ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: マニフィカトについて
投稿日: 2011/03/01(Tue) 01:11
投稿者 カーザヴェーチャ

> 合唱のステレオ効果があまり聞かれないように思います。
> 実際の楽譜でもそのような書法なのでしょうか。

そうですね。残念ながら私が持っているRV610aの音源は、アレッサンドゥリーニ
[OPUS111:OP30383"Vespri solenni per la festa dell'assunzione di Maria Vergine"と
ヴァレーリ[fone:057SACD"Il canto, dallo strumento alla voce"の2枚しかなく、
後者はコーラス曲の3曲だけの録音です。前者は、二群に分けて演奏していませんし、
後者はガラ・コンサートのライブ録音で、ステージの上で一団となって歌っているので、
あまりステレオ感がありません。ヴィヴァルディがどのような形で二群に分けたのか、
私も楽譜を見たことがないので分かりません。

なお、ピエタのためにヴィヴァルディが二重合唱・合奏の作品を書いた経緯については、
過去ログのスレッド、No.424とNo.425をお読みください。器楽曲について書いていますが、
合唱曲の場合もあてはまると思います。
 
> ついでにですが、RV610bも二重合唱・二重弦楽合奏なのでしょうか。

RV610bはRV610やRV611と同様に、二重合唱・合奏のための作品ではありません。
またRV610、RV610a、RV611が自筆譜なのに、RV610bは筆写譜で伝わっています。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー