次男のいる一家を支えるなど、とうてい不可能な額でした。
父親がいつ理髪師を辞めたかについては、記録がありません。おそらく、この頃はまだ兼業が続いていたと思われます。


・15ページ、6行目:「13歳になる頃にはサン・マルコ大聖堂のオーケストラで父親の代役を勤めていた」
→ まったくのデタラメです。ヴィヴァルディと父親が属していたオーケストラの関係にかかわる資料は、
助祭になった翌年の1696年に、父親が勤める合奏団のクリスマス演奏会で、父親の代役などではなく、
父親と肩を並べて演奏したことを伝えていますが、このとき、ヴィヴァルディはすでに18歳でした。


・28ページ、4〜9行目:「ヴィヴァルディが、自宅から教会に通って神学を学ぶことを許されたのは、病弱だったため。
また、司祭になるまで10年もかかったのは、ヴァイオリンと音楽しか頭になくて、神学の勉強がおろそかになったため。」
→ 確かに、ヴィヴァルディは自宅から歩いてほんの数分のところにある、教会付属の学校に通いましたが、
直接教会で神学を学んだのではありません。また、寄宿舎ではなく家から通ったのは、病弱だったため特別の許可が出たからだ、
というのは1つの可能性であり、そう決め付けるのはやり過ぎです。音楽に専念したため神学の学業が疎かになったというのは、
根も葉もない話で、詩人パム・ブラウンによる創作です。


・30ページ、10行目:「ピエタは孤児や捨てられた女の子を預かる施設だ。国費で運営された。」
→ 最近、日本でも捨て子装置である「赤ちゃんボックス」の是非を巡って、いろいろと議論が沸きましたが、
ピエタ慈善院には、通りに面した塀の一部にスカフェータと呼ばれる回転式の受付け口があって、
赤子を載せてくるりと回転すると、赤子が慈善院の内部に入る仕掛けになっていました。
それは女子に限るということではなく、男子も同様に受け入れて育てていました。ただし、男子は16歳になると、
ピエタ慈善院で身に付けた石工や船大工、靴職人などの技術を生かして、社会に巣立って行かなければなりませんでした。
ピエタに限らず、ヴェネツィアのどの慈善院も運営は国ではなく、裕福な市民から選ばれた人たちが理事会を形成して、
運営に当たっていました。経費に関しては、もちろん国の年間予算ではなく、演奏会による収入、篤志家からの寄付、
そして、後述する『技術担当の娘たち』が作る製品を販売して得た収益が、主たる財源でした。


・32ページ、3〜6行目:「ピエタ慈善院の女子は『合唱の娘たち』と『社会の娘たち』から成り、前者は音楽教育を、
後者は一般教育を受けた。」
→ まずは誤訳の問題です。現代イタリア語でcoroと言えば、「合唱」という意味ですが、バロック時代のヴェネツィアでは、
合奏と合唱の両方を意味しました。したがって、『合唱の娘たち』ではなく『合奏・合唱の娘たち』が正しい訳です。
同様に、現代イタリア語でcomuneと言えば、「地方自治体やその役所」という意味ですが、ピエタ慈善院では、
中世の「同業者組合の職人・工人」の意味合いで使われていました。従って、私などは分かりやすく
『技術担当の娘たち』と訳しています。実際、『技術担当の娘たち』に与えられた教育は、一般教育などではなく、
裁縫、刺繍、毛梳きなどの技術であり、それによって生み出される製品の販売による収益が慈善院の財源の一部となっていた、
というのは前述のとおりです。また、彼女たちは『合奏・合唱の娘たち』を支えるこまごまとした雑事もこなしていました。


・33ページの写真。:「元ピエタ慈善院の正面」
→ これは、ヴィヴァルディの死後、何年も経った18世紀半ば過ぎに完成したピエタ教会と、
隣接してはいますが、ピエタ教会とまったく関係のない建物です。当時のピエタは、教会と一本道を隔てた
現在ホテルになっている敷地に建っていました。この写真の教会の向かって右側、本で言えば32ページの部分にありました。


・39ページ、2〜6行目:「オーケストラの娘たちはうら若い乙女たちで、演奏会の後、特権階級の人々に紹介されて多くは幸せな結婚をした」
→ 「娘たち」と言う言葉から勝手に想像したのでしょう。実は、『合奏・合唱の娘たち』の内訳は、
うら若い乙女たちの数よりも、中年以降の女性の数のほうが圧倒的に多かったのです。詳しいことはNO.377のスレッド、
「女の子に囲まれたヴィヴァルディ?!」をご覧ください。しかも、演奏会後に「顔見世」よろしく特権階級の人々に紹介されて、
多くは幸せな結婚をしたというのは、まったくの作り話です。詩人の想像力には恐ろしいものがあります。(つづく)

タイトルRe^2: ウソでもいいの??
記事No847   [関連記事]
投稿日: 2007/02/26(Mon) 10:47
投稿者アントニオ
カーザヴェーチャさん、tonia_irさん、ありがとうございました。

カーザヴェーチャさんのサイトが、どんなポリーシーをお持ちかよくわかって安心しました。
ヴィヴァルディはまだ「四季」とか「調和の霊感」とか、あとグローリアくらいかな。
まだ初心者なのでこれからも勉強させてください。よろしくお願いします。
ありがとうございました。

タイトルRe^3: ウソでもいいの??
記事No846   [関連記事]
投稿日: 2007/02/25(Sun) 15:21
投稿者tonia_ir
参照先http://groups.yahoo.co.jp/group/baroque_fan/
> そうでしょうね。アンナの方にもビジネス面でどこか冷めているようなところが見受けられますし。

あ、いえ、私が「緊張感」と言ったのは、宗教的な信仰の意味合いにおいてということです。
聖職と恋愛感情はやはり相容れない部分を持ってますから、
ヴィヴァルディがもしアンナに恋をしたと仮定するなら、
彼は自らの人生観を貫くためにいくらかの緊張は強いられただろうなと。

ビジネス面については、具体的にどういうことがあったのか私はあまり知らないので、
「ビジネス面でどこか冷めている」の意味がよくわからないですけど、
アンナはプロの歌手だったわけですから、
仕事において冷静だったのならそれは当然だっただろうと思います。

タイトルRe^2: ウソでもいいの??
記事No845   [関連記事]
投稿日: 2007/02/24(Sat) 13:35
投稿者カーザヴェーチャ
tonia_ir さん、

あたたかいレスをありがとうございました。tonia_ir さんのヴィヴァルディに対する熱い想いには、
ご投稿のたびに敬服しております。

> ブログ主さんの「ヴィヴァルディは『おごれる者は久しからず』の典型だ」
> という思い込みに支配されてしまった人物像で、大変残念ですね。
偏見というのは、たちの悪いシミみたいなもので、一度染まるとなかなか抜け出せないものですね。

> ヴィヴァルディは決して驕ってなかったと思いますし、最後まで真摯に生きて、
> 音楽家として、前を向いて死んだと私は思います。
私もそう思います。以前にも書きましたが、フェッラーラの一件のあとにしても、
打たれ強さというか、立ち直りの早さというか、その辺を見ないで道学者的な判断を下したがるのは、
人の性の哀しさですかねえ。

> 個人的に一番口惜しいのは、ヴィヴァルディとパオリーナの関係が誤解されてる点です。
> 「ヴィヴァルディとアンナとパオリーナと3人で同棲」となると全く話が違ってきますので。
アンナよりも二十歳も年上なのに妹だとしているし、パオリーナとアンナを呼びつけて同棲を始めたという妄想に至っては、
本人は気が付いていないかもしれませんが、言い出しっぺの願望が、はしなくも露呈してしまった形ですね。

> でも「ラブラブ」なんて軽い関係ではなく、もっと緊張感のあるものだったとは思いますが。
そうでしょうね。アンナの方にもビジネス面でどこか冷めているようなところが見受けられますし。

タイトルRe: ウソでもいいの??
記事No844   [関連記事]
投稿日: 2007/02/24(Sat) 13:14
投稿者カーザヴェーチャ
アントニオさん、はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

> (ごめんなさい。このホームページのこと書いてしまいました)
いえいえ、どうぞ構いません。

> 私が間違ってるというほかの人のコメントが入りました。
早速、行ってみましたが、これはひどいですね、事実誤認どころの話ではありません。
ゴシップにかかわるところなどまったくの作り話です。それだけではありません。
ピエタとの関係や、ローマでヴァイオリンを習ったという話は、でたらめです。
理髪店に順番待ちの客用にヴァイオリンが置いてあったとありますが、
それはきっと江戸の髪結いがヴェネツィアに支店を出していたのでしょう。

しかも、資料は少なく、残されているエピソードも真偽を測れないという断り書きで逃げ道を用意するなど、
初心者のために物を書く人にあるまじき卑怯な姿勢です。

また、「間違っていません」というコメントを寄せられた方の論法もむちゃくちゃです。
面白ければいいじゃないか、きっちりした内容ではつまらない。ブログとはそんなもの、
十人十色で人によりいろいろ意見がある、という趣旨ですが、要するに真実かウソかはどうでもよいという考えです。
件のブログは「初心者のクラシック」ということで立ち上げたのですから、
それではタブラ・ラーサの初心者を惑わし、根拠の無い偏見を最初から植え付けることになります。
このコメントを寄せられた方は、「赤毛の司祭」も「初心者のクラシック」のブログ主さんと同じ考えをもって
ファンのために作られたとありますが、それは勝手な決め付けです。
謂れの無い誹謗中傷に晒されたり、悪意に満ちた過小評価を受けてきたヴィヴァルディの人と作品に関して、
少しでも正確な情報を提供するのが、このサイトの目的です。面白ければそれでよいというご投稿については、
最初から勝手なフィクションや想像だとの断り書きがない限り、
あるいは論拠や出典が明らかでない限り、掲載をご遠慮いただいております。

では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルRe: ウソでもいいの??
記事No843   [関連記事]
投稿日: 2007/02/22(Thu) 12:23
投稿者tonia_ir
参照先http://groups.yahoo.co.jp/group/baroque_fan/
前中後編、通して読んでみました。
ブログ主さんの「ヴィヴァルディは『おごれる者は久しからず』の典型だ」
という思い込みに支配されてしまった人物像で、大変残念ですね。
ヴィヴァルディは決して驕ってなかったと思いますし、最後まで真摯に生きて、
音楽家として、前を向いて死んだと私は思います。

個人的に一番口惜しいのは、ヴィヴァルディとパオリーナの関係が誤解されてる点です。
私個人は、アンナは、ヴィヴァルディの恋人だったかも知れないと考えてます。
でも「ラブラブ」なんて軽い関係ではなく、もっと緊張感のあるものだったとは思いますが。
ヴィヴァルディは死ぬまでアンナを庇護し続けたと思いますし、
人間としてもひとりの男としても音楽家としても、恥じるような生き方ではなかったと思いますね。
ところが「ヴィヴァルディとアンナとパオリーナと3人で同棲」となると全く話が違ってきますので。
あのルッフォ枢機卿でさえ、パオリーナについては言及しなかったんですから、
生前にパオリーナとヴィヴァルディとの間に良からぬ噂の立った試しは一度もなかったはずです。
それが現代になってから、「3人で同棲」という嘘話を、誰かがでっち上げてるんですね。
これはブログ主さんひとりの責任ではなく、私もそういう話をどこやらで読んだ覚えがあります。
まあスケベでウワサ好きな人って多いんだな、ってちょっと悲しくはあります・・・。

ヴィヴァルディの音楽は同時代の他作曲家に比べて、
非常に開放的で官能的な側面を持ってると思います。
そのせいでヴィヴァルディの人間性も助平神父だったというふうに思われるのでしょうか?
私は逆に、現実生活の中では自らに命じて官能的なものを封じていたからこそ、
音楽に昇華されたその美しさが時空を越えて保たれてるんだと思いますけれど。

タイトルウソでもいいの??
記事No842   [関連記事]
投稿日: 2007/02/16(Fri) 17:08
投稿者アントニオ
いつもロムさせていただいています。
これは、ほかのクラシック初心者のための入門ブログのことですけど、
ttp://blog.goo.ne.jp/classic-k/e/116c586cbe37f4cb3cb02589bf44bca4
そこに全編後編第1話から第3話までヴィヴァルディの一生が書かれているんです。
でも、すごい嘘っぱちがいっぱい書いてあって、ちょっとどうかと思ってコメント入れたら
(ごめんなさい。このホームページのこと書いてしまいました)
私が間違ってるというほかの人のコメントが入りました。
カーザヴェーチャさん、どう思われますか??ぜひそのホームページを見てください!