[リストへもどる]
一括表示
タイトル洗礼証明書
記事No6
投稿日: 2002/03/04(Mon) 12:14
投稿者キアレッタ
おめでとうございます!!
今日はヴィヴァルディのお誕生日です。(^o^)

ヴィヴァルディの父親は1655年頃、ロンバルディア地方のブレーシャに生まれ、
その後ヴェネツィアに移り、床屋を兼業しながらヴァイオリン奏者となり、
1676年6月11日に、仕立屋の娘と結婚しました。
1678年3月4日に生まれたヴィヴァルディは、この二人の間にできた第一子です。
その後、弟妹が何人も生まれたようですが、
ヴァイオリン奏者の父親を継いで音楽家になったのは、ヴィヴァルディだけでした。

ヴィヴァルディの誕生日を正確に現代に伝えてくれた
洗礼証明書の内容を紹介させていただきます。
サン・ジョヴァンニ・イン・ブラーゴラ聖堂区に保管されているものだそうで、
日付は1678年5月6日です(ロラン・ド・カンデ「ヴィヴァルディ」白水社 P.251)。

「演奏家のジョヴァンニ・バティスタ・アグスティーン・ヴィヴァルディ氏と、
カミッロ・カリッキョの娘で彼の妻であるカミッラ夫人の息子で、
去る3月4日に生まれたアントーニオ・ルーチョは、死の危険のために、
洗礼立会い人の助産婦、ヴェローナの人マルガリータ夫人により、家で水を受けたが、
本日聖堂に連れて来られ、教区主任司祭であるわたしジャーコモ・トルナチエーリから
祓魔式と聖油を受け、その式では、ドーゼ・イン・コントラの印しをつけた薬品商
アントーニオ・ジェローレモ・ヴェッチェーリオ氏が子供を抱いていた。」

さて、ここからが本題です。

この洗礼証明書を読み、私が(そしておそらくは皆さんも)
一番興味を惹かれるのは、「死の危険のために」という一文です。
ヴィヴァルディは「死の危険のために」生まれてすぐに自宅で仮洗礼を授けられ、
正式な洗礼を受けたのはその2ヵ月後だった、という点です。
理由はふたつ考えられていて、
ひとつは、ヴィヴァルディは生まれつきとても虚弱だったのではないか、という事。
あとのひとつは、1678年3月4日にヴェネツィアは地震に見舞われた事がわかっていて、
その地震のせいだったのではないか、という事。
そのどちらか、あるいは両方がその理由だったはずなのですが、
今のところ私にはそれ以上の事はわかりません。
何か御存知のかたがおられましたら、御教示をお願いします。m(_ _)m

その日、ヴェネツィアを襲った地震は、激しいものだったのでしょうか。
生まれたばかりのヴィヴァルディは、もうちょっとで
倒れた家具や割れた窓ガラスの下敷きになるところだったのでしょうか。
それとも、その日妊婦だった母親は、地震のせいで転んで破水してしまい、
未熟児のままのヴィヴァルディを出産したという事だったのでしょうか?

もしヴィヴァルディが未熟児で生まれたのだとしたら、
幼少年時代までは本当に虚弱だったのでしょうし、
一転して成人してからの仕事ぶりは、どう考えても健康で丈夫な人のそれだったという事も、
すべて説明がつくようにも思えますが、どうなのでしょう・・・。

ともあれ、「死の危険」を脱し、無事に生きのびて、
素晴らしい音楽を残してくれたヴィヴァルディに、心から。
お誕生日おめでとうございます!!(^o^)

タイトル祝、誕生日!
記事No7
投稿日: 2002/03/05(Tue) 00:31
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/vivaldi/
すべり込みセーフで誕生日のお祝い書き込みをしたかったところだったのですが、
無念!日付が変わってしまいました。(汗)

でも、ヴィヴァルディの誕生日をめでたく祝う気持ちには変わりありません。
祝、誕生日!

そして、キアレッタさん、ヴィヴァルディの誕生日にまつわる詳しいお話、
どうもありがとうございます。(^_^)

タイトル,ヴィヴァルディ万歳!!
記事No8
投稿日: 2002/03/06(Wed) 22:43
投稿者イ・ムジチ
参照先http://www48.tok2.com/home/hsemi/
ヴィヴァルデイのお誕生日、初めて知りました。
3月4日だったのですね。一日早ければ毎年ひな祭りと一緒にお祝いできたのに・・・。(^^;
さてさて、死の危険があったとはいえ、無事この世に生まれ、素晴らしい音楽の数々を残してくれたヴィヴァルデイには本当に感謝の気持ちで一杯です。
しかし、もし、そのとき、ヴィヴァルディが亡くなられていたら私たちはヴィヴァルデイの音楽はもちろんのこと、ここで皆さんとヴィヴァルディについて語り合うことも出来なかったのですよね。
そう考えると、その時その時の一瞬が時代を変えるんだなあと思うと神秘的というか・・・なんて言ったら分からないけれど、不思議な気持ちになります。
ま、私たちがここで色々語り合うことが出来るのもその時のヴィヴァルデイの生命力のおかげということで・・・ヴィヴァルディ万歳!!