[リストへもどる]
一括表示
タイトルヴィヴァルディ年表
記事No307
投稿日: 2003/08/17(Sun) 12:28
投稿者キアレッタ
アントニオ・ヴィヴァルディ年表

簡単なものですが、作ってみました。
間違い等ありましたら、御指摘ください。

◆1678年◆
3月4日、父ジョヴァンニバティスタ(理髪師兼ヴァイオリン奏者)、母カミッラの長子として
ヴェネツィア共和国に生まれる。5月6日、洗礼を受ける。
◆1693年(15歳)◆
聖職者となるため、剃髪を受ける。
◆1703年(25歳)◆
司祭に任命される。
ピエタ音楽院のヴァイオリン教師に就任する。
◆1705年(27歳)◆
作品1(トリオソナタ集)出版。
◆1708年(30歳)◆
ピエタでデンマーク国王を迎えての演奏会。
◆1709年(31歳)◆
作品2(ヴァイオリンと低音のためのソナタ集)出版。
ピエタの教師職を解任される。
◆1711年(33歳)◆
作品3「調和の霊感」出版。
ピエタの教師に復職。
◆1713年(35歳)◆
オペラ「離宮のオットー大帝」ヴィチェンツァで初演。
◆1714年(36歳)◆
オラトリオ「ファラオの神モイゼス」ヴェネツィア、ピエタで初演。
オペラ「狂気を装うオルランド」ヴェネツィア、サンタンジェロ劇場で初演。
作品4「ラ・ストラヴァガンツァ」出版。
◆1715年(37歳)◆
オペラ「皇帝になったネロ」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1716年(38歳)◆
ピエタの合奏長に就任。
オラトリオ「勝利のユディタ」ヴェネツィア、ピエタで初演。
オペラ「愛と憎しみにおける貞節の勝利」ヴェネツィア、サンモイゼ劇場で初演。
オペラ「ポントスの王妃アルシルダ」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
ドレスデンの音楽家ピゼンデル、ヴェネツィアでヴィヴァルディの弟子になる。
作品5出版。
◆1717年(39歳)◆
オペラ「ダリオの戴冠」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
オペラ「ティエテベルガ」ヴェネツィア、サンモイゼで初演。
◆1718年(40歳)◆
マントヴァで宮廷楽長に就任(〜20年)。
作品6、作品7出版。
オペラ「イスケンデル・ベイ」フィレンツェで初演。
オペラ「アルメイダ」ヴェネツィア、サンモイゼで初演。
◆1720年(42歳)◆
オペラ「カンダーチェ」マントヴァで初演。
オペラ「ティト・マンリオ」ローマで初演。
オペラ「復讐のための欺瞞」ヴィチェンツァで初演。
オペラ「試される真実」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
ベネデット・マルチェルロ、小冊子「当世流行劇場」でヴィヴァルディを批判。
◆1721年(43歳)◆
オペラ「マケドニア王フィリッポス」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
オペラ「シルヴィア」ミラノで初演。
◆1723年(45歳)◆
ローマ旅行。教皇の前で二度の御前演奏。
オペラ「テルモドンのヘラクレス」ローマで初演。
◆1724年(46歳)◆
オペラ「ジュスティーノ」ローマで初演。
オペラ「愛と憎しみにおける徳の勝利、ティグラネス王」ローマで初演。
◆1725年(47歳)◆
セレナータ「栄光と結婚」でルイ15世の結婚を祝う。
オペラ「愛における偽りの勝利」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
作品8「和声と創意への試み」(「四季」を含む)出版。
◆1726年(48歳)◆
サンタンジェロ劇場の主任作曲者を務める(〜28年)。
オペラ「裏切られ復讐された信仰」「テンペーのドリッラ」「ファルナーチェ」
ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
この頃から、アンナ・ジローはヴィヴァルディのオペラでいつも歌うようになる。
◆1727年(49歳)◆
オーストリア皇帝カール6世に拝謁。
作品9「ラ・チェトラ」出版。
オペラ「ヒュペルメストラ」フィレンツェで初演。
オペラ「ペルシャ王シロエ」レッジオで初演。
オペラ「怒れるオルランド」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1728年(50歳)◆
オペラ「ロジレーナとオロンタ」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1729年(51歳)◆
ウィーンをはじめヨーロッパ各地を旅行する(〜33年)。
作品10(世界初のフルート協奏曲集)、作品11、作品12出版。
オペラ「アテナイーデ」フィレンツェで初演。
◆1731年(53歳)◆
オペラ「セミラーミデ」ヴェローナで初演。
◆1732年(54歳)◆
オペラ「忠実なニンファ」ヴェローナで初演。
◆1733年(55歳)◆
サンタンジェロ劇場で活動(〜35年)。
オペラ「モンテスマ」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1734年(56歳)◆
オペラ「オリンピアーデ」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1735年(57歳)◆
オペラ「グリゼルダ」で劇作家ゴルドーニの協力を得る。
ヴェネツィア、サンサムエレ劇場で初演。
オペラ「タメルラーノまたはバヤゼット」「アデライーデ」ヴェローナで初演。
オペラ「アリスティデ」ヴェネツィア、サンサムエレで初演。
◆1736年(58歳)◆
オペラ「スコットランドのジュネーヴ王妃」フィレンツェで初演。
◆1737年(59歳)◆
オペラ「ウティカのカトーネ」ヴェローナで初演。
フェラーラのルッフォ枢機卿から、フェラーラへの立ち入りを禁止される。
◆1738年(60歳)◆
アムステルダムで劇場100年祭を祝う演奏会。
セレナータ「モプソ」ヴェネツィア、ピエタで初演。
オペラ「ロズミーラ」「メッセーニアの神託」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1739年(61歳)◆
地元の興行師に任せたフェラーラでのオペラ上演が大失敗に終わる。
オペラ「フェラースペ」ヴェネツィア、サンタンジェロで初演。
◆1740年(62歳)◆
ピエタでポーランド王子を迎えての演奏会。
秋、ヴェネツィアを出立。
◆1741年(63歳)◆
7月28日、旅先のウィーンで客死。

タイトルキアレッタさん、ありがとうございます
記事No308
投稿日: 2003/08/17(Sun) 13:23
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/hato/
キアレッタさん、こんにちは。
詳細な年表をどうもありがとうございました、とても助かります。

タイトルRe: キアレッタさん、ありがとうございます
記事No309
投稿日: 2003/08/18(Mon) 14:00
投稿者キアレッタ
安奈さん、レスありがとうございます。

資料によって、楽譜の出版年やオペラの初演年が
1〜2年ずれているものがいくつもあったんですけど、
どの資料を基準にするかというような深い考察のないまま、大雑把に書いてしまいました。
オペラのタイトルの邦訳もかなりいいかげんです・・・。
もっと詳しく御存知のかたから、いろいろと御教示いただけたらと思います。

それから、私も「赤毛の司祭」の存続が叶うことを願っています。
でももう、最後かも知れないのですね。
とても寂しくもあり、また、存続が叶うとしても、
どんなかたが、どんな御方針を持って引き継がれるのかと、とても不安でもあります。
何か決まりましたら、できるだけ早く発表してくださいますよう・・・。

安奈さんが管理人を引退なさる理由や今現在の安奈さんの御状況等、
私にはわかりませんけれども、これからも、どうか、お元気で・・・。

タイトルRe^2: キアレッタさん、ありがとうございます
記事No310
投稿日: 2003/08/18(Mon) 23:48
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/hato/
キアレッタさん、こんにちは。
あらためて、「ヴィヴァルディ年表」ありがとうございました。

そして、あたたかいお気遣いもどうもありがとうございます。
サイト存続の方向で鋭意努力中ですので、また追ってご連絡できれば…と思っております。
引き続き「赤毛の司祭」をどうぞよろしくお願いいたします。