[リストへもどる]
一括表示
タイトル「生涯・人間像」掲示板新設!
記事No1
投稿日: 2002/02/12(Tue) 20:08
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/vivaldi/
「生涯・人間像」掲示板を新設しました。

興味が尽きないヴィヴァルディの生涯、その人間像、および周辺の人物などについて、
いろいろと語り合いましょう。(^_^)

タイトルRe: 「生涯・人間像」掲示板新設!
記事No2
投稿日: 2002/02/16(Sat) 17:03
投稿者ブリリン
安奈様、新しくBBS5「生涯・人間像」を作っていただきまして有難うございます。(^_^)

ヴィヴァルディはいったいどんな人だったのでしょう・・。

ふと、思う事もありますが、強いて調べようとも思わず今日まで来てしまいました。
以前にもカキコしましたように、私にとって彼がどんな人であってもヴィヴァルディ
である事には変わりが無く、ヴィヴァルディである事以上にヴィヴァルディの
作とされている音楽を愛しているように思います。

その辺はキアレッタ様やイ・ムジチ様とは大きな隔たりを感じます。
キアレッタ様がBBS 1で書き込まれた様に、私も、女性ですから

>猫でも鳩でもいいから、ヴィヴァルディの近くで生きてみたい。私のささやかな夢ですね・・・

という気持ちは良く分かります。でも、私にとっては現実にそう思う対象は、やはり同じ
時空に生きている人しか考えられません。(^_^)

醒めているのでしょうか?良く分かりません。キアレッタ様やイ・ムジチ様のように
其処まで入り込めない自分にもどかしささえ感じます。

ランドセルの頃から聴き続けてきたバッハについても同様に思っています。
私は子供の頃カバンの中に「ブランデンブルク協奏曲」と「調和の霊感」のスコアを
入れて持ち歩いていました。(・・。)ゞ
持っていてどうする訳でもないのですが、なんとなく持っていたかったのです
 
忙しくて全然聴かない時期もありました。でも、いつも体の中にヴィヴァルディや
バッハの音楽が流れていて「一緒に人生を歩んできた」という様に思っています。
そして、心をときめかせる曲はヴィヴァルディにしかなく、あえて“恋人”と
この前はカキコしました。適切ではなかったかもしれませんが、私にとっては
“恋人”であるように思います。片想いですね。(^o^)

一番にカキコしたくなかったのに、誰も書き込まれないので一番乗りしてしまいました。
こんな人が一番に書いていて、良いのでしょうか? m(o・ _ ・o)m

タイトルRe^2: 「生涯・人間像」掲示板新設!
記事No4
投稿日: 2002/02/17(Sun) 23:46
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/vivaldi/
ブリリンさん、こんにちは。
ブリリンさんのヴィヴァルディに対する想い、
とても興味深く読ませていただきました。

> でも、いつも体の中にヴィヴァルディやバッハの音楽が流れていて
> 「一緒に人生を歩んできた」という様に思っています。

とても素敵な表現だなあと思いました。
自分の好きな曲が、日々歳を重ねてゆく自分を見守っていてくれる、
楽しいことがあれば一緒になって祝福してくれて、
また、寂しいことや辛いことがあった時には、
心の支えになってくれる大切な曲たち…という感じでしょうか。
それは私も感じるところです。(^_^)

> 一番にカキコしたくなかったのに、誰も書き込まれないので一番乗りしてしまいました。
> こんな人が一番に書いていて、良いのでしょうか? m(o・ _ ・o)m

なにを仰います、ブリリンさん。
掲示板への一番乗り、どうもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルRe^2: 「生涯・人間像」掲示板新設!
記事No5
投稿日: 2002/02/18(Mon) 17:59
投稿者キアレッタ
ブリリンさん、一番乗りありがとうございます。(^o^)

> 私にとって彼がどんな人であってもヴィヴァルディである事には変わりが無く、
> ヴィヴァルディである事以上にヴィヴァルディの作とされている
> 音楽を愛しているように思います。

それはまさにヴィヴァルディがそう望んでいる事だ、と私も思っています。
ヴィヴァルディは音楽家だったのですから、
自分の音楽を愛してくれる人を、一番に大切に思うでしょう。

ヴィヴァルディは亡くなって以来260年の歳月がたっており、
その音楽も生涯もすべてが人類共通の遺産と見なされていて、
ヴィヴァルディ本人のプライバシー、という考え方はすでに消滅しています。
それでも、生きている人であれば、音楽そっちのけで自分のプライバシーだけ
暴き立てられて喜ぶアーティストなどはいないでしょうから、
やはり大切なのは音楽で、その人間像はあくまで副次的な、
音楽を理解する上でのちょっとした味付け、程度にお考えになっておられるのが、
一番良いのではないかと私は思っています。

私自身は、音楽を知的に理解する事ができません。
作曲法も演奏法も知らず、楽譜を見ればなにやら意味不明の
魔法の呪文の羅列のようにしか見えないし、こんな魔法の呪文から、
あんなに素晴らしい音楽が生まれるなんて、音楽家の皆さんというのは、
私から見ればみんな魔法使いだ!なんて感動しているありさまで、
そんな私がヴィヴァルディの音楽を好きになってしまって、何ができるのかというと、
結局ヴィヴァルディを人間として好きになるしか、方法がなかったのです。

ですから私は、ヴィヴァルディ・ファンとしては二流以下です。
別に卑下しているわけではありません。
ミーハーにはミーハーなりの、ヴィヴァルディの愛し方があるとは思っています。
ただファンの皆さんに間違っていただきたくないのは、
何より大切なのは、ヴィヴァルディの人柄よりも「音楽」なのだという事。
「音楽を聴いてください」(あるいは「演奏してください」)というのが、
ヴィヴァルディの一番大切な、そして唯一の、大きな望みだったのであり、
それより大切なものは、何もないのだという事です。

でも私はやはり、ヴィヴァルディの人間性には、その心には、
尊敬すべき、広く、優しく、深く、誠実で、豊かなものがあったと思い、
それを少しでも皆さんにお伝えする事ができれば、少しはファンとして、
大好きなヴィヴァルディのお役にも立つかな、なんて考えています。

書きたい事がたくさんありすぎて、いっこうに文章がまとまりません。
「じっくり、ゆっくりと」。あせって気負うとロクな事になりませんので(笑)、
のんびりと行きます。