ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/27(Fri) 02:34
投稿者カーザヴェーチャ

>本文も調べると127篇ではないかと…。聖書は万国共通のはずですよね?
実は、以前に、某国立大学の音楽科で西洋音楽史の講座を担当していらした方から、RV 604 『イン・エクスィトゥ・イスラエル
(イスラエルはエジプトを去り)』の詩篇番号について、同じような内容のご質問をメールで頂いたことがあります。
そのときにもお答えしたのですが、ヴィヴァルディの時代の詩篇はウルガータ聖書に依拠していたためにこの詩篇の番号は第113篇でした。
Referencesの作品目録では当時のままの番号を表示している旨をお伝えして、ご理解いただきました。
後世に編纂し直されて今日の形となった聖書では、詩篇の番号がウルガータ聖書に比べて一個ずつずれています。
有難いご質問でしたので、Referencesの作品目録の下の余白に、詩篇の番号がウルガータ聖書に基づいている旨を注で示しておきました。
したがって、RV 608 『ニスィ・ドミヌス(主が家を建てられるのでなければ)』も、現在は詩篇第127篇ですが、当時は第126篇だったのです。

ところで、RV 604 『イン・エクスィトゥ・イスラエル』の場合は、多少事情が込み入っていて、ウルガータ聖書では詩篇第113篇ですが、
その後、9行目のNon nobis, Domineの部分で切り離されたために、現在では詩篇第114篇と第115篇の2篇になっています。

> こちらのレフェランスにあるRV807とRV803の使用楽器など逆ではないでしょうか?
アッ!大変だ!ありがとうございます!!
早速、他に記述のおかしな部分も含めて訂正いたしました。

>ウィルソンはRV807・RV803両方共ガルッピ作だと思われていた、とライナーに書いているようです。
>大好きな楽曲なので長々と書いてしまいましたが…どうすれば…?
私もこの2曲が大好きです。完成度の高さには瞠目すべきものがありますね。RV807の終曲"Et in saecula saeculom…Amen"の対位法のすごさは、
ヴィヴァルディの全作品を知らない批評家たちが繰り返してきた「ヴィヴァルディは対位法に弱い」という批判を吹き飛ばしてしまいますね。
イギリスのヴィヴァルディ研究の大御所タルボットが、比較的に最近、『ヴィヴァルディとフーガ』という本を出しました。
実は、ヴィヴァルディはフーガの技巧に長けていたという、従来の"常識"を覆す面白い内容のようなので、ただいま取り寄せ中です。

両方の曲とも、なぜ、ガルッピの作品と思われていたかというと、学者の間では捏造で有名なヴェネツィアの写譜屋イゼッポ・バルダンが、
RV803『ニスィ・ドミヌス(主が家を建てられるのでなければ)』の表紙に、ガルッピの綽名である「ブラネッロ氏」と書いたためです。
ブラネッロBuranelloという綽名は、ガルッピがヴェネツィア本島ではなく、ブラーノ島の出身だったことにちなみます。
またこのとんでもない写譜屋は、RV807『ディクスィットゥ・ドミヌス(主はわが主に仰せになった)』のほうには、何をとち狂ったか、
「ブラネッロことバルダサール・ガルッピ氏がメンディカンティ音楽院のために1745年に作曲」と堂々と書き込んだのです。
そのために、この2つの作品は、ドレスデンにあるザクセン州立図書館に伝わるガルッピの楽譜の束の中に埋もれたままになっていました。
しかし、ジャニス・ストッカイトゥJanice Stockigtというオーストラリア人研究家が図書館の楽譜を丹念に見ていくうちに、
RV803 に行き当たりました。様式や旋律の面からみてヴィヴァルディの作品ではないかという疑念を抱いた彼女は、
すぐにイタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会のイギリス代表でもあるマイケル・タルボットに調査を依頼しました。
2003年5月のことでした。調査の結果、この曲は1739年にヴィヴァルディがピエタのために作曲した5曲の詩篇のひとつであることが判明し、
やがてRV803という番号が付けられました。ちなみに他の4曲はRV604『イン・エクスィトゥ・イスラエル(イスラエルはエジプトを去り)』、
RV609『ラウダ・イェルザレム(エルサレムよ、主をほめたたえよ)』、RV795『ベアトゥス・ヴィル(幸いなるかな)』、それに
RV789『コンフィテボール・ティビ・ドミネ(主よ、あなたに感謝します)』ですが、RV789だけ一部が欠けています。
このRV803の発見から2年後の2005年に、同じ研究家がやはりガルッピの楽譜の束からRV807 を発見したのでした。
こちらのほうの作曲年代は1732年以降だろうと考えられています。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー