ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 同(5)+ムガール朝インドそれとも大帝?
投稿日: 2013/03/13(Wed) 13:26
投稿者カーザヴェーチャ

(ホ短調の協奏曲RV431、で始まる段落)
さて、ここから先、このライナーノーツのもうひとつの難所を迎えます。何と、フーレともあろう人がヴァイオリン協奏曲
RV208"Grosso Mogul"とフルート協奏曲RV431a"Il Gran Mogol"の題名を取り違えているのです。
これだけでも一大事なのに、ここぞとばかり翻訳者がいい加減な情報を放り込んだために、とんでもないカオスが現れることとなりました。
フーレが伝えたいことは、RV431はRV431a"Il Gran Mogol"の編曲だ、ということです。それなのに、どういうわけかGran Mogolではなく
Grosso Mogulと書いてしまい、おまけに(Le Gran Mogol→CDのライナーノーツにはMongolとなっていますが、単純なタイプミスでしょう)
とフランス語の対訳を付け足したのが事の発端でした。

ややこしいので、ここで言葉の整理をしておきます。「ムガール朝インド」はイタリア語ではMoghulです。そこを支配する
代々の皇帝「ムガール大帝」はGran Mogolです。いっぽう、Grosso Mogulはイタリア語っぽいですがイタリア語ではありません。
これに近い形がドイツ語のGrossmogul(ssは本来はβに似た文字で表記すべきですが文字化けするのでssにしました)です。
おそらく楽譜を購入したドイツ語話者のだれかが、イタリア語ではたぶんこうなるだろうと書き込んだのではないでしょうか。

では、本来なら「ムガール大帝」を意味する"Il Gran Mogol"を、なぜRV431aでは「ムガール朝インド」と解釈するのでしょう。
その点について、Andrew Woolleyは、論文”An unknown flute concerto by Vivaldi in Scotland” (スコットランドにおける
ヴィヴァルディの未知のフルート協奏曲)(2010)の中で次のように述べています。1759年にオランダの書籍商で音楽家でもあった
ニコラース・セルホフがハーグで出版したカタログに、他の3曲「フランス」、「スペイン」、「イギリス」(どれもまだ発見されていません。)
と合わせて4曲1組で掲載しているので、作品の存在自体は知られていましたが、楽譜がないので散逸したものと思われていました。
近年、スコットランドで同じ題名の楽譜が発見され、この曲集の曲であることがようやく判明した、というのがこの曲をめぐる経緯です。
そのため、イタリア語の題名の本来の意味である「ムガール大帝」よりも、「ムガール朝インド」と解釈したほうが相応しいのだそうです。

こうした背景があって、フーレは頭の中でIl Gran MogolとGrosso Mogulを「ムガール大帝」としてイコールで結んでいて、
ついついヴァイオリン協奏曲の方の題名を書いて、フランス語訳Le Gran Mogolを(  )で補なったのではないでしょうか。
それを翻訳者は、フーレが単純に曲そのものを取り違えたものと早とちりし、殊勝にもわざわざ [訳者注]と断ったうえで、
2つの曲がまったくの別物だと鬼の首でも取ったかのように述べています。せめて、そこでやめておけばよいものを、
騎虎の勢で間違った情報を次々と書き込むのですから、そうとは知らずに読まされるほうはたまったものではありません。

42)「ホ短調の…フルート向きに手直ししたもので」 → すべて翻訳者の自作で、しかも原文ではヴァイオリン用の曲を
フルート用に手直ししたなどと書いてないのは、この上のスレッドの中の41)の原文訳からお分かりになることと思います。
あくまでも翻訳者の勘違いに過ぎず、実際は、RV431もRV431aも最初からフルートのために書かれた協奏曲です。
原曲のRV431aがニ短調で書かれているため、RV431ではもっと吹きやすいように一音下げてホ短調に移調したのであって、
ヴァイオリン用の曲をフルートで吹きやすくするように移調したわけではありません。

43)「訳者注…帝国の名前」 → 翻訳者はRV208“Grosso Mogul”を、第二楽章が違うだけでなくカデンツァも付いていない
作品7第11番(RV208a)と同一の曲だと思い込んだうえ、何の根拠もない想像から解説めいたことを書いています。

44)「緩徐楽章の手前で…一息つけるように」 → これも翻訳者の勝手な想像です。楽譜に《間を置かずに続けて演奏せよ》
との指示がない限り、演奏者は楽章の手前で一息どころかゆっくり息を整えます、訳しながら変だと思わなかったのでしょうか。

45)「曲集に書き付けてある」 →  ヴィヴァルディが記入した写譜屋宛ての注記の”Grave sopra il libro come sta.”のsopraには
「書き付けてある」という意味はありません。文字通りに訳せば「本(または楽譜)の上のグラーヴェをそっくりそのまま」です。
確かにこれだけでは、当事者間でしかわからない謎めいた注記なので、フーレもこの段落でいろいろと推測しています。

46)「おそらく…箸休めのような」 → フーレはこんないい加減なことを言っていません。
原文はこうです。
「[この注記によって] 写譜屋に、手書きの楽譜の横にある本の上に置いてある楽章を入れ込むようにとの指示を与えたようだ。
ただし、この指示はヴィヴァルディの場合は例外だが、当時のほかの音楽関係の文書にも現れる指示であり、その場合は、
即興するようにという意味だったので、シャコンヌの低音部を提供するから、思う存分ファンタジーにふけるようにという、
ヴィヴァルディが演奏者に与えた提案だったと考えられなくもない。」

p.5−p.6
47)「ゆったりした…意味だったのだろう」 → 翻訳者の勝手な自作です。

(ヴィヴァルディに楽譜では、で始まる段落)
このあたり、わずか13行の原文を水増ししたり、あやふやな情報を盛り込んだりして二つの段落に分け、翻訳文を33行にしています。
48)「この時代から…なかったらしい」 → 翻訳者が水増しした部分です。

49)「その場の当意即妙で…十分可能だったわけだ」 → 翻訳者が水増しした部分で、フーレの原文にはありません。
特に、「よく知られていた…を使って」のくだりなどは、軽く妄想の域に達していて、思わずうなってしまいました。

50)「つまり「グラーヴェ」とは…ようにできている」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。翻訳者の勝手な自作です。
さらには、グラーヴェがイタリア語だということを忘れ果てて、フランス語グラーヴの語義から「低音部」を探し出して来て、
好き放題を書いています。イタリア語のグラーヴェには「低音部」の意味はありません。この時代、低音部はバッソbassoと言い、
第二ヴァイオリンとヴィオラはひとまとめにしてバッセットbassettoと言っていました。また、ヴィヴァルディのグラーヴェには
「荘重な」という意味はあまりなく、単に緩徐楽章の意味でしかない場合が多いそうです。

(私たちはさらに、で始まる段落)
51)「ヴィヴァルディはこの曲を…書き直していたのである」 → ここでも誤った情報を書き込んでいます。
RV440は最初からかなりの技量が要求されるフルート用の作品として書かれました。スタイルから見て1730年代後半のことです。
しかし、その後、演奏家の腕に合わせたのか、わりとやさしいソロのフレーズを代替として楽譜の中に示しています。
サルデッリ(2006)によると、例えば、第一楽章の37小節から44小節にかけての十六分音符の三連符が続く箇所には、
十六分音符の二連符に変えたものが代替として示されています。フーレはそのことを言っているのです。
原文はこうです。
「厳かな感じのRV440の録音にあたって、私たちも、ヴィヴァルディがフルートのパートをかなりやさしくしてしまう以前の
オリジナル譜のほうを選ぶことにした。」

52)「天才的…狂乱の態」 → …pris dans sa furie de composition prodigieuseというごく短い語句もとんだ誤訳になっています。
訳文にあるような大げさな意味をド・ブロス高等法院長は発言に込めていません。ここで言うfurieは「激怒、狂乱」ではなく
「熱情のほとばしり」です。de composition は「作曲の」、prodigieuseは「驚異的な」、pris dans saは「自身の〜にとらわれて」です。
訳語はこうなります。
「その作曲したいという驚異的な熱情に囚われると」

53)「−−、しかし…書き続けたのだ」 → ちゃんと単数定冠詞が示しているのにle musicienを「音楽家一般」としたため、
翻訳文はここから先、フーレの発言とは逆の方向に進んでいったかと思うと、おっとっととあわてて引き返し、
原文にはないことまで長々と書き連ねてごまかしています。その分、翻訳字数が増えてご同慶の至りですが…。
甚だしいのはmecanismeを「機構」と誤訳したところです。この語は音楽関係では「技量」を意味することをご存じないようです。
原文はこうです。
「この音楽家[ヴィヴァルディ]は、作曲したいという驚異的な熱情に囚われると、演奏者たちの指や肺のことなど
あまり意に介さないことがよくあった。しかしながら、ヴィヴァルディは、音楽家たちの言い分に耳を傾けて、何よりも演奏者
(「とんでもない無知蒙昧の輩」か「とんま」でもない限り)に音楽上の「奇跡」を希求する喜びを感じてほしいと思えば、
楽器が命じるがままに作曲しても、その楽器の演奏技術と音色の両方を常に際立たせる方針をしっかり守っていたことを、
この協奏曲が何よりも物語っている。」

([…]生まれたばかり、から始まる段落)
54) 「彼らの幼年時代が…悲しみだけだ」 → 理屈から言ってもまったく意味不明な翻訳です。
原文はこうです。
「新生児は、幼い年齢にあって絶えず曝される苦痛の表現を、泣き声をもって行うしかない。」

(ところで、で始まる段落)
55)「ところで…甦らせてくれるのが」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。このBBS3のNo.28のスレッド
「Anna Mariaのための26曲の作品リスト」でご紹介したとおり、ヴィヴァルディが1717年にボローニャからヴェネツィアに
帰る途中にチェントCentoという町に立ち寄り、そこの教会でヴィオラ・ダモーレを即興演奏したときのエピソードですから、
楽器はヴァイオリンではなくヴィオラ・ダモーレです。その際、教会に押し寄せて入りきれなかった聴衆が路上に溢れ、
押しあいへしあいで演奏に聴き入ったそうです。その一節を引用して、あちこちの演奏会場でも同じような状態だったろう
というのがフーレが言いたかったことです。

56)「半数は街路に放り出され」 → se repandaient は「放り出され」ではなく「(人々が通りを)埋めていた」という意味です。
jusqu'a la moitie de la rueも「半数は街路に」ではなく「通りの半ばまで」です。この修飾関係の間違いなど中学生レベルです。
原文はこうです。
「あまりにも人でいっぱいなため、命がけの押し合いへし合いで、通りの半ばまで人が溢れていた」

(1725年頃に、で始まる段落)
57)「ヴァイオリン奏者は…トランスしてしまう」 → 「〜へトランスしてしまう」と、藪から棒に言われても、transfer、
transform、transport、transposeとあって、何のことか分かりません。いずれにしてもフーレの「トランス」は"trance"なので、
この翻訳者が考案したカタカナ語は空振り三振です。そのあとに音楽用語が続きますが、どれもきちんと訳されていません。
原文はこうです。
「大きなポジション移動、アルペッジョの部分、4本の弦にまたがる主題、バリオラージュ(開放弦と指でおさえた弦の交互の素早い演奏)、
ヒュゼ(離れた二音間の急速な下降・上昇音型)などで、飽満と恍惚の時の流れが極限に向かうが、それを柔らかなラルゴがさらに際立たせる。」


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー