ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 同(2)+ピエタは女子孤児院??
投稿日: 2013/02/06(Wed) 01:13
投稿者カーザヴェーチャ

フーレの原文はかなり硬い研ぎ澄まされた文章なので、この翻訳者も想像の翼を精一杯広げて己が幻想の世界を思う存分飛翔しています。

8)(解題、で始まる段落) → (  )まで翻訳者の自作。
  「咆えるかのごとく…吹いている」 → 「へとへとになりながらトランペットを轟かせ、上の段ではホルン奏者が同じようになりながら」

(過去の資料、で始まる段落)
9)「過去の資料…できない」 → 「歴史的資料とはかけがえのないものだ」
  
10)「それらの資料…というわけだ」 → 出だしからつまづいたこの段落は、ほぼ全体にわたり翻訳者の幻想の世界を描いています。
原文はこうです。
「歴史資料というものは、事情通が書いたものであろうと、鋭い眼力を通して書かれたのものであろうと、まっとうな視点から書かれたものであろうと、
常に文脈の中で捉えなくてはならず、また、解釈により事実がゆがめられることもあるが、資料には時代錯誤的でないという利点と、
それが書かれた時代を見るにあたって、己の美学、知性、想像などの不適切なプリズムを通して見ないで済むという利点がある。」


12)(のっけから、で始まる段落) 全文  → このライナーノーツでもっとも哲学的な文が続く個所です。ですから、原文の文体は
この翻訳者が与えた「あのさぁ」的なくだけた調子ではなく、極限まで捨象した文体です。
原文はこうです。
「少しまじめな話をしよう。いろいろな証拠から見て、人間には理解力というものが欠けている。人間は確かめることをするし、
場合によっては自問自答もする。さらに熟考し、対応するのも確かだ。しかし、結局のところ、理知の働きは人間にほとんど
何も教えてくれない。手がかりは与えてくれるが、もっぱら感覚への刺激だけで、言ってみれば、主観領域の優位性の認識にすぎない。
なぜなら、原則や決まったやり方は、どんなに実用的であろうと、それ自身どれも相対的でつまらないということが、
必然的に明らかにされるからだ。」

([…]もしも、で始まる段落)
13)「はしたない本能をことごとく捨てて」 → 「卑しい本能に身を委ねて」
s’abandonnaient a は「に身を委ねる」という代名動詞で、他動詞abandonnaient「放棄する」と区別しなければなりません。
「ドタバタ劇と化し」 → 「けしからぬ光景が眼前に現れ」
「考え始めてしまった結果」 → 「こうじっくり考えたにもかかわらず」
「(といっても、…までにはならなかったが)」 → 「つい昨日も」。なぜ(  )でくくって長々しく訳したのか理由がわかりません。
「不道徳なところへ入り浸って」 → 「またも放蕩にふけって」

(思うに、で始まる段落)  
14)「西欧史の上でもとりわけ無闇矢鱈とはびこった」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。

p.3
15)「「啓蒙思想」、つまり…時代だったのだ。」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。
原文はこうです。
「18世紀前半の西洋は、学識を何よりも崇め奉る時代にあった。フランス、次いでイギリスでは、自由思想が社会哲学にまで及だ。」

(相手を説き伏せ、で始まる段落)  
16)「品のないふるまい…と思われてしまう」 → この訳文もクレピヨン2世が言ってないことをごたごたと付けくわえています。
「そのためには…行為と申せましょう」など、どうひねりだしたのでしょう?
原文はこうです。 
「馬鹿げたことを言い、馬鹿げたことを続け、また馬鹿げたことを繰り返す[…]上品な男にとって最もそぐわないことは物知りとして通ること。」

(・・・とはいえ、で始まる段落) 
17)「とはいえ…立派ではなかった」もほとんどが翻訳者の自作です。特にbavardeという形容詞に「社交的な会話術が洗練の極みに達して」と、
たいそうな意味を当てていますが、「ぺちゃくちゃとおしゃべりな」という意味です。「話術」はconversationで、「見事な話術」をconversation brillante、
「話術にたけている」をavoir de la conversationと言います。またstyleeを「スタイリッシュ」とするのは誤訳で、使用人などが「よく仕込まれた」という意味です。
原文はこうです。
「それほどおしゃべりでも、知的な雰囲気でもなく、召使的なしつけもできていないヴェネツィアでは」

「当時のヴェネツィアの人々…溺れていたのである」 → これも自作の大げさな文章で満たされています。
原文はこうです。
「ヴェネツィアは精神性にあまり深くこだわらず、感覚を直に尊んだのだった」

(「標準語というものは、で始まる段落) 
18)「「標準語…不向きなものだ」 → バーニーの英語を見ても明らかに誤訳です。
原文はこうです。
「非凡な考えを説明するのに陳腐な言葉は無力だが」

19)「貴族都市の…ありえただろうか」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。これも自作の付け足しです。
「音楽こそが…雄弁な言語になっていた」 → これも自作です。
原文はこうです。
「音楽は極めて抽象的な芸術だが、これがドージェが統べる当時の都市のシンボルともいうべき表現だった。
特に、身寄りのない少女たちが演奏する音楽がそうで、」

(身寄りのない、で始まる段落) 
20)「身寄りのない…観光名物になっていた」 → ここもフーレが一言も言っていない箇所です。しかも、内容にいくつか誤りがあります。
ピエタ慈善院は女子孤児院ではありません。男子も受け入れていました。手に職を付けさせたのは、何とか将来食べていけるようにするだけでなく、
「合奏・合唱の娘たち」でない「手工芸の娘たち」の作業がピエタ慈善院を支え、維持費の一部ともなったのであり、犯罪に走らないように
するためではありません。翻訳者は日本の少年鑑別所と混同しているようです。それは「合奏・合唱の娘たち」も同じで、社会的意義からではなく、
毎週日曜日やその他の祝祭日に同じ建物の中にある付属の小さな教会で行うコンサートからの収益が運営費の一部を支えていたのです。
「うすいカーテンが揺れる格子窓」 →  「薄いフランス縮緬で飾られた格子」
「ひたすら…自らの体も揺らしている」 → 「体をゆすり、生彩に満ち満ちた曲の演奏に必要なあらゆる動きをしているのが垣間見える」

([…]そうした、で始まる段落)  
21)「そうした桁外れの…路上生活をしていたか」 → これを読んで目が点になりました。誤訳などというレベルの話ではなく、まさに白昼夢です。
原文はこうです。
「ここで聴ける卓抜な音楽と言えば、慈善院での演奏だ。慈善院には4つあり、全員、私生児か孤児か両親に養育する力がない子供たちだ。」
「花飾り」 → 「ザクロの花束」

(ヴィヴァルディは、で始まる段落) 
22)「教員として籍を置き続けていた」 → フーレはそんなこと一言も言っていませんし、史実とは異なります。
原文はこうです。
「これらの慈善院の一つ、ピエタに生涯を通じて奉職した」
 
「そんな大物音楽家を…わけだ」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。
「俗世間向けの音楽」 → 音楽のことをわかっていて翻訳しているのでしょうか。pieces profanesは「世俗音楽」というジャンルを指しています。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー