ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 『ぼくは怖くない』
投稿日: 2004/04/07(Wed) 20:57
投稿者カーザヴェーチャ

この週末に、ガブリエーレ・サルヴァトーレスGabriele Salvatores監督のイタリア映画
『ぼくは怖くない』Io non ho pauraを見ました。さすが2003年ベルリン映画祭コンペティション部門正式出品作品、
2004年度アカデミー賞外国語映画賞部門イタリア代表作になったことだけのことはあって見ごたえ充分です。
朝日新聞の映画評でも取り上げられたので、お読みになった方もいらっしゃるかもしれません。

オリジナル音楽はペポ・シェルマンPepo Schermanとエツィオ・ボッソEzio Bosso。
それをトリノ四重奏団が第一ヴァイオリンのジャコモ・アガッツィーニGiacomo Agazziniを中心に
きらめく音色で絵のような画面に観客を引き込みます。ほかにも、70年代に爆発的に流行した
「パローレ・パローレ(甘いささやき)」や、プッチーニの『ラ・ボエーム』の中のアリア「冷たき手を」などが
効果的に使われているのですが、いよいよ息が詰るようなクライマックスになった瞬間、
すべての音がフェードアウトして、おもむろにヴィヴァルディのRV583の第二楽章が流れ出します。これには本当にびっくり!
ゆったりとしたユニゾンの序奏に続いてソロ・ヴァイオリンが優美なトレモロを紡ぎだすや、
大人の醜さをすべて浄化する力とでもいうような何かが画面の向こうからひしひしと押し寄せ、
この映画のストーリーは、実は忘却のかなたに押しやってしまった無垢な子どもの心を、
観客一人一人の胸に蘇らせるための装置だったのではないかということに思い至るのです。
私達夫婦の隣に高校生と思しき二人連れの女の子がいましたが、二人ともこの曲を聴いて啜り泣いていました。

映画を見たのが4月4日。ともこケルンさんのおかげで、私が薦めたこの曲がスイスのFM番組で流れた
ヴィヴァルディの誕生日から数えてちょうど一月目。
えにしというのでしょうか。感慨とともに不思議な気持ちでいっぱいになりました。

残念ながら、エンディング・トラックでこの曲を「ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲143番アンダンテ」
と紹介していたのにはガックリ・・・。パンシェルル番号でもないし、リコルディ番号でもないし、
もちろんファンナ番号でもリナルディ番号でもありません。いったい誰がどこから引っ張ってきたのやら。
せっかく、ヴィヴァルディのこの曲を聴きたいという人が現れても探しようがないではありませんか。

ただ1つの可能性として、この映画のサウンド・トラックがCDで出たので、そこに入っているかもしれません。
詳しくは以下のサイトをご覧下さい。
ttp://www.mamusic.it/index1.htm

一応念のため、アナログ録音からデジタルに起こした以下のCDを挙げておきます。
RIVO ALTO:CRA8925(Dir: A.Ephrikian, I Solisti di Milano e Les Solistes de Bruxelles/ Vn:Bobesco e Fantini)
ERATO: 0927-40176-2 (Dir:C.Scimone, I Solisti Veneti/ Vn:Toso)

ところで、この映画は現在、新宿のテアトルタイムズスクエアと大阪のテアトル梅田でしか見られませんが、
追々、札幌、仙台、名古屋、岐阜、京都、神戸、福岡でも見られそうです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー