ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/11/07(Sat) 12:37
投稿者畑野こいも

心の込もったお返事をありがとうございました♪♪とてもとても嬉しかったです。

「ピエタの小さな博物館『アントニオ・ヴィヴァルディ』」は、現地に行かないと入手できないということですか…。
実は、ヴェネツィア旅行も私の大きな夢の一つです。それこそ、これも夢見て13年(笑)。絶対行きたい!!でも、自分で「いいな」と思うツアーがないので(これが一番!)未だ実現には至っていません。旅行のパンフレットも時々見ていますが、ヴェネツィア滞在できるのは長くても2日足らず、というものばかりで、どうしても参加する気にはなれないのです。どうせ行くなら良い旅にしたいし、最低でも1週間くらい滞在したい!!というのが本音なので。
できれば20代のうちに叶えたいものですが、果たして…。


それはそうと、「ぼくの歌が君に届きますように」。読めば読むほどすごく良いお話ですね♪何だか離れがたくて、ずっと自分の手元に置いて読んできましたが、今度は友人や知人に貸そうと思っています。それから、今月(11月)に誕生日を迎えるいとこにもプレゼントするつもりです。
ペパーミントさんがおっしゃるとおり、この小説が出たことはとても大きな意義があると思います。このような小説が出たのはおそらく初めてのことではないでしょうか?本当に貴重な作品だと思います。
ただ、少し気になることがあります。それは、作中に出てくる「L'estro armonico」が協奏曲集「調和の霊感」(作品3)であることに気付く方がいるかどうか、そしてそれがどれだけ素晴らしい作品なのか、どんな作品なのかわかる方がいるかどうか、です。あとはヴィヴァルディ先生が、あの有名な「四季」の作曲者であることとか。
ぜひとも今すぐCDショップに行って「調和の霊感」のCDを買ってきて、聴きながら読んでほしいですね。

いずれにしても、「ぼくの歌が君に届きますように」の中にある「ピエタ」が、読んだ方がヴィヴァルディとその音楽を好きになる、興味を持つ、そして仲良くなるきっかけになったらすごく素敵なことだと思います!


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー