ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/29(Sun) 17:41
投稿者ペパーミント

カーザヴェーチャさま、詳しい解説ありがとうございました。納得いたしました。杞憂でした。聖書が、たいへんな時を経てきた書物だと再認識させられる思いです。

1739年の5篇の詩篇、RV609は同CDにありますので、あとのRV604.795.789も聴いてみたいと思います。ところで、同CDには'Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto'が幾つも入っていて、このたった一行の詩句でこんな凄いメロディーができるんだ…とつくづく感心してしまいます。

とにかく私はRV803が好きで、詩を壁に貼って、CDに合わせて口ずさんでいるくらいです。

フーガは、OP3-11が有名だということくらいしか…。ヴィヴァルディのフーガ集というようなCDがあれば聴いてみたい気がします。



ところで、ヴェネツィアに関する図書を見ていたら、ブラーノ島にあるガルッピ像があったのですが、こちらのreferencesの、ヴィヴァルディの足跡を追い求めて「最晩年から現代へ」にありますヴィヴァルディを記念した三人の乙女の弦楽トリオのモニュメントを見てみたいのですが、写真などあるでしょうか?


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー