ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 好きな曲
投稿日: 2011/02/22(Tue) 00:44
投稿者 カーザヴェーチャ

ヴェニスの休日さん

はじめまして。「赤毛の司祭」へようこそ!
ご質問を戴いてから呆れるほどの時間が流れてしまいました。申し訳ありません。

偽作3曲とは、第1番と第7番のオーボエ協奏曲、それに第3番のヴァオリン協奏曲を指していると思われますが、
実はもう1曲偽作の疑いが濃厚なのがあります。それは第4番で楽譜に「ひどい。ヴィヴァルディの作ではない」と
書かれています。しかし、リオムのカタログではどれも真作として扱われています。
偽作だとしても作曲家の名前がわからないからでしょうか。

経緯についてはエヴェレットが論文を書いています。6年前にBBS2のNo.1087でご紹介したのですが、
ここであらためて以下に内容をご紹介します。

1716年から17年にかけて、作品5、作品6、作品7の3つの曲集が、アムステルダムのエティエンヌ・ロジェと
その娘ジャンヌにより立て続けに出版されましたが、誤植があったり、作品7には他の作曲家の作品が数曲紛れ込んでいたり、
何よりもヴィヴァルディ自身からの明白な許可を得ずに出版したことに深く失望していたヴィヴァルディは、
当初、抗議の意味からこの出版社からの依頼をボイコットしたのだろう、とトールバットは推論しています。
しかし、すでに高い評価を得ていた『四季』や多くの標題音楽を収めた作品8に充分市場価値があると踏んでいたヴィヴァルディは、
出版の依頼に応えようという気になって、1720年までにはまとめあげましたが、
今度はヴィヴァルディの態度にへそを曲げたロジェ父娘がすぐに出資しようとしません。
そうこうしているうちに2年がたち、1722年にこの父娘は他界してしまいます。
そのため、経営はジャンヌの姉フランソワーズの夫、ミシェル=シャルル・ル・セーヌの手に渡るのですが、
作品8をこれは行けると思っていたル・セーヌも、どういうわけかなかなか出版しようとしません。
今度、業を煮やしたのはヴィヴァルディのほうで、原稿を渡してから4年もたった1724年11月11日にペンを執ると、
カルロ・ジャチント・ロエーロ・ディ・グアレーネ伯爵宛てに手紙を書き、(おそらく作品8用の12曲も含めた)24曲の協奏曲を限定出版し、
予約申し込みをした人だけに販売したいので、ついては出版費用を援助していただけないだろうかと打診しています。
そうした動きを察知したのか、ル・セーヌのほうが折れて、1725年12月にめでたく出版の運びとなったのです。
その後しばらくはル・セーヌとうまく行き、1727年から29年にかけて作品9から作品12まで出版しています。
以上の経緯は、エヴェレットがさまざまな資料を駆使して描いた推論です。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー