ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: ピエタのオルガンとRV584とRV585
投稿日: 2004/10/13(Wed) 23:04
投稿者カーザヴェーチャ

> それから、figlia というのは、親に対する子供という意味はないのですか?

ここは、やはり主(しゅ)の娘たちと言う宗教的意味合いで使われているのではないでしょうか。

> DeAGOSTINI省心書房「CDマガジン・クラシック・コレクション44 ヴィヴァルディII」
> P.521(通算ページ)です。

詳しい情報をありがとうございます。DeAgostiniのホームページに行ってみました。
今から8年前にこういうシリーズがあったとは知りませんでした。
この「ヴィヴァルディ2」はもう在庫切れですね。原本の記事を翻訳したのか、
現在刊行中のデル・プラド・ジャパンの『クラシック・カフェ』シリーズのように、
原本の記事はまったく使わずに、日本人に執筆させたのかわからないのがもどかしいですね。

私のほうでもこれからいろいろ文献を読む際はこの点に留意して、
ピエタに限らず当時ヴェネツィアにあった四つの慈善院付属音楽院の演奏会で、
チケットが売られていたのかどうかチェックしていきます。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー