ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: RV522
投稿日: 2005/10/18(Tue) 10:33
投稿者カーザヴェーチャ

massamino500さんのヴィヴァルディとのはじめての出会いを、大変面白く読ませていただきました。
それまで耳になじんでいた古典派以降の作品と異なる曲の構成や展開に耳をそば立て、
第二楽章の静謐の中で紡がれる、二つのヴァイオリンの端正な語らいに引き込まれていく様子が目に見えるようです。

私の場合、作品3第8番RV522は、ヴィヴァルディと二番目に出会った曲でした。
最初の曲はヴァイオリン初習者が必ずと言っていいほど弾かされる作品3第6番でした。
と言っても、原曲ではなく、ピアノとヴァイオリンのために編曲された、ソロのパートも現代になってかなり手を入れられた代物でしたが。

ある日、母の実家に遊びに行った折、一番若い叔父が大学の仲間と洋間で弾こうと用意した手書きのコピーがこのRV522だったのです。
結局、その日は談笑と麻雀で終わってしまい、叔父たち学生の演奏を聴かずじまいでしたが、
その後、不要となった楽譜を貸してもらって弾いてみたのが最初でした。まだ小学生の頃の話です。
それから数年後、イ・ムジチ演奏のLPの『調和の霊感』を入手して、この曲の美しさに初めて打たれました。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー