[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^4: Il Fidarsi Alla Speme
記事No1028   [関連記事]
投稿日: 2012/09/07(Fri) 23:20
投稿者ペパーミント


> 今回も、またまた素晴らしい贈り物をいただき本当にありがとうございます。
どういたしまして。ご丁寧にありがとうございます。
喜んでいただけてなによりです。

タイトルRe^3: Il Fidarsi Alla Speme
記事No1027   [関連記事]
投稿日: 2012/09/06(Thu) 14:49
投稿者カーザヴェーチャ
ペパーミントさん

今回も、またまた素晴らしい贈り物をいただき本当にありがとうございます。
DLはできないようですが、お気に入りに入れさせていただきました。
また、ペトルッチ楽譜ライブラリーのHPもしっかり登録させていただきました。
おかげさまで、自筆譜を読みながら演奏を聴くという至福の時を過ごさせていただいております。

ところで、このYou tubeのシンフォニーアですが、第三楽章にオプションとして
もともと付いていた楽章を使っているのがうれしいですね。

タイトルRe^2: Il Fidarsi Alla Speme
記事No1026   [関連記事]
投稿日: 2012/08/30(Thu) 02:07
投稿者ペパーミント

> そしてデュエットの"Ne' giorni tuoi felici"(幸せな日々に私のことを思い出してくれ)がお気に入りです。
> どれも、旋律の美しさだけでなく、心のドラマチックな動きが見事に描かれていると思います。
こんにちは、カーザヴェーチャさん、名無しさん。
私も、特に“Ne' giorni tuoi felici”が好きです。

『オリンピアデ』のシンフォニアとアリアの自筆譜付きの動画リストをYouTubeで見つけました。

ttp://www.youtube.com/playlist?list=PLF01CC31876F070A1

タイトルRe^2: Il Fidarsi Alla Speme
記事No1025   [関連記事]
投稿日: 2012/08/26(Sun) 00:25
投稿者名無し
柔らかく美しい旋律のうえで、このような人生のはかなさが歌われているとは思いませんでした。
紹介のあったほかのアリアもぜひ聞いてみたいと思います。

タイトルRe: Il Fidarsi Alla Speme
記事No1024   [関連記事]
投稿日: 2012/07/24(Tue) 01:38
投稿者カーザヴェーチャ
アミンタが第一幕第十場で歌う"Il fidarsi della speme"は、線の柔らかなゆったりと美しいアリアですね。以下は拙訳です。

Il fidarsi della speme      期待に胸を膨らませるのは
e un cercar affanni, e pene:  悩みや苦しみを求めるようなもの
ci lusinga, e poi ci inganna.   はかない希望を抱いたうえ、裏切られる。

Dell'inganno se ne accorge,   期待はずれに気が付いても
benche tardi, l'alma afflitta;   後の祭。傷ついた心で
se ne pente, e se ne affanna. 後悔して悩む。

RV725『オリンピアーデ』は、私のお気に入りのアリアが多い作品です。
ほかにも"Superbo di me stesso"(自らを誇りに思い)、"Mentre dormi, Amor fomenti"
(あなたが眠っている間に愛の神が育んでくれますように)、"Siam navi all'onde algenti"
(われらは氷のようにつめたい波間に漂う小舟)、"Se cerca se dice "(もしも私を探しに来たら)、
"Lo seguitai felice"(私は喜んで彼に付き従った)、"Son qual per mare ignoto"(私は未知の海に抛りだされた漂流者)、
"Non so donde viene quel tenero affetto"(一体なぜこんなにも優しい気持になるのだろう)
そしてデュエットの"Ne' giorni tuoi felici"(幸せな日々に私のことを思い出してくれ)がお気に入りです。
どれも、旋律の美しさだけでなく、心のドラマチックな動きが見事に描かれていると思います。

タイトル Il Fidarsi Alla Speme
記事No1023   [関連記事]
投稿日: 2012/07/24(Tue) 00:34
投稿者名無し
「Venice By Night」というアルバム(Avie: AV2257)に収められたアリア「Il Fidarsi Alla Spene」。
オペラ「オリンピアーデ」の中のアリアだそうで、穏やかで美しい曲だと思います。
歌詞はどんな意味なのでしょうか??

(注記:名無しさんから2012/07/23(Mon) 00:00に戴いたこのご投稿の内容から拝見して、
BBS3よりもBBS4のほうがふさわしいと思い、こちらに移動させていただきました。
何卒ご了承ください。−カーザヴェーチャ)

タイトルポッジャー
記事No1019   [関連記事]
投稿日: 2012/05/26(Sat) 08:17
投稿者SAKAIACE
やっと手に入れて聞きました。音の分離が良いと感じたSACD層の印象です。
これはポッジャー節(ぶし)ですね。彼女は伴奏に自分の音を乗せながら全体をコントロールするスタイルですが、音楽の本質が結構リズミックな直進系で、今回の録音は特徴が良く出ていると思います。12番の3楽章がその例です。また伴奏に対するコントロールが前より巧みになったようで、従ってファンから見れば合格点ですが、カーサさんのような印象を持たれる方もあるのでしょう。
ただ、優等生的なだけでなく結構調子よく自分を出している感じが面白さの一つなのでこれからも注目してゆきたいと思います。

タイトルRe: ラチェトラ
記事No1018   [関連記事]
投稿日: 2012/05/13(Sun) 22:45
投稿者カーザヴェーチャ
ゴールデン・ウィークで都内から人の波が引いたあとの閑散とした渋谷のタワーレコードでじっくり試聴しました。

う〜ん、やっぱり何か違うなあというのが正直な感想です。単にヴァイオリンの音色にイタリア的透明感がないというだけではありません。

『ストラヴァガンツァ』の伴奏では、当時はまだ若さだけが売りのアルテ・デイ・スオナトーリのがんがん弾きまくりが耳障りでしたが、
今回のオランダ・バロック協会の伴奏も少々奇を衒いすぎていて、第一番の第一楽章の出だしのトゥッティの演奏など、
一体どこの民族舞曲が始まったのかと思わせるほどです。昔、ハーディガーディの演奏による偽作の作品13『忠実な羊飼いの』の
第一曲の出だしが与えたのと同程度のショックを感じました。しかし、まあ、おおむね生真面目な演奏で好感が持てます。
要するに奇を衒うことにも生真面目すぎるのでしょうね。きっと。

そうした伴奏を背景に、ポッジャーは安心してわが世界に没頭していくのですが、何が奇異な感じを与えるのか良く聴いてみると、
演奏の仕方が分析的(analytic)なのです。フレーズごとに分析するのならまだしも、小節一個一個で薀蓄を傾けるという感じなのです。
まるで、動きの一つ一つに間違いが無いように細心の注意を払って進めていく優等生的なお茶の点前みたいなもので、
正確には違いありませんが、全体の流れがぶつ切れで、流麗さの中に立ち現れる統合的(synthetic)な美が台無しです。
やはり、ポッジャーはバッハを弾いているほうが良いのではないのかというのが、試聴しながら得た印象でした。

タイトルラチェトラ
記事No1017   [関連記事]
投稿日: 2012/05/13(Sun) 16:01
投稿者SAKAIACE
ポッジャーのラチェトラはまもなく発売のようですね。この辺になるとVivaldiが新たな自信をつけているように聞こえます。過去に決定版的なイムジチの録音がありますが、ポッジャーがどのように演奏しているか楽しみです。

タイトルRe: RV208
記事No1016   [関連記事]
投稿日: 2012/04/25(Wed) 02:54
投稿者カーザヴェーチャ
SAKAIACEさん、

ご心配戴きましてありがとうございます。

どうやら落ち着いてきました。その間、皆様にはすっかりご迷惑をおかけしまして、
大変申し訳なく存じております。

ポッジャーですか。今でも彼女の『ストラヴァガンツァ』の解釈は納得できませんが、
音楽は突き詰めれば好悪の問題ですから、皆さんに私の判断基準を押し付ける気は毛頭ありません。
どうぞご遠慮なくお書き込みください。HMVによると、『チェートゥラ』も録音したようですね。