[リストへもどる]
新着記事

タイトル新譜が立て続けに3種も
記事No2345   [関連記事]
投稿日: 2019/06/09(Sun) 21:42
投稿者カーザヴェーチャ
新譜を三つご紹介します。一つはラルキチェンバロ合奏団(細かいことのようですが、L’archicembaloと定冠詞付き団体名なので、
アルキチェンバロと冠詞を勝手に取ってもらっては困ります。もし、取れというのなら、イ・ムジチはムジチ、リ・インコーニティは
インコーニティ、ラールテデッラールコはアールテ・デッラールコになってしまいますので)による『協奏曲・シンフォニーア全集 』
[BRILLANT CLASSICS:95835]です。えっ!協奏曲全集!?と、中には色めき立つ方がいらっしゃるかと思いますが、そそっかしい人が
訳したようです。Complete Concertos and Sinfonias for Strings and Basso Continuoなので、『弦楽合奏曲・シンフォニーア全集』です。
このアルバムでは、今まで一度も録音されたことのない、自筆譜が残っているRV115が収録されましたので、「全集」の名に恥じない
アルバムとなりました。実は、未収録の弦楽合奏曲にもう一曲RV786があるのですが、不完全な筆写譜の形で伝わっているので、
今後とも演奏や録音される機会はないと思います。

【補筆訂正】
上で、「全集」の名に恥じないと書いてしまいましたが、精査したところ、既にほかのレーベルでリリースされている
RV111、RV111a、RV117、RV130、RV139、RV147、RV169の7曲が収録されておりません。どうも失礼いたしました。
このうちRV130の弦楽合奏曲とRV169のシンフォニーアには『聖墓にて』と言うタイトルが付いていますし、
アルバム全体の趣からはRV169の雰囲気はまったく異質なので外したのかもしれません。また、オペラ等の序曲の
シンフォニーアは対象外にしたようなので、RV693のセレナータ『セーヌは祝う』の序曲とは第二楽章が異なる
RV117も員数外になったと思われます。しかし、RV111 RV139RV147が漏れたのがなぜかは分かりません。
逆に、昨年の暮れに出たリオム=サルデッリの作品目録では、RV122とRV125は真作ではないということで
それぞれRV-Anh.155とRV-Anh.156になりましたが、元のままのRV番号で収録されています。


もう二つは、ナイーヴからの久しぶりの『ピエモンテの宝』シリーズで、独唱にデルフィーヌ・ガルーを迎え、オッターヴィオ・
ダントーネ指揮アッカデーミア・ビザンティーナが伴奏する宗教曲と世俗曲2種のアルバムが出ます。世俗曲のほうのタイトルは
『コントラルトのためのアリアとカンタータ集』[Naive: OP30584]です。さまざまなオペラやカンタータの中のアリアを集めたものですが、
コントラルトとアルトとどう違うのか?と疑問を抱かれた方も多いと思います。これもちょっと輸入業者の翻訳ミスです。コントラルト
とは女声のアルトのことです。altoは英語の中のイタリア語源の外来語ですが、もとのイタリア語ではaltoは声も含めて「高い」と言う
意味なので、声部としてのaltoと言う名詞もありますが、紛らわしさを避けるためか、contraltoのほうが一般的です。しかし、それに
してもアリアの題名の訳し方もひどいですね。中には日本語としての体を成していないものもありますので、業界での人材不足が
つくづくと偲ばれます。

閑話休題。 宗教曲のほうは『ヴィヴァルディ: 宗教作品集』[Naive: OP30569]です。収録されているのは、RV 612『デウス・トゥオルム・
ミリトゥム(汝の兵士らの神)』、 RV 615『レジナ・チェリ(天の元后)』、RV 618『サルヴェ・レジナ (めでたし、元后)』、RV 638『フィリエ・
メステ・イェルザレム(エルサレムの哀れな娘たちよ)』、RV 641『ノン・イン・プラティス(牧野にてではなく)』の6作品に加え、
RV582の2つのオーケストラを伴うヴァイオリン協奏曲『聖母マリア被昇天の祝日のために』の1曲です。こちらも「被昇天」が「昇天」に
なっていたり、「エルサレム」が「イスラエル」になっていたり、では、どこへですかと尋ねたくなる「草原にではなく」とか、ひどい訳です。
輸入業者の方、しっかりお願いします。人材確保がんばってください。

タイトルJuditha Triumphans, RV 644
記事No2342   [関連記事]
投稿日: 2019/03/21(Thu) 23:09
投稿者通りすがり
下記演奏を見つけました。
もともとはオラトリオですが、オペラに仕上げており、舞台も現代の戦場?になっているようです。

ttps://www.youtube.com/watch?v=sojH-GlHUDQ

タイトルRe^3: Dixit Dominus, RV 594
記事No2341   [関連記事]
投稿日: 2019/03/04(Mon) 00:41
投稿者カーザヴェーチャ
> RV 807の曲は、2011年に大田区民ホールでの演奏を思い出しました。
2011年11月3日、蒲田アプリコでの東京室内声楽アンサンブル定期演奏会のことですね。
その時のことは、このBBS3のtomokoさんがお立てになったスレッド、「RV807Dixit Dominus
他演奏会」no.2129〜no.2138に描かれていますが、通りすがりさんも同じ会場に
いらっしゃったのですね。あれは本当に素晴らしい演奏でした。

タイトルRe^2: Dixit Dominus, RV 594
記事No2340   [関連記事]
投稿日: 2019/03/03(Sun) 19:39
投稿者通りすがり
RV 807の曲は、2011年に大田区民ホールでの演奏を思い出しました。
こちらの最後のフーガにも感銘を受けました。
動画サイトの演奏がCD化されたらうれしいですね。

タイトルRe: Dixit Dominus, RV 594
記事No2339   [関連記事]
投稿日: 2019/03/03(Sun) 03:38
投稿者カーザヴェーチャ
終曲Sicut erat in principio(初めにありしごとく)は、四声の二重合唱のために書かれているので八声のフーガになります。
ゆったりとした下降音型ではじまるテーマは、不思議な安定感が全体を貫いていて、建築様式のロマネスクやビザンティン
のように水平的な広がりを見せるようです。一方、ずっと後に書かれ、21世紀になってもガルッピ(1706-85)の作品と
思われていたRV807 『ディクシット』の終曲Sicut erat in principioは、RV594よりもはるかに精緻な対位法で書かれていて、
ゴシック建築の強い垂直性を感じさせます。ヘンデルの同名のHMV232との聴き比べも一興です。ヘンデルのほうが年下なのに、
作品が与える印象はヴィヴァルディのに比べると、もっと中世の教会の香りが漂ってくるようです。

この動画は昨年1月27日に、アムステルダムにある1888年建立の王立コンサートホール(オランダ語名、コーニンクレイク・
コンセルトヘバウよりも、英語名のロイヤル・コンセルトヘボウで広く知られていますが)で、ジュリオ・プランディ率いる
ギスリエリ合奏・合唱団が、創立15周年を記念して行ったコンサートをライブ収録したものですね。ギスリエリ合奏・合唱団は
18世紀の作品を専らとするイタリアの演奏団体で、この演奏も非常に質の高いもので、もしヴィヴァルディの作品でも
CDが出るようでしたらぜひ入手したいです。貴重な情報をありがとうございました。

タイトルDixit Dominus, RV 594
記事No2338   [関連記事]
投稿日: 2019/03/01(Fri) 11:10
投稿者通りすがり
動画サイトにDixit Dominus, RV 594の演奏がありました。
最後のフーガは8声部でしょうか、圧巻だと思います。

ttps://www.youtube.com/watch?v=aKRadU-n104

タイトルRe^3: SardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2337   [関連記事]
投稿日: 2019/02/10(Sun) 23:38
投稿者カーザヴェーチャ
>よく使うギリシャの店からCDが届きました
もう届いたのですね。タワーレコードやHMVよりずっと早いですね。

> 各声部が丁寧に表情付けされて、特に今まであまり気づかなかった低声部の動きがとても面白いです。通奏低音も凝っていてテオルボまで時に抒情的に響きます。
試聴して、私も同じ感想を持ちました。各声部を立体的に処理していて、細かいところまでよく配慮されてますね。

>何はともあれ、La Stravaganzaの名盤の登場に乾杯!です。
『調和の霊感』で自信を深めたヴィヴァルディが、いよいよ出版譜でも独奏協奏曲という時代の先端を行く形式を
前面に押し出した決意がうかがえる曲集です。視聴の段階ですが、これは名盤という予感でわくわくしています。

タイトルRe^2: SardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2336   [関連記事]
投稿日: 2019/02/09(Sat) 20:09
投稿者池之端
よく使うギリシャの店からCDが届きました。古代ギリシャの遺跡の絵葉書をいつも添えてくれます。それにしても世界中の店を選べる世になろうとは!ネット社会の恩恵です。
そのSardelliのLa Stravaganzaですが、新たな名盤の登場と思います。
各声部が丁寧に表情付けされて、特に今まであまり気づかなかった低声部の動きがとても面白いです。通奏低音も凝っていてテオルボまで時に抒情的に響きます。
ヴァイオリンAnton MartynovはSardelliのヴァイオリン協奏曲でもソロを弾いているのですね。息ぴったりのはずです。
La Stravaganzaがこれほど多彩な音楽の集まりだったのかと再認識させられました。どれも30歳前後のヴィヴァルディの生き生きとした最良の音楽と言えましょう。
実は緩徐楽章についてはあまり遅いテンポの演奏だと焦れてしまうこともあるのですが、この演奏ではじっくり充実した時間の流れを感じます。
まとまりのないお話になってしまいましたが、何はともあれ、La Stravaganzaの名盤の登場に乾杯!です。

タイトルRe: SardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2335   [関連記事]
投稿日: 2019/01/22(Tue) 21:14
投稿者カーザヴェーチャ
池之端さん、お久しぶりです。本年もどうぞよろしくお願い致します。

いよいよ出ましたね。まだ、Modo Antiquoのウェブサイトでは触れられていませんが、以下のサイトで視聴したところ、
満を持してリリースしたアルバムのようで大いに期待できます。
ttp://www.e-onkyo.com/music/album/cds777802/

私は、古い所ではフェリス・アーヨのイ・ムジチ盤(LP)、ヴァレーズのフランス器楽合奏団(LP)、同じくモダン楽器では、
イタリア合奏団、古楽器ではイタリア合奏団のもう一つの姿であるグッリェールモのラルテ・デッラールコ、
ポッジャーのアルテ・デイ・スオナトーリ、そしてビオンディのエウロパ・ガランテを持っています。

年末年始の忙しさにかまけて、すっかりサイトのほうを怠けておりましたので、そろそろ新盤の感想を書き込まなくては、
と思っておりました矢先の新譜情報。ありがとうございました。

タイトルSardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2334   [関連記事]
投稿日: 2019/01/21(Mon) 15:23
投稿者池之端
ご無沙汰しちゃっております。池之端です。
遅れ馳せながら、本年もよろしくお願いいたします。

嗚呼、Anton Martynov独奏、Sardelli+Modo Antiquoで
Op4のLa Stravaganzaの新譜が出ていました!
私は作品番号付のヴァイオリン協奏曲集ではLa Stravaganzaが最も好きでして、速攻で注文しました。
I solisti Veneti
Watkinson独奏 City of London Sinfonia
ピリオド楽器では
Huggett独奏 Hogwood+AAM
Biondi独奏 Europa Galante
の演奏をよく聴いてますが、特に好きなBiondi盤はイギリスで出版された楽譜によるもので、No.12 RV298などが含まれておらず、残念に思っていましたが、新たな名盤が出たのではないかと期待しています。

試聴でます。
ttps://www.allmusic.com/album/vivaldi-la-stravaganza-mw0002103795