ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: まことの安らぎはこの世にはなく
投稿日: 2008/05/24(Sat) 13:51
投稿者カーザヴェーチャ

> どうしてこんなきれいなメロディが書けるのだろう。無条件で天国にいけそうな。大げさじゃなく、涙が出そうになります。

このモテットを初めて聴いたのは、ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブル及び室内オーケストラによる演奏でした。
レコードのジャケットには独唱者の名前までは書いてないので、誰が歌っているのか分かりませんが、曲の美しさに圧倒された記憶があります。
それはもうまさに天上の美しさで、ヴィヴァルディは司祭であるにもかかわらず、教会の権威だとか、道学者ぶった態度だとか、
抹香臭さなどは微塵も感じさせず、ひたすら「清らかであることの美しさ」を追求した曲になっているのは本当にすごいことだと思います。
涙が出そうになったのは、私もでした。

>バッハのコーヒーカンタータが始まったのかと耳を疑いました。コーヒーカンタータの娘リースヒェンのアリアにそっくりなのです。

第8曲目の、リースヒェンが父親に素敵な人を見つけてくれるようにせがむアリアですね。確かに出だしがほんの一瞬似ています。
ただ、モテットということもあって、音楽性の高さから言うと、リースヒェンが歌うアリアよりもはるかに勝っていますね。

ところで、ヴィヴァルディの「シチリアーナ」には、美しい曲が多いですね。作品3『調和の霊感』第11番の第三楽章、
RV589『グローリア』の第9曲"Domine Deus, Rex Coelestis"(主なる神、天の王)、それにこのモテットの第一楽章は、
ヴィヴァルディの「三大シチリアーナ」と勝手に名づけております。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー