ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 江戸の敵を長崎がとる(補足)
投稿日: 2012/11/12(Mon) 22:11
投稿者カーザヴェーチャ

 1736年と言う年は何と不幸な年回りだったのでしょう。この年、有力なパトロンの一人もこの世を去ります。
それは、ヴィヴァルディを宮廷楽長としてマントヴァに迎えてくれたヘッセン・ダルムシュタット方伯
フィリップ公(1671-1736)です。マントヴァの宮廷楽長の職を辞して故郷ヴェネツィアに戻っても、ヴィヴァルディと
マントヴァの関係は続きました。フィリップ公は、帰国するヴィヴァルディをヴェネツィア駐在(在任1715-26)の
神聖ローマ帝国大使ヨハン・バプティスト・フォン・コッロレード(1656-1729)に引き合わせようと、
紹介状(1720年3月3日付)を認めて旅の餞としてくれたのです。帰国後、早速サンタ・クローチェ区の
サン・スィメオーネ・グランデ(ヴェネツィア語ではサン・スィメオン・グランドSan Simeon Grando)教会の近くにあった
フランス大使館(現在、ヴェネツィア駅前に立つと、大運河の対岸左手に大きな館が軒を連ねていますが、
そのなかのどれかだったはずです)を訪れたヴィヴァルディを快く迎えた大使は、皇帝の聖名祝日(11月4日)を祝うため
セレナータの作曲をヴィヴァルディに依頼します。それが五声のセレナータRV689『競い合う正義と平和』です。
一方、大使は大使で、ミラノ公国のオーストリア人総督(在任1719-25)で同族のジローラモ・コッロレード(1674-1725)を
ヴィヴァルディに紹介します。オペラRV734『スィルヴィア』は、1721年8月28日に13歳の誕生日を迎えることになる
皇后エリザベート・クリスティーネのために、ジローラモがヴィヴァルディに作曲を依頼したものでした(あいにくと、
両作品とも楽譜が散逸してしまいましたので、今日ではどのようなものであったか窺い知るすべもありません。
ここ数年来続いている新発見のように、将来どこかで見つかることを祈るばかりです)。こうして、ウィーンの
宮廷へ近づく足がかりを一つ一つ用意してくれ、マントヴァを離れた後も、宮廷楽長の肩書きで出版譜の表紙を
飾ることを許してくれていたパトロンの死去も、また心の大きな痛手となったことでしょう。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー