ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル RV699「エジプトの戦場のアルミーダ」
投稿日: 2010/04/20(Tue) 01:17
投稿者カーザヴェーチャ

ヴィヴァルディのオペラでたった一つ未録音のままだった作品が、いよいよCDアルバムとなって世に出ました。

一刻も早く手に入れたかったので、2月にフランスのアマゾンへ申し込んだのですが、最初は3月23日に届く予定が、
ずるずると延びて遅れるたびにメールが届き、5回目の正直で今日やっと届きました。個人輸入は高くつきますね。
本体は19.19ユーロですが航空郵便代が14.90ユーロもかかり、合計で34.09ユーロ。申し込んだときのレートは、
たまたまギリシアの経済政治危機があってユーロが急落して122円くらいでしたので約4200円です。
さっき調べたら、日本のアマゾンでは3,438円でした。ただし、発売予定日は5月25日だそうです。

RV699「エジプトの戦場のアルミーダ」は、ヴィヴァルディの6作目にあたるオペラで、1718年2月15日に、
ヴェネツィアのサン・モイゼ劇場で初演されました。実は、このときすでにマントヴァに宮廷・礼拝堂楽長として
赴任することが決まっていたので、この作品は二作目の1714年のRV727「狂人に扮するオルランド」以来、
ヴェネツィアでオペラ作曲家としての地位をゆるぎないものにした活動の締めくくりともいうべき作品です。
勝手に命名すれば、前期オペラ群とでも言うものの集大成でした。

しかし、残念ながら、第一幕と第三幕しか楽譜が残ってなく、第二幕は台本のみが伝わっています。
幸い、第二幕のアリアのうち3曲の存在が後世の研究により確認され、このアルバムに収録されましたが、
欠けているレチタティーヴォは指揮者のリナルド・アレッサンドゥリーニが作曲し、残りのアリアについては、
「ポントゥス女王アルスィルダ」や「ダリオ(ダレイオス)の戴冠」、「テウッツォーネ」など、時代的に近い頃に
書かれた他の作品から、アレッサンドゥリーニが入れて、パスティッチョ仕立てにしてあります。

以下のサイトで録音風景が見られます。ここではアレッサンドゥリーニがフランス語で簡潔な説明を加えています。
フランス語はどうも…という方もご安心ください。英語の字幕が出ますので。画質音質共に良好です。
ttp://www.youtube.com/watch?v=35EMJ8ZRPkw
冒頭にアルミーダ役のサラ・ミンガルドが歌うアリア"Armata di furore"を聴いて、「おや?」っと思った方は
DVD「テルモドン川のエールコレ(ヘラクレス)」をお買いになった方です。「エールコレ」では第一幕第一場で、
アンティオペが歌う最初のアリア、"Con aspetto lusinghiero"として使われています。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー