ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: Il Fidarsi Alla Speme
投稿日: 2012/07/24(Tue) 01:38
投稿者カーザヴェーチャ

アミンタが第一幕第十場で歌う"Il fidarsi della speme"は、線の柔らかなゆったりと美しいアリアですね。以下は拙訳です。

Il fidarsi della speme      期待に胸を膨らませるのは
e un cercar affanni, e pene:  悩みや苦しみを求めるようなもの
ci lusinga, e poi ci inganna.   はかない希望を抱いたうえ、裏切られる。

Dell'inganno se ne accorge,   期待はずれに気が付いても
benche tardi, l'alma afflitta;   後の祭。傷ついた心で
se ne pente, e se ne affanna. 後悔して悩む。

RV725『オリンピアーデ』は、私のお気に入りのアリアが多い作品です。
ほかにも"Superbo di me stesso"(自らを誇りに思い)、"Mentre dormi, Amor fomenti"
(あなたが眠っている間に愛の神が育んでくれますように)、"Siam navi all'onde algenti"
(われらは氷のようにつめたい波間に漂う小舟)、"Se cerca se dice "(もしも私を探しに来たら)、
"Lo seguitai felice"(私は喜んで彼に付き従った)、"Son qual per mare ignoto"(私は未知の海に抛りだされた漂流者)、
"Non so donde viene quel tenero affetto"(一体なぜこんなにも優しい気持になるのだろう)
そしてデュエットの"Ne' giorni tuoi felici"(幸せな日々に私のことを思い出してくれ)がお気に入りです。
どれも、旋律の美しさだけでなく、心のドラマチックな動きが見事に描かれていると思います。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー