ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 「ぼくの歌が君に届きますように」
投稿日: 2009/10/31(Sat) 22:18
投稿者畑野こいも

こんにちは♪こいもと申します。26歳です。
ヴィヴァルディとイ・ムジチ合奏団が大好きになって13年以上たちました。人生の半分以上をヴィヴァルディの音楽と一緒に過ごしています。もう、一生のお付き合いです。
大学生になったばかりの頃(7年前)にこのホームページを見つけて感激し、1回だけあいさつのコメントを書き込みました。以来、今現在に至るまでずっと、カーザヴェーチャさんをはじめ、皆さんのコメントを読んで勉強させていただいていました。皆さんがあまりにも素晴らしいので、こちらはとてもコメントを書き込む気にはならず…。ずっと読む&勉強する専門になっていました。
ただ、今日は書き込まずにはいられなくなったのでコメントします☆

「ぼくの歌が君に届きますように」、そして「ピエタ」ですが、早速書店で買って読みました!!
私もカーザヴェーチャさんと全く同感です。まだ読んでおられない方もいらっしゃると思うので、中身について書くのは避けますが、本当に心あたたまる素敵な小説ですね。アンナ・マリアとエミーリアが、恩師ヴィヴァルディについて思い出して言っている言葉の一つ一つに「うんうん。そうだよね、そうだよね…。」と共感しながら読み…、もうすごくじ〜んとしました。私が、ヴィヴァルディと彼の音楽に対してずっと感じてきたことが全て二人の会話や思いの中にあって、涙が止まりません。もう、何度も読み返しています。
私は、ヴィヴァルディがアンナ・マリアのために書いた協奏曲を集めたCDを持っているのですが(ちなみに、演奏はイ・ムジチ合奏団♪)、そのCDや協奏曲集「調和の霊感」のCDを全曲聴きながら読むとヴィヴァルディの愛弟子たちに対する愛情をより深く感じられて、なおさら感動します。
こんなに素敵な小説を紹介して下さって、本当にありがとうございました。とても感謝しています。

ところで、「ピエタ」の参考文献になっているテキスト「ピエタの小さな博物館『アントニオ・ヴィヴァルディ』」ですが、翻訳ができあがったという書き込みをこのホームページ内で見て以来、実はずっと気になっていました。図書館にはないし、書店に問い合わせても、どこの書店でも取り扱っていなくて…。すごく読みたいのにまだ読むことができずにいます。
このテキストは、いったいどこに行けば読むことができる(手に入れることができる)のでしょうか。教えていただけたら、とても嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー