[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^2: チェロ協奏曲RV419
記事No1055   [関連記事]
投稿日: 2018/10/06(Sat) 23:39
投稿者カーザヴェーチャ
> 後期バロックからハイドン、モーツァルトの古典派への移行が早すぎて
本当にそうですね。コレッリ、トレッリ、ヴィヴァルディ、ロカテッリ、ハッセ、ガルッピと並べると、
バロック時代の1700年から1750年までの半世紀で、音楽のスタイルや楽器編成、趣向があっという間に
変わり、気が付いたら前古典派から古典派の時代がほの見えてきて、音楽の中心地もイタリアから
オーストリア、ドイツへと大きく変わっていった時代ですね。

タイトルRe: チェロ協奏曲RV419
記事No1054   [関連記事]
投稿日: 2018/10/06(Sat) 19:30
投稿者池之端
3連休となりまして、ゆっくりグルックを聴いてみました。
RV419がどの曲だったか覚えていませんでしたが、グルックの冒頭を聴いたらすぐあの曲か、と分かりました。海の嵐は、細かい音符で下降する音型でしょうか。
調べたらグルックは1714年生まれなので、ヴィヴァルディがウィーンで亡くなった時は27歳、オペラ・セリアを作曲していたというから当然ヴィヴァルディも知っていたでしょう。
後期バロックからハイドン、モーツァルトの古典派への移行が早すぎて、その間にどのような音楽が流行ったのか昔からよく分かっていないままです。流行り廃りの速さ、凄まじさは今も昔も同じなのだな、と思います。

タイトルチェロ協奏曲RV419
記事No1053   [関連記事]
投稿日: 2018/09/30(Sun) 18:43
投稿者カーザヴェーチャ
ボッケリーニ(1743-1805) の交響曲に『悪魔の棲む家』と題された作品があります。作品12第4番
ニ短調G.506で1771年の作曲です。実は、この第三楽章はグルック(1714-1787)が1761年に
ウィーンで作曲したバレエ音楽で、『オルフェオとエウリディーチェ』(1762 年)の間奏曲にも
使われた「亡霊と復讐の女神たちの踊り」”Danza degli spettri e delle furie”からの借用なのです。
と、ここまではどの解説にも書いてありますが、このグルックのバレー音楽にヒントを与えたのが、
ひょとするとヴィヴァルディのチェロ協奏曲RV419の第三楽章のトゥッティの主題ではないか、
と勝手に推測しております。旋律といいトレモロといい、えっ?と思わせます。それだけでなく、
おどろおどろしい場面を思わせるフレーズが、ヴィヴァルディが「海の嵐」などでも多用する音型なのです。
もし、仮説があたっていたとすると、ロココ時代の音楽家はすでにバロック時代の音楽に対して、
どこか大仰でおどろおどろしい古さを感じていたのかもしれません。

タイトルRe^3: Enescu Festival 2017 BiondiとGenaux
記事No1052   [関連記事]
投稿日: 2018/05/05(Sat) 00:34
投稿者カーザヴェーチャ
> ヴィヴァルディについてこれほど詳しい説明をしてもらえるのは、このサイトしかありません。
>本当にありがたいことと感謝いたします。
そうおっしゃっていただけると本当に励みになります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

>父ジョヴァンニ・バッティスタが有能なマネージャーの役も果たしていたとすれば、1736年のその死は、その後の
>ヴィヴァルディのビジネス的側面(トラブル対応も含めて)に大きな影響があったのではないかな、とも思えます。
私もそう思います。マネージャーであり、息子の書いた自筆譜の良き筆写家であり、おそらく金銭面での
今でいうフィナンシャル・プランナーでもあったことでしょう。自身が優れたヴァイオリニストだったので
壮年期まで息子と一緒に公の場で演奏したり、ソミスに短い期間師事するのにトリノまで同行したり、
ヴィルトゥオーソとしての名声がゆるぎないものになると、一緒にパドヴァなどへの演奏旅行に行ったり、
常に二人は一緒に行動していました。そして、何よりも父と子は同じ屋根の下で暮らしていましたから、
1736年に父親が他界すると、体の半分を持っていかれたような精神的打撃を蒙ったのではないでしょうか。

タイトルRe^2: Enescu Festival 2017 BiondiとGenaux
記事No1051   [関連記事]
投稿日: 2018/05/01(Tue) 21:49
投稿者池之端
ヴィヴァルディについてこれほど詳しい説明をしてもらえるのは、このサイトしかありません。本当にありがたいことと感謝いたします。

RV372aの「a」が付く違いがよく分かりました。キアレッタ用にシャコンヌに入れ替えているわけですね。GLI INCOGNITI/AMANDINE BEYERのTEATRO ALLA MODAというCDにこのキアレッタ用シャコンヌが入っていて、突然これを聴いた時に不思議に思ったのを思い出しました。
ジェンナーロ・ダレッサンドロ(「失われた手稿譜」では脳みそ空っぽと言われてました。)が絡むピエタ慈善院とのギクシャクした関係も興味深いです。これが1740年ですから、フェッラーラの一連のトラブルの後の、追い討ちと言えましょう。そして、ウィーンでは止めとも言える喪中による劇場閉鎖。この晩年の畳み掛けるような急転直下には唖然とするしかありません。BBS2のNo.2205のスレッドも再読させてもらって、勝手な印象ですが、父ジョヴァンニ・バッティスタが有能なマネージャーの役も果たしていたとすれば、1736年のその死は、その後のヴィヴァルディのビジネス的側面(トラブル対応も含めて)に大きな影響があったのではないかな、とも思えます。

それにしても、あの時事放談のオープニングテーマがRV222の第3楽章冒頭のトゥッティとは!!

タイトルRe: Enescu Festival 2017 BiondiとGenaux
記事No1050   [関連記事]
投稿日: 2018/04/25(Wed) 19:20
投稿者カーザヴェーチャ
池之端さん、

これはまた貴重な資料を良く探してくださいました。ありがとうございます。ルーマニアが
生んだ作曲家エネスクに因んで1958年から開催されていたとはまったく知りませんでした。
しかも昨年はオール・ヴィヴァルディのプログラムが組まれていたとは、なんとも迂闊でした。
ビオンディが手兵エウロパ・ガランテを率いて、2015年にGlossaからリリースしたアルバム
”I Concerti dell’Addio”(最後の別れの協奏曲集)の延長線上に企画がありますね。

ヴィヴァルディの最晩年を、ヴェネツィアから客死の地ウィーンまでヴァイオリン協奏曲と
アリアでたどるとは、なかなかの企画だと思います。選曲は、作曲年がいつかは別として、
ほぼ時代区分と整合していると思います。

それにしても、池之端さんは大変なヴィヴァルディ・ファンですね。プログラムの変更を
ちゃんと見抜いていらっしゃる。頼もしい限りです。

RV222に変更されたRV372は、プログラムにあるように「キアレッタ嬢のため」の曲なら、
第二楽章のソロのパートがRV583ヴァイオリン協奏曲「二重オーケストラで」の第二楽章の
シャコンヌと同じ、RV372aでなくてはなりません。もっとも、RV222もRV372aと同じく、
愛弟子キアレッタのために作曲されたものですので、その点では問題ないと思います。

ついでに書きますと、このRV222の第三楽章のトゥッティの冒頭が、日曜日の早朝6時から
放送されているTBSの辛口番組、『時事放談』のテーマ・ミュージックとして使われています。

RV390とRV367では作曲年代にやや開きがあるようです。後者は1720年から24年の間に
作曲したと推定されています。しかし、どちらもウィーンに携えて行ったようで、亡くなる
ちょうど1月前の6月28日に、ヴィンチグエーラ・トンマーゾ・コッラルト伯爵(1710-69)に
売却した15曲のヴァイオリン協奏曲と1曲のシンフォニーアの中に含まれています。

RV149のシンフォニーアは、ザクセン選帝侯皇子フリードゥリッヒ・クリスティアンが
1740年3月21日にピエタ慈善院を公式に訪問することになり、ピエタ慈善院から依頼された
4曲のうちの1曲です。その他の3曲は、RV540 「ヴィオラ・ダモーレとリュートのための
協奏曲」、RV552「ソロヴァイオリンと、遠くのこだま用のヴァイオリンのための協奏曲」、
それにRV558「2つのトゥロンバ・マリーナ風ヴァイオリン、2本のリコーダー、2つの
マンドリン、2本のシャリュモー、2つのティオルバとチェロのための協奏曲」です。

しかし、ピエタ挙げての盛大な歓迎音楽会のハイライトである、ゴルドーニの台本による
セレナータ『ミューズの合唱』の作曲は、全く無名のジェンナーロ・ダレッサンドロが
依頼されたのです。サルデッリは、ヴィヴァルディにピエタ理事会との間に何らかの
個人的な軋轢があったか、3年前にルッフォ枢機卿が出したフェッラーラへの入市禁止
命令の余波か、あるいは聖職者としてあまりにも無防備な振る舞いに対する反感から
ではないかと推測しています。いずれにしても、煮え湯を飲まされたヴィヴァルディは
そのわずか数日後に、ウィーン行を準備するため、ピエタに作品を買い取らせる交渉を
始めたのでした。ビオンディもこのサルデッリの説を知ってか知らずか、DEPARTURE
FROM VENICEの枠にRV149を入れていますね。

オペラのRV 731「忠実なロズミーラ」はパスティッチョで、1738年が初演です。ただし、
RV 711「ファルナーチェ(パルナケス)」の初演は1727年で、再上演を繰り返すたびに
手が加えられましたが、RV711-Gはその丁寧な筆跡から、ルッフォ卿が転出した後の
1739年のフェッラーラで上演して、名誉を挽回しようと用意した最終推敲版のようです。

まさに、泣き面に蜂で、人に託して先に上演をしたRV735「ペルシア王スィロエ」が、
前年の1738年にアンコーナでは大成功を収めていたにもかかわらず、フェッラーラでは
予想外の不入りで、そのため、BBS2のNo.2204とNo.2205のスレッドにも書きましたが、
劇場側からRV711-G「ファルナーチェ」をお蔵入りにして、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの
ハッセの「ビテュニア王アッタロス」を編曲して上演するように押し切られてしまいます。
傷心のヴィヴァルディが「ペルシア王スィロエ」が不評に終わった原因を探ってみると、
自分の不在をよいことに、ベレッタなる一介のチェンバロ奏者が勝手にレチタティーヴォを
書き換えていたことがわかりました。怒り心頭のヴィヴァルディは憤懣やるかたない思いを、
フェッラーラでのパトロンであるベンティヴォーリオ侯爵宛の手紙の中で綿々と綴っています。

ところで、どういうわけか、この最終推敲版では、あの名曲'Gelido in ogni vena'(体中を
氷のように冷たい血が流れ)を、命を奪ってしまった息子に心から詫びる‘Perdona, o figlio
amato, perdona al genitor’(許しておくれ、おお、愛しい息子よ、許しておくれ、この父を)に
差し替えています。このアリアも差し替え前のアリアと同じくらいに美しく、しっとりとした
情感に満ちていて、ヴィヴァルディの技法のさらなる円熟を示していると思いますが、いかんせん、
『冬』のテーマとの共通点の多さから、こちらを取り上げたのかもしれません。しかし、それでは、
時間軸の流れが逆になってしまうので、この区分に入れるのはまずいのではないでしょうか。

まずいと言えば、ウィーンでの上演が、最大の理解者であり有力なパトロンだった
カール6世がキノコに当たって急死するという、とんでもない災難のせいで不可能となり、
皇帝逝去の服喪期間が明けたヴィヴァルディの死後の1742年に、所期の予定通り、ケルントナー
トーア劇場で上演されたRV 726「メッセニアの神託」(初演は1737年)から、'Sposa, non mi
conosci’(妻よ、お前は私を知らないという)を選んだことでしょう。これはヴィヴァルディの
ではなく、ジャコメッリのオペラ「メーロペ」(1734)のアリアです。ヴィヴァルディは原曲の歌詞
「妻よ、お前は私を知らないという。母よ、あなたは私のことを覚えていないという。天よ!
私が何をしたと言うのですか。私はお前の愛する夫だというのに、あなたの息子だというのに、
愛しい…希望の星だというのに」を「私は、妻として蔑まれ、信頼は地に堕ちた。天よ!私が何を
したと言うの。あの人は私の大切な人、私の夫、私の愛しい人、希望の星なのに」に替え、
'Sposa son disprezzata’( 私は、妻として蔑まれ)として、翌年1735年に作曲したパスティッチョ、
RV 703「バヤゼット」の中で使っています。

アンコールで取り上げられたのは、その「バヤゼット」第一幕の中で、イレーネの
アリアとして使われた、リッカルド・ブロスキ(超絶技巧を誇ったナポリ派のカストラート、
ファリネッリの兄)の”Qual guerriero in campo armato”(戦場に立つ戦士のように)ですね。

タイトルEnescu Festival 2017 BiondiとGenaux
記事No1049   [関連記事]
投稿日: 2018/04/22(Sun) 21:19
投稿者池之端
YOUTUBEでたまたま見つけたのですが、
https://www.youtube.com/watch?v=frWN_CaUXuM
https://www.youtube.com/watch?v=hhpeJ4tC464
Enescu Festival 2017 で、
Fabio Biondi、Europa GalanteがVivica Genauxとオールヴィヴァルディの演奏会を開いているのですが、ちょっと面白い趣向を加えていて、最後のウィーン行前後を下記のように「ヴェニスでの最後の成功」「ヴェニスからの旅立ち」「ウィーンにて」「絶望」という具合に区分してプログラムを組んでいます。
Biondiによる歌の伴奏は生き生きとして、私はたいへん好きなのですが、選曲がプログラムの時代区分と整合しているのかは、よく分かりません。因みに、プログラム4番目のRV372は明らかにRV222に変更されてます。IN VIENNAのRV390はRV367に変更されいて、その次はプログラム最後のSonata al santo sepolcroです。明るくアレグロで終わってくれて、ほっとする感じです。それからアンコールです。なお、何故か音質がよくないです。

・LAST SUCCESSES IN VENICE
Sinfonia from 'Griselda'.
Aria 'Vorrei dirti il mio dolore' from Rosmira.
Aria 'Gelido in ogni vena' from Farnace.
Violin concerto B flat 'per la signora Chiara' RV 372-

・DEPARTURE FROM VENICE
Symphony for strings in G Major RV 149 'Il coro delle muse'.
Concerto in D minor for viola d`amore, lutes, strings and continuous RV 540.

・IN VIENNA
Arias 'Sarebbe un bel diletto' & 'Sposa, non mi conosci?' from l’Oracolo in Messenia.
Violin Concerto in B minor RV 390.
Last music sold by Vivaldi to conte Vinciguerra Collalto.

・DE PROFUNDIS
Sonata al santo sepolcro in E flat RV 130.

タイトルRe^3: RV583 チャッコーナ
記事No1046   [関連記事]
投稿日: 2017/07/08(Sat) 22:40
投稿者カーザヴェーチャ
> 「ぼくは怖くない」を早速取り寄せて観てみました。
それはそれは恐縮です。お気に召していただけたようで何よりです。

> ヴィヴァルディの音楽が善悪を包含するといいますか、清濁合わせのみながら流れていくように感じられます。
おっしゃる通りですね。人間の持っている業というと大袈裟かもしれませんが、そこを崇高な理念で教え諭すというよりも、
人間って弱い面もあれば、清く美しい面もあるよねとしみじみと語りかけて来て、聴いているうちにこちらの心が知らぬ間に浄化されていくような
そんな不思議な力が、ヴィヴァルディの音楽には備わっているような気がします。

>感性繊細な女子高生でない私でも、涙なしには観ることができませんでした。
私たち夫婦も、もうまったくぐずぐずでした。

タイトルRe^2: RV583 チャッコーナ
記事No1045   [関連記事]
投稿日: 2017/07/07(Fri) 01:04
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
ベネデッティの演奏の冒頭、派手に音がかすれるのが気になりましたが、ヴァイオリン本体と弓のアンバランスが要因になっているのですね。
ところで、カーザヴェーチャさんから教えていただいた「ぼくは怖くない」を早速取り寄せて観てみました。
ネタバレになってしまうので、ほとんど書けないのですが、
大詰めで、ある救いようのない事態を引き起こす道具となった銃から立ち昇る白煙が画面を真っ白に覆い尽くす中、RV583のシャコンヌが静かに鳴り出します。
人間の陽の面、陰の面が混然一体となっているクライマックスシーンで、ヴィヴァルディの音楽が善悪を包含するといいますか、清濁合わせのみながら流れていくように感じられます。感性繊細な女子高生でない私でも、涙なしには観ることができませんでした。

タイトルRe: RV583 チャッコーナ
記事No1044   [関連記事]
投稿日: 2017/06/30(Fri) 23:06
投稿者カーザヴェーチャ
イタリア系スコットランド人の二コラ・ベネデッティとヴェニス・バロック・オーケストラでおなじみのアーチリュート奏者、
イヴァノ・ザネンギのなんとも微笑ましいオフタイムの演奏ですね。

このシャコンヌ(イタリア語でチャッコーナ)は恐らく現存するヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲の中で最後に書かれたと
思われる作品RV372aの第二楽章と、2つのオーケストラと独奏ヴァイオリンのための作品RV583の第二楽章で使われています。
前者に関しては、ベイエのヴァイオリンでリ・インコーニティがTeatro alla moda(流行りの劇場)のタイトルで
ハルモニア・ムンディからアルバムを出しています(HMC 902221)。ただし、サルデッリによると、トリノに伝わる原譜には
ピッツィカートの指示はないとのことで、その部分はリ・インコーニティの創作のようです。

ご紹介いただいたYoutubeでは、ベネデッティが語っているように、この動画用にザネンギが伴奏用の旋律を紡いでいったようです。

ただ、正直に申しまして、なんでモダン・ヴァイオリンにバロック仕様の弓を使って演奏したのか分かりません。
うまく使いこなせないのか、時々音がかすれてしまい、それは後半のRV208『グロッソ・モグール』のカデンツァでもっと顕著に現れます。
このYoutubeへのレスで、同じように奇異感を持ったという人の書き込みで、ヴァイオリンがバロック仕様だとありますが
(駒はバロック仕様を使ったかも?)、1717年のストラディヴァリウスであっても、モダン仕様の長い指板に替えてあるので、
古楽器と呼ぶには少々難があるかと思います。ちなみにカルミニョーラもベイエもグッリェールモも指板はモダン仕様より短いです。

モダン仕様の弓を使った動画では、本当に芳醇な音を紡ぎ出していますし、今回のツアーはザネンギと指揮者のマルコンに
参加を誘われたと語っていますので、ベネデッティのバロック音楽におけるこれからの成長が楽しみです。
カルミニョーラもグッリェールモも元々はクラシック畑でしたし。

ところで、このシャコンヌが映画のクライマックスで素晴らしい効果を上げたのをご存知でしょうか?興味がおありでしたら、
このBBS4のスレッドNo.418『ぼくは怖くない』をぜひご一読ください。