ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル RV699「アルミーダ」あらすじ
投稿日: 2010/05/31(Mon) 21:21
投稿者カーザヴェーチャ

オペラの台本は、人々がよく知っている叙事詩などを基に作られました。このジョヴァンニ・パラッツィの台本もそうで、
トルクァート・タッソの『解放されたエルサレム』(1575年)を原作にしています。実はヘンデルがイギリスに移住してから
初めて上演したオペラ『リナルド』(1711年)も同じ原作から生まれた台本です。こちらの作者はジャコモ・ロッスィで、
登場人物の設定がパラッツィより原作に忠実で、アルミーダはキリスト教の騎士リナルドを誘惑する魔女に設定されています。
ヴィヴァルディはパラッツィの台本を他に二本使っています。RV739『試練の中の真実』(1720年)とRV730『ロズィレーナとオロンタ』
(1728年)です。前者はドメニコ・ラッリとの共作で、後者は残念なことに楽譜が散逸してしまいました。

あらすじは逐語訳です。登場人物は以下の通りです。(  )内はこのCDでのキャストを示しています。
アドゥラスト・・・エジプト軍の騎士
アルミーダ・・・ダマスカス(現シリアの都市)の王女
エミレーノ・・・エジプト軍最高司令官
エルミーニア・・・アンティオキア(現シリアの都市)の王女
オズミーラ・・・エジプト王カリッフォの姪
カリッフォ・・・エジプト王
ティザフェルノ・・・エジプト軍の騎士

第一幕
ガザに集結したイスラム軍を閲兵中のカリッフォのもとへアルミーダが現れ、リナルド(訳注:登場しません。)と
闘う一流の戦士を求めたいという。すると、アドゥラストとティザフェルノがたちまちアルミーダの魅力にとりつかれて、
自分こそがと競うように名乗り出た。
王宮では、恋の糸が絡み合って思うに任せない状態が続いていた。カリッフォの姪のオズミーラがアドゥラストに想いを告げ、
エミレーノに囚われて求愛されているエルミーニアは、タンクレーディ(訳注:登場しません。実在の人物ですが、
タッソにより叙事詩的英雄となり、もちろんこの台本でもそうした人物として描かれています)への貞節を貫こうとする。
攻撃の準備が進む中、恋のほむらはいよいよ燃えさかり、鞘当も激しさを増していく。アルミーダはエミレーノを
誘惑しようとしてきっぱりと拒絶されるが、少しもひるまない。

第二幕
盛大な宴会の席で、アルミーダはリナルドを殺めた者の妻になることを誓うと重ねて言う。アルミーダの色香に惑わされた
指揮官の間に諍いが生じるようになる。うぶなエルミーニアから、タンクレーディの従者、ヴァフリーノ(訳注:登場しません。)へ、
彼の主人と密かに会いたいという伝言を伝えたいので、手助けをしてほしいと相談を持ちかけられたアルミーダ
(台本では「ダマスカスの王女」なのに、原文の解説ではmagicienne「妖術使い」となっています。)はすぐに、
エミレーノとの親密な出会いを設けるのに絶好の機会だということに気づき、伝言をエミレーノに渡す。
エルミーニアとの密会と信じ込んで馳せつけたエミレーノにアルミーダは言い寄るが、またもはねつけられて、
自殺するそぶりを見せる。そこへ現れたカリッフォに、アルミーダはエミレーノが自分を辱めようとしたと訴える。
エミレーノはエルミーニアと会う約束だった言うが、エルミーニアに尋ねるとそんなことはないというので、
エジプト王カリッフォは最高司令官が謀反を企てているものと思い込む。

第三幕
アルミーダは、今や身に危険の迫る証人となったエルミーニアに、シリア兵に変装して戦場を抜け出すようそそのかす。
アルミーダはさらに計略をすすめて、アドゥラストの心を奮いたたせながらも、一方でティザフェルノにも良い顔をする。
こうして二人の敵愾心はますます険悪なものになっていった。カリッフォはアルミーダ(訳注:ここでも原文は「妖術使い」です。)
にエミレーノの運命を決めるように頼むと、極刑に処すようにと答える。戦場では、エルミーニアが逃亡したという知らせと、
アドゥラストとティザフェルノの決闘の告示に、大きな動揺が広まる。カリッフォは何とか決闘を思いとどまらせる。
エルミーニアは発見され、その変装からアルミーダの策略が明らかとなる。アルミーダは罪を認め、
エミレーノの無罪が証明される。再び整列した軍隊はフランク族との戦いに向け勇ましく進撃していく。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー