ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: さるべ・れじなの夜
投稿日: 2004/04/03(Sat) 22:24
投稿者ともこケルン < >

< オ ドゥルチ ヴィルゴ マリア > なのですね。そう言う意味でしたか。和高丸さんありがとうございました。

最近のレーヌのコンサート評をまつながさんが≪花月≫に書かれています。C・バンキーニ/アンサンブル415とA・ショールの感想も載っていたのですが、もう消えてしまったのか見当たりません。こちらは月曜日に私も行って来ました。(このスレッドに続けてもいいのかなあ)

C・バンキーニは元々ジュネーブの人だったかスイス人なのですが3年前からパリに定住して活動しているそうで、バンキーニのヴァイオリンは”澄んだ透明な音を感情豊かに表現する”と言った感じですが、この日のアンサンブルは存在感のあるヴェニ・バロと違って、自己主張をせず極力メインの歌を引き立てていた様に感じられました。
出だしのRV143では各パートの音が揃わないと言うのか・・司祭の言葉が天上の神の声の様に響くべく音響効果を狙った高く広過ぎる(ルッツェルンで一番大きい)教会の為か、通奏低音/合奏器楽群/ソロそれぞれの耳に届く音の速さが違っていて一体化していない感を受け焦ってしまいました。特にオルガンは遅い上に広がり過ぎて音がぼやけて着いて来るので大きな教会での速いテンポの合奏曲には難点があるのでは・・。チェンバロを使うヴェニ・バロでは感じられなかった点です。次の曲目からは良く音がまとまり、終盤に近つ゛くにつれて盛り上がりを増して行きました。 ところでバンキーニさん、RV143とRV129の第二楽章をとばしませんでした?プログラムにはあったのだけれど。

逆にA・ショールの方は身体全体で語る様に感情を込めて丁寧に歌い上げ声も良く通って広がり、前回の印象は消え去りました。
ヴィオラ・ダ・モ−レのソロとの < Nisi Dominus / Gloria Patri et Filio >・・Nisi D.では一番好きな曲です。これはしかし”グロリア”にしては寂寞とした感がありますが。・・は圧巻で、”教会中が聴き込んでいる”と言った想いがピシピシっと伝わって来ました。 途中、Beatus vir qui implevit の時でしたか不思議な現象が起きたのですが、A・ショールの声が人の声とも楽器の音ともつかないまるでシンセサイザーの音の様になってソロ楽器の一部として響き渡ったかのように聞こえたのです。この人の声は正に教会にこそふさわしい声なのでしょう。教会の音響効果に良く共鳴のする様な。

聴衆はほとんどがA・ショールお目当てのファンでしたが、「C・バンキーニとEn.415もしっかりと聴いてくださいねえ〜。バンキーニはすごいんだぞお〜!」。曲目はぜえ〜んぶヴィヴァルディ!!☆彡★。、::。.::
★ Concerto RV143
 ★ <Filiae maestae Jerusalem> RV638
 ★ Stabat Mater RV621
 ★ Concerto Madrigalesco RV129
 ★ Nisi Dominus RV608
 器楽曲はもう少し明るく派手目なのでも良かったかも。

パフォーマンスも一言の言葉もなくただひたすら演奏、のバンキーニさんの堅実さが窺われたコンサートでした。

湯屋三助様、moll系がお嫌いではない様でしたなら、Stabat Mater dolorosa などはいかがでしょうか。 Quis est homo と対で歌うと、 ”どゥ(ム)ぺんでぇ〜”で静かに盛り上がって行く陰律にじい〜んとなったところで、”え〜えええええええええ〜 ええええええええ〜 えええええーばっと どゥムぺ〜んふぃりお〜す”とこぶしが回って自己陶酔気味に詠唱してまた静かに下ります。
ヴィヴァルディの宗教曲では一番好きな曲なのですが、自分では歌はさっぱりだめなので。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー