ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: Vivaldi con moto
投稿日: 2013/04/07(Sun) 03:10
投稿者カーザヴェーチャ

名無しさん、レスが遅くなりまして、申し訳ありません。

これは、紛れもなく名盤中の名盤だ、と断言できると思います。

リ・インコーニティのアルバムの日本語訳について書き上げたあと、何とも言えない虚しさに襲われて
しばらく書き込む気がしませんでしたが、実はここ1月ほど、このCDにどっぷり浸かっておりました。
タワーレコード渋谷店のお奨めコメントに、「カルミニョーラはやはりタダモノでない」とありましたが、
いえもうこのCD、タイトルからしてタダモノではありません。「コン・モート」は音楽用語で使われると、
「元気に」「活発に」という意味ですが、motoにはもう一つ、「バイク」という意味があります。
ジャケットは、バロック音楽とヴァイオリンのイメージからは程遠い、カルミニョーラがサングラスをかけて
バイクにまたがっている姿の大写しなので、取り合わせの意外さに驚くと同時にニヤリとさせられます。
交通手段を表すときは「前置詞in+乗り物」なので、「バイクに乗って」はin motoと言いますが、
「バイク事故」などの表現にはinではなく「伴う」意味の前置詞con を使いcon motoと言いますので、
この掛詞にはどことなくドキドキ感も漂っています。そんなわけで、このタイトルを考案した人からして
およそタダモノではないと思います。

>>本サイトで以前紹介されたこともあるRV281、RV232、RV243も収録されています。

ご丁寧に各BBSをお読み頂きありがとうございます。名無しさんには本当に勇気付けられます。
この3曲について書いたのは、6年前のBBS1のスレッド520「ぜひ聴いていただきたい名曲」の中でした。
その中のRV281については、2年前のBBS2のスレッド2142「RV243について」の中でも、ホ短調で書かれた
ヴァイオリン協奏曲の1つとして存在だけ紹介しています。RV243「E線なしで」については、チャンドゥラーと
セレニッスィマのアルバム[AVIE:AV2128]に関するBBS3のスレッド1493 「RV243、RV254、 RV370のご紹介」で
かなり詳しく述べましたので、RV243とRV254についてお知りになりたい方はぜひご一読ください。

>>RV283ですが、第3楽章のカデンツァは、オリジナルなのでしょうか。
>>HMVの紹介サイトを見ると、「弟子のノートにあった未出版のカデンツァ」という興味深い記述が見られますが...

フレの書いたライナーノーツによると、ヴィヴァルディのピエタ音楽院の弟子、アンナ・マリーアの未出版の音楽帳から
取ってきたカデンツァで、音域は3オクターブ以上にわたっています。ちなみに、イギリスの音楽グループである
Schola Pietatis Antonio Vivaldi(ピエタ音楽院アントニオ・ヴィヴァルディ)通称Vivaldi's Women
(ヴィヴァルディの女性たち)の若い女性がその一部を演奏している動画があります。
グループの活動を紹介したBBCの番組の録画ですが、26分39秒から27分29秒までほんの一部が聴けます。
因みに下段のURLはSchola Pietatis Antonio Vivaldi(SPAV)のホームページです。
ttp://www.youtube.com/watch?v=153WVp8QJQ0
ttp://www.spav.co.uk/SPAVdocumentary.html

アンナ・マリーアはヴィヴァルディの一番の愛弟子であっただけに、おそらく師のスタイルをもっとも忠実に
譜面に残したのではないでしょうか。実際、当時の記録にも、ヴィヴァルディが亡くなってから数年後の
ピエタ音楽院の演奏会で、アンナ・マリーアが師のスタイルで師の作品を演奏したとあります。
そのためか、カルミニョーラのほかのアルバム"Concerti per le Solennita"[DIVOX:CDX-79605]に
収められている二重オーケストラを伴う独奏ヴァイオリンのためのヴァイオリン協奏曲
RV581『聖母マリア被昇天の祝日のために』(アンナ・マリーアのために)の第二楽章では、
彼女の音楽帳に記されていた装飾付きの楽譜を使用して録音しています。
なお、アンナ・マリーアについてご興味のおありの方は、BBS2のスレッド1997
「アンナ・マリーアの生涯」をご一読ください。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー