ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: L'amoroso 恋人(BBS1より移動) 
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:32
投稿者キアレッタ

〔以下は、キアレッタさんがBBS1に投稿された2004/01/28(Wed) 08:53 No.7を、管理人が移動させていただいたものです。〕

ある日、アントニオ・ヴィヴァルディは、協奏曲の作曲依頼を受けました。
依頼した顧客の男性は、その時、恋をしていました。
そこでヴィヴァルディは、その協奏曲に
l'amoroso というタイトルを付ける事を思い付きました。
ところがちょうどその頃、ヴィヴァルディ自身もまた、
アンナ・ジローに(片想いの)密かな恋心を感じる日々でした。
この年になってあんな若い娘に恋をするなど、私もやきがまわったか
・・・と多少の自嘲とともに微笑ましい気分にも浸りながら作曲されたその曲は、
期せずしていたる所にアンニーナへの想いが織り込まれたものになりました。
この曲はヴィヴァルディにとっても会心の作でしたので、カール6世にも献呈されました。

ただのファンタジーですので、「史実と違う」というツッコミは無しにしてね。(^-^)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー