ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: アンサンブル・グィダントゥスのヴィヴァルディはお聴きになりましたか?
投稿日: 2008/05/21(Wed) 01:06
投稿者カーザヴェーチャ

こうまで申し上げるのは本当に心苦しいのですが、このCDにはずいぶんとがっかりしました。その理由の半分は分かっていました。

何と言っても選曲がまずかったからです。BBS1のNo.520に示したように、ヴィヴァルディにとって自家薬籠中のものだったヴァイオリン協奏曲に限っても、
ぜひ聞いていただきたいのにまだレコーディングされていない曲が投稿した昨年11月の時点で11曲もありました。幸いそのうちの1曲RV369は、
Naiveから出た"Arie ritrovate"(見つけ出されたアリア)[OP30043]の中に収録され、ステーファノ・モンタナーリの非の打ち所のない演奏で蘇りましたが、
まだあと10曲も残っています。一方、Arionからリリースされたこのアルバムに収められた6曲は、先の10曲より先に世界初録音するほどの価値はなく、
「ほう、作品3『調和の霊感』や作品4『ストラヴァガンツァ』を発表した頃に、こんな曲を作っていたのか」程度の関心しか呼び起こしません。
後期の作風まであと一歩のRV227と、作品7第11番またはその異稿であるRV208のテクニックに極めて近いRV339には、まあ、それなりの面白さがありますが。

もうひとつは、聴いてわかったのですが、致命傷とも言うべき演奏のまずさです。リーダーのマルコ・ペドゥローナの演奏解釈ははっきり言って変です。
アーティキュレーションがとんでもないところで関節外しになったり、「えっ、ご冗談でしょう?」という箇所で突然休止を入れたり、
原譜に指示がなく、文脈から言っても不必要な所で、手回し蓄音機のぜんまいがゆるんだように、やおらリタルダンドになったり
(例えば、RV225第一楽章46小節から47小節、RV339第一楽章15小節から16小節、RV227第一楽章16小節から17小節など)思い入れが過ぎます。
サルタートやりすぎのボウイングのせいか、音はパサパサして平板。伴奏を含めた演奏全体も、まるで子供が教科書に顔をくっ付けて読んでいるようです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー