ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 勝利のユディータ
投稿日: 2010/06/06(Sun) 15:58
投稿者ペパーミント

先月書きました、ヴィットリオ・ネグリのCDですが・・・。

何だか申し上げにくいのですが、実は私の買ったのは輸入盤でした(言わないことではありません・・・)気を取り直して今よく聴いているのは、オラトリオ「勝利のユディータ」です。この作品もまた素晴らしく、心に残るアリアがいくつもあります。


冒頭のコーラスから続く、軽快な"Nil arma,nil bella"や、 ヴィオラ・ダモーレやリュート、チェンバロのそれぞれ活躍するアリア、中でもシャルモーを伴った"Veni,veni,me sequere" 何かへ呼びかけているような感じがしますし、(veniは「来て」の意味でしょうか?)とても伸びやかで自由な感じがして印象的です。オーボエとオルガンの素晴らしい"Noli o cara te adorantis"、以前から器楽曲で聴いていたのですが、このCDで通して"Transit aetas"(これまた名曲です)からレチタチーヴォに続いて初めてこれを聴いたときは、全身鳥肌が立つほど感激しました。今でもこのアリアが始まるとなんだか気高いような、それでいてとても切ないような感じがして、毎回寒気がしそうになります。ホロフェルネスの歌う最後のアリアなんですね・・・自分が殺されることをわかっていたのか?なんて考えてしまいます。この聖書物語自体がすごく恐ろしいですね。国を救うためとはいえ、誘惑しておいて首を取るのですから・・・ヒロイン、ユディ-タの心中はどうだったのか。そんなことまで考えてしまいます。そういう複雑な心理描写はされているのでしょうか?


それで、自分の落ち度を棚に上げてまことに勝手なお願いで申し訳ないのですが、この心に残る4曲のアリアの歌詞の日本語訳を教えていただきたいのです。


BBS1でカーザヴェーチャさんが書かれていた四季の「春」第3楽章と"Vivat in pace"との関連性もよくわかりました。それから、"Salve invitcta Juditha"はヴェネト州の歌(州歌?)なのでしょうか?

すみませんが、よろしくお願いします。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー