ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル キアレッタのこと
投稿日: 2004/02/04(Wed) 09:13
投稿者カーザヴェーチャ

キアレッタなど、ピエタの演奏家達については、ミッキー・ホワイト女史が、
INFORMAZIONI E STUDI VIVALDIANIの第21巻(2000年刊)に、
"Biographical Notes on the "Figlie di coro" of the Pieta' contemporary with Vivaldi"
(ヴィヴァルディと同時代のピエタの「合唱・合奏の女子」に関する伝記風覚書き)
という題名の論文を発表しています(pp.75-97.)。
それによると、キアーラChiara愛称キアレッタChiarettaは、1718年4月21日に、
生後わずか2ヶ月でピエタ慈善院に引き取られました。両親については不明です。
付属音楽院の合奏団合唱団に入ったのが1729年。9歳のときです。最初はヴァイオリニストとして活躍し、
アンナ・マリーアの後を継いでソロ・ヴァイオリンを受け持ちましたが、
その後ソプラノ歌手となり、ヴィヴァルディが亡くなった翌年の1742年(24歳)には
オルガンの勉強を始めます。そして、1754年8月23日(36歳)に特待団員
(フィーリア・プリヴィレジャータfiglia privilegiataというのは特に優秀な団員で、
ピエタの外から弟子を取ることが許されていました)となり、1762年7月30日にはマエストラ
(女性のマエストロすなわち教師)にまで登りつめています。カタル性の発熱で亡くなったのは1796年10月23日。
享年78歳でしたから、当時としてはかなりの長寿でした。
弟子には、ヴァイオリンが2名、歌とオルガンが各1名いましたが、皆無名です。
ヴィヴァルディはキアレッタのために、少なくとも7曲作曲しています(RV222, 372a, 787, 792, 794
それにRV609と611のソプラノのパートです)。また、ヴィオラ・ダモーレ奏者でもあったことから、
ヨハン・バプティスト・ルンカー、アントニオ・マルティネッリ、ロレンツォ・モリーニ通称レッジャーノが
それぞれ彼女のためにヴィオラ・ダモーレ協奏曲を、そしてフルジェンツィオ・ペロッティがオルガン協奏曲を、
さらにはジェンナーロ・ダレッサンドゥロが『ミューズの合唱』(1740年)を、
ニコラ・ポールポラが宗教曲を彼女のために捧げています。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー