ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: ストラスブールでのファルナーチェ
投稿日: 2012/06/14(Thu) 01:09
投稿者カーザヴェーチャ

ペパーミントさん、

これは、またまた、すばらしい贈り物をありがとうございます!
ロムしてくださっている皆さんも、前回に引き続いて大喜びされていることと思います。
CDのメーキングの舞台裏が、CDの解説者の話を軸に、指揮者や演奏者へのインタビューを通じて、
さらに細部まで分かる本当に貴重なビデオです。お礼の申しようもありません。感激でいっぱいです。

ファソーリスがイタリア語を母語としているのも初めて知りました。名前がスペイン語のディエゴで、
苗字のファソーリスがスペインにもある苗字なので、てっきりスペイン人かと思っていましたが、
調べてみると、スイスのイタリア語圏の州であるルガーノ出身で、ファソーリスという苗字も、
スイスと国境を接しているピエモンテ州からヴァル・ダオスタ州、リグーリア州にいたる、
イタリア北西部に固まって分布している苗字と分かって納得です。スイスのイタリア語の響きって、
ドイツ語っぽくもありフランス語っぽくあり、とても面白いです。
ザグレブ出身のクロアチア人、ツェンチッチの日常使用言語が、ドイツ語だったのも意外でしたが、
これも調べてみると、9歳から14歳までの5年間を、ウィーン少年合唱団のボーイ・ソプラノとして
オーストリアで過ごしていたことがわかって、大いに納得しました。
ヴィヴァルディ研究者のフレデリック・ドゥラメアが、若手だったことに驚くと共に、頼もしさを感じました。

> ライヴは、またいつかユーチューブでアップされるかもしれませんね。
心から待ち望んでいます。

> とても洗練された舞台美術・演出で、観れば観るほど素晴らしいですね。
> 名アリアも満載ですが、(とくに、Gemo In Un Punto E Fremo←この場面のダンスすごいですね!、
> Gelido In Ogni Venaが有名で人気があるようですね)、
> 今回、音楽と演出・バレエとともに心に残ったのは、
> セリンダのアリア、Al Vezzeggiar D'un Volto(途中からふたりのバレリーナが、
> シンクロして踊るところが美しくて、思わずうっとり♪)と、
実は、2時簡以上の内容ですので、この週末の楽しみにとってあります。
感想については、じっくり楽しませていただいた後、書き込むことに致します。

> ポンペオのNon Trema Senza Stella、今回初めて知りましたが、闊達なアリアに布の演出で、
> (あれは、海を表現しているのでしょうか。海の場面なのですか?)
 劇の進行として海の場面があるのではなく、アリアの内容を表しているのだと思います。
ご参考までに拙訳をあげておきます。

Non trema senza stella   星の見えぬ夜など恐れぬ
fra il nembo e la procella,  雨雲と嵐のただ中にあろうと
s'e di coraggio armato    勇気という鎧をまとった
il buon nocchier.        良き舵手は

Chi ha la virtu per guida  武勲に導かれる者は
in essa sol affida       武勲のみを信じて
e ad onta d'empio fato   逆運をものともせず
forte non sa temer.     雄々しくも恐れを知らぬ


> これによると、少なくとも7通り?の「ファルナーチェ」があるとか・・・?
「江戸の敵を長崎がとる」の続きでこの辺のことを書こうと思いつつ、なかなか果たせないでおります。
これは週末の宿題と言うことで…。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー