ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 歌劇「ファルナーチェ」あらすじ
投稿日: 2012/04/09(Mon) 02:10
投稿者カーザヴェーチャ

畑野こいもさん、大変お待たせ致しました。

取り急ぎ、あらすじと物語の舞台と背景について書き込みます。
作品成立の経緯については改めて述べさせていただきます。

物語の背景
ファルナーチェ(パルナケス)の父親である先のポント(ポントス)の王ミトリダーテ(ミトリダテス)は合戦で
カッパドキア女王ベレニーチェの夫君と王子を討ち取っていた。その憎い敵国の王ファルナーチェが王女タミーリとの
結婚を願い出たのだから、女王ベレニーチェは決して許さなかった。そこで、ファルナーチェはタミーリを誘拐して、
女王ベレニーチェの同意を得ずに結婚してしまう。こうした度重なる辱めにベレニーチェは報復することを誓い、
ファルナーチェとわが娘であるタミーリに敵対するローマ軍と同盟を結び、ポント王国を滅ぼそうとする。

物語の舞台
エラクレア(エラクレイア): 英語名はヘラクレア。現在のウクライナ南部にあった黒海に面したボスポラス王国の、
クリミア半島内の都市のひとつ。現在のトルコ北東部にあった黒海に面したポントス王国が、ミトリダテス6世の頃に
ボスポラス王国を併合して以来、エラクレアもその一部となった。もちろん、オペラの台本は史実とまるで無関係。

登場人物
ファルナーチェ: ポント王。
ベレニーチェ: カッパドキア女王。ポント王妃タミーリはその娘。
タミーリ: ポント王妃。
セリンダ: ファルナーチェの妹。
ポンペオ: ローマのアジア地方総督(ポントスは当時の感覚ではアジア)。
ジラーデ: カッパドキアの王族の一人。ベレニーチェの腹心。
アクィーリオ: ローマ軍団の高官。
男の子: ファルナーチェとタミーリの間に生まれた王子(舞台上では無言のままか、または言及のみで登場せず)。

第一幕
ポントの王位を継いだファルナーチェは、ポンペオ(ポンペイウス)率いるローマ軍にエラクレアを包囲され、
最後の反撃に出る。ファルナーチェは万が一敗れたら、虜囚となるより王子を殺して自害するよう王妃タミーリに頼む。
ローマ軍の猛攻撃を受けてポント軍は総崩れとなり、ファルナーチェは逃走し、妹セリンダも囚われの身となる。
セリンダは兄が再び王位に就くことを願って、ローマ軍団の高官アクィーリオとベレニーチェの腹心ジラーデに言い寄る。
二人が恋敵となって内紛を起こすことを企んでのことだったが、セリンダはジラーデに好意を感じている自分に気付く。
一方、タミーリは自身の死を覚悟するが、愛息を殺めるのは忍びがたく、歴代のポント王の霊廟に王子の身を隠す。
その後、ファルナーチェから渡された短剣で胸を突こうとしていたところへ、母親ベレニーチェが現れて押しとどめる。
母と娘は激しく口論した末、ベレニーチェはタミーリをポンペオの保護下に置く。

第二幕
セリンダにじらされたアクィーリオとジラーデは、どちらを結婚相手に選ぶか決めてくれと迫る。しかし、セリンダは
二人を拒絶する。作戦は功を奏し、ファルナーチェとその王子の探索を執拗にすすめるべレニーチェに対して、
ジラーデが初めて反抗する。ファルナーチェはポント王の霊廟で自害しようとするが、タミーリが現れて押しとどめる。
王子はすでにタミーリが手にかけたと信じていたファルナーチェは嘆き悲しみ、いまだ自害せずにいる王妃を難詰する。
そうしたところへベレニーチェが手兵を連れて現れる。ファルナーチェは急いで身を隠すと、霊廟を破壊するように命じる
ベレニーチェの声が聞こえた。さらに、タミーリが墓から王子を連れ出し、ベレニーチェに命乞いをするのを見て驚く。
ベレニーチェはタミーリの願いをにべも無く断り、わが娘とわが孫を義絶する。ファルナーチェも怒り狂って妻を拒む。
アクィーリオとジラーデが進み出てベレニーチェに王子の命を助けるように懇願する。総督ポンペオはアクィーリオに
王子の面倒をまかせる。セリンダは危険を顧みずに自分のために尽くしてくれたら愛を誓うとアクィーリオに言う。

第三幕
エラクレアの平原に集合したローマ軍とカッパドキア軍の前で、べレニーチェはポンペオに王子を殺害すれば、
カッパドキア国の半分を与えると持ちかける。タミーリも息子の命と引き換えならポント国の半分を差し出すと言う。
寛大なポンペオは一切の見返りを求めず、王子をタミーリのもとに返す。ファルナーチェは密会しに来た王妃を
再び難詰するが、妻が死を賜るように言うと、初めてその優しさと気高さに気付いて心を打たれ和解する。
二人は運の好転を祈る。一方、セリンダはジラーデにはベレニーチェの殺害を、アクィーリオにはポンペオの殺害を
約束させるが、アクィーリオが約束を果たそうとする矢先に、カッパドキア軍の兵士になりすましたファルナーチェが、
ポンペオを自分の手で殺そうと近づく。結局、二人ともポンペオの暗殺に失敗する。そこへベレニーチェが現れて、
兵士に身をやつしているファルナーチェを見破り、配下の者たちに捕らえさせ、牢に入れる。タミーリとポンペオは
命乞いをするが聞き入れてもらえない。そこへ、反旗を翻したジラーデとセリンダが兵を率いてなだれ込み、
ファルナーチェを救出する。ファルナーチェはベレニーチェを殺そうとするが、タミーリとポンペオが間に割って入り、
ベレニーチェの命を救う。タミーリは敵方に武器を捨てるように求める。ベレニーチェは自分も死を前にして心が変わり、
娘婿と平和裏に生きることを誓う。ファルナーチェは人々の歓呼の中、再びポントの王位に就くのだった。('完)

追記:
Pontoについては、ラテン語の呼び名Pontusにこだわってわざわざポントゥスと表記してきましたが、
この地名はギリシャ語源なので、よりふさわしいギリシャ語の呼び名ポントスに変更することに致しました。
この名称が使われている本サイト内のほかの部分での改訂も徐々に進めてまいります。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー