[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe: ヴァイオリン協奏曲R.V.331
記事No2435   [関連記事]
投稿日: 2019/07/15(Mon) 16:14
投稿者カーザヴェーチャ < >
> 10年振り位の投稿です。

おかえりなさい。すなふきんさん。

>R.V.331の、第1楽章の2:00からの・・・弱音の美しく印象的な旋律は、オペラからの引用なのでしょうか。

RV331は私のお気に入りの一つで、聴くだけでなく、家族の迷惑顧みず、ときどきギコギコ・ヴァイオリンで弾いて
楽しんだりしています。ご指摘の個所は58小節目から64小節目までの八分音符による上昇音型ですね。この音型の
最後は重音(ダブル・ストップ)を含む下降音型で、4番目のトゥッティが始まる前の短いエピソードへと繋がって
いきます。ご存知のように、ヴィヴァルディの協奏曲には作曲時期の近いオペラのアリアの旋律とつながりのある
パッセージがいくつか見られることがあります。例えば、ヴァイオリン協奏曲RV199『疑い』の第二楽章とオペラ
RV704『カンダーチェすなわち真の友人たち』(1720)の第二幕第十三場のカンダーチェのアリア“Inganno mio tu sei
la mia speranza” (嘘偽りはわが希望)とRV739『試練の中の真実』(同年)の第一幕第十一場のロザーネのアリア
"Amato ben tu sei la mia speranza”(あなたは私の希望の星)などがあります。しかし、ご指摘の個所の旋律を持つ
アリアは、私の知る限りないと思います。

タイトルヴァイオリン協奏曲R.V.331
記事No2434   [関連記事]
投稿日: 2019/07/15(Mon) 16:12
投稿者すなふきん < >
(このスレッドは2019/07/13(Sat) 21:52に頂いたものですが、内容からBBS3よりこちらに移動させていただきました。
どうぞ悪しからず。‐サイト管理人カーザヴェーチャ)

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。10年振り位の投稿です。ミナーシ/イル・ポモ・ドーロ盤「皇帝」の第1曲目R.V.331の、
第1楽章の2:00からのヴィヴァルディの心中に去来する心象風景のような、弱音の美しく印象的な旋律は、オペラからの引用なのでしょうか。

タイトルRe: 今更ながら 
記事No2433   [関連記事]
投稿日: 2019/06/02(Sun) 18:11
投稿者カーザヴェーチャ
丁度今加筆しているところでした。第4番RV435の第二楽章と第三楽章についてはまだミステリーの部分が残っています。
色々と想像するのも楽しいですね。

タイトル今更ながら 
記事No2432   [関連記事]
投稿日: 2019/06/02(Sun) 18:03
投稿者ソロの魅力
詳しい解説また早々の返信本当にありがとうございました。
よくフルートはいぶし銀といわれますね。その音色の魅力を引き出した故の編曲だったのですかね。 また私にとっては、不自然に聞こえる第4番真作だったのですね。ただ最晩年に作曲されたとされるRV540は、いかにもヴィヴァルディまさに名刺代わりと成り得る名曲です。
このRV540と比べた場合どうしても第4番は奇異に聞こえてなりません。ヴィヴァルディの得意とした弦楽器とあまり普及していなかったフルートとの違いでしょうか。

タイトルRe: 今更ながら
記事No2431   [関連記事]
投稿日: 2019/06/02(Sun) 02:02
投稿者カーザヴェーチャ
> ヴィヴァルディを聞き始めて早半世紀ほどとなりました。新年号に代わってもヴィヴァルディ熱は冷めそうもありません。

ソロの魅力さんもヴィヴァルディに魅せられてついに半世紀を迎えられるのですね。年号が改まっても少しも熱が
冷めないとは、同じファンとして頼もしい限りです。

以下、サルデッリの『ヴィヴァルディのフルート及びリコーダー作品』(2001、未翻訳)に沿ってご質問にお答えします。
まず、当時の習慣として、一度出版された曲の原譜は作曲者に返還されませんでしたし、出版社が書庫等に保管する
ということもありませんでした。したがって、この6曲のフルート協奏曲の原譜は存在しません。しかし、そのことが
この作品群の真贋に関わることはありませんのでご安心ください。第4番を除く5曲には原曲があり、これらは出版
されなかったので原譜が残っているからです。

第1番『海の嵐』の原曲は同名のRV98『フルートまたはヴァイオリン、オーボエ、ファゴットと通奏低音のための協奏曲』
(自筆の書き込みがある筆写譜)および同名の異稿RV570 『第1ヴァイオリンを伴うソロ・ヴァイオリン、フルート、
第2ヴァイオリンを伴うオーボエ、ファゴット、ヴィオラ、通奏低音のための協奏曲』、第2番『夜』の原曲はRV104
『フルートまたはヴァイオリン、第1・第2ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための協奏曲』(自筆譜)、
第三番『五色ひわ』の原曲は同名のRV90『フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための協奏曲』
および同名のRV90a、90b『リコーダーまたはヴァイオリン、オーボエまたはヴァイオリン、ヴァイオリン、チェロまたは
ファゴットのための協奏曲』(自筆の書き込みがある筆写譜)、第5番の原曲はRV442『リコーダー協奏曲』(自筆譜)
そして第6番の原曲はRV101『リコーダー、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のための協奏曲』
(筆写譜)で、作曲年代は、RV98が1710年代半ば、RV104が1722年以前、RV90、RV90aが1724年以前、RV90bが
1720年か1724年頃、RV442が同じく1720年か1724年頃、そしてRV101が1720年代初頭です。どれも作品10の
出版年1729年より以前に作曲された作品です。RV90aとRV90bがイギリスのマンチェスターに伝わっているほかは、
すべてトリノ国立大学図書館のジョルダーノ・コレクションに収まっていますので、ヴィヴァルディ自身の手で
編曲が行われたことは確かです。

一方、第4番のRV435には原曲がなく、上で述べたように自筆譜にしろ筆写譜にしろ、原譜自体残っていません。
曲想もスタイルも残り5曲と明らかに違います。この点に関しては、サルデッリは次のように考えています。
オランダから作品10の出版を依頼されてたものの、前代未聞のフルート協奏曲など手元になかったので、
それまでに作曲したフルートまたはリコーダーをソロのパートに持つ作品を独奏協奏曲に編曲し、1曲だけ
最初からフルート独奏のための協奏曲として作曲して版元に送ったという事情が背景にあったようです。
つまり、第4番は1729年の作曲と見なされていて、その時点におけるヴィヴァルディの最も新しい作風を
伝える作品だというわけです。確かに6曲中、フルート独奏が伴奏部と最もバランスよくまとまっていますし、
第二楽章の持つ雰囲気はすでにロココという新しい時代の息吹を感じさせますね。真贋に関しては、サルデッリの
もう一つの著作『ヴィヴァルディの各作品にみる一致点』の中で、真贋を見極めるのは、1つの作品に未出版の
他の作品との類似したパッセージが現われる頻度で、類似点が多岐にわたる作品の場合、他の作曲家の作品とは
考えにくく、ヴィヴァルディの真作と判断されると述べています。RV435については、作品2第6番、RV181、
RV181a、RV186、RV302、RV469、RV240との類似点が第三楽章に散見されます。もっとも、第1楽章と第2楽章
については他の作品との類似点がみつからないので、サルデッリの論法では真贋のほどが確かめられません。

最後に、躍動感というよりもむしろ音色の色彩という点で、5曲の原曲となった弦楽伴奏を伴わない複数楽器の
ための協奏曲のほうが豊かな印象を与えますが、フルートだけを独奏楽器にしたことで楽想の収斂性が高まった
のではないでしょうか。例えば『夜』などは、夜の闇の不気味さ、幽霊の出現、はっと我に帰るが不安な思いに
募る一方の恐怖、眠りに陥りしばし与えられる安らぎ、またふと目が覚めて不安に襲われるが、ようやく明け行く
夜明けの気配に必死に不安を追い払おうとする心、こうした一連の動きが分かりやすくなったように思えます。

タイトル今更ながら
記事No2430   [関連記事]
投稿日: 2019/05/30(Thu) 20:44
投稿者ソロの魅力
ヴィヴァルディを聞き始めて早半世紀ほどとなりました。 新年号に代わってもヴィヴァルディ熱は冷めそうもありません。 またこのサイトのおかげでヴィヴァルディに関しての情報や皆様方の熱狂ぶりを知ることができ非常に感激しております。今回は、音楽史上最初のフルート協奏曲集として名高い作品10についてお伺いいたします。ずばりヴィヴァルディはこの曲集を出版するにあたり編曲または関与していたのでしょうか?既存の複数のソロを持つ協奏曲を編曲した(された)ようですが、その中の第4番どうしても彼の作曲した曲に聞こえません。また他の5曲も彼が編曲したものとするならば本来感じるべき躍動感といったものが失せているような気がしてなりません。それこそ半世紀前に感じていた疑問是非とも新時代に解決して頂きたくどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルRe^2: 協奏曲 RV 555について
記事No2429   [関連記事]
投稿日: 2019/03/21(Thu) 22:56
投稿者通りすがり
詳しい解説ありがとうございした。
トロンバマリーナ風ヴァイオリンについては諸説あるのですね。
そのため、各CDで「世界初録音」とうたっているのでしょうね。

タイトルRe: 協奏曲 RV 555について
記事No2428   [関連記事]
投稿日: 2019/03/11(Mon) 02:18
投稿者カーザヴェーチャ
この一週間、ちょっと用事がたてこみ、お待たせして申し訳ありませんでした。

まず、リオムの作品目録によりますと、以下のように楽器編成の中のトロンバの個所に、
括弧で可能性を示しています。
2 Trombe in Satz 3 (warscheinlich 2 Vl”in tromba marina”) (第三楽章に2本のトランペット(おそらく2挺の
トロンバ・マリーナ風ヴァイオリン))。

RV555は1996年から2003年にかけて、以下の5つのレーベルからリリースされていますが、面白いことに、
そのうちの3つのレーベルでタルボットが解説を担当しています。

“Concerti con Molti Strumenti“ [PIERRE VERANY:PV796023] (1996)は、スピノーズィ率いるアンサンブル・
マテウスの演奏で、解説はタルボットです。タルボットはトロンバ(トランペット)より、むしろヴィオラ・
アッリングレーゼ(イギリス式ヴィオラ)のほうに興味があるようで、トランペットがそのまま使われています。
さらに興味深いのは、第三楽章のトゥッティの出だしが、モーツァルトの管楽器アンサンブル用の作品「グラン・
パルティータ」Gran Partita (KV361)最終楽章のトゥッティの出だしにそっくりだという指摘です。

“Vivaldi Concerti con Molti Istromenti” [K617:K617062] (1996) は、フィリップ・クヴェール率いるラカデミー
・サント・セシルの演奏で、ジャン=クロード・ヴェイヤンが解説していますが、楽曲の解説はフランス語版だけです。
その中で、ヴェイヤンは、トランペットの指示に関して次のような疑問を述べています。
「トロンバTrombaはバロック時代のC管トランペットを指すのだろうか?なぜなら楽譜にあるレ3、ラ3、シ3は
C菅トランペットでは出せないからだ。トロンバは狩猟用のラッパを指すのだろうか?その場合は、G管の狩猟用ホルンで
クラリーノ(高音域)を演奏すればよいのだが、その点についてのヴィヴァルディの明確な指示はどこにもない…。」

“Concerti con molti istromenti “ [HYPERION: CDA67073] (1998)は、キング率いるキングズ・コンソートの演奏で、
解説はタルボットです。
タルボットによると、バロック時代のペダルなしのナチュラル管では、中央ハ(ピアノの鍵盤の中央にあるド。
いわゆる学校で発声練習する時のド)から1オクターヴ上の音は出せないので、キングはtromba をトロンバ・
マリーナ風ヴァイオリンviolino in tromba marinaの省略形と解釈したと述べ、賛意を表明しています。というのも、
1740年にピエタを公式訪問したザクセン選帝候フリードリッヒ・アウグストゥスの子息のために作曲されて演奏された、
トロンバ・マリーナ風ヴァイオリンが登場するRV558 には、写譜屋の作成した楽譜には単にtrombe (trombaの複数形)
またはtrombe marineと略して書かれているからだそうです。このキングのCDの録音では、ヴァイオリンが駒近くを
弾いたり、ハーモニックスもうまく利用して往時の音に近づけたそうです。

"Concerti per mandolini Concerti con molti strumenti" [VIRGIN VERITAS: 7 24354 55272 4](2002) ビオンディ率いる
エウロパ・ガランテの演奏です。解説を書いたトゥサン・ロヴィコは、題名そのものにin tromba marinaと書き加えるほど、
これはトランペットではなくトロンバ・マリーナ風ヴァイオリンなのは自明のこととして扱っていて、1790年のピエタの
在庫一覧にはトロンバ・マリーナと同じ役目をするヴァイオリンが2挺記載されていると述べ、これらは恐らく駒に
左右非対称の弧を付けるという細工を施し、古い時代の一弦楽器の音のようなガサガサした共鳴音が出せたのでは
ないか、と推測しています。

"La Viola da gamba in Concerto" [ALIAVOX:AV9835](2003) ジョルディ・サヴァール(サヴァイ)率いるル・コンセール・
デ・ナシオンの演奏です。解説はタルボットで、トロンバは十中八九トランペットではなくトロンバ・マリーナ風
ヴァイオリンを指すと明言していて、ただし、そういう楽器は現代は廃れてしまっているので、このCDではバロック・
トランペットを使用したと述べています。

そこで、本サイトのReferences内の作品目録も、RV555の備考欄に「第三楽章に2本のトランペットと2つのヴィオローネ。
1725年」とあるのを、「第三楽章のみ2つのトロンバ・マリーナ風ヴァイオリンが加わる。1726年ごろ」に変更します。
作曲推定年もタルボットの説を勘案し、根拠が不確かでリオムの作品目録にはない「2つのヴィオローネ」は削除しました。
ご指摘ありがとうございました。

因みに、ヴィヴァルディにはトロンバ・マリーナ風ヴァイオリンをソロとする協奏曲が3曲あります。おそらく
こんな楽器ではなかったかと思われる復元楽器で演奏したのが次のCDに収められています。
RV221…”The Four Seasons & Concertos for basoon” [AVIE: AV2344] (La Serenissima, A. Chandler)
RV311…”The Four Seasons & Concertos for basoon”[AVIE: AV2344] (La Serenissima, A. Chandler)
“Il Grosso Mogul Violin Concertos & Sonatas” [PANCLASSICS: PC10391] (Musica Alchemica, L.T.Bonet)
RV313…”Teatro alla Moda” [HARMONIA MUNDI: HMC902221] (Gli Incogniti, A. Beyer)
        

タイトル協奏曲 RV 555について
記事No2427   [関連記事]
投稿日: 2019/03/06(Wed) 00:10
投稿者通りすがり
楽器編成が豊富な表記の協奏曲における、第3楽章に出てくる楽器について質問です。
スピノージ指揮のCDでは、「2本のトランペット」となっていますが、
ロバートキング指揮のCDでは「2艇のヴァイオリン イン トロンバマリーナ(トロンバマリーナ風ヴァイオリン)」となっています。
この掲示板の作品リストでは前者となっていますが、実際の楽譜上の指定も「又は」なのでしょうか。

タイトルRe^2: お勧めのアリア(完)
記事No2426   [関連記事]
投稿日: 2019/02/20(Wed) 01:11
投稿者カーザヴェーチャ
ヴィヴァルディのオペラないしアリアのご感想をお寄せいただければ、大変にありがたく存じます。
別に急ぐことでもありませんので、お好きな時に自由に書き込んでいただければ幸いです。

コジェナーとマルコンのCD[ARCHIV477 8096]には、オペラではなく、オラトリオのRV 644
「蛮族の王ホロフェルネスを討伐した勝利のユディータ」(1716年)のアリアも一曲収録されていますね。
楽器編成がとても面白く、また曲想も豊かですので、こちらも全曲盤を入手なさることをお勧めします。

ブロツキーの「ヴェネツィア・水の迷宮の夢」には、筆者が当てのない散歩をしていて、ヴィヴァルディが
洗礼を受けた教会の前に立つ場面がありますね。教会の名前はこの本には書いてありませんが、
サン・ジョヴァンニ・イン・ブラーゴラSan Giovanni in Bragora教会です。生家はこのすぐ近くでした。
オルガ・ラッジとエズラ・パウンドは、本サイトでも取り上げたサルデッリの小説、『失われた手稿譜』にも
登場します。それにしてもブロツキーが時の枠を超えて思索にふけることができたヴェネツィアの街は、
国外旅行の大衆化と毎日入港する超大型客船の来航によって、すでに遠い昔の話となってしまいました。